常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    カテゴリ:野球 > メジャーリーグ



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/30(火) 18:23:57.53 ID:CAP_USER9.net

    【10月29日 AFP】ワールドシリーズの舞台で2年連続で失意に陥る中で、ロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)のクレイトン・カーショウ(Clayton Kershaw)は、まだ自身の今後についてじっくり考えを巡らせる心の余裕はないかもしれない。しかし、彼にとって28日のボストン・レッドソックス(Boston Red Sox)戦は、ドジャースでの最後の登板になる可能性がある。

     押しも押されもせぬこの世代のナンバーワン投手であるカーショウだが、今季もその経歴にワールドシリーズ優勝の文字が書き込まれることはなかった。

     昨年のヒューストン・アストロズ(Houston Astros)とのシリーズ第7戦では、本拠地ドジャー・スタジアム(Dodger Stadium)で敗れ去るチームを見つめた。そしてこの日は3本塁打を浴びて1-5の敗戦の要因となり、またしても本拠地で相手が勝どきを上げる胸の痛みに耐えなくてはならなかった。

     プロ入りからドジャース一筋で過ごしてきたカーショウは、今季終了とともに2年残っている球団との契約を破棄できる権利を手にする。そしてサイ・ヤング賞(Cy Young Award)受賞3回のエース左腕は、シーズン中ずっと、この権利を行使するつもりはあるかという質問を受けてきた。それでも敗戦直後の今、カーショウの心はチームメートとともにある。

    「まあ、僕の去就に関する質問が出るのは当然だと思っている。ただ今はその話をして、今夜のことや、今みんなが感じていることを台無しにしたくはない」「僕だけにフォーカスするようなことは勘弁してほしいんだ」「今夜のことはみんなにとってつらい経験だった。本当にね」

     2014年に総額2億1400万ドル(約240億円)でドジャースとの契約を更新し、今後2年間の年俸は合わせて6500万ドル(約73億円)に達するカーショウは、3日間かけて今後について判断する予定で、今はまだ何も決めていないと繰り返した。「色々なことが起こる3日間になるだろうし、そこで心を決めたい。話し合いをすることは間違いないと思う」

    2018年10月29日 17:26 
    発信地:ロサンゼルス/米国
    http://www.afpbb.com/articles/-/3195074?act=all


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【2年連続の屈辱味わったカーショーの気になる去就は…】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/27(土) 07:46:28.33 ID:CAP_USER9.net

    メジャー復帰最優先も現役続行意欲、兄エドガーは巨人駐米スカウト

    パドレス、ドジャースなどで活躍し、メジャー通算317本塁打&2050安打を誇るエイドリアン・ゴンザレス内野手が、来季NPBでのプレーを視野に入れていることが分かった。
    米球界関係者によると、今季は6月にメッツから契約解除されたゴンザレスは来季はメジャー復帰を最優先させるが、オファーが届かなかった場合はNPBでプレーする決意だという。

    メジャーを沸かせた超大型選手が、日本でプレーする可能性が浮上した。
    米球界関係者によると、球宴5度、ゴールドグラブ賞4度、シルバースラッガー賞4度のタイトルを誇るゴンザレスが、条件付きながらNPB移籍を真剣に検討しているという。
    今季メッツで開幕を迎えた36歳ベテランは、6月11日に契約解除。その後はどこのチームとも契約を結ばなかったが、来季以降も現役を続ける意向で準備を着々と進めてきた。
    もちろんメジャー復帰を最優先させるが、オファーが届かなかった場合や開幕メジャーを勝ち取れなかった場合は、
    戦いの舞台を日本へ移して現役生活を続ける予定。すでに複数のNPB球団から打診を受けているようだ。

    ゴンザレスはメキシコ代表のメンバーとして2016年11月に侍ジャパン強化試合で来日。
    この時、日本に対して好印象を抱いており、兄エドガーが2010年と12年に巨人でプレー。
    メキシコ代表監督を務めると同時に、現在も巨人の駐米スカウトとして働くなど、日本となじみが深い。

    2000年ドラフト1巡目(全体1位)でマーリンズ入り。
    2004年にレンジャーズでメジャーデビューを果たした後、主にパドレスやドジャースなどで活躍したゴンザレスは、通算317本塁打、打率.287の打撃に加え、
    多少の衰えは否めないものの一塁守備にも定評がある。
    NPB入りが実現すれば、2013年から2季を楽天でプレーしたアンドリュー・ジョーンズ以来の大物来日。
    今オフ、ゴンザレスの去就からも目が離せなそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00236490-fullcount-base
    10/27(土) 3:00配信

    h
    (出典 www4.pictures.zimbio.com)


    (出典 i.japan-baseball.jp)


    https://baseball.yahoo.co.jp/mlb/teams/player/12178
    成績

    エイドリアン・ゴンザレス

    (出典 Youtube)


    Adrian Gonzalez 2013 Highlights

    (出典 Youtube)


    【米通算317発ゴンザレスがついにNPBにやってくる?】の続きを読む



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/10/25(木) 10:53:34.70 ID:CAP_USER9.net

    毎年恒例のことだが、ワールドシリーズのチケット料金が再販市場で記録的な高騰を見せている。

    米メディアによると、ボストンのフェンウェイ・パークでの第1戦の平均価格は1012ドル(約11万3000円)で
    第2戦は977ドル(約11万円)。


    バックネット裏の4席を連番で買った場合は3000ドル(約33万6000円)まで高騰。

    これらが最高価格ではなく、平均なのだから驚異的だ。
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181025/mlb18102505010004-n1.html


