常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    2018年08月



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/28(火) 07:36:59.48 ID:CAP_USER9.net

    阪神は27日、ウィリン・ロサリオ内野手(29)の出場選手登録を抹消した。
    年俸3億4000万円の単年契約で入団した助っ人だが、順位争いの佳境となるシーズン終盤での2度目の2軍降格は、事実上の戦力外通告。
    再昇格の可能性は残されているものの、1年限りでの退団が決定的となった。

    ロサリオは開幕から変化球攻めに苦しみ、6月3日に1度目の抹消。
    7月17日に再昇格した直後は、復調の兆しを見せたが、最近はチャンスで凡退する場面が目立っていた。75試合に出場し、打率2割4分2厘、8本塁打、40打点。
    甲子園では110打席に立ったが、本塁打がなかった。

    また、今季が来日3年目のマルコス・マテオ投手(34)、1年目のディエゴ・モレノ投手(31)も今季限りでの退団が濃厚。
    マテオは昨季、最優秀中継ぎのタイトルを獲得したが、今季は17試合で0勝1敗4ホールド、防御率6・75。7月17日に2度目の登録抹消となった。

    阪神の外国人で残留が決まっているのは、来季から日本人選手扱いとなるランディ・メッセンジャー投手(37)と、守護神で29セーブを挙げているラファエル・ドリス投手(30)だけ。
    途中加入のエフレン・ナバーロ内野手(32)も、現場が求めるスラッガータイプではなく、契約更新は微妙だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000028-sph-base
    8/28(火) 6:04配信

    ついにロサリオもか
    【阪神が今シーズン終了時に助っ人外国人3人を戦力外へ】の続きを読む



    1 shake it off ★ :2018/08/28(火) 15:58:12.34 ID:CAP_USER9.net

    第12回U18アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)に出場する侍ジャパン高校代表が28日、神宮球場で大学日本代表と壮行試合を行う。

     夏の甲子園を沸かせた球児と大学野球をけん引する選手とのガチンコ対決。ファンの注目を集める一戦となり、27日までにチケットは早々と完売となった。
    当日券の販売は行われていないが、17時45分のプレーボールを前に、神宮球場の正面入り口前は長蛇の列となった。

     徹夜は禁止だったが、一塁側内野自由席では前日から場所取りをするファンも現れ、この日は早朝から列ができ始めた。球場周辺が混雑したため、急きょ予定より50分前倒して、午後15時に開門となった。

     節目の第100回大会となった今夏の甲子園では、熱戦の連続で注目度が上昇。準々決勝では、史上最速の朝5時40分に満員通知が出された。春夏連覇を達成した大阪桐蔭や金足農・吉田輝星投手(3年)らが活躍。“かなのうフィーバー”が巻き起こった。

     この日、メンバー18選手は試合前、応募で当選した50人の少年少女と一緒に昼食を取り、野球教室も行って交流。昼食会では金足農・吉田、大阪桐蔭・根尾昂内野手(3年)らに、記念撮影を求める保護者の列ができる一幕もあった

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000063-dal-base

    根尾押し
    【甲子園で大活躍した選手が今度は神宮球場で長蛇の列を作る】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/28(火) 08:21:34.78 ID:CAP_USER9.net

    イケメンにもいつか翳りがくる。そんなことは世の女子もみんなわかっている。カッコイイと思って結婚した旦那さんを改めて見たら、
    何がどこでどう間違っちゃったの?と頭を抱えてしまったり、久しぶりに会った昔の好きな人を見て、思い出がガラガラと崩れ去ることだってある。

    そんなわけで、ペナントレースも後半戦を迎えたプロ野球界。数年前、「プロ野球一のイケメンは?」というアンケートがあれば、
    1位の常連だったのが中日ドラゴンズの浅尾拓也投手だ。
    小顔でイケメンの豪速球投手は、男性ファンも認める「かわいい顔」として人気ナンバーワンだった。

    浅尾投手は2011年にキャリアのピークを迎え、13年までは一線で活躍するも、その後はケガや故障などでいつの間にか名前を聞かなくなった。
    それでも「浅尾=イケメン」という認識は根強く、今年も1軍に登録されると女性ファンのみならず、
    「戻ってきた」と野球ファンが注目。ところが、久しぶりの浅尾投手に驚きの声があがっているという。

    「今年で33歳。すでに結婚して5歳の長男もいます。童顔は老けやすいといいますが、かつてのベビーフェイスさが消えて、顔がオヤジになったという感じなんです。
    浅尾投手といえば“カッコ可愛い”というイメージが定着していたので、『5年でこんなに変わるの?』『すっかり別人』といった声も少なくありません。
    ネット上では板尾創路にソックリになったとも言われているようで、“板尾拓也”と呼ぶ意地悪な人もいるようです」(女性誌ライター)

    人気ピーク時は、群がるファンにも嫌な顔ひとつせずサインをする“神対応”が評判だった浅尾投手。たとえオジサン顔になっても、ファンはずっと見守っているはず。
    今後もぜひ“いぶし銀の活躍”でファンを喜ばせてほしい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15220379/
    2018年8月28日 7時15分 アサジョ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    復活は絶望的
    【あのイケメン投手の過去の栄光と現在の姿とは…】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/28(火) 19:22:27.52 ID:CAP_USER9.net

    ◆巨人―広島(28日・東京ドーム)

