常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    カテゴリ:野球 > 高校野球



    1 アルテミス@ ★ :2018/10/04(木) 00:23:16.79 ID:CAP_USER9.net

    「迷っていたというより、これまで試合が続いていたので、まだじっくり考える時間がなかったです。これからしっかりと考えて後悔しない結論を出したい」

     プロ入り決断か、従来の予定通り八戸学院大進学か。ドラフト1位候補の金足農・吉田輝星投手(3年)は進路表明を先送りにした。

     2日の福井国体・高校硬式野球の部で常葉大菊川と対戦。自己最速を更新する152キロをマークするなど5回無失点11奪三振の快投でチームを7-0の7回コールド勝ちに導き、高校最後の試合を終えた。

     今夏の甲子園大会前は八戸学院大進学で固まっていたが、実力を全国に知らしめて評価が急上昇し、9月のU-18アジア選手権では日本代表のチームメートになった根尾、藤原、柿木(いずれも大阪桐蔭)らドラフト候補生に触発され、プロへの意識が高まった。

     この日は自己最速を更新し「心から楽しかった。しっかり腕が振れたし、スピードが出るな、という感覚があった」と手応えを口にした。

     だが、それでも「両親ともしっかり話をして、(中泉)監督さんに客観的な能力を評価してもらい、他の方とも相談して決めたい」と慎重だ。

     高校入学前は最速128キロだった吉田が金足農で実力を伸ばせたのは、嶋崎久美前監督が紹介してくれた八戸学院大・正村公弘監督の指導があったからこそ、という恩義がある。

     さらに、吉田の進学をきっかけに八戸学院大へのルートを確たるものにしたい金足農側の思惑も見え隠れする。吉田の父、正樹さん(42)=会社員=は金足農野球部OB。状況は吉田ひとりの意志で決められる段階ではなくなっている。

     あるアマ球界関係者は「ここで正村監督が『吉田君は大学に収まる器じゃない。プロで大きく羽ばたいてほしい』と送り出してあげれば男が上がるんだけど…」ともささやくが、八戸学院大側は吉田の決意が変わらないことを信じて待っている状況だ。

     プロ志望届の提出期限は11日。残された時間はわずかしかない。(片岡将)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15394108/

    最後は自分で決めなさい
    【金足農・吉田輝星が進路を公表しなかったんではなくて、公表できなかった理由】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/04(木) 13:17:08.77 ID:CAP_USER9.net

    「福井しあわせ元気国体2018」高校硬式野球は2日、福井県営球場で2回戦が行われ、金足農(秋田)が常葉大菊川(静岡)に7―0の7回コールドで勝利。
    吉田輝星投手(3年)は自己最速を2キロ更新する152キロをマークするなど、5回4安打無失点11奪三振の好投で、高校野球最後の試合を締めくくった。
    注目の進路については明言を避けた吉田だが、すでにプロ志望届提出への意思が固まったと見られる。

    投・走・攻・守すべてで観客を魅了し、高校野球のフィナーレを飾った。
    吉田は初回、一死二塁のチャンスで先制の中前適時打。まずは自身のバットで見せ場を作る。
    本職のピッチングでは2回に自己最速を2キロ上回る152キロを叩き出し、初回から3回にかけ5者連続三振。5回までに11個の三振を積み重ね、2番手の打川にマウンドを譲った。

    6回から右翼の守備に就くと、大飛球を華麗にダイビングキャッチ。
    7回の攻撃では無死一、二塁から一瞬の隙を突き三盗を決めると、大友が金足農“お家芸”のスクイズを決め、自らコールドのホームを踏んだ。

    「最後にコールドのスクイズを決めて、すごく楽しい試合だった。腕も振れていて、150も出るかなと思っていた。(152キロは)会場がざわついて、自分としてもリリースの手応えがありました」と吉田。
    進路については「まだ全然考えてない。迷っているというより、時間がなかったので。両親としっかり話し合って、監督やいろんな人の意見を聞いて。
    後悔しない道を選びたい」と話すにとどめたが、すでにプロ志望届提出の意思は固い。

    この日試合を観戦した吉田の父・正樹さんによると、U18後からすでに複数回、家族会議を重ねており「子供のころからずっと、いずれはそっちの世界(プロ野球)に行きたいと話していた
    本人の中ではある程度決まっているのかな」と息子の胸中を推し量った。
    両親は現在、大学進学も勧めているが「それを押し付けるわけにもいきませんから。
    本人の選択はできるだけ尊重してあげたい」(正樹さん)と、最終的な決断は吉田本人に委ねるつもりだという。

    一方、金足農の中泉監督、進学先の大学として有力視されている八戸学院大の正村監督を含めた話し合いは、
    今のところ行われておらず「本人やご家族の意思を尊重するため、今はあえてしていません」(中泉監督)と、
    こちらも最終的には本人次第。今後行われる話し合いの場では、本人の口から意思を確認するものと見られる。

    アジア3位に終わったU18直後は自身の不本意な投球もあり、解団式では「練習量や意識の面が(自分は)他のメンバーとは違う。
    そういうところを自分ができるようになってから。
    自分の実力をしっかり、客観的に見て決めることが大事」と話すなど、弱気とも取れる発言をしていた吉田だが、
    正樹さんは「それはないと思います。アイツはとにかく負けず嫌い。根尾くんや藤原くんと触れ合って、単純にすげえな、負けたくないなと思ったんじゃないですか」とこれを否定。

    U18を経てプロへの思いをさらに強めているようで、進路について「いきなり発言することはないとは思いますが…。
    それはそれでもいいのかな」と正樹さんが漏らしたことからも、本人の気持ちが揺るぎないものであることがうかがえる。

