常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    カテゴリ:野球 > 高校野球



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/12(金) 20:26:35.21 ID:CAP_USER9.net

    今夏甲子園大会準優勝右腕でドラフト1位候補の金足農・吉田輝星投手(3年)が10日、秋田市内の同校で会見を開き、プロ志望届を提出したことを明かした。

    「チームとして甲子園で力を発揮して勝ち進んでいく中で自信につながって、大学への進学から元々の夢だったプロに行きたいという気持ちに変わっていった」

    緊張気味の面持ちで心境の変化を口にした。7月の秋田県大会の時点では青森・八戸学院大への進学を決めていたが、甲子園での大ブレークとともにプロの評価も2、3位クラスから急上昇。
    会見前の時点でプロ9球団から調査書の記入依頼が寄せられ、地元東北の楽天、横浜DeNA、阪神などの1位指名が有力視されている。

    本人が「好きな球団」と公言した巨人への気持ちは封印した。「特定の球団に関する質問はご遠慮ください」と司会者から事前に要請があったにもかかわらず、
    民放テレビ局アナウンサーが「以前は巨人が好きと言っていたが、気持ちに変化はないか」とド直球のNG質問を投げ掛け、即刻打ち切られる一幕も。

    吉田が決断を下したのは福井国体を終えて秋田に戻った翌日の4日。両親とともに野球部の中泉一豊監督(46)、前監督の嶋崎久美氏(70)、渡辺勉校長と話し合い、プロ入りへの強い決意を明かした。

    中泉監督は翌5日に渡辺校長と共に八戸学院大に足を運び、吉田が昨年10月から指導を受けていた正村公弘監督(55)に進学断念の意志を伝えた。

    「やはり恩がありましたから。甲子園期間中も何度か正村監督とやりとりをして、(進学の意志を)確認していた。
    甲子園が終わってからですかね、吉田が自信を付けてプロに対する気持ちが強くなってきたと感じたのは…」と中泉監督。

    「正村監督は『もっと早く(心変わりを)言ってほしかった』とおっしゃっていて、報告が遅くなってしまったのは本当に申し訳なかったと思っています。
    ですが、最後は受け入れてくださった」というとおり、大学側にも事情がある。

    大学の野球部入部を前提とした推薦入学の“内々定”は、高校3年の6月に決まることが多い。
    まさに吉田が八戸学院大に決めたのが、いわゆる“野球推薦”の一般的な時期。
    だが、今回の吉田のように推薦入試が行われる直前での進学辞退は、代わりの人材確保がままならないという。

    中泉監督に正村監督を紹介した嶋崎氏は「吉田君を先例に金足農から八戸学院大への進学の道が開けていたが、そこがなくなったのは残念」と悔しがった。

    プロで元気に躍動する姿を見せることが、奔走してくれた周囲への何よりの恩返しとなるのは間違いない。(片岡将)

    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/181012/spo1810120004-n1.html
    2018.10.12

    人生を変える決断なんだから仕方ないと思わないかな
    【八戸学院大監督が金足農・吉田を批判? 】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/10/11(木) 08:02:34.31 ID:CAP_USER9.net

    「リリースの瞬間、ピシッと音がするんですよ。一級品。そんなの、(ダルビッシュ)有以来だね」

     久々に会った埼玉栄高の若生正廣監督は、米倉貫太にべたボレだ。なにしろ、同監督のもと、東北高でメジャーの礎を築いたダルビッシュ級だというのだ。

     2014年度まで務めていた九州国際大付の監督時代、当時福岡・浮羽ボーイズに在籍し、県選抜メンバーに名を連ねていた米倉に出会った。同じ時期に、佐賀・東松ボーイズから大阪桐蔭高に進んだ柿木蓮も見たが、若生監督がより魅力を感じたのは米倉だった。

    「基本がすべてできている。なにより、立ち姿がよかったですね」

    リリースの瞬間、音がピシッと……

     ただ若生監督は15年度から、古巣の埼玉栄に復帰し、福岡とは大きな距離を隔てることになる。それでも米倉は、果樹園を営む両親を説得し、若生監督を慕って故郷を飛び出した。すると、1年夏から背番号11でベンチ入り。 飯能高との初戦で先発を務め、4回途中まで1安打5三振無失点と、上々のデビューを果たしている。

     米倉は、「出てきたばかりでなにもわからず、投げるだけで精一杯でした」と話すが、その間「投手としての基本も一から十まで教えました。いい投手はけん制、フィールディング、バント処理……となんでもうまいものですが、米倉にもその能力はありますね」(若生監督)

     並行して、股関節のストレッチを毎日徹底した。高校時代のダルビッシュがそうだったように、股関節での体重移動を重視する若生監督の方針。おかげでいま、柔軟になった米倉の下半身は、相撲取りの股割りのように楽に180度開く。さらに、ピンポン玉大の鉄の球2個を与え、時間があればそれを指先で遊ばせるように指示。変化球に必要な、指先の繊細な感覚をつかむもので、これもやはりダルビッシュ育成法のひとつだった。

