常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:お金



    1 Egg ★ :2018/10/04(木) 21:02:26.84 ID:CAP_USER9.net

    10月3日、読売ジャイアンツ(巨人)の山口寿一オーナーが、高橋由伸監督の今シーズン限りでの辞任を発表した。球団は慰留したものの、高橋監督本人は「責任を取りたい」との意志が固いという。スポーツの世界では、成績不振で監督が引責辞任するのは当然ともいえるが、高橋監督に対しては同情する野球ファンも少なくない。

     巨人は4年連続でリーグ優勝を逃しており、今シーズンにいたっては負け越しが確定。10月4日現在、クライマックスシリーズ進出をかけて横浜DeNAベイスターズと3位争いをしている状態だ。

     そんななかで発表された高橋監督の辞任。本人は3日に行われた選手宿舎での一問一答で、「チームの成績が良くないというところで、監督として責任を取らなくてはいけない。『責任を取って辞めます』ということを、山口オーナーのほうに直接伝えました」と語った。


     2015年11月、現役を引退と同時に監督を任された高橋だが、就任以降リーグ優勝はなし。一部のメディアやファンの間では、“球団史上最弱”とも批判されていた。しかし、今回の監督辞任には、「正直ちょっとかわいそう。高橋由伸の無駄遣いもいいところ」「“スター”高橋由伸をつくったのも巨人だけど、彼を終わらせたのも巨人」「由伸は完全に振り回され続けた被害者だよな」といった同情の声が多い。また、サポートが不十分だった球団に対しての批判も相次いでいるという。

     そもそも高橋の監督就任には、当初から「納得がいかない」と不満を抱く人が多かった。15年の巨人といえば、野球賭博などが表面化してトラブルが続発していた時期。そんななかで高橋が監督就任を要請され、“現役引退後即監督”で12球団中最年少の監督になっている。

     そのため「ほとんど無理やり監督に就任させられたのに、結局辞任とか気の毒すぎる」「こんな結果になるなら、もっと長く選手としての高橋由伸を見ていたかった」などと残念がる意見もある。

     後任としては、15年までチームをけん引してきた原辰徳前監督の名前が挙がっている。過去、巨人を7度のリーグ優勝に導いた原前監督は、実績も十分で適任のように思える。しかし、彼には暴力団とのつながりを示唆する“黒いうわさ”もある。以前、「週刊文春」(文藝春秋)は、原氏が元暴力団員に1億円を支払ったと報道。巨人側は名誉を傷つけられたとして文藝春秋を訴えているが、最高裁が上告を退け敗訴している。

     このような経緯もあり「“1億円払った人”ってイメージが抜けないし、原の監督就任は嫌だな」と難色を示すファンも多い。今後、巨人がどのように舵を切っていくかはわからないが、まずは高橋監督率いる現チームがクライマックスシリーズに進出できるか否かに注目したい。
    (文=編集部)

    文=編集部2018.10.04ビジネスジャーナル
    https://biz-journal.jp/i/2018/10/post_25005_entry.html

    写真

    (出典 biz-journal.jp)

    潔白な人間はいない
    【この報道が事実ならもう監督は出来ない? 原辰徳の過去が報道された!】の続きを読む



    1 shake it off ★ :2018/08/22(水) 20:33:22.88 ID:CAP_USER9.net

    ◆ 寄付に行列

    「当初の寄付金の予算を大幅に超える可能性が出てきてしまいました。皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします」
    金足農業が夏の甲子園ベスト8へ進出を決めた今月17日。金足農業の同窓会や野球部OB会などでつくる支援協議会のホームページ上に、寄付金の追加の支援を呼びかける案内が提示されました。

    寄付金は1口2000円。チームが勝ち進むことで、控え選手や吹奏楽の応援団の宿泊費用が必要となり、当初予算を大幅に超える可能性が出てきたことが理由にあげられていました。

    金足農業では甲子園出場が決まった段階で5000万円を目標に募集を行い、卒業生に振込用紙を送ったり、教職員が近隣の学校や企業へお願いに回ったりしていました。

    ところがチームが勝ち進むにつれて、費用が足りなくなるおそれが出てきたため、支援協議会が危機感を抱き、追加の募集を始めたのです。

    こうした呼びかけに対して、金足農業の甲子園での快進撃もあって、寄付を申し出る人が学校に続々と訪れ、列を作りました。

    寄付をしに来た女性は「自分は甲子園に行って応援することは出来ないので選手に何かしてあげたいと思い、勝つたびに寄付をしている」と話していました。

    金足農業の松田聡教頭は「集まった金額の総額はまだわかりませんが、いただいた寄付金は、応援団のバス代、宿泊費など旅行会社への支払いに充てます。勝ち進むにつれて全国から温かい応援や寄付をいただき、感謝を申し上げたい」と話していました。

