常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    2018年08月



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 すらいむ ★ :2018/08/28(火) 12:57:07.73 ID:CAP_USER9.net

    ユニホーム窃盗容疑の元巨人選手を不起訴処分

     川崎区検は28日、読売ジャイアンツ球場のロッカールームから選手のユニホームを盗んだとして窃盗容疑で逮捕されたプロ野球巨人の柿沢貴裕元選手(24)を不起訴処分とした。
     理由は明らかにしていない。

     神奈川県警多摩署は7月8日、川崎市多摩区の読売ジャイアンツ球場のロッカールームで6月に2軍選手の試合用ユニホームを盗んだとして逮捕。
     その後、釈放し、任意で捜査していた。

     球団は7月7日、阿部慎之助選手らのバットやグラブなど約110点を盗んで売却していたとして契約を解除した。

     柿沢元選手は2013年に鹿児島・神村学園高から楽天に入団し、16年オフにトレードで巨人に移籍した。(共同)

    日刊スポーツ 2018年8月28日12時43分
    https://www.nikkansports.com/general/news/201808280000417.html

    ありえない
    【なぜ不起訴処分? 巨人が金銭で丸め込んだか…】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/27(月) 07:54:09.08 ID:CAP_USER9.net

    将来は二刀流か? プロゴルファーでタレントの東尾理子が8月22日、ブログを更新。長男の理汰郎君がキャッチボールをしている動画をアップした。

    ブログは3回に分けられて投稿。
    理子の自宅と思われる部屋で、父で元プロ野球選手の東尾修氏と理汰郎君のキャッチボール風景が見られる。

    「場所はリビングだと思いますが、相当広いですね。理汰郎君が祖父に当たる修氏にキャッチボールをおねだりし、始まりました。
    動画を見て驚いたのが、理汰郎君の球の速さです。
    ゴムボールだと思いますが、5歳とは思えないスピードでした。元エースピッチャーとしての血がさわぐのか、修氏も熱が入ってきて、理汰郎君に投げ方を熱心に指導していました。
    たまに暴投もありましたが、飲み込みが早い理汰郎君はますますいい球を投げていましたね」(スポーツ紙記者)

    コメントでも「りたろーくん、キャッチボールうまーい」「理汰郎くん、球のスピードが速い、速い」「はやっ!ほんと、才能っていうか、血筋っていうか!」など、理汰郎君の才能に驚いているようだ。
    しかし、理汰郎君のスポーツの才能は野球だけではない。

    「今年3月、理汰郎君が『2018PGM 世界ジュニアゴルフ選手権 日本代表選抜大会』に出場したことが理子のブログで紹介されています。
    前半はうまくまとめて、90台のベストスコアも期待されましたが、後半は崩れ、トータル107で7位でした。
    本人も悔しかったようで、試合後、練習してから帰ったようです。
    しかし、まだ5歳です。理子は理汰郎君に熱心にゴルフを教えているようですし、今後、ゴルフの実力も伸びていくに違いありません」(前出・スポーツ紙記者)

    将来はプロ野球選手かプロゴルファーか? 「5歳の二刀流」理汰郎君の今後に注目だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15215323/
    2018年8月27日 7時15分 アサジョ


    (出典 golfes.jp)


    (出典 www.seibulions.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 Youtube)

    1987 日本シリーズ 巨人vs西武 第5戦 東尾修のほぼ全投球

    東尾修がうるさそうだな
    【東尾理子の長男の二刀流が話題に! 石田純一の血は入っていないのか】の続きを読む



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/08/25(土) 11:09:17.60 ID:CAP_USER9.net

    8/24(金) 20:42配信 ベースボールキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00163672-baseballk-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    ソフトバンク・松田宣浩(C)KYODO NEWS IMAGES

    ■ 今季のパ・リーグ最速

     ソフトバンクは24日、本日ヤフオクドームにて行われている西武戦で今季の公式戦主催試合の観客動員数が200万人を突破したことを発表した。

     公式戦56試合目での達成は、今季のパ・リーグで最速。また、球団としても「ソフトバンクホークス」となった2005年以降では最速。これまでは2015年と2017年の58試合目が最速記録だった。

    ■ ソフトバンク・歴代200万人突破試合

    2005年=65試合目(201万7996人)
    2006年=67試合目(200万7431人)
    2007年=63試合目(201万0665人)
    2008年=64試合目(200万5170人)
    2009年=65試合目(201万4752人)
    2010年=68試合目(202万1699人)
    2011年=64試合目(202万3965人)
    2012年=60試合目(203万0114人)
    2013年=60試合目(201万0729人)
    2014年=59試合目(201万6549人)
    2015年=58試合目(203万0241人)
    2016年=59試合目(203万5642人)
    2017年=58試合目(201万1790人)
    2018年=56試合目(202万5210人)

