常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:アメリカ



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 ほニーテール ★ :2018/08/24(金) 15:10:23.91 ID:CAP_USER9.net

    準Vの金足農、準々決勝で決めた2ランスクイズに米メディアが脚光

    第100回全国高校野球選手権記念大会は、大阪桐蔭(北大阪)の史上初となる2度目の春夏連覇で幕を下ろした。大阪桐蔭の強さと共に、大会の主役だったのが県勢として103年ぶりに決勝に進んだ金足農(秋田)。プロ注目のエース右腕・吉田輝星(3年)を中心に吹かせた旋風は夏の記憶として色濃く刻まれることとなった。

     金足農の快進撃の中でも、とりわけ印象深いシーンは準々決勝・近江戦(滋賀)の9回に成功させた、衝撃のサヨナラ2ランスクイズ。米メディアもこのシーンをクローズアップしている。

     まさに鮮やかに決めた。1点を追う9回無死満塁。9番の斎藤璃玖(3年)が三塁側へスクイズ。捕球した三塁手が一塁へ転送する間に、三塁走者だけではなく、二塁走者の菊地彪吾(3年)までもが一気に本塁を陥れたのだ。

     見事なバント、そして迷いのない積極的な走塁が生んだ奇跡のワンシーン。米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「FOR THE WIN」も「日本の高校野球チームが見たことがない、爽快な2ランスクイズを見せた」とタイトルをつけて、特集を組んでいる。

    「野球で9回には多くのシナリオがある、たくさんの出来事が起こりうる。日本の金足農業高校が、近江高校に対して見せた2ランスクイズはその中でもトップのプレーといえるだろう」

    「アメリカの高校野球もこのような試合をする必要がある」

    「3塁前に転がしたバントに対して3塁手は1塁にボールを投げる。しかし、この時3塁に達したランナーは走ることを止めなかった。近江高校の本塁への送球をかいくぐり判定はセーフ。金足農業はサヨナラ勝ちを収めた。これはクレイジーだ」

     記事では2ランスクイズのシーンをこう回想。称賛の意味で“クレイジーだ”と伝えているのだ。

    「アナウンサーの実況も衝撃的だった。アメリカの高校野球もこのような試合を見習う必要がある」

     米国の高校生も見習うべきだという、鮮やかな攻め。日本を熱く盛り上げた「Kanaashi Nogyo」の名は米国にまで轟いていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180824-00034451-theanswer-base

    素晴らしかったな
    【米紙が称賛した100回記念大会で最高のシーンはやはりあの結末だった】の続きを読む



    1 ニーニーφ ★ :2018/05/24(木) 14:10:25.35 ID:CAP_USER9.net

     米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は22日、「フットボールの衝突が日本中を包み込む」と題した長文の特集記事を掲載した。
    問題となったタックルに言及しつつ、和製英語の「power hara」(パワハラ)という言葉を紹介。
    「権力のある者が、下の人間の意志に関わらず行為を強要するハラスメントだ」と説明し、
    日本での違反行為は「単なるペナルティー」では済まず、根深い文化的な問題について全国的な議論を引き起こしているとした。

     また、野球とサッカー、相撲に人気が集まり、アメフットに注目が向けられることはまれだと、日本のスポーツ界の現状を紹介。
    その上で、今回の問題では、「日本では高く評価される権威への服従心やチームへの揺るぎない忠誠心を浮き彫りにした」と指摘した。

     また、米紙ワシントン・ポスト(電子版)は22日、AP通信が配信した記事を掲載。
    記事は腰を90度に折り曲げて深々と謝罪したことを伝え「日本では深い反省の意を示す」と説明。
    「野球と相撲、行儀良さで知られる国で多くの人に衝撃を与えた」と報じた。(ニューヨーク 上塚真由)

    https://www.sankei.com/sports/news/180523/spo1805230023-n1.html


    【【話題】米紙NY・タイムズ「アメフトの衝突が日本中を包み込む」「野球・サッカー・相撲が人気の国でアメフトに注目が集まることは稀」】の続きを読む

    このページのトップヘ