常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    2018年05月



    1 pathos ★ :2018/05/27(日) 21:28:06.92 ID:CAP_USER9.net

     「西武8-10日本ハム」(27日、メットライフドーム)

     ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(早実)の2軍降格が決まった。

     西武に逆転勝利後、栗山監督が「一度、頭を真っ白にしてやってきてほしい」と語った。清宮はここまで21試合に出場し、打率・179、1本塁打、2打点。この日は出場機会がなかった。

     9日のオリックス戦では、ディクソンから右翼席へ特大のプロ初アーチ。デビュー戦から7試合連続安打を放つなど存在感を示したが、徐々にプロの壁に阻まれた。25日の西武戦ではプロ初のマルチ安打もマークしたが、29日から交流戦を迎える節目のタイミングで栗山監督が決断を下した
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000128-dal-base
    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/1700025/

    【野球】ハム清宮幸太郎 2軍降格決定 栗山監督「頭を真っ白にしてやってきて」 打率・179、2打点 67打席 三振28
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527411513/


    【【野球】ハム清宮幸太郎 2軍降格決定 栗山監督「頭を真っ白にしてやってきて」 打率・179、2打点 67打席 三振28 ★2】の続きを読む



    1 ニーニーφ ★ :2018/05/24(木) 14:10:25.35 ID:CAP_USER9.net

     米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は22日、「フットボールの衝突が日本中を包み込む」と題した長文の特集記事を掲載した。
    問題となったタックルに言及しつつ、和製英語の「power hara」(パワハラ)という言葉を紹介。
    「権力のある者が、下の人間の意志に関わらず行為を強要するハラスメントだ」と説明し、
    日本での違反行為は「単なるペナルティー」では済まず、根深い文化的な問題について全国的な議論を引き起こしているとした。

     また、野球とサッカー、相撲に人気が集まり、アメフットに注目が向けられることはまれだと、日本のスポーツ界の現状を紹介。
    その上で、今回の問題では、「日本では高く評価される権威への服従心やチームへの揺るぎない忠誠心を浮き彫りにした」と指摘した。

     また、米紙ワシントン・ポスト(電子版)は22日、AP通信が配信した記事を掲載。
    記事は腰を90度に折り曲げて深々と謝罪したことを伝え「日本では深い反省の意を示す」と説明。
    「野球と相撲、行儀良さで知られる国で多くの人に衝撃を与えた」と報じた。(ニューヨーク 上塚真由)

    https://www.sankei.com/sports/news/180523/spo1805230023-n1.html


    【【話題】米紙NY・タイムズ「アメフトの衝突が日本中を包み込む」「野球・サッカー・相撲が人気の国でアメフトに注目が集まることは稀」】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2018/05/28(月) 04:57:38.19 ID:CAP_USER9.net

    5/28(月) 4:50配信
    田中VS大谷、マー君に軍配 2打数無安打2三振1四球 6回1失点で降板

     「ヤンキース-エンゼルス」(27日、ニューヨーク)

     ヤンキースの田中将大投手(29)がエンゼルス戦に先発し、6回3安打1失点で、勝ち投手の権利を得てマウンドを降りた。「4番・指名打者」で出場したエンゼルス・大谷翔平投手(23)とメジャーで初めての対決となったが、3度対戦し、2打数無安打2三振1四球と封じた。

     初回、先頭のコザートに右前打を許したが、トラウトを三振に仕留めると、2死一塁の場面で大谷と最初の対戦。フルカウントからスライダーが抜けたものの、空振りの三振に仕留めた。それでも納得がいかなかったのか、首をひねりながらマウンドを降りた。

     ストレートにスライダー、スプリットなどを低めに集める丁寧な投球を見せ、二、三回は無失点で切り抜けた。四回にこの試合初めてのピンチを招く。先頭のシモンズに中前打を許すと、2度目の対決となった大谷を3ボール1ストライクから四球で歩かせ、無死一、二塁。しかし、ここでバルブエナから空振りの三振を奪うと、続くキンズラーを投ゴロ併殺に仕留めて、得点を許さなかった。

