常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    カテゴリ:野球 > 高校野球



    (出典 lifestylerev.com)



    1 pathos ★ :2018/10/02(火) 08:22:56.99 ID:CAP_USER9.net

     ◇福井国体高校野球硬式の部1回戦 大阪桐蔭2―0下関国際(2018年10月1日 福井県営)

     中日の中田宗男アマスカウトディレクターが1日、今秋のドラフト会議で大阪桐蔭の根尾昂遊撃手(18)を1位指名することを明言した。

     大阪桐蔭が出場する福井国体を視察し、「うちは1月の時点で根尾で行くと決めていた」と明かした。

     投打で活躍した下関国際との1回戦を見届け、改めて「タイプ的にいえば、西武の松井だよね。身体能力、バネ、遠くへ運べる力。投手からしたら、一番嫌なタイプ」と絶賛。その上で「ポジションはショートかなと思うけど、それは本人次第。投手、外野、どこでもできる」と二刀流挑戦も認める方針を示唆した。

     根尾は国体終了後にもプロ志望届を提出する見通し。「単独(指名)でいけるとは思っていません。複数球団がいくでしょう」と指名競合も覚悟した。既に6年連続のBクラスが確定。強竜再建へ“準地元”とも言える岐阜県出身のスター候補の獲得は譲れない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000055-spnannex-base

    10年レギュラーでしょ
    【競合必須! 大阪桐蔭根尾争奪戦に名乗りを上げた球団は?】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 pathos ★ :2018/10/01(月) 08:23:01.63 ID:CAP_USER9.net

     阪神の今秋ドラフト1位候補に、大阪桐蔭の根尾昂内野手(18)が30日、再浮上した。これまで東洋大の上茶谷大河投手(22)、甲斐野央投手(21)ら即戦力投手とともに、野手では大阪桐蔭・藤原恭大外野手(18)を最上位に位置づけていた。

     根尾が再評価された最大の理由はメンタル面だ。親会社の阪神電鉄幹部は「プレッシャーの強い環境で、成功するための精神的な強さと賢さを備えている」と称賛。甲子園で春夏連覇を達成した二刀流は、直後のU18アジア選手権でも勝負強さを発揮した。人気球団の阪神に入団しても、精神的に苦しむことはないと分析している。

     外野、先発投手、救援投手の補強が喫緊の課題で、現時点で根尾に1位候補を絞ったわけではない。福留、糸井の後継者としては藤原、先発ローテ候補は上茶谷で、ポスト藤川は甲斐野になる。今後は他球団の動向などもにらみながら、ドラフト直前に結論を出す。
    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181001-OHT1T50000.html

    個人的には中日に行ってほしい
    【大阪桐蔭・根尾と相思相愛の球団はどこか? 】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/09/27(木) 18:36:03.64 ID:CAP_USER9.net

     日本高野連は26日、高校日本代表を国際大会へ派遣する上での対策を考えるプロジェクトチームのメンバーに、U18日本代表の永田裕治監督(54)、前横浜(神奈川)監督の渡辺元智氏(73)、日大三(東京)の小倉全由監督(61)、大阪桐蔭の西谷浩一監督(49)ら7人が決まったことを発表した。メンバーは、過去にW杯で日本代表を率いた監督経験者と日本高野連技術・振興委員会委員を中心に選定した。

     プロジェクトチームは10月4日に第1回の会議を開き、2019年に韓国・機帳(キジャン)で開催予定の第29回U18W杯に向けて、また今後の国際大会へ高校日本代表を派遣する上で課題を出し合い、対策を審議、検討していく予定。


    2018年9月26日17時21分 スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20180926-OHT1T50149.html

    渡辺監督きたな
    【高校日本代表プロジェクトチームが発足! そのメンバーが豪華すぎる!】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/09/25(火) 18:26:40.38 ID:CAP_USER9.net

    春3回、夏9回の甲子園出場を誇る学法石川(福島)は25日、新監督に仙台育英(宮城)前監督の佐々木順一朗氏(58)の就任を発表した。

    同氏は仙台育英監督として甲子園に夏13回、春6回出場。01年センバツと15年選手権で準優勝するなど、甲子園通算29勝を挙げている。


    [2018年9月25日16時51分]
    https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201809250000602.html

    すぐに結果は出ない
    【再起をかける学法石川の監督にあの名将が就任!】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/09/25(火) 10:52:16.36 ID:CAP_USER9.net


    (出典 www.hochi.co.jp)


     今夏の甲子園で準優勝した金足農(秋田)の今秋ドラフト1位候補右腕・吉田輝星(こうせい・3年)が24日、福井国体(30日開幕)での大阪桐蔭へのリベンジと秋田勢初Vを宣言した。この日は、秋田市内の同校グラウンドで1、2年生を相手にした紅白戦に先発。7日のU18アジア選手権(宮崎)・台湾戦以来17日ぶりの登板にもかかわらず、6回を無安打11奪三振に封じる圧巻の投球を披露し、「歴史に名を刻みたい」と自信をのぞかせた。

     ブランクをまったく感じさせなかった。17日ぶりのマウンドに上がった輝星は、気持ちよさそうに右腕を振り抜いた。直球は150キロに迫ろうかという勢いでうなりを上げ、後輩たちを手玉に取った。6回を投げ、許した安打はゼロ。4者連続を含む11Kの快投に「久しぶりの実戦で少し球が浮いたんですけど、キレとかスピードはよかったと思います」とうなずいた。

     スケールアップした姿を披露した。U18アジア選手権では、甲子園でも痛めた左股関節に再び疲労がたまり、投球フォームが乱れていた。帰郷後は毎日練習に参加し、コンディションの回復に努めた。また、高校ジャパンで受けた栄養指導をさっそく実践し、体重は甲子園から4キロ増の84キロに。ピッチングは22日に約40球を軽く投げただけだというが「筋肉が付いて、腕の振りもすごくよくなりました」と胸を張った。

     リベンジする自信もある。国体では、10月1日の2回戦で常葉大菊川と対戦。順当に勝ち上がれば、3日の決勝で大阪桐蔭と再戦する。根尾昂、藤原恭大(ともに3年)のドラフト1位候補コンビら高校ジャパンに5人も名を連ねたスター軍団に対し「チームメートになって弱点も分かった。今度はそんなに疲れもないと思うので、普通に抑えられると思います」と言い切った。

     甲子園では秋田勢に103年ぶりの準優勝をもたらしたが、国体での県勢の最高成績は80年、エース・高山郁夫(現オリックス投手コーチ)を擁した秋田商の準優勝。頂点に立ったことはない。金足農は過去3度国体に出場したが、いずれも初戦で敗退している。「甲子園でも歴史を作ってきたので、しっかり3試合を勝って歴史に名を刻みたいと思います」。甲子園で逃した日本一を、今度こそつかみ取る。(片岡 泰彦)

    2018年9月25日5時55分 スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20180924-OHT1T50224.html

    まずは初戦だぞ
    【金足農・吉田輝星が大阪桐蔭に堂々宣戦布告! 国体での秘策は?】の続きを読む

    このページのトップヘ