常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    カテゴリ:野球 > プロ野球



    1 ひかり ★ :2018/11/09(金) 13:45:35.98 ID:CAP_USER9.net

     虎に朗報!? 中日が国内フリーエージェント(FA)権の行使を表明したオリックス・西勇輝投手(27)の争奪戦から撤退する可能性が8日、
    高まった。先発投手を補強ポイントとして、これまで西を調査していたが、阪神、ソフトバンクとのマネーゲームは必至と判断し、静観へと舵を切る模様だ。


     交渉解禁となる15日を待たずして、竜が“西争奪戦”から撤退へ-。水面下で調査を続けてきた中日だが、現時点で阪神とソフトバンクが獲得へ
    動くことを表明し、マネーゲームは避けられない状況に、球団幹部が苦しい胸中を明かした。

     「ここ数年(西は)安定した成績を残しており、先発投手が弱点のウチにとって欲しい人材。だが、ソフトバンクさんが獲得に名乗りを上げれば
    (条件的には)太刀打ちできない」

     西は三重県出身で、幼少期は中日ファン。6年連続Bクラスからの脱却を目指す与田新監督も「先発投手の整備」をテーマに掲げ、今季10勝13敗、
    防御率3・60など2桁勝利を5度記録している通算74勝右腕の動向を注視してきた。

     しかし、ここにきて想定していた補強予算をはるかにオーバーしそうな雲行きだ。オリックスは今季年俸1億2000万円を大きく上回る4年総額
    8億円を提示。FA補強を西一本に絞った阪神も、前日7日に谷本副社長が「できるだけ早くコンタクトをとりたい」とラブコール。オリックスを
    上回るような条件提示をするのは確実だ。

     何よりソフトバンクの参戦表明-。4年総額10億円前後の巨額契約を提示するとみられる。

     「ビシエド、ガルシア、アルモンテら外国人選手の残留交渉に億単位のお金が必要になってくる。監督、コーチも一新したし、例年に比べても
    補強にかける予算は限られている」と中日の編成担当者。阪神にとってはライバルが1球団、減る形となりそうだ。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000022-sanspo-base


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    【阪神とソフトバンクの一騎打ちに? オリックス西の去就とは…】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/11/11(日) 16:31:57.80 ID:CAP_USER9.net

     ロッテの林信平球団本部長は11日、国内フリーエージェント(FA)権を行使する手続きを取った広島の丸佳浩外野手との交渉に井口資仁監督を
    同席させる意向を示した。「来ていただけたら大事な選手になるので、監督には会ってもらいたい。アポイントが取れたらなるべく早く会いたい」

    話した。

     林本部長は「2009年に井口選手が加わってチームに筋が通り、10年の日本一につながった。引退するまでずっと模範だった。丸選手にも
    成績とともにそういうリーダーシップを期待している」と語り、井口監督の後を追う存在になることを希望した。

    共同通信
    https://this.kiji.is/434249688676156513


    (出典 agora-web.jp)


    【ロッテ・井口監督が「丸佳浩を口説き落とす」宣言!!】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/11/11(日) 23:53:06.25 ID:CAP_USER9.net

    今年の日本シリーズはソフトバンクが広島を4勝1敗1分で破り、2年連続の日本一に輝いた。2010年代に入ってから、セ・リーグが日本一に輝いたのは2012年の巨人だけ。他の8年間はパ・リーグが覇権を奪っている。野球担当記者が話す。

    「シーズン成績でいえば、2010年は3位のロッテが1位の中日に勝っているし、今年も2位のソフトバンクが1位の広島を圧倒した。甲斐拓也の盗塁阻止が話題になりましたが、パ・リーグの選手はあの強肩をかいくぐってきた。セ・リーグは6球団が団結して何らかの対策を練らないと、このままパ・リーグに置いていかれますよ」(以下「」内同)

     1980年代から2000年代まで、セとパの日本一比率は半々だったことを考えると、この10年で両リーグの差が一気に拡がったと考えられる。DH制の有無やドラフトで有望選手が入る確率の高さなどが指摘されている。

    「もちろんそれもあるかもしれませんが、やはり選手の育成に力を入れている点が一番でしょう。たとえばソフトバンクは育成に豊富な資金を投入して『3軍制』を敷き、ファーム施設も日本最高クラスと評価も高い。そんなソフトバンクに引っ張られるように、他球団も負けじと設備投資やドラフト戦略に力を入れている。相乗効果で強くなっているのでしょう」