    「いいピッチャーというのは、リリースがちょっと早いと察知したら本能的、瞬間的に指の力を抜いたりして、高低を調節するものです。ダルビッシュはそれができていましたが、それには指先の繊細さが必要。米倉も、鉄の球を最初から器用に操りましたよ」(若生監督)

     その効果もありいま米倉本人は、「スライダー、ツーシーム、カーブ、フォーク、チェンジアップ、シンカーなんでも投げられます」と話す。細かった体も、入学時の78キロから85キロへと、たくましさを増した。

     ただいかんせん、高校時代はさしたる実績がない。エースとなった1年秋は地区予選敗退。 2年も、本庄東高に7回7三振2失点と好投したが初戦敗退。2年秋は、4試合25回を投げて30三振、5失点でベスト8に進出したが、3年夏は4回戦で川口市立高に敗れ、つまり甲子園には一度も出場していないのだ。

    夏前に最速146キロを計時
     それでも、夏前の東海大相模高との練習試合では最速146キロをマーク。「150はいつ出てもいい。またスタミナも、入ったときを1とすればいまは10まで伸びているし、連投できる肩のスタミナもあります。あとは、体幹を鍛えて、大人の筋力にしていくこと」と、若生監督もその将来性に太鼓判を押す。ただ、「性格がよすぎるんだよね(笑)。学校でも、悪くいう先生が一人もいない。もっと闘争心を出してほしいね」と注文を忘れないのだが……。

     米倉は、こういった。

    「3年間はアッという間でしたが、納得いく投球は1回もありませんでした。ただ一時期、振りかぶって投げていたのを、夏前から従来のフォームに戻し、手応えはあるんです」

     若生監督はそして、こうつぶやいた。「ゆくゆくはメジャーですよ」。思えばダルビッシュのメジャー挑戦1年目の12年、シーズン前から「最低でも15勝はする」と予言したのが若生監督その人だ(12年のダルビッシュは16勝)。慧眼は、米倉にも通じるか。

    よねくら・かんた●2000年8月4日生まれ●投手●184センチ85キロ●右投右打●うきは市立浮羽中(浮羽ボーイズ)→埼玉栄高
    https://news.yahoo.co.jp/byline/yonobuyuki/20181010-00099830/

    甲子園に出ていない選手に頑張ってほしい
    【ダルビッシュの再来か? ドラフト注目選手一覧】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 nita ★ :2018/10/10(水) 16:15:09.99 ID:CAP_USER9.net

    10/10(水) 16:10配信
    サンケイスポーツ

     今夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した秋田・金足農の吉田輝星投手(3年)が10日、同校で会見し、プロ志望届を秋田県高野連に提出したことを発表した。最速152キロを誇る右腕は、25日に開催されるドラフト会議で1位指名が予想される。夏の甲子園大会では「金足農フィーバー」と呼ばれる社会現象を巻き起こした。「プロの世界に入れるのであれば、チームは関係なく、どのチームにいっても努力したい」と語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000540-sanspo-base

    日ハムに行け
    【金足農・吉田の気になる希望球団は?】の続きを読む



    (出典 img.sportsbull.jp)



    1 pathos ★ :2018/10/07(日) 08:59:50.95 ID:CAP_USER9.net

    今秋ドラフト候補で横浜(神奈川)の大型スラッガー、万波中正外野手(3年)がプロ志望届を提出したことが6日、分かった。

    今夏甲子園3回戦で吉田輝星投手(3年)率いる金足農(秋田)に敗れた直後は「次のことは考えられない」と話したが、平田徹監督(35)と面談しプロ入りの夢を貫く意思を固めた。

    コンゴ出身の父を持ち、190センチ、88キロの恵まれた体格で「二刀流」としてもチームをけん引。横浜スタジアムのバックスクリーンを直撃する通算40号本塁打を放つなど、規格外のパワーで複数の球団から注目を集める。週明けにも日本高野連のHPに掲載される予定。
    https://news.biglobe.ne.jp/sports/1007/nsp_181007_2782362143.html

    走塁が武器な選手
    【神奈川No1スラッガーの進路が遂に決定!】の続きを読む



    (出典 baseballgate.jp)



    1 ひかり ★ :2018/10/05(金) 16:40:35.47 ID:CAP_USER9.net

     今夏の高校野球で準優勝し、今秋のドラフトで注目されている金足農のエース・吉田輝星投手(3年)が10日に進路についての記者会見を開く。
    5日、金足農業高校が発表した。

     吉田は福井国体から秋田へ戻った後、4日に両親や中泉一豊監督らと進路について話し合った。プロへの挑戦を訴えると本人の意思が尊重され、
    進学を予定していた八戸学院大に同日までに断りを入れていたことが関係者への取材で分かっている。

     夏の甲子園を経て今ドラフトの注目ナンバー1投手となった吉田。2日には福井国体で高校最後の公式戦に登板し、自己最速の152キロ、
    毎回の11奪三振の快投を披露していた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000085-dal-base

    巨人は指名しないと思われる
    【金足農・吉田輝星の記者会見に注目が集まる! プロ入りが濃厚】の続きを読む

    このページのトップヘ