常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:イチロー



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/28(金) 14:44:07.29 ID:CAP_USER9.net

    センター方向へ伸びる打球。マリナーズのイチローが突然、外野フェンスを駆け上がり、捕球態勢に入った。
    履いていたのはスパイクではなく、歯がついていないランニングシューズだ。
    9月に行われた敵地エンゼルスタジアムでのエンゼルス戦。試合前の練習中の出来事だった。

    イチローは5月にメジャー登録メンバーから外れ、会長付特別補佐に就任した。
    「来年、僕(の体重)が240パウンド(約109キロ)になってたらもう終わりですよ、それは。ただその可能性は低いので、そうでなければ、終わりではないと思います」。
    背番号51のユニホームを着て臨んだ会見。
    ユーモアたっぷりの言い回しで、引退を完全否定したイチローは、4カ月が経過した現在もチームに帯同し、他の選手たちと一緒に鍛錬を続けている。

    背面捕球、背走捕球、逆手捕球…、次々と高難度のキャッチを成功させる。
    フェンスを駆け上がった同じ日には塀際で跳んで“ホームランボール”をもぎ取り、敵地ファンを沸かせる場面もあった。
    もちろん、ファン・サービスも兼ねてやってはいるが、球拾いではなく、守備練習。立場が変わってもその軸がブレることはない。

    「体の状態は、春季キャンプの時よりかなりいいですね」。

    そう話すのは、10月で45歳を迎えるベテランをずっと間近で見てきた、マリナーズのスコット・サービス監督だ。

    イチローは3月にマリナーズと1年契約を結び、6年ぶりに古巣への復帰を果たした。
    入団会見の4日後にオープン戦に出場したが、3戦目で右ふくらはぎを痛めた。
    メジャー18年目の開幕には間に合わせはしたが、指揮官は「あのけががずっと影響していた。明らかに100パーセントではなかった」と話すとおり、
    復調のきっかけをつかめないまま、球団のフロントに入ることを決めた。

    今なお、フリー打撃では柵越えを連発する。
    打撃練習の前後には、外野に出て他の選手の打球を追って縦横無尽に走り回る。
    打撃投手の1球ごとに敏感に反応するのは、『一歩目』を意識している証拠。
    サービス監督は「試合に出場しているかのような動きですね。多くの選手が75パーセントほどの力で練習している中で、イチローは常に試合を想定し、95パーセントの力で動いているように見える」と話す。

    イチローは今オフにマリナーズと再び契約を結び、来年2月の春季キャンプに参加するだろう。
    来年3月下旬に日本で迎えるシーズン開幕戦で指揮を執る将は「彼が復帰して試合に出るのは現実的な話だと思いますし、彼もそこを目指して練習しています。
    来年は問題なくプレーできることを願っています。
    心身ともにいい状態をキープしているので、今後どうなるかを見守っていきたい」と、復活を期待する。

    イチローがフェンスを駆け上がった翌日は今季最後のエンゼルス戦だった。試合前のチーム練習がないデーゲーム。
    いつものようにフィールドに出て個人練習をしたイチローは外野フェンスの近くまで行くと、再び、壁を駆け上がる動きを見せた。

    エンゼルスには大谷翔平投手がいる。イチローが2日連続で右足で蹴った中堅フェンスの向こうには「ロックパイル」と呼ばれる岩山がある。
    大谷が本拠地で打った14本の本塁打のうち9本がそこに着弾している(数字はいずれも27日現在)。

    「僕がやることに、説明できないものはないですから」。

    かつてイチローはそう話したことがある。

    来季、マリナーズは4月18日を皮切りにエンゼルスタジアムで10試合を戦う。
    背番号「51」が大谷の本塁打を阻止すべく、フェンスを駆け上がる姿が目に浮かぶ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000061-dal-spo
    9/28(金) 14:00配信


    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    (出典 portal.st-img.jp)


    https://nipponbaseball.web.fc2.com/personal/batter/ichiro.html
    成績

    早くあの姿がまた見たい
    【イチローの現役復帰が現実味を帯びている! 選手顔負けのパフォーマンスを披露】の続きを読む



    1 ネイトのランプ ★ :2018/09/27(木) 17:16:59.73 ID:CAP_USER9.net


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180927/k10011646641000.html
    2018年9月27日 16時57分

    大リーグで日本選手2人目となるノーヒットノーランを達成し、今シーズン限りでのマリナーズ退団を発表した岩隈久志投手が26日、イチロー選手を相手に始球式を行い本拠地のファンに別れを告げました。

    岩隈投手は去年9月に右肩の手術を受けて、今シーズンはマリナーズとマイナー契約を結び復帰を目指していましたが、昇格を果たすことなく今シーズン限りでの退団を発表し日本球界への復帰を目指す意向を示しています。

    マリナーズは岩隈投手の活躍を高く評価しファンとのお別れの場として26日に本拠地シアトルのセーフコ・フィールドで岩隈投手の始球式を企画しました。

    始球式の前には大型スクリーンに、2015年8月のオリオールズ戦で日本選手で2人目となるノーヒットノーランを達成した瞬間の映像が流され、岩隈投手も見入っていました。

    そして、岩隈投手が背番号「18」のユニフォーム姿でマウンドに向かうと、ファンが立ち上がって迎えキャッチャー役には予告されていなかったイチロー選手が登場しました。

    岩隈投手は驚きの表情を浮かべながらもイチロー選手を相手にボールを投げ込みました。

    始球式の後、イチロー選手が岩隈投手に歩み寄って「お疲れさま」とねぎらいのことばをかけ、スタンドからは大きな拍手が送られていました。

    岩隈投手は「感謝の思いでいっぱいで、その気持ちで1球投げました。アメリカでの経験は最高の財産になったと思います」と話していました。

    岩隈楽天に来るの?
    【マリナーズ岩隈とイチローの夢のバッテリーが実現!】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/15(土) 12:47:16.92 ID:CAP_USER9.net

