常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    カテゴリ:野球 > 高校野球



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/06/24(日) 18:08:09.86 ID:lZcsiKv70.net BE:784885787-PLT(15000)


    (出典 img.5ch.net)

    県外選手ズラリに賛否の声 秀岳館主将、熊本の声援励み
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000025-asahi-spo

    ■高校野球のモヤモヤを考える

     「県外の人が多いチームでも応援するべきだと思います。野球をする上で出身県などは関係ないと思います」
    (熊本県北の公立校・主将)=アンケートから
    野球留学についての高野連アンケートの結果
    今春の選抜高校野球を制した大阪桐蔭のように、県外選手が集まる甲子園常連校は多い。
    一方で、「地元の代表」の多くが県外選手となることへの批判も根強い。選手たちはどう受け止めているのだろう。

    14日までの選手登録によると、ベンチメンバーに県外の選手が最も多かったのは、
    昨夏まで春夏通算4季連続で甲子園出場の秀岳館。20人中17人だった。
    福岡県出身で主将の橋口将崇(3年)は「野球の強いところに入って甲子園に行きたいと思って来た」と
    入学の理由を語った。福岡県は高校野球の激戦区。甲子園に出るため県外の私立で野球をすることは
    中学生のころに決め、思いを両親に伝えていた。
    入学してすぐ、選手たちのレベルの高さに驚いた。地元にいた高校生とは、体の大きさも違った。
    熊本地震が起きて一度帰省したときには「レギュラーはもう無理かな」と親に漏らした。
    寮生活のため練習後も上下関係が一日中つきまとう。1年生は率先して動かなければならず
    想像以上につらかった。練習が深夜に及び、そこから洗濯などをして、就寝が午前2時になることもあった。
    ただ、得たものは大きかった。昨春の選抜大会。2回戦の五回表から捕手として起用され、
    初めて甲子園でマスクをかぶった。そこから見た景色は、これまで見てきた球場とはまるで違った。
    観客が多く、雰囲気に圧倒された。「ここにまた来られるならどんなつらい練習も乗り越えられる」。そう思った。

     親のありがたさに気づき、深く感謝するようになったのも、実家を離れたからこそだった。
    5月5日に行われたRKK旗準決勝では本塁打を放ち、前日が誕生日だった母親にボールを渡した。
    泣いて喜んでくれた。両親に恩返ししたいという気持ちが、今大きな原動力になっている。
    「親のためにも何が何でも勝たなきゃと思います」と話す。


    【甲子園常連校のスカウト制度に賛否両論の声】の続きを読む



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/06/28(木) 10:33:31.16 ID:CAP_USER9.net

    6/27(水) 13:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000099-sph-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    3代目「深紅の大優勝旗」を披露する平岡旗製造の平岡成介専務取締役(左)

     第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日開幕・甲子園)に合わせて新調された3代目「深紅の大優勝旗」の披露会が27日、兵庫・西宮市の甲子園球場で行われた。

     デザインは初代、2代目と同じで制作費用は約1200万円。昨年4月から1年2か月をかけて制作された。大きさは縦120センチ、横150センチ(旗房部分を含む)で、重さは4・5キロ(ポール部分を含めると10キロ)。第1回大会に制作された初代の優勝旗は、歴代優勝校を巡るうちに生地の傷みが激しくなったため、1958年の第40回記念大会で2代目が新調された。

     制作した平岡旗製造(京都市)の平岡成介・専務取締役は「私も高校野球をやっていたので、大優勝旗には、ひとかたならぬ思いを持って制作にあたってきました。日本で今、考え得る最高の方法で作らせていただきました。2代目は60年でしたけど、70年、100年もつぐらい丈夫に作り上げたつもりです」と、出来栄えに胸を張った。

     西陣織で、最高級の技法「つづれ織り」を採用。深紅に染めた正絹の糸と金糸が使われ、「優勝」の文字やハトと月桂樹(げっけいじゅ)の絵柄が手作業で織り上げられた。下にはラテン語で「勝者に栄光あれ」という意味の「VICTORIBUS PALMAE」の文字が入っている。