    ◆ 1回の出場で3000万円も

    夏の甲子園に出場した学校はどれだけお金がかかるのでしょうか。
    大会の主催者によりますと、ベンチ入りする選手18人と監督、それに学校の担当教諭の合わせて20人には、学校の所在地から大阪までの往復旅費に加え、滞在費として、1人につき1日4000円が大会本部から支給されます。

    しかし、ベンチ入りできなかった控え選手や在校生、OBといった応援団に対する補助はありません。
    応援席の1人400円の入場券のほか、宿泊費や交通費などはすべて学校が賄わなければなりません。
    春夏合わせて56回の甲子園出場を誇る、金足農業と同じ公立高校の県立岐阜商業。
    高校によりますと、甲子園に出場するたびに2000万円から3000万円の費用がかかり、その多くを寄付で賄っているということです。

    甲子園の出場が決まると、生徒の保護者や同窓会、それにOB会が中心となって、地元の知り合いなどに寄付を呼びかけるそうです。集めた資金から、大会期間中の選手や監督の滞在費に充てるほか、応援団の人たちの交通費や甲子園球場の入場料金まで賄うということです。

    ただ、ベスト4となった9年前の夏の甲子園では、準決勝まで勝ち進んだことで当初予定した予算では足りなくなり、急きょもう一度、寄付をお願いしたということです。
    追加の寄付のお願いは金足農業だけではなかったようです。

    高校の関係者は「夏の甲子園の場合は、出場が決まってから大会が始まるまでの期間が短く、短期間で多くの寄付を集めないといけないのでとても大変だ」と話していました。

    ◆ Tシャツ販売で遠征費
    甲子園に出場する高校に限らず、部活動の遠征費などは、資金力のある学校を除けば、どこでも頭の痛い問題。
    とりわけ都市部から距離のある離島などは負担が大きくなるだけに切実です。

    北海道奥尻島にある奥尻高校。全校生徒は44人。現在は野球部、卓球部、吹奏楽部があるものの、島から公式大会に出るためには、フェリーやバスなどの交通費や宿泊代など、日程にもよりますが、1人につき少なくとも3万円はかかります。

    高校の外郭団体から、宿泊補助として1人につき、1泊2000円が出ますが、十分とは言えず、ある程度は生徒たちが負担しなければなりません。

    (中略)

    スポーツ政策学が専門の桐蔭横浜大の田中暢子教授は「甲子園から遠く離れた高校であれば、近い高校に比べて費用がかかるためハンディーもあるし、市民からの寄付を募ることにも限界がある。官民が連携して、学校を支援するような基金を作るなど、体制の整備も必要になってくるのではないか」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180822/k10011586291000.html
    全文はこちらで

    OBからの寄付しかないよな
    【甲子園に潜むお金の闇 勝ち進めば勝ち進むほど…】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/08/01(水) 12:16:26.70 ID:CAP_USER9.net

    【広瀬真徳 球界こぼれ話】偶然なのか必然なのか。ここ数か月、球界では金銭絡みの不祥事が立て続けに発覚した。

     6月末にロッテ・大嶺翔太(26)が借金苦を理由に自らシーズン途中に現役を引退したかと思えば、7月には巨人・柿沢貴裕(24)が同僚選手の野球道具を窃盗、売却したことが明らかになり球団から契約を解除された。

     前記2人はいずれも消費者金融から借金があり生活に困窮していたという。

     プロ野球選手といえば、子供たちの憧れであり、主力選手の年俸は軒並み「億」を超える。今年5月に発表された選手会の調査によれば、12球団の支配下登録選手の平均年俸は3955万円。大嶺翔、柿沢の今季年俸がそれぞれ1000万円、500万円(推定)と平均以下だったとはいえ、一般サラリーマンから見れば通常の生活には困らない金額だ。

     にもかかわらず、なぜ自らの現役生命を絶つような借金、悪事に手を染めたのか。自己管理の甘さもさることながら、問題の根底には選手が置かれている「環境」が少なからず影響しているのかもしれない。

     例えば、球場に隣接する選手駐車場。そこはまるで「高級車の見本市」だ。普段、街中ではめったに見られない憧れの外車やスポーツカーが所狭しと並んでいる。高年俸選手が高級車に乗ることは悪いことではないが、こうした世間離れした光景を二軍選手や若手が連日見続ければどうなるか。「自分も同じプロ野球選手。高級車に乗りたい」と勘違いしてもおかしくはない。実際、柿沢は「高級外車の維持費のため」に窃盗に手を出した。

     しかも、球界内では主力選手やチーム関係者が年俸数百万円の若手や新人に高級車の販売を手がける業者を紹介することが珍しくない。実際、某チームの若手数人に聞いたところ、保有する自家用車は「先輩(主力選手)が紹介してくれた関係者を通じて購入した」と話した。同時に「チームの上の(年齢の)人から(業者を)紹介されると断りづらい…」とも。これは高級腕時計や洋服を購入する場合でも同じ。こうした環境、上下関係に起因する“慣習”が球界に残る限り、若手や低年俸選手が散財、借金苦に追い込まれるケースはなくならない。