    <エンゼルス2-8マリナーズ>◇13日(日本時間14日)◇エンゼルスタジアム

    マリナーズ・イチロー会長付特別補佐が、敵地スタンドを沸かせた。

    試合前には、フリー打撃でサク越えを連発。エンゼルス大谷の6本を大幅に上回る11本をたたき込むと、ファンから驚嘆の声が漏れるほどだった。
    直前にはエンゼルス田沢、大谷から相次いであいさつを受けると、満面の笑みで握手。相変わらずの存在感を見せていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00331000-nksports-base
    9/15(土) 9:26配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    イチローまだやれるって
    【イチローvs大谷翔平 ホームラン競争の行方は…】の続きを読む



    1 かばほ~るφ ★ :2018/09/18(火) 10:18:51.03 ID:CAP_USER9.net

    イチ、大谷に“新二刀流”提案 投打1年ごと専念で夢のWタイトル


    マリナーズのイチロー球団会長付特別補佐(44)が16日(日本時間17日)、
    エンゼルスとの今季対戦を終えたタイミングで、スポニチ本紙を通じ大谷翔平投手(24)に
    情愛あふれるエールとメッセージを送った。
    右肘に損傷が発覚し、今後の動向が注目される大谷だが、メジャー通算3089安打のレジェンドは
    「真の二刀流」として本塁打王とサイ・ヤング賞の獲得が可能だと見ている。

    今季19試合のエンゼルスとの対戦を全て終え、大谷の投打のパフォーマンスを確認したイチローは
    「ポテンシャルについてはまさに言わずもがな、でしょう」と切り出した。

    マリナーズ戦では投手として5月6日に先発し、6回0/3を2失点で勝利投手。
    最速は99・5マイル(約160キロ)を記録した。
    打者としては43打数10安打(打率・233)ながら今月15日には
    1年目の日本選手として初の20号本塁打を放った。

    メジャー18年間で「次から次へと出てくる」と、若く才能あふれる選手の出現を表現したイチローだが、
    その目にも大谷に勝る才能の持ち主は皆無に映った。だからこそ、自身の考える「真の二刀流」を期待する。

    「個人的な興味としては、ピッチャーとバッター、それぞれを年間通して見てみたい。
    サイ・ヤング賞をとった翌年にはホームラン50本で本塁打王。
    そんな空想でもしないことを現実にできる可能性のある選手が、この先の未来に出てくるでしょうか?」

    世界歴代最多の日米通算4367安打を放ち、「最低でも50歳」までの現役を目指している。
    既存の概念を覆す先駆者にしか思い描けない新たなる二刀流。
    その提言は、常に人のできないことを目指し、実践してきた大谷の価値観にも重なる。

    「もちろんそれは才能だけでは不可能でしょう。僕が見る限り、翔平にはその才能を磨いて
    生*才能が備わっているように思います。実はほとんどの選手にそれが備わっていないのです」

    44歳の天才打者と24歳の才能あふれる若者は、己の志を貫き通す「孤高」の2文字でつながる。
    戦ってきた歳月は違えど、歩み、戦ってきた道のりは同じだ。イチローにはそれが分かる。

    「人と違う道を行くのは常に困難がつきまとうものですが、
    翔平ならきっとそれをも越えていくのでは、と期待しておきます」

    情愛に包まれたメッセージ。大谷ならば深い部分で理解できるだろう。真の二刀流へ。
    イチローの言葉は温かく、優しく、期待に満ちあふれていた。(笹田幸嗣通信員)

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/09/18/kiji/20180917s00001007482000c.html
    試合前、イチローとあいさつを交わす大谷(左)

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    大谷翔平が納得するかな
    【二刀流が難しい大谷翔平に新たな二刀流案をイチローが提案!】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 pathos ★ :2018/09/16(日) 19:24:14.55 ID:CAP_USER9.net

     「エンゼルス5-6マリナーズ」(15日、アナハイム)

     マリナーズの会長付特別補佐のイチロー(44)は、メジャー1年目で20本塁打を記録した大谷翔平投手(24)について「きょうの20本目がどうかというのは置いといて、初めてホームランバッターが日本人として来たなあという感じがね、それはずっとしてますけどね」と話した。

    【写真】ゴジラ以来の20号を放ち、吠える大谷

     大谷がマリナーズ戦で本塁打を打ったのは初めて。イチローは「ちょっと詰まり気味だったよね。やっぱりあれがセンターに行くというのはホームランバッターでしょうね、初めての」。センター方向へ一直線に伸びた、飛距離127メートルの一撃を解説した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000075-dal-spo



    2018/09/16(日) 16:55:58.17
    【野球】イチロー、1年目で20本塁打を記録した大谷の打撃を絶賛「初めてホームランバッターが日本人として来たなあという感じ」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537084558/
    2018/09/16(日) 18:02:31.47
    【野球】イチロー、1年目で20本塁打を記録した大谷の打撃を絶賛「初めてホームランバッターが日本人として来たなあという感じ」★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537088551/

    新旧スーパースター
    【イチローが改めて大谷翔平を大絶賛! 「本物のホームランバッターだ」】の続きを読む

    このページのトップヘ