常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    2018年08月



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/29(水) 19:13:52.49 ID:CAP_USER9.net

    ◇侍ジャパン壮行試合 高校日本代表3―7大学日本代表(2018年8月28日 神宮)

    2安打にクローザーも務めた根尾(大阪桐蔭)には、スカウト陣からも高い評価の声が上がった。

    ▼楽天・長島哲郎スカウト部長 これだけの大観衆の中、自分のパフォーマンスが発揮できる。
    プロには必要な要素。大したもの。左投手から2本しっかりと肩が開かずに打てていた。
    投手でも野手でもいろんな可能性を秘めた非常に能力の高い選手。ドラフト1位で消えることは間違いない。木製バットには慣れている。全く心配ない。

    ▼オリックス・古屋英夫編成副部長 対応力がすごい。ここまで来たら評価は変わらない。

    ▼ヤクルト・橿渕聡スカウトGデスク 木製バットに対応しているということは打撃が強い証拠。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000003-spnannex-base
    8/29(水) 5:52配信

    巨人に来い
    【大阪桐蔭根尾の木製バットの対応にスカウト陣が絶賛! 】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/29(水) 18:53:32.17 ID:CAP_USER9.net

    18歳以下の侍ジャパン「高校日本代表」と「大学日本代表」の壮行試合が、28日に神宮球場で行われた。

    試合開始3時間以上前にも関わらず、会場には長蛇の列ができていた。

    「少しでも見たい!」女性ファンたちが球場へ
    みんなのお目当ては、先日行われていた高校野球で注目を集めた金足農業高校の吉田輝星選手。

    この試合では、秋田県予選から甲子園の決勝まで11試合で1517球を投げた疲れを考えてか、先発投手ではないという報道もあった。

    それでも、少しでも吉田選手を見たいという女性ファンが球場を訪れた。

    試合前に、吉田投手は子どもたちと交流する野球教室「侍ジャパンキッズアカデミー」に参加。

    仲良くランチを食べていると、男の子から「好きな食べ物は何ですか?」と問われ、吉田選手は「チョコバナナです」と答えていた。

    一方、「嫌いな食べ物は?」と聞かれ「たまごです」と答えると周囲は驚きの声をあげていた。

    的あてゲームでは吉田選手が投げたボールが見事に命中するなど、試合には見せない無邪気な笑顔をのぞかせていた。

    吉田選手はあの“王子“に似ている?
    大学日本代表との壮行試合では、吉田選手は一塁コーチャーを担当。

    自由席のファンたちは開場と同時に、なるべく良い席をとりたいとダッシュしたり、チケットは完売で当日券の販売はなかったが、球場に駆け付けたファンもいた。

    また、客席には大きな望遠レンズをのぞかせて写真撮影に挑む女性ファンたちの姿もあった。

    試合後のファンたちは「かっこよかったです」や「後ろ姿が見れました」と大満足の様子。

    一挙手一投足が注目される吉田選手の魅力を静岡から来た女性ファンは、「マウスピースの白い感じの笑顔がカッコよくて好きになりました」と話していた。

    試合中に吉田選手が使っている白いマウスピースは、歯を食いしばった時に歯が欠けてしまったことから着用することになったという。

    全力で校歌を歌うときも白く目立っていた。

    スポーツジャーナリストの田尻賢誉さんは「ものまねで周りを笑わせるのが好き。チームメイトだったり、内輪でしか分からないネタをするのが得意」と明かした。

    その吉田選手は今、かつて甲子園をにぎわせた“ハンカチ王子“こと斎藤佑樹投手に似ていると話題になっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00010003-fnnprimev-spo
    8/29(水) 13:47配信

    斎藤佑樹2世にならないように
    【吉田輝星投手(金足農)がモテモテに? 女性ファン殺到の裏側】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/29(水) 18:33:24.05 ID:CAP_USER9.net

    「ドラフト1位で消えるだろう。俺が監督なら行くな」

    秋田出身の落合博満氏は8月21日、その日の甲子園の決勝で敗れた金足農の吉田輝星投手についてニコニコしながらこう語った。

    「俺が監督なら」の部分が何とも意味深に感じられる。最近露出が多い落合氏は、あちこちで「監督がしたいんじゃないですか」と言われているからだ。

    落合氏はテレビ番組で中日監督時代のことに触れ、「契約のとき『勝てばいいんですね』と念押しした」と語っていたという。それを見たベテラン記者は、こう思ったそうだ。

    「やれと言われたら俺はファンサービスだって情報発信だってやれるよ、というアピールでしょう。
    64歳という年齢的に、そろそろラストチャンス。あのおっかあ(信子夫人)なら、『あんたこのまま終わっていいの』と、尻ぐらいたたきそうですし(笑)。
    ファンサービスや情報発信に熱心なパ・リーグの球団を意識してるのかもしれません」

