常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    2018年10月



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/27(土) 06:45:10.03 ID:CAP_USER9.net

     巨人の上原浩治投手が産経新聞の取材に応じ、来季も現役続行の意思があることを明らかにした。今後の進退について明言したのは初めて。巨人との1年契約が今季で切れる中、「野球ができることが美学。オファーをくれた球団でやりたい。(来年2月の)キャンプを迎えるまでには契約したい」と語った。(浜田慎太郎、田中充)

     上原は左膝手術翌日の24日、東京都内で取材に応じた。退院直後で左膝をかばいながらも、松葉づえを使うことなく歩いた。「膝はパンパンに腫れている」と話しつつも、悲観した様子はなかった。

     「まずは、膝回りが固まらないように動*こと。年内に走れるようになればいい」とし、家族が待つ米国へ戻り、リハビリを続ける予定だと明かした。その上で「こういう手術をした状態でも取ってくれるところがあれば、どの球団でもプレーしたい」と述べた。

     人生初の手術を決断してまで、現役にこだわった理由は明快だった。「今季の成績に納得がいかない。ダメだと思ったら辞めるけど、もうちょっとできたんじゃないかなという思いがある。このまま辞めるわけにはいかない」

     10年ぶりの巨人復帰となった今季は苦しいシーズンだった。希望していた大リーグと契約できず、急転直下で決断した日本球界へのカムバック。春季キャンプに参加できず、急ピッチで仕上げたことでコンディション調整がうまくいかなかった。「経験したことのないスタートで、急いでしまった」と反省した。

     左膝に痛みが生じたのは7月の球宴前あたりから。シーズンが終わるまで公表を控え、テーピングや痛み止めを施しながらマウンドに立った。 

     「最後の方は本当にしんどかった。軟骨が完全になくなって、グラグラしている状態だった」



    2018.10.27 01:00
    https://www.sankei.com/sports/news/181027/spo1810270001-n1.html


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【巨人・上原が次期監督を狙っている? できるだけ長く現役にこだわる理由】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/10/27(土) 08:31:35.26 ID:CAP_USER9.net

     可能性があるなら、挑戦する。中日から1位指名された大阪桐蔭・根尾昂内野手(18)は26日、大阪府大東市にある同校での指名あいさつを受け、
    ドラフト会議前日の24日にプロでは野手一本に絞る「脱二刀流」を宣言していたが、この日は改めて投手挑戦にも意欲を示した。

     根尾の顔にはプロ野球選手になる自覚がみなぎっていた。与田新監督から受け取った「交渉権獲得」のカードには指揮官の直筆で「一緒に戦いましょう」
    と記されていた。改めてチームに必要とされている実感が沸いた。

     「“チームの勝利のために何でもします”と言わせていただきました。ドラゴンズを優勝させる、自分の力でチームを底上げすることが使命。力を付けて
    チームの勝利に貢献したいです」

     今夏の甲子園大会でチームを2度目の春夏連覇に導いた中心選手。投げては最速150キロ、打っても高校通算32本塁打と強打の遊撃手であり、
    注目が集まるのはプロでの起用法だ。24日には「ショートでいきたい気持ちが強い」と脱二刀流を宣言していたが、この日、改めて投手への挑戦を
    聞かれると「(投手を)やることはゼロではない。力になれるのであれば、どんな形でもやりたい」と意欲を見せた。

     プロ球界で二刀流で成功を収めたのは大谷(現エンゼルス)だけで、中日には二刀流選手を育成するノウハウがない。根尾自身も大阪桐蔭では基本的に
    野手の練習メニューをこなし、必要な時だけブルペンで投球練習を行う調整法をとっていた。だからこそ
    「どうやって逆算してやられていたのか」と二刀流で成功した大谷の日本ハム時代の練習メニューにも興味を示した。

     二刀流に挑戦した場合、進む道が容易でないことも分かっている。「力、技術、体力とまだまだ高校生。今すぐ1軍となっても続かないと思います」。
    現在は筋肉を付けるために体重を増やし、走り込み中心の練習メニューを続けている。新人合同自主トレや春季キャンプが始まる数カ月先を見据え
    「土台をしっかりつくりたい」と気を引き締めた。

     野球センスの良さは4球団競合が物語っている。どんな道を選択するのか。根尾の未来は無限に広がっている。(徳原 麗奈)