    高校野球最後の試合で、世代最速に並ぶ152キロにさらに自信を深めた“みちのくの侍”。11日に迫ったプロ志望届の提出期限まで、決断の時は近い。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000006-tospoweb-base
    10/4(木) 11:00配信

    プロ一本でしょ
    【金足農・吉田輝星の父が息子の進路を快諾! プロか進学か…】の続きを読む



    (出典 o.aolcdn.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/03(水) 07:04:42.31 ID:CAP_USER9.net

    福井国体・硬式の部準々決勝 金足農7―0常葉大菊川 ( 2018年10月2日 福井市営 )

     金足農(秋田)の吉田輝星投手(3年)がプロ志望届を提出する可能性が高いことが2日、分かった。福井国体の準々決勝、常葉大菊川(静岡)戦に先発した吉田は自己最速を2キロ更新する152キロをマークし、5回4安打無失点で11奪三振と圧巻の投球で高校最後の公式戦を締めくくった。注目の進路については、明言こそ避けたが、本人のプロ入りへの思いは強く、周囲も本人の意思を尊重する見通しだ。

     ホームベースを駆け抜けると、吉田は大きく腕を上げ笑みをこぼした。7点目を挙げるスクイズで生還し、コールド勝利。台風24号の影響で準決勝と決勝を実施せず、4校が1位となったが「初めて全国を獲れた。素直に凄くうれしいです」と喜んだ。

     「3番・投手」で出場。甲子園で代名詞となった「シャキーン」のポーズを久々に披露してマウンドに上がると、5回4安打無失点の快投。6回から就いた右翼の守備でも、背走からのダイビングキャッチで球場を沸かせ、打っても2安打に盗塁も決めるなど、高校最後の試合を楽しんだ。「つらい経験の方が多かったけど、甲子園からここまでは心から野球を楽しめた」。最後は恒例の全力校歌で球場を後にした。

     試合後、吉田は注目される進路について「試合続きだったので考えてない。まずは、自分もパワーアップして大阪桐蔭の選手たちとも戦えるようになりたい」と明言を避けた。だが、周囲の声を総合すると、11日締め切りのプロ志望届を提出する見込みが高まった。

     甲子園やU18日本代表の経験を通じて、高いレベルの野球、同年代のライバルたちの高い意識を肌で感じた。当初は八戸学院大への進学一本に絞っていたが、心境に変化があったようだ。関係者にはプロへの憧れを口にしている。周囲は大学進学を勧めているだけに「両親や監督などとも話して、客観的に能力を判断して決めたい」と吉田。3日の秋田帰省後に、家族や金足農の中泉一豊監督と話し合いを経て決めるが、最終的には本人の意思が優先されるもようだ。

     甲子園で全6試合に登板して881球、秋田大会から含め計1517球を投げ抜いた。この日4試合行われた同球場で、金足農の試合に詰めかけた観衆は最多の8257人。巨人、DeNAなど、資質に加えてスター性も高く評価し、1位候補として検討する球団は多い。プロ志望届提出となれば、25日のドラフト会議では、複数球団の競合が必至だ。

     吉田は最後に「後悔をしないような道を選びたい」と真剣な表情で答えた。思い出の詰まった高校野球生活を終え、新しいステージへと向かう。

    2018年10月3日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/03/kiji/20181003s00001002047000c.html

    間違いなくプロだな
    【金足農・吉田輝星の進路が今週中には決定!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/10/03(水) 18:10:59.71 ID:CAP_USER9.net

    今夏の全国高校野球選手権大会で8強入りした報徳の小園海斗内野手がプロ志望届を提出し、3日に日本高野連のホームページで公表された。25日に行われるドラフト会議で上位指名が予想される。

     小園は右投げ左打ち、走攻守三拍子そろった遊撃手で1年春からベンチ入り。今夏の甲子園大会2回戦では大会記録に並ぶ1試合3本の二塁打を放つなど、チームの準々決勝進出に大きく貢献した。
    高校日本代表として今秋に宮崎県であった18歳以下によるU18アジア選手権にも出場した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000015-kobenext-base

    いい選手だよな
    【報徳学園・小園がプロの世界での日本一を誓う!】の続きを読む



    1 春の呪い ★ :2018/10/03(水) 13:26:18.37 ID:CAP_USER9.net

    ◆福井国体 ▽2回戦 大阪桐蔭5―3済美(3日・福井県営球場)

     今夏の甲子園準決勝の再戦は、大阪桐蔭が先発野手全員の12安打で済美(愛媛)を破った。今秋ドラフト1位候補の根尾昂遊撃手と藤原恭大中堅手は試合後、「12球団OKか?」という質問に「どこでも」と即答した。
    2人に加えて、柿木蓮投手と横川凱投手(いずれも3年)もプロ志望届を提出する。

     大阪桐蔭は、昨秋の明治神宮大会は準決勝で敗退したものの、この世代は公式戦41勝1敗の勝率9割7分6厘。今年は公式戦無敗の29連勝だった。春夏の甲子園大会、昨秋と今春の大阪府大会と近畿大会、今夏の北大阪大会と合わせて、松坂大輔(現中日)を擁した1998年横浜に次ぐ8冠に輝いた。

     国体の高校野球硬式は準決勝以降が打ち切りになるため、4強に進出した4校が1位扱いとなる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000073-sph-base

    12球団OK
    【大阪桐蔭の4選手がプロ志望届を提出! 注目の根尾と藤原は…】の続きを読む

    このページのトップヘ