     思い返せば、パ・リーグはセ・リーグに追い付き追い越せで、さまざまなアイディアを練ってきた。1965年から1973年まで巨人が9年連続日本一という前人未到のV9を果たす。当時のパ・リーグの球場には閑古鳥が鳴いており、目算発表にもかかわらず、1965年の1試合平均観客動員数は5956人。セ・リーグの14885人の半分以下だった。危機感を抱いていたパ・リーグは、1973年に前後期制を導入。その年、初めて1万人を超えた。

    「現行のルールは、パ・リーグ発のものばかりです。1975年には指名打者制度を導入し、1980年代に入ると開幕戦で予告先発をするなどのアイディアも飛び出した。2004年に現在のクライマックスシリーズにつながるプレーオフ制度も導入したし、2005年から始まった交流戦も何年も前から開始を訴えていた。行動力のあるパ・リーグと腰の重いセ・リーグの体質が、この10年の成績として顕在化したとも言えます」

     2005年に始まった交流戦でも、14年間でパ・リーグが13回勝ち越し。セ・リーグの勝ち越しは2009年だけで、日本シリーズと同じく2010年代以降、パ・リーグが圧倒している。それにもかかわらず、観客動員数は今年もセ・リーグのほうが上だった。

    「セ・リーグは人気に胡座をかいていると思われても仕方ありません。これだけ負けているにもかかわらず、何の手も打たないと、ますますパ・リーグとの差は広がっていく。新しいアイディアを打ち出したり、まずはパの真似と言われても構わないから、指名打者制を導入するのもありでしょう。パの導入時には批判的で“9人野球”にこだわっていたセですが、とにかく、危機感を持たないとパ・リーグとの差は拡がるばかりです」

     打倒パ・リーグへ向けて、セ・リーグが重い腰を上げることはできるか。

    NEWSポストセブン2018年11月11日16時00分
    https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_800380/?ptadid=


    【セリーグとパリーグの大きな差は?】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/11/08(木) 13:37:24.39 ID:CAP_USER9.net

     日本ハムは9月6日に発生した北海道胆振東部地震により甚大な被害に見舞われた地域への義援金として1993万6710円を寄付することを8日、
    発表した。贈呈先は厚真町、安平町、むかわ町、日高町、北広島市、札幌市。

     内訳は震災の募金活動で集まった799万9632円、来場者数に10円を乗じた金額として332万4810円、株式会社北海道日本ハムファイターズから
    100万円、北海道日本ハムファイターズ選手会から100万円、球団OBでカ*のダルビッシュ有投手から1000万円を合わせた計2332万4442円から
    関連費用を差し引いた1993万6710円を寄付する。

     選手会長の中島卓也内野手は球団を通じ「地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。選手も栗山監督と募金活動に参加し、
    今こそ助け合い、困難を一緒に乗り越えようというお一人おひとりの温かさを感じました。ご協力いただきありがとうございました。被災された方々の
    お役に立てるよう、これからも自分たちに何ができるかを考え、全力を尽くしたいと思います」とコメントを発表した。

    Full-Count編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00244245-fullcount-base


    【日ハムとダルビッシュが破格の寄付に称賛の声!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/07(水) 16:19:21.11 ID:CAP_USER9.net

    広島のエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が7日、自身のブログを更新。
    同日、FA権行使を表明した広島の後輩、丸佳浩外野手(29)について言及した。

    北別府さんは「丸選手」とのタイトルでブログを更新。「権利ですから仕方ない」と複雑な心境をのぞかせると「巨人が大変な高評価をしているとの事」とポツリ。
    その上で「速報に上がるほどの選手を育てあげたのは」と続け、「広島東洋カープだ!!」とカープカラーの赤色で、ひと際大きな文字をアップした。


    今季の丸は打率・306、39本塁打、97打点の成績を残し、球団初のリーグ3連覇を果たした打線をけん引。
    宣言残留も認めている広島は4年契約で出来高払いを含め総額17億円を打診している模様。
    他球団では巨人が25億円超、丸の地元・千葉に本拠を置くロッテも20億円規模の資金を用意していると見られている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000120-spnannex-base

    11/7(水) 16:10配信


    (出典 carp.ho2.info)


    (出典 image.middle-edge.jp)


    【北別府学氏が広島・丸の移籍に物申す!!】の続きを読む

    このページのトップヘ