    その一方で中日新聞関係者はこう明*。

    「落合さんが監督になれる条件をそろえているのはドラゴンズでしょう。
    後ろ盾だった白井(文吾)オーナーが今も健在で、彼の一存で監督が決まる構図は変わっていません。12球団で一番勝ちに飢えています*」

    中日では森監督が続投するか、小笠原2軍監督が昇格するか、どちらかだと見られていた。
    そこに“大穴”で、落合氏の復帰がささやかれているのだ。

    「今の順位じゃ森続投は厳しい。だけど小笠原かというと『うーん』となる。
    2軍で大型連敗していましたし、ファンから何で生え抜きOBじゃないのかと言われます。その隙間を縫って落合復帰もなくはない」(前出の中日新聞関係者)

    不思議なのはなぜ生え抜きのOBが監督に就任しないのか。
    立浪、山本昌、山崎武司といった名前が浮かぶが、落合、谷繁、森と“外様”が続いている。

    「決めているのは白井オーナーで、OBが嫌なんじゃなく、亡くなった星野仙一さんが嫌なんです。
    だから星野監督時代の選手も嫌だとなる。
    星野さんの後ろ盾は加藤巳一郎元オーナーで、白井さんは加藤派ではなかったし、星野さんも白井さんになびかなかったらしい。
    だから『星野に一泡吹かせられるやつは?』という流れで、2004年に落合さんを監督にした。白井さんからすれば、自分に懐いて結果を出した落合さんが可愛くて仕方ない」(同)

    生き方が“オレ流”と言われる落合氏だが、復帰できるかどうか、人事はやはり上司次第のようだ。(本誌・渡辺勘郎)

    ※週刊朝日  2018年9月7日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180828-00000036-sasahi-base
    8/29(水) 16:00配信


    (出典 dragons.jp)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 img.atwikiimg.com)



    (出典 Youtube)

    中日 落合

    個人的にはやってほしい
    【落合博満の監督復帰が噂される中日 松坂の起用法は?】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 shake it off ★ :2018/08/28(火) 20:25:27.76 ID:CAP_USER9.net

    ◆ 小園はドラ1候補・松本から一発、根尾は8回に登板し3者凡退の好投

     侍ジャパン壮行試合「高校日本代表-大学日本代表」が28日に神宮球場で行われ、大学日本代表が7-3で快勝した。
    高校日本代表は根尾が三塁打を含む2安打、藤原が適時内野安打と大阪桐蔭の2人が存在感を見せ、小園もドラ1候補・松本からソロ弾を放つなど、光るプレーも見せた。

     まずは初回、大学日本代表は高校日本代表の先発・市川を攻め、辰巳のタイムリーで先制。さらに、頓宮が2ランを放ち、いきなり3点を先制した。

     一方、高校日本代表は2回に根尾が初ヒットを放つも得点にはつながらず。すると、2番手・渡辺がマウンドに上がった4回には先頭・勝俣がソロ弾、佐藤都がセンターオーバーの2点二塁打を放ち、3点を加えて6-0とした。

     高校日本代表は直後の5回に先頭・根尾がセンターの頭上を弾丸ライナーで抜くヒットで一気に三塁へ。スリーベースでチャンスを作り、続く蛭間の一ゴロの間に1点を返した。さらに、6回は津森から2死二、三塁の好機を作り、藤原が遊撃への適時内野安打。4点差に迫った。

     しかし、大学日本代表は7回に伊藤が大阪桐蔭の甲子園V投手・柿木からバックスクリーンへソロ弾。パワーを見せつけ、突き放す。それでも、高校日本代表は8回、1番・小園がドラ1候補・松本の直球をライトスタンドへ運ぶソロ本塁打。再び4点差とした。

     その裏、右翼でスタメン出場の根尾がマウンドへ。3者凡退に抑え、二刀流の実力を見せつける。それでも、高校日本代表は9回に追いつくことはできず。敗れはしたが、甲子園を沸かせた選手たちが随所で光を放った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00190929-fullcount-base

