常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    カテゴリ:野球 > 高校野球



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/23(日) 16:47:54.78 ID:CAP_USER9.net

    <秋季高校野球岩手大会:盛岡大付7-5大船渡>◇23日◇準決勝◇花巻球場

    「岩手の新怪物」が負けた。最速157キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(2年)が東北大会出場切符をかけ、盛岡大付戦に先発。

    5-5の7回に死球と暴投で傷口を広げ、決勝点となる適時打を浴びるなど2失点。
    最速は2回に計測した154キロ、9回を投げ10安打10奪三振7失点だった。

    明日24日、専大北上との3位決定戦に勝って、東北大会出場を決める

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00339938-nksports-base
    9/23(日) 16:22配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    潰さないでくれよ
    【大谷二世の呼び声高い大船渡・佐々木最速154キロも敗退】の続きを読む



    1 ネイトのランプ ★ :2018/09/20(木) 00:28:57.04 ID:CAP_USER9.net

    https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201809190000581.html
    2018年9月19日17時53分

    創成館の川原陸

    (出典 www.nikkansports.com)


    日本高野連は19日、プロ志望届提出者の掲載をホームページで更新。
    新たに6人が追加された。計61人となった。

    創成館・川原は身長185センチの左腕。140キロを超える速球とスライダーを武器に昨秋明治神宮大会準優勝、今年は春夏連続で甲子園出場へ導いた。

    藤嶺藤沢・矢沢は最速148キロを計測した左腕。延岡学園・小幡は宮崎県NO・1遊撃手。U18壮行試合に宮崎県選抜の一員として出場した。

    プロ野球志望届の提出は10月11日に締め切られ、ドラフト会議は10月25日に行われる。

    この日までに掲載された選手は以下の通り(※は新たに掲載された選手)

    茨城 土浦日大 中村泰成※
    栃木 青藍泰斗 益子京右
    群馬 高崎健康福祉大高崎 山下航汰
    群馬 新田暁 金子知生
    群馬 尾瀬 高橋優太
    埼玉 花咲徳栄 野村佑希
    埼玉 埼玉栄 米倉貫太
    千葉 八千代松陰 清宮虎多朗
    千葉 市船橋 坂内誠治
    千葉 習志野 古谷拓郎
    東京 日大鶴ケ丘 勝又温史
    東京 関東第一 石橋康太
    東京 早実 野村大樹
    東京 郁文館 大比良知哉
    神奈川 藤嶺藤沢 矢沢宏太※
    神奈川 茅ケ崎西浜 辻翔也
    神奈川 相模田名 渡部悠介
    神奈川 武相 カレオン・ジョニル・マラリ
    山梨 山梨学院 垣越建伸
    山梨 山梨学院 星野健太
    山梨 駿台甲府 荘司宏太
    長野 松商学園 直江大輔
    新潟 中越 坂井翔太
    新潟 北越 阿部裕二朗
    新潟 日本文理 鈴木裕太
    石川 遊学館 牧野翔矢
    静岡 湖西 水野喬日
    愛知 誉 白石祐人
    愛知 栄徳 野口泰司
    岐阜 市岐阜商 中神拓都
    岐阜 岐阜第一 伊加利夏生
    岐阜 岐阜第一 平井快青
    富山 高朋 佐々木愛輝
    富山 魚津工 酒井啓佑
    三重 津田学園 上下大地
    滋賀 近江 山田竜明
    滋賀 滋賀学園 宮城滝太
    京都 福知山成美 藤田希和
    大阪 大阪偕星 宇佐美真太
    和歌山 智弁和歌山 林晃汰
    岡山 創志学園 中山瞬
    岡山 倉敷商 引地秀一郎
    島根 石見智翠館 ■仁
    島根 石見智翠館 水谷瞬
    山口 下関国際 鶴田克樹
    愛媛 松山聖陵 土居豪人
    愛媛 宇和島東 上甲凌大
    徳島 鳴門渦潮 服部虎
    徳島 阿南工 田神翔
    徳島 新野  高岡玄地
    高知 明徳義塾 市川悠太
    福岡 折尾愛真 松井義弥
    福岡 筑陽学園 大畑功士郎
    福岡 朝倉 小江光樹
    長崎 佐世保工 野元由翼
    長崎 創成館 川原陸※
    宮崎 日章学園 林田昂也※
    宮崎 聖心ウルスラ 戸郷翔征※
    宮崎 延岡学園 小幡竜平※
    沖縄 未来沖縄 宜保翔
    沖縄 宜野湾 国仲祐太

