常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    カテゴリ:野球 > 高校野球

     完全燃焼の笑顔をグラウンドに残して、彼らはクリーム色のユニホームを脱いだ。6月18日、金沢市民球場。今春のセンバツ高校野球で8強進出を果たした星稜が、金沢工と引退試合を行った。3年生部員27人のうち15人が、一足早い「最後の夏」に区切りをつけた。

     本当なら、この舞台に立ちたくはなかっただろう。センバツで「背番号9」をつけていた今村亮太も、5番・センターで引退試合に出場した。1週間前のチームミーティングで、林和成監督(42)から「夏の大会のベンチには入れない」と告げられた。「メンバーとして100回記念大会に出たかったので、やっぱり悔しかったです」。センバツ開幕直前の練習で、右手中指の骨にひびが入った。センバツでは、出場機会はなかった。練習を再開できたのは、5月半ばになってから。2か月超のブランクは、あまりに大きかった。

     悔しさを振り払うようにフルスイングし、2安打を放った。「最後まで全力でやることができました。選手としては最後の試合となったが、悔いはないです」。一塁側スタンドでは、両親が最後の雄姿を見届けていた。「親に自分の全力プレーを見てもらえてよかったです。野球ができる体に産んでもらって、感謝の気持ちでプレーしました」。瞳には、汗と涙が入り交じっていた。卒業後は野球は続けないというが、G党の今村は「将来は、東京ドームで働けるような仕事がしたいです」と夢を打ち明けてくれた。

     8番・キャッチャーでフル出場した小布施(こふせ)承太郎。昨年8月の新チーム結成と同時に指揮官から打診されてマネジャーとなり、チームを支えてきた。いつもは記録員として、制服姿でベンチ入りしている。この日は「背番号2」のユニホームを着て、グラウンドを駆け回った。打席に立つと、3年生のレギュラーメンバーからの「思い切っていけよ!」という声援が聞こえたという。5回の第2打席に右越え適時二塁打を放つなど、3安打2打点と大暴れ。「こんなに打てるとは思っていなかった。悔いなく終われてよかった。本当にやりきりました」

     子どもの頃から、甲子園に出ることが夢だった。その夢を叶えるため、星稜中に入学した。中学時代は、正捕手として活躍していた。しかし高校に進むと、「1つも2つもレベルが上でした…」。後輩には、中学で全国制覇を果たした捕手も入学してきた。162センチ、62キロの小さな体で努力を重ねたが、一度も公式戦に出場することはできなかった。「ずっと憧れだった星稜のユニホームでプレーできたことは誇りです。この試合は、ずっと忘れることはできないですね」。泥まみれになった笑顔が、輝いていた。

     練習の取材で星稜グラウンドを訪れると、いつも小布施君が「おもてなし」してくれる。暑い夏には氷でキンキンに冷えたアイスコーヒー、雪深い冬にはぽっかぽかのホットコーヒーをごちそうしてくれる。ホットコーヒーを注ぐ前にカップを熱湯にくぐらせ、黙々と手のひらでカップを包んで温度を確かめている姿も目にした。「お客さんに気分良くなってもらって、また来たいなと思ってもらえるように、どうしたらいいかを考えています」。その気配りで、名門野球部の根っこを支えている。

     大学進学後は、選手ではなくマネジャーとして野球部に入るつもりだという。「将来は中学か高校の教員になりたいです。できれば野球部の指導者にもなれればと思っています」。心のこもった指導で、素晴らしいチームを作ってくれるだろう。

     林監督は、自らの心に因果を含めてこの日に臨んでいた。「3年生にいわば最後通告することになる。1年間で、一番つらいことですね…」。選手たちの努力と汗の蓄積を誰よりも知っている指揮官にとっても、苦しい決断だった。「ただうちの歴代の3年生は、ここで腐る子もいないですし、よりチームの結束も強まる。この試合が終わったら、いい形で夏を迎えられる。そういう価値がある試合だと思います」

     11―12で試合には敗れたが、15人の3年生は間違いなくこの日の主役だった。第100回全国高校野球選手権石川大会は、7月12日に開幕する。グラウンドには立てなくとも、そこにしっかりと魂を置いてきた。彼らの「最後の夏」は、まだ終わっていない。

     日本高校野球連盟は20日、第12回U18(18歳以下)アジア選手権(9月3~9日、宮崎)に出場する高校日本代表の第1次候補選手30人を発表した。今春センバツで2連覇を達成した大阪桐蔭から最多の6人が選ばれた。

     大阪桐蔭は投手の右腕・柿木、捕手の小泉、内野手の根尾、中川、山田、外野手の藤原が選出。センバツ準優勝の智弁和歌山の主砲・林、明徳義塾の右腕・市川、彦根東の左腕・増居らも選ばれ、センバツ出場組は17人。星稜の右腕・奥川ら2年生6人が含まれる。