    【ワールドシリーズがいかにすごいものかを実感した! 初戦のチケット価格はなんと…】の続きを読む



    1 shake it off ★ :2018/10/24(水) 15:02:23.92 ID:CAP_USER9.net

    ● 1点リードの場面で値千金3ラン「変化球を多く投げると睨んでいた

     ワールドシリーズの第1戦が23日(日本時間24日)、ボストンのフェンウェイパークで行われ、レッドソックスが8-4でドジャースを下して先勝した。決着をつけたのは、7回に代打で登場したヌネス。
    1点リードの場面でグリーンモンスターを越える左翼3ランを放った。ワールドシリーズでの代打ホームランは、2009年の松井秀喜氏(ヤンキース)以来となった。

     レッドソックスのセール、ドジャースのカーショーというメジャーを代表する左腕が先発した一戦は、序盤から点の取り合いに。しかし、レッドソックスは4安打を放ったベニンテンディの活躍などで、常に先手を取りながらゲームを進めた。

     同点の5回にはボガーツの内野ゴロで勝ち越すと、ディバースのタイムリーで追加点。7回にマチャドの犠飛で元広島がポストシーズン初失点を喫したが、その裏に値千金の一発が飛び出した。

     2死一、二塁の場面でドジャースがバエスから左腕ウッドにスイッチすると、レッドソックスはディバースに代打ヌネスを送る。1ボールからの2球目、ナックルカーブを完璧に捉えた打球はレフトのグリーンモンスターを越えて、大歓声の中でスタンドインした。

     試合後には「彼(ウッド)のビデオを見て、変化球を多く投げると睨んでいた。しかも、走者一、二塁の場面で、速球勝負はしてこないと思った。だから変化球を待っていたら、2球連続できたんだ」と話したヌネス。“読み勝ち”で試合を決める一発を放った。

    「MLBスタッツ&インフォ」は公式ツイッターで「エドゥアルド・ヌネスはヒデキ・マツイ(2009年第3戦)以来、ワールドシリーズで代打ホームランを打った初めての選手になった」と記録を紹介。
    2009年といえば、ヤンキースが世界一に輝き、松井秀喜氏が13打数8安打の打率.615、3本塁打、8打点という凄まじい成績でワールドシリーズMVPに輝いた年。DHでレギュラーだった松井氏はナ・リーグ本拠地の試合では代打出場となっていたが、第3戦ではフィリーズのシチズンズ・バンク・パークでもホームランを放っていた。

     初戦で今季メジャー最多のレギュラーシーズン108勝の実力を見せつけたレッドソックス。松井氏以来9年ぶりの代打弾も飛び出し、さらに勢いづきそうな気配だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00234702-fullcount-base


    (出典 julia69.cocolog-nift

    【あの松井秀喜氏以来の快挙がワールドシリーズで起きた!!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/20(土) 23:45:45.30 ID:CAP_USER9.net

    MLB公式YouTubeチャンネルが大谷の全アーチ動画を公開
     メジャーリーグに二刀流旋風を巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平投手。
    右肘のケガで投手としては10試合の登板に終わったが打者として22本塁打を放ちア・リーグの新人王候補に名を連ねている。
    MLBの公式YouTubeチャンネルは大谷の全22本塁打のハイライト動画を公開したが、配信から3週間で15万再生を超えと改めて大谷の注目度の高さを示している。

    MLB公式YouTubeチャンネルは「エンゼルスで素晴らしいルーキー・シーズンを送ったショウヘイ・オオタニが放った全22本塁打を振り返る」とタイトルを付け10月1日(日本時間2日)に大谷の22本塁打の動画を公開。

    4月3日(同4日)の本拠地インディアンス戦で放った記念すべき1号、8月25日(同26日)のアストロズ戦で
    サイ・ヤング賞右腕のジャスティン・バーランダーからのバックスクリーンに突き刺した14号2ランなど、どれもが見返したくなるアーチばかりだ。

    勿論、大谷が放った一発で生まれた名フレーズ「ビッグフライ! オオタニサン!」も動画の中では何度も登場している。
    公開から約3週間が経過し15万回再生を超える大反響となっている。コメント欄には米ファンから称賛の声で溢れかえっている。

    「若く、才能があり、ハンサムで、それでいて体格も良い。そしてなによりも彼は性格が良いね」

    「新人王、決まりだ」

    「来季に向けて良い監督を迎えられることを願うよ。このチームが何年も連続でプレーオフ進出から遠ざかるのは、相応しくない」

    「人々は、彼を最初投手として推していたことを忘れている」

    「いともたやすく新人王」

    「怖くなるくらいに素晴らしい」

    「ビッグ・フライ、オオタニサン!」

    「2019年は40発」

    「ほぼ毎回トラウトが一番最初にベンチで迎えているのが好き」

    大谷はシーズン終了と同時に右肘のトミー・ジョン手術を受け来季、打者として復帰するため現在はリハビリに専念。
    打者一本で迎える来シーズンは一体どれだけの成績を残すのか。
    そして何度「ビッグ・フライ! オオタニサン!」の名台詞を聞くことができるのか今から楽しみだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00232125-fullcount-base
    10/20(土) 22:05配信


    (出典 Youtube)



    (出典 number.ismcdn.jp)

    更に進化を遂げてほしい
    【大谷翔平が世界のスーパースターになった瞬間!】の続きを読む

    このページのトップヘ