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/27/kiji/20181026s00001173458000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【大阪桐蔭根尾の気持ちはどうなる? 周りは本人の意見を尊重してくれよ!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/27(土) 10:07:07.43 ID:CAP_USER9.net

    ◇日本ハム・斎藤佑樹投手インタビュー 取材後記

    日本ハム・斎藤佑樹の趣味は読書。最近は野球関係の本を読みあさっている。

    トム・ハウス氏の「ノーランライアンのピッチャーズ・*ル」、日米で活躍した黒田博樹氏の「決めて断つ」などで「読書でも、テレビを見ていても“何か野球にヒントになることはないか”と思ってしまう」と語る。
    そんな斎藤に「野球のことが頭から離れるリフレッシュ法は?」と聞いてみると「う~ん、あまりないけど映画観賞ですかね。でも1週間ぐらい前にレンタルして見たのはフィールド・オブ・ドリームス※3です」と笑う。
    来季こそ結果を残すため、私生活の全てを野球にささげている。 (日本ハム担当キャップ・山田 忠範)

    ※3 ケビン・コスナー演じるアイオワ州の田舎町に住むレイ・キンセラが主人公。
    「それをつくれば彼がくる」という不思議な声を耳にし、生活の糧であるトウモロコシ畑をつぶして野球場をつくると、
    過去にメジャーで八百長事件に巻き込まれて球界を追放されたスター選手や若き日に反発して疎遠のまま死別した父親らが現れる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000064-spnannex-base
    10/27(土) 10:00配信


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)

    千葉・鎌ケ谷の2軍施設で来シーズンへの思いを語った斎藤


    【斎藤佑樹が遂に他力本願に? 自分の力だけでは厳しいとようやくさっとた模様】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/27(土) 08:37:10.25 ID:CAP_USER9.net

     阪神は、フリーエージェント(FA)補強のターゲットに定めているオリックス・西勇輝投手(27)への全力アタックに備え、今オフに予定していた戦力補強費を数億円上積みすることが26日、分かった。
    大阪・野田の電鉄本社で次期オーナーの藤原崇起会長(66)と、揚塩健治球団社長(57)ら球団フロントが会談。
    新外国人を含めて、総額20億円近くと見込まれる補強費にGOサインが出された。

    坂井オーナーから藤原会長に実質的なオーナー職がバトンタッチされてから、初のオーナー報告会。
    25日のドラフト会議の話題が終わると、オフの補強戦略についての確認も行われた。球団首脳は「FAの話もしました」と説明。
    ターゲットや人数に関しては「時期が来れば」と明言を避けたが、FA宣言した場合の西の獲得と、
    故障者特例措置でFA権取得が見込まれる上本の残留要請に必要な具体的な予算が話し合われた。

    また、リストアップ作業を進めている外国人補強も方向性が確認された。球団首脳は「打者と先発と中継ぎがそれぞれほしい」と最低3人の獲得予定を明かした。
    今季は年俸3億4000万円で獲得したロサリオが期待を裏切り、来季契約は結ばない方針。新4番候補獲得にも十分な資金を投入する準備を整えている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000325-sph-base
    10/27(土) 6:04配信


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【阪神が大掛かりな補強に挑む! 最大の目玉はあの好投手と残留要請】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/24(水) 06:20:50.79 ID:CAP_USER9.net

    今季限りで現役を引退した中日の荒木雅博氏(41)が、来季は2軍の内野守備走塁コーチに就任する方針であることが23日、分かった。

    荒木は95年ドラフト1位で中日に入団。井端弘和氏と「アライバコンビ」として二遊間を守り、6度のゴールデングラブ賞に輝くなど、名二塁手として23年間、チームを支えた。
    引退会見では指導者の夢を口にし「元々できないところからプロ野球生活がスタートした。
    できない選手を分かるようになりたい。“なぜできない?”ではなく“分かる分かる”と言えるようになりたい」と理想のコーチ像を語っていた。

    また、同じく今季限りで引退した浅尾拓也氏(34)も2軍の投手コーチへ就任を要請中。
    チームの黄金期を支えた2人が、来季は若手を育成し、強竜再建に努めることとなりそうだ。
    両氏を含めた来季のコーチ人事は、早ければ24日にも正式に発表される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00000004-spnannex-base
    10/24(水) 5:55配信


    (出典 www.asahicom.jp)


    【中日のコーチ陣も大胆な若返りを図った!!】の続きを読む

    このページのトップヘ