     では、球界はこの問題にどう対応していくべきか。米メジャーでは大半の選手が代理人と契約。選手に代わって金銭管理は代理人が行う。この制度が確立されればいいが、残念ながら日本では代理人制度自体が根付いていない。現状では日本野球機構(NPB)や球団が専門家を招いて選手への金銭管理講習会を開催したり、定期的な面談を通じてトラブル回避を指南するしかない。

     毎年NPBでは新人選手や審判員を集め春季キャンプ前に研修会を行うが、2年目以降は基本的に「各自任せ」。これでは不十分だろう。

     大嶺翔はすでに生まれ故郷の石垣島に「帰島」。地元関係者の話では「知人を頼りに食品関係の事業に携わっていく予定」と新たな人生を歩み始めたそうだが…。今後同じような選手を出さないためにも、球界はこの問題に真摯に取り組む必要がある。

     ☆ひろせ・まさのり 1973年愛知県名古屋市生まれ。大学在学中からスポーツ紙通信員として英国でサッカー・プレミアリーグ、格闘技を取材。卒業後、夕刊紙、一般紙記者として2001年から07年まで米国に在住。メジャーリーグを中心に、ゴルフ、格闘技、オリンピックを取材。08年に帰国後は主にプロ野球取材に従事。17年からフリーライターとして活動。

    8/1(水) 11:00 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000001-tospoweb-base


    指導が甘いんだな
    【子供たちの夢が失われる プロ野球選手は金遣いがあらい印象を植え付けてしまった】の続きを読む



    1 ベクトル空間 ★ :2018/07/02(月) 14:13:20.15 ID:CAP_USER9.net

    突然の引退発表。ロッテ・大嶺翔太「金銭トラブル」の裏事情
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180702-00107042-playboyz-base

    金銭トラブルを理由に、プロ野球選手がシーズン中に突然の引退――。異例の事態だ。

    6月23日をもって26歳の“元プロ野球選手”となった大嶺翔太は、
    3学年上の兄・大嶺祐太(投手)と共に千葉ロッテに所属する内野手だった。球界関係者はこう明*。

    「性格はヤンチャで人付き合いも派手、誘われるとノリでついていってしまうタイプ。
    それだけに、素行や交友関係の部分では何かと噂もありました。
    パチンコにかなり入れ込んでいたことも球団内では有名だったそうだし、
    シーズン中の引退には驚いたものの、理由を聞いたら『ああ、やっぱり』というのが正直な感想ですね」

    その「金銭トラブル」の中身について、スポーツ紙デスクはこう語る。

    「約2ヵ月前、『大嶺翔に貸した金が返ってこない』と金融機関から球団に取り立ての電話があり、
    これがあまりスジのいい業者ではなかったらしい。
    ただ、その一件が直接の引き金だったとしても、以前から彼の“金の乱れ”は球団内で問題視されていました。

    2軍の若い選手たちからも手当たり次第に金を借りまくっており、
    球団としては『チームの空気を乱す』と、むしろこちらを重く見たようです。
    表向きには本人の意思で引退とされていますが、
    実際は球団が借金を肩代わりする代わりにユニフォームを脱ぐよう説得したとも聞きます」

    しかし、借金の額は「本人の年俸=1000万円で返済できる程度だと球団関係者が明かしている」
    (デスク)という。その程度で引退とは、大げさすぎるのでは?

    「球団は『反社会的勢力からの借金ではなく、そうした関係との接点もない』とコメントしており、
    今のところそれを疑うような情報も流れていません。
    ただ正直、100パーセントないとは言い切れない。
    もし在籍中にそうした問題が噴出したら大変なことになる…という球団のリスク意識もあったようです」

    また、親会社の意向も強く働いたとの見方もある。前出の球界関係者はこう言う。

    「球団の親会社ロッテはチョコレートなどを主力とする嗜好(しこう)食品メーカー。
    それだけに、ファン=消費者の反応には他球団以上に敏感なところがあります。
    今回もこれ以上のトラブルが表面化することを恐れ、早めに手を打ったということかもしれません」

    引退発表直後には、メルカリなどで彼の使用済みバットやユニフォームなどが大量に売りに出された。
    そのアカウントが本人のものだったのかどうかは定かではないが、
    ロッテファンからは「そうまでして金が必要なのか」などのあきれ声も聞こえている。

    「ドラフト指名後に未成年飲酒・喫煙騒動を起こし、
    入団が年明けにズレ込むという波乱のプロ野球人生スタートでしたが、
    グラウンドでは喜怒哀楽を表に出し、プレーもはつらつとしていた。井口資仁(ただひと)監督も能力を評価し、
    以前はかわいがっていました。結婚して子供もいるし、マジメに野球で稼げばよかったのに……」(球界関係者)

    残念というしかない。


    【ロッテ・大嶺翔太の本性が暴露された 問題児を球団が引退に追い込んだか】の続きを読む

    このページのトップヘ