    小園も捨てがたいよな
    【高校野球日本代表が確かな手ごたえ 大阪桐蔭根尾が外野?】の続きを読む



    (出典 static.blogos.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/28(火) 16:42:04.53 ID:CAP_USER9.net

    全国からエリートを集めた強豪私学と、秋田県内出身選手だけで戦った県立農業校。
    その好対照ゆえ、優勝した大阪桐蔭が“ヒール役”となってしまった感は否めないが、それは「規格外の強さ」の裏返しでもある。
    ノンフィクションライターの柳川悠二氏が、エリート集団の本当の姿をレポートする。

     * * *
    金足農業との決勝において、大阪桐蔭は既に疲労困憊の相手エース・吉田輝星を初回から攻略し、5回までに12点をあげ、終わってみれば13対2と圧勝した。

    田舎の公立校を相手に、一切の隙を見せない“忖度なき戦いぶり”が、決勝後、勝者よりも敗者にスポットが当たった理由だろう。

    「大阪桐蔭は、全国から選手を集めているから」

    ファンのみならず、名門と呼ばれる学校の名将ですら、こんな言葉で大阪桐蔭の強さを表す。
    もちろん、同校は全国の非凡な才能に早くから目を付け、熱心な勧誘で入学に導いてきた。

    しかし、才能だけで勝てるほど、甲子園は甘くないだろう。“最強世代”を入学前から追ってきた筆者としては、彼らとて泥と汗にまみれた日々を送ってきたことは伝えたい。

    ちょうど1年前の8月20日。大阪桐蔭の新チームは始動した。前日の甲子園3回戦で、9回裏2死まで仙台育英(宮城)を追い詰めながら、
    一塁の中川卓也(当時2年生)がベースを踏み損ね、それが呼び水となってサヨナラ負けを喫した。

    同級生の満場一致で主将に任命された中川は、「100%の確認」をテーマに掲げ、時に厳しく仲間を叱責してきた。
    西谷浩一監督も「違う言い方があるのでは」と窘(たしな)めたこともある。

    「ミスして落ち込んだり、やる気をなくした選手には、『外に出ろ!』と練習から外しました。
    嫌われ役に徹することが、主将力につながると思っていました」

    ◆「このチームは一度*だ」

    中学から世代を代表する選手だったドラフト上位候補、遊撃手兼投手の根尾昂と外野手・藤原恭大もチームを牽引。
    昨秋の神宮大会で創成館(長崎)に敗れて以来、無敗街道を歩んできた。西谷監督は言う。

    「根尾は時間を見つけては練習していますし、ストレッチにも長い時間をかける。
    授業中も寝ているという話を他の先生から聞いたことがない。
    藤原はよく寝ているようですが(笑)。根尾と接しているとどちらが大人なのか分からなくなる」

    そしてこの夏、北大阪大会の準決勝で、宿敵・履正社と対戦。先発した根尾が後半に追いつかれ、逆転を許してしまう。

    9回表。二死ランナーなし。ここから宮崎仁斗、中川、藤原、根尾が四球を選んで同点に追いつき、逆転打へとつなげた。
    後のない状況で冷静に四球を選んだ4選手はいずれも前チームから経験を積んできた選手たち。根尾は言った。

    「僕らにはどこにも負けない経験がある。それが最後の場面に生きた」

    彼らは一球、ワンプレーの恐ろしさを肌で知っている。だからこそ、根尾が昨夏の甲子園を振り返り、
    「一度*だ」と語った状況から生還することを可能にした。大差がついた試合でも、27個目のアウトを奪うまで微塵も隙を見せず、徹頭徹尾、相手を叩いてきた。

    こうした桐蔭野球の結晶が、金足農業との決勝だった。西谷監督はこれまで、“最強世代”と呼ばれることを忌避してきたが、監督個人として最多記録となる春夏7度目の日本一を手にした今は違う。

    「昨年の選抜を含め、彼らは3度、日本一となった。こんなチームは他にないわけですから……」

    やはり100回記念大会の頂点に立つべきチームだった。そのあまりの強さが顰蹙を買ったとしても、だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15221218/
    2018年8月28日 11時0分 NEWSポストセブン

    前スレ                       2018/08/28(火) 12:39
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535427555/

    大阪桐蔭かわいそう
    【大阪桐蔭の本当の苦悩を知っているか 金足農が大旋風を巻き起こしたおかげで…】の続きを読む

    このページのトップヘ