     球数は多いものの、エンゼルス打線を封じ込んでいたが、六回1死からシモンズに甘く入ったスライダーを左翼席へ運ばれ、1点を失った。しかし、3度目の対戦となった大谷を149キロのストレートで追い込むと、最後は142キロのスプリットで空振りを奪った。続くバルブエナも右飛に打ち取り、6回104球でマウンドを降りた。

     大谷とは楽天時代の13年9月に対戦し、11打数無安打、2四死球、6三振と完璧に抑えていたが、この日も田中に軍配が上がった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000186-dal-spo

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【田中VS大谷、マー君に軍配 2打数無安打2三振1四球 6回1失点で降板】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/05/27(日) 21:09:11.87 ID:CAP_USER9.net

     「西武8-10日本ハム」(27日、メットライフドーム)

     日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(早実)の2軍降格が決まった。逆転勝利した試合後、栗山監督が
    「幸太郎を一回、向こう(2軍)に落とすから」と明言。この日は1軍昇格後初めて出場機会がなく、ベンチから勝利を見届けた。

     ここまで21試合に出場して打率・179、1本塁打、2打点。清宮は「真っすぐに振り負けている」と
    課題を分析し、29日のイースタン・西武戦(西武第二)から「タイミングであったりとか、スイングの速さであったりとか。
    (振り)負けないようにしてまた帰ってきたいです」と、克服に向けて努力していく考えを明かした。

     ファーム行きを告げられた時の気持ちを問われると
    「今日は交流戦前(の最後の試合)だったので、今日あるかなと思ったんですけど。全然不思議じゃないですし、
    妥当かなと思うので」と淡々と話す一方、「ファームで力を付つけてくるしかないですね」と悔しさもにじませた。
    栗山監督は「今まで経験したことを真っ白にして、整理して。その状況を作ってあげたいと思っていたので。
    ちょうどいいタイミング。一回落ちて、また様子を見ながらやっていきます」と理由を説明した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000143-dal-base


    【日ハム清宮、2軍落ちに「妥当かなと思う」 ストレートへの振り負け自覚】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/05/27(日) 16:47:35.41 ID:CAP_USER9.net

    大阪桐蔭 昨秋の大学王者に打ち勝つ プロ注目の藤原が本塁打
    5/27(日) 12:24配信 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/baseball/2018/05/27/0011297483.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000065-dal-base

    七回、本塁打を放ちダイヤモンドを一周する大阪桐蔭・藤原

    (出典 i.daily.jp)


    日体大と大阪桐蔭の対戦を目当てに多数の観客が詰めかけた同大グラウンド

    (出典 i.daily.jp)


    「オープン戦、大阪桐蔭10-5日体大」(27日、日体大グラウンド)

    ダブルヘッダー第1試合で今春センバツ王者の大阪桐蔭が、主力も出場した昨秋大学王者・日体大を破った。ドラフト上位候補右腕の松本航投手、東妻勇輔投手(ともに4年)は登板しなかったが、二桁10得点を奪った。

    大阪桐蔭は1点を追う四回、今秋ドラフト1位候補の4番・根尾昂内野手(3年)が四球で出塁すると、続く打者から5連打で一挙5得点。七回には同じくドラフト1位候補の藤原恭大外野手(3年)の自身7カ月ぶりとなる高校通算22号などで突き放した。藤原は「やっぱりホームランはいいな」と笑顔を見せた。

    同校グラウンドには注目の一戦として観客が詰めかけた。スタンドは超満員で立ち見客も多数。部員の1人は「こんなに入ったのは初めて」と口にした。

    ◆大阪桐蔭の主な打者の打撃成績

    藤原5打数

    2安打(1本塁打)2打点

    根尾2打数0安打3四死球


    【センバツ連覇の大阪桐蔭が、昨秋の大学王者・日体大に打ち勝つ プロ注目の藤原が本塁打 大阪桐蔭10−5日体大】の続きを読む

    このページのトップヘ