    ※ 2018年主催公式戦のみの合計数。下記球場での開催(5試合)含む。
    ・鹿児島県立鴨池野球場
    ・東京ドーム(2試合)
    ・北九州市民球場
    ・京セラドーム大阪

    BASEBALL KING

    内川はどうした
    【ソフトバンクが大儲け! 選手たちの年俸にも響きそう】の続きを読む



    1 すらいむ ★ :2018/08/22(水) 11:58:45.91 ID:CAP_USER9.net

    【独自】タオル引き抜きは東京メトロ役員 西武ライオンズに謝罪

     7月31日、埼玉西武ライオンズの試合終了後に、選手が首にかけていたタオルを東京メトロの役員の男性が引き抜いていたことが、FNNの取材でわかった。

     7月31日、埼玉西武ライオンズの選手が試合終了後、球場の観客席でファンサービスをしている映像。

     すると、階段を登る選手の首にかかっているタオルを、観客席にいる男性が、手をかけて引き抜いた。

     FNNの取材で、タオルを引き抜いた男性は、東京メトロの役員で、プライベートで観戦していたことがわかった。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    FNN Prime 2018年8月22日 水曜 午前11:48
    https://www.fnn.jp/posts/00399177CX

    選手は気の毒
    【西武の選手は運が悪いのか それとも恨まれているのか】の続きを読む



    (出典 baseballgate.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/26(日) 06:52:55.72 ID:CAP_USER9.net

    第12回U18アジア選手権(9月3日開幕、宮崎)に出場するU18日本代表が25日、都内近郊で合宿を開始した。
    今夏通算1517球を投げた金足農の吉田輝星投手(3年)は別メニュー調整で完全ノースロー。
    永田裕治監督(54=報徳学園前監督)は疲労を取ることを優先させ、28日の大学日本代表との壮行試合では登板を回避させる方針を示した。

    午後2時すぎ。都内のグラウンドに到着したナインが一斉にアップを始める中、吉田は一人だけ外野を歩き始めた。
    トレーナーに付き添われながらウオーキング。その後、30分以上かけて入念にマッサージを受けた。
    柿木ら投手陣がブルペン入りする姿をじっと眺め、ボールを握ることすらなく初日を終えた。

    「今日は無理せず、疲れを取った。痛いところはない。調子は上がっているので早く野球がしたい」。
    そう意気込む吉田に対し、永田監督は慎重な姿勢だ。
    甲子園での疲労を考慮し「東京ではゆっくりさせたい」とし、28日の大学日本代表との壮行試合は登板を回避させる考えを示した。

    無理もない。甲子園では6試合で881球、秋田大会から通算1517球を投げ抜いた。
    大阪桐蔭との決勝では6戦連続完投を目指したが5回を投げて足に力が入らなくなり「もう投げられない」と降板。
    帰郷後も大フィーバーの中で息つく間もなく、前日も登校してから東京入りした。

    首脳陣は当初、吉田を主戦候補にしていたが、決勝まで投げたことで体の負担を最大限に配慮した。
    壮行試合は既にチケットが完売しており、指揮官は「申し訳ないけれど…」と複雑な表情を見せ「本人が練習したいと言ってきたけど、“ダメや”と。将来がある」と制したという。
    アジア選手権の登板については「もちろんその(登板させる)つもりだがどこでというのは状況を見ながら」と起用法は白紙の状態だ。

    最速150キロを誇る右腕は代表メンバーと同じように動きたい気持ちを抱えながら
    「(大会を行う)宮崎に行ってからが本番。連覇に貢献したい」と言った。じっくり体力を蓄え、勝負の時に備える。 

    ○…吉田の愛称は「ヨッシー」に決まった。代表メンバーはこの日が集合日で、都内の宿舎で一緒に昼食を食べてから球場入りした。
    食事中、他のメンバーから吉田に「チーム(金足農)では何て呼ばれているの?」という質問が飛び「ヨッシー」と答え、
    代表でもその呼び名になった。吉田は決勝で戦った根尾と藤原について
    「打たれたので抵抗があったが話したら良い人だった。根尾、恭大(きょうた)と呼んでいます」と笑顔で話した。

    ○…甲子園で史上初の2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭からは最多の5人がメンバー入りし、中川が主将に指名された。
    今秋ドラフト1位候補の根尾は同じく1位候補の小園(報徳学園)とシートノックで遊撃を守ったが「投手もやる準備をして臨みたい」。
    自主的に外野用グラブも持参したことを明かし「三刀流」でフル回転することを誓った。
    2年連続代表入りの藤原は外国勢のけん制を警戒。「あれはボーク。日本と全然違うのでそこは経験を生かせれば」と話した

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/08/26/kiji/20180826s00001002149000c.html
    2018年8月26日 05:30


    (出典 Youtube)

    闘魂こめて

    ナイス判断
    【金足農・吉田輝星はぶっつけ本番で大会に臨むとU-18日本代表監督が明言】の続きを読む

    このページのトップヘ