     長方形の生地の右半分に表面、左半分に裏面を織り込み、その生地を真ん中で織って縫い合わせ、周囲に旗房(はたふさ)を縫いつけている。最後に旗竿に取り付けるための「ハトメ」と呼ばれる穴を開け、金箔(きんぱく)を張った革を補強具として取り付けた。


    【第100回夏の甲子園の優勝旗が遂に完成 総工費はなんと1000万超え】の続きを読む



    1 nita ★ :2018/06/26(火) 15:38:21.30 ID:CAP_USER9.net

    6/26(火) 14:51配信
    朝日新聞デジタル

     日本学生野球協会は26日、東京都内で審査室会議を開き、5月に部内での暴力が発覚した群馬の健大高崎高校硬式野球部を、対外試合禁止1カ月の処分とした。期間は暴力発覚後に部活動を自粛した5月24日から6月23日まで。今夏の第100回全国高校野球選手権記念群馬大会には出場できる。5月中旬に寮内で2年生が1年生に暴力を振るったことなどが発覚した。

     健大高崎は春夏通じて甲子園に6回出場。昨秋と今春の県大会を制し、春の関東大会でも優勝していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000055-asahi-spo


    【甲子園常連校で暴力事件 処分が甘すぎる】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2018/06/25(月) 15:27:14.55 ID:mlJcgNjI0.net

     楽天は25日、第100回全国高校野球選手権大会の岩手、宮城、山形の県大会開幕戦で、各県出身の銀次、今野、栗原1軍打撃コーチが始球式を務めると発表した。球団によると、現役のプロ野球選手が高校野球の始球式を行うのは初めてという。

     銀次は「記念の大会で始球式ができるのはうれしいし、一生の思い出になる。自分を育ててくれた高校野球に恩返しができる機会を与えていただき光栄」とコメントした。
    https://this.kiji.is/383860869862048865/


    【現役のプロ野球選手が高校野球で始球式してもいいの?】の続きを読む



    1 そまのほ ★ :2018/06/21(木) 10:06:11.62 ID:CAP_USER9.net

    「きよみや」じゃなく「せいみや」 八千代松陰にプロ注目右腕いた
     第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の東西千葉大会の組み合わせ抽選会が20日、行われた。西千葉大会は八千代松陰の最速145キロ右腕・清宮(せいみや)虎多朗投手(3年)に注目だ。南北埼玉大会、茨城大会、栃木大会、大分大会、宮崎大会の組み合わせも決まった。

     「きよみや」じゃない。「せいみや」だ!!20年ぶり聖地を目指す八千代松陰の1メートル90の長身右腕。日本ハム・清宮幸太郎と名前の読みも1字違いの虎多朗(こたろう)で、1年時には先輩から「きよみや」といじられ、今でも読み間違われることが多い。「たまに(きよみやと)言われるけど、名前は特に意識していない」と語るが、誕生日も“本家”の5月25日と1日違いの26日という偶然だ。

     名前だけじゃなく実力も怪物級。入学時に60キロ台だった体重も85キロとなり、球速も20キロ上がった。「上半身と下半身を連動させる」ことを意識した躍動感あるフォームで投げ下ろす直球とスライダーが武器の本格派は、プロからも熱視線を浴びる。千葉を本拠地とするロッテ・榎康弘スカウトは「スライダーがいいところに決まる。千葉出身だし楽しみ」と話す。名前に「虎」が入るだけに昨年ドラフトで清宮のくじを外した阪神の評価も気になる!?ところだ。

     春季県大会は準々決勝の習志野戦で8回2/3を投げ9失点で敗退。「直球で三振を取れたのが成長したところ」と話し、夏に向けて「常に140キロ台を出せるようにしたい。大会で力を発揮できるようにしたい」。この夏も「清宮」が沸かせる。

     ◆清宮 虎多朗(せいみや・こたろう)2000年(平12)5月26日生まれ、千葉県八千代市出身の18歳。6歳で野球を始め、八千代松陰中では野球部でプレー。八千代松陰では1年秋からベンチ入りし2年秋からエース。持ち球はスライダー、カットボール、カーブ、フォーク。1メートル90、85キロ。右投げ左打ち。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/06/21/kiji/20180620s00001002410000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【千葉八千代松陰の清宮に注目 20年ぶりの甲子園を目指して】の続きを読む

    このページのトップヘ