    2回、ゲレーロが左翼席へ特大の12号本塁打を放った。

    6月15日にコンディション不良で登録抹消され、今月26日に1軍復帰となったゲレーロ。復帰戦でも、ソロ本塁打を放ち、2試合連続の本塁打となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000192-sph-base
    8/28(火) 19:13配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 Youtube)

    ゲレーロ 12号 看板直撃 特大 ソロ ホームラン 2018年8月28日 巨人vs広島


    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2018/cl2018082801.html
    試合スコア

    せっかくならレフトで
    【ゲレーロが復調模様 中日に泣き寝入りせずに済みそうだ】の続きを読む



    1 豆がーる ★ :2018/08/25(土) 14:34:14.81 ID:CAP_USER9.net

    プロ野球番記者 オフレコ情報
    工藤公康監督 (左)

     星野仙一氏が、「好きなようにやればいいから。頼む!」と楽天の監督に据えた梨田昌孝氏(65)は、その星野氏の死によって後ろ盾を失い、開幕から迷走した。

     球団関係者が打ち明ける。

    「今季、スタメンがコロコロ変わっていましたが、これは立花陽三社長の指示だそうです。かつて三木谷浩史オーナーの現場介入が取り沙汰されましたが、立花社長は力の入れようが違う。たとえば、今シーズン序盤、ある打者が2ボールから打って凡退になったことがあったのですが、その直後、塩川達也戦略コーチのスマホに『ボール2から打つな!』なるメッセージが入ったんだとか……」

     これにブチ切れたのが当時ヘッドコーチだった平石洋介氏(38)なのだという。上層部と現場の板挟みとなった梨田監督はシーズン途中で辞任。後任探しに困った球団は平石コーチに白羽の矢を立てた。一度は固辞したが、「好きなようにやっていいなら」という条件で平石氏は監督代行を引き受けた。

    「平石代行は一切の介入を拒否して、打順を固定。すると、楽天は驚異的なペースで勝ち始めました」(前出・関係者)

     昨季、楽天と首位争いを繰り広げたソフトバンクも苦しんでいる。ここ8年で5度優勝している常勝軍団が、勝率5割前後と低迷しているのだ。

     チーム状況を象徴するような事件が起きたのは7月21日。札幌ドームで行われた日本ハム戦のときのことだ。

    「達川光男ヘッドコーチが失踪したんですよ。練習には姿を見せていて、ベンチ入りの登録もされていたのに急遽、欠場となった。この行動自体も謎ですが、もっと謎だったのが、この事件を報じたのが日刊スポーツだけだったこと。地元紙の西日本スポーツも無視していました。ヘッドコーチなのに、いようがいまいが、誰も気付かない。それほど存在感がないんです」(球団関係者)

     入団時は「ムードメーカー」「スポークスマン」などともてはやされた達川ヘッドだが、試合後にぶら下がる記者もほとんどいなくなったという。

    「工藤公康監督ら、ホークス首脳陣がまともに機能していないのは間違いない。たとえば8月4日のバファローズ戦で、プレーがかかって3球目に代走を出すなんて珍采配がありました。打線は湿りっ放しなのに工藤監督は『後半戦のキーマンは内川聖一、松田宣浩、デスパイネ。彼らが試合に出続けることが大事。輝きを取り戻してほしい』の一点張り。そう唱え続けているうちに終戦を迎えてしまいそうですよ……」(スポーツ紙ソフトバンク番記者)

     投壊も深刻だ。理論派の工藤監督は投手コーチと度々衝突。吉井理人、佐藤義則ら名伯楽が次々とチームを去った。独善的な投手起用に反発する選手も登場。昨季、守護神・サファテ(37)が工藤監督のリリーフ陣の酷使を批判したのは記憶に新しい。実際、サファテも、セットアッパーの岩嵜(いわさき)翔(28)も故障離脱した。

    「工藤さん自身も風向きが変わっているのを感じているらしく、一部の記者に『来季はここにいないかも』と漏らしているそうです。後任には、厳しさと経験を買って、"即戦力"の秋山幸二前監督を推す声が強いですね」(前出・後藤氏)

     そんな工藤監督よりクビが寒いのが、オリックスの福良淳一監督(58)だ。

    「指揮官としての厳しさが足りず、結果も出ない。宮内義彦オーナーが記者の前でベンチの無策を批判したこともありましたから、このままBクラスなら交代でしょう。すでに関西のスポーツ紙記者は後任の取材を始めていますよ。球団としては田口壮二軍監督に後を継いでもらいたいのでしょうが、思いのほか選手からの人望が薄く……。『落合博満さんでエエんちゃうの?』なんて声も出ています」(パ・リーグ球団編成担当)

     だが、しかし――意外な人物がオリックス監督に色気を見せているという。

    「DeNAのラミレス監督です。昨年、CSで広島を下して日本シリーズに進出。今年こそ優勝だと開幕前は盛り上がったのですが……今永昇太ら秘蔵っ子の左腕3本柱がパカスカ打たれて借金はフタケタに膨れ上がりました。ラミレス監督はピッチャーに8番を打たせたり、なぜか好調な選手をベンチに下げたりと、独自の理論とデータを基にした選手起用が特徴。ただ、ここまで負けが込んでくると、さすがに球団内からもラミレス采配を疑問視する声が出てきて……。実際、フロントも本人に指摘したそうですが、何が悪いんだと信念を曲げず、聞く耳を持たないんだそうです」(夕刊紙デスク)
    全文
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15207980/

    楽天頼むよ
    【今オフは監督解任ニュースがいくつも出そうな予感】の続きを読む

    このページのトップヘ