    ◇■は雨かんむりに鶴

    あんまり知らないな
    【新たにプロ志望届を提出した選手まとめ 計61人】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/09/20(木) 07:05:51.57 ID:CAP_USER9.net

     野球の高校日本代表は、国際大会にどう臨み、どう戦っていくべきか。それを考えるプロジェクトチーム(PT)が、日本高校野球連盟に発足することになった。19日にあった会議で、設置が決まった。

     「世界一になるために、以前から検討していた」と日本高野連の竹中雅彦事務局長。急に実現に動き出したきっかけは、9月3日から宮崎市内で開かれたU18(18歳以下)アジア選手権で日本が喫した2敗だろう。

     連覇を目標に掲げて挑んだが、韓国、台湾に敗れて3位に終わった。いずれの試合も1得点どまり。打者は木製バットや国際基準のストライクゾーンへの対応に苦しみ、走者はボークの基準が甘いアジアの牽制(けんせい)に悩まされて機動力を生かせなかった。日本が毎年のように直面する技術的な課題が、改めて浮き彫りとなった。

     また、大会への準備期間が短いことも日本にとっては難題だ。永田裕治監督は「言い訳にはならない」としたが、チーム作りが本格化するのは、夏の甲子園が終わってから。今回は招集から開幕まで9日間しかなかった。選手たちは木製バットへの順応で精いっぱいになり、バントや細かい戦術を磨く時間は限られていた。

     日本が力を出し切れなかった一方で、韓国、台湾は小技を絡めた攻撃や隙のない守備を見せて決勝まで進んだ。永田監督は大会を振り返り、「(韓国、台湾は)野球が細かくなっている。だいぶ早く代表チームを作って練習してきたとも聞いた。アジアのレベルが上がっている」と危機感を募らせていた。

     次に日本が挑む世界大会は、来年に韓国で開かれるU18ワールドカップ(W杯)だ。あと1年。日本が抱える多くの課題に、PTはどういった打開策を用意できるのか。竹中事務局長は「人選や課題の洗い直しなど、具体的な内容をこれから検討していく」と言い、10月にも始動させる方針を示した。(小俣勇貴)


    9/20(木) 0:23配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000002-asahi-spo

    結局即席チーム
    【高校日本代表が抱える問題を軽視した原因は…】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/20(木) 09:31:54.11 ID:CAP_USER9.net

    早実の生徒はほぼ100%に近い割合で、早大に進学できる。

    昨年、プロ志望届を提出すればドラフト1位指名が確実視された清宮幸太郎(現日本ハム)ですら早大進学かプロ入りか、最後まで悩んだ。
    昨秋のリーグ戦で70年ぶりの最下位に沈んだ早大野球部にしても、系列校のスラッガーは当然、早大に進学してくるものだと思っているし、それなりの攻勢もかける。

    そんな状況下で、昨年の清宮に続き、2年連続で早実の強打者がプロ入りを表明した。
    今月10日に早々とプロ志望届を提出したのは2年生ながら17年春のセンバツに出場、先輩で3番を打つ清宮を押しのけて4番に座った野村大樹だ。

    野村はセンバツ2試合で、計9打数5安打、2打点。高校通算68本塁打をマークした。

    172センチ、82キロはプロ野球選手としては小柄ながら、「ミート力、パンチ力は超高校級」というのがネット裏のスカウトの一致した見方。

    「早大で順調に育てば4年後はドラフトの目玉になる逸材。いくら本人のプロ志向が強くても、早大野球部が放っておくはずがない」と
    進学が既定路線とみられていたが、本人は早大を蹴飛ばしてまでプロを選択した。

    「ソフトバンクが野村を高く評価していると聞いています」と、セ・リーグのあるスカウトがこう言った。

    「球団会長の王さんがいたく野村にご執心だというのです。あの長打力は捨てがたいとね。
    いまのソフトバンクに自分の後輩となる早実出身の選手がいないことも背景にはあるのでしょう。
    スカウトには早実出身の選手を取って欲しいという要望が出ていて、担当外のスカウトがわざわざ野村の打撃をチェックしに出向いたという話もあるくらい。
    野村サイドにはおそらく、ドラフトで指名するという意思が伝わっているんじゃないか。
    でなければ早大をソデにしてまで、早々とプロ入りの意思を固めるはずがありません。
    プロ入りは早大を卒業してからでも遅くないし、両親も教育熱心だといいますから」