     今後は今夏の地方大会や全国選手権の出場選手も含めて選考し、全国選手権期間中に代表18人を発表する。永田裕治監督は「今後は技術もさることながら、チームの勝利に徹することができる選手という観点も大事にして選考したい」とコメントした。



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/06/15(金) 19:41:02.78 ID:CAP_USER9.net

     日本高校野球連盟と朝日新聞社の調査で見えてきた高校球児の今について、「弱くても勝てます」の著書があるノンフィクション作家、高橋秀実さんに聞いた。


         ◇

     昔の野球部って、「出家」のイメージでした。この5年で丸刈りを強制する部が減っていますね。もっと自由に髪形を選べる部が増えるといい。

     僕が密着した東京の開成高は、丸刈りを強制していませんでした。ところが、ある夏の大会当日、普段物静かなキャプテンが丸刈りにしてきた。効果はてきめん。「真剣にやろう」と士気が上がりました。強制だったら、そんな効果は期待できません。自発的な行動だから、力になるんです。

     炭酸飲料やスナック菓子を禁止する部が減っているのは、当然のこと。わざわざ禁止しなくても、正しい知識を仕入れ、実践できるようになったのでしょう。

     野球部には、「そういうもんだ」という固定観念が強くあると感じます。でも、それで本当に勝てるのか? と考えてみる。いろんな学校が知恵を絞り、勝負にこだわるところに高校野球のおもしろさがあると思います。

     10人に満たない野球部も、ずいぶん増えているんですね。まさに少数精鋭じゃないですか。100人の中の9人と違って、9人しかいない9人は気合が違う。代わりがいないからこそ、精鋭になるんです。強豪のやり方をなぞっても、勝てるとは限りません。自由な発想でチャレンジして欲しい。(聞き手・高岡佐也子)


         ◇

     たかはし・ひでみね ノンフィクション作家。1961年、神奈川県生まれ。東京の進学校に密着し、著書「『弱くても勝てます』開成高校野球部のセオリー」で、2013年ミズノ スポーツライター賞優秀賞を受賞した。後にテレビドラマ化された。母校の神奈川・希望ケ丘高では柔道部。夏は応援団として野球部を盛り上げた。現在も開成の勝利を見届けるため、大会会場を訪れる。

    6/15(金) 17:05配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000063-asahi-spo

    関連スレ
    【高校野球】スポ根さらば?高校野球部「時短」進む 部員数は二極化
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529047403/


    【何故坊主頭の高校球児が減っているのか 時代?自立心?ゆとり?】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/17(日) 00:05:30.61 ID:CAP_USER9.net

    日大三・日置主将「100回節目うれしい」選手宣誓
    2018年6月16日19時54分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201806160000965.html

    秋、春、夏と3連覇をめざし3のポーズをとる日大三・日置主将(撮影・久永壮真)

    (出典 www.nikkansports.com)


    <高校野球東西東京大会:組み合わせ抽選会>◇16日◇青山学院高等部PS講堂

    選手宣誓は春季大会優勝校の日大三・日置航主将(3年)が務める。「100回大会の節目に宣誓できることをうれしく思います。ふさわしい宣誓にしたい」と話した。

    自身は1年秋からレギュラーに定着し、高校通算18本の本塁打を放ってきた。「自分が打ってチームの勝利に貢献したい」とバットでチームを引っ張る。

    都大会を秋季、春季と連覇しているが「自分たちの代がもっとも弱いと思っている。夏に向けてリセットしてきた。もう1度甲子園に出たい」と一からやり直してきた。
    「暑い夏に比例する、熱いプレーをしたい」。3連覇をかけた熱い夏が始まる。


    【100回の選手宣誓は俺だ 日大三・日置主将がやる気満々】の続きを読む



    1 ホイミン ★ :2018/06/16(土) 16:36:03.34 ID:CAP_USER9.net

    今春の選抜高校野球大会に出場した私立高知高(高知市)の複数の野球部員が、下級生の顔を殴るなどの暴力を振るっていたことが16日、高知県高野連や同校への取材で分かった。
    県高野連によると、同校は対外試合を自粛している。

     県高野連や同校によると、4~6月、学校の寮で野球部の2年生3人が1年生7人の顔や腹を殴ったり蹴ったりした。口を切るなどの軽傷を負った部員もいた。

     選手の保護者が11日に学校側へ連絡し、被害の一部が発覚。部員への聞き取りや寮生へのアンケートを行った結果、他にも暴力行為があったことが分かった。

     高知高は今春の選抜高校野球大会に5年ぶり18度目の出場を果たしている。

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20180616/hig18061612340001-n1.html


    【また高校野球で不祥事 名門高知高校野球部で暴力行為】の続きを読む

    このページのトップヘ