    野村はドラフトで指名されるアテがあるからこそ、プロ志望届を提出したというのだが。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000014-nkgendai-base
    9/20(木) 9:26配信

    王貞治に言われたらな
    【早実野村がプロ入りを表明! その陰にはあの大先輩がいた】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/19(水) 12:04:25.59 ID:CAP_USER9.net

    プロ野球ドラフト会議が約1カ月後に控えている中、高校や大学で活躍する選手たちが人生の岐路に立ち、今まさにその判断を下そうとしている。プロの眼から見た進路における重要性は何なのだろうか。

    本人の気持ちを一番尊重すべき。周りの大人はあらゆることを想定し助言を

    プロ野球ドラフト会議を10月25日に控え、学生に義務付けられているプロ志望届の提出が始まった。

    意外な名前を見かけたりもするが、一方で、進路決定にまだ悩んでいる選手たちもいる。
    人生を左右する決断であるからじっくり考えてもらいたい。今回は進路に悩む選手たちがどういう選択をすればいいかを話したいと思う。

    高校生で悩んでいる選手の多くは、大学や社会人へ進む決意をしていたが、夏の甲子園予選や甲子園で活躍し、高卒でドラフト指名の可能性が浮上したというケースだろう。

    プロの世界に憧れ、子供のころから目指してきた選手からすれば、指名の可能性があるなら挑戦したいと思うのは当然だ。

    基本的には本人がプロに挑戦したいというのであれば、その気持ちを一番に尊重してあげるべきだと思う。
    やるのは本人なので、1度しかない人生、頑張ろうとしている選手は送り出すのがいい。

    だが、周りの大人までが選手と同じ目線で興奮気味になるというのはあってはならない。あらゆることを想定して選手たちにアドバイスする立場であることを忘れないでほしい。

    ある選手がイメージするプロ野球選手像が何十年も1軍のレギュラーとして活躍するというものならば、大人の判断としての見立てをしてあげないといけない。
    3年後、5年後、10年後、どのような困難が待ち受けているかを話す必要がある。

    プロというのは、毎年のように“10年に一人の逸材”と呼ばれる選手が入ってくる世界だ。
    その競争に勝ち残れるか。本人が二の足を踏むようなら、大学や社会人に進む道を説明すればいい。

    プロは選手の替えがきく。抜きん出たものはあるか?平均的に優れているか?

    高卒でプロに行くべきか、大学や社会人に行くべきかという判断は簡単ではない。
    だが、私はある一点で抜きん出たものがあるか、またはあらゆる要素が平均的に優れている選手かどうかで変わってくると思う。

    誰が見ても抜きん出たものがあるというのは魅力的で、スカウトも黙ってはいない。

    一方、すべての要素で平均的なレベルを備えている選手というのは欠点がないため使い勝手は良い。しかし、このタイプの選手は毎年のようにいるため、いつでも獲得できるとも言える。

    悪い言い方をすると、プロは選手を使い捨てするところがある。
    イマイチ伸びが悪いなと思うと、平均的な選手はまた取ればいいとなってしまうのだ。つまり、替えがきくということだ。

    そう考えると、抜きん出たものができあがるまでの期間として、大学や社会人に進むという選択肢もあってもいいのではないか。

    本当に優れた選手は、高校から直接プロに入っても活躍していたと言えるだけのものを大学4年間で見せつけられると考える。

    大学で伸びなかった選手に対して、高卒でプロ入りした方が良かったと指摘する人もいる。だが、そういう選手はプロでも伸びないと思う。
    大学で数字を出せない選手がプロでも芽がでるはずはないと思うからだ。プロで通用するなら、大学レベルでも普通にやりこなせるものだ。

    大学や社会人に進んだことよって得られるのは、プロに入った時点である程度の水準の選手だと認めてもらえることだ。プロ入団後、レギュラーに近い位置でスタートを切れるのは大きい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180919-00010001-baseballc-base
    9/19(水) 11:50配信

    早稲田には行かないんだから意味なくない?
    【金足農・吉田の進路について小宮山悟氏が言及!】の続きを読む

    このページのトップヘ