常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:オリックス



    1 ひかり ★ :2018/06/26(火) 16:18:20.29 ID:CAP_USER9.net

     野球規則委員会が26日、都内の日本野球機構(NPB)で行われ、22日のオリックス-ソフトバンク戦(ほっともっと神戸)の誤審について、
    オリックス側から要望されていた“試合のやり直し”を行わないことを改めて確認した。パ・リーグの仲野和男統括は「NPBおよび野球規則委員会で
    オリックス球団から特例としての続行試合の要望を確認、検討しました。その時の本塁打の判定は最終的なもの。野球規則を適用することとし、
    続行試合を行わないことを野球規則委員会で確認いたしました」と説明した。オリックス球団にも口頭でその旨を伝えた。

     問題のシーンは、22日・同戦の延長十回2死一塁の場面。ソフトバンク中村晃が放った右翼ポール際への打球はいったん、ファウルと判定されたが、
    工藤監督のリクエスにより本塁打に覆った。だがその試合後、審判団が正式に誤審を認めていた。オリックス側は試合のやり直しを要望していた。

     また日本野球機構(NPB)では再発防止の一環として、対応などが示されたリプレー検証のマニュアルをさらに細分化して、審判員に再徹底する方針を
    決めた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000086-dal-base


    【賛否両論の誤審問題に決着 NPBの規則通り】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/28(木) 21:25:01.71 ID:CAP_USER9.net

    オリ中島が左もも裏を痛めて交代 走塁中に転倒、自力で歩けず担架で運ばれる
    6/28(木) 19:17配信 Full-Count
    https://full-count.jp/2018/06/28/post142608/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00142608-fullcount-base

    オリックス・中島が二塁ベースで転倒

    (出典 image.full-count.jp)

    担架で運ばれて交代したオリックス・中島宏之【写真:荒川祐史】

    (出典 image.full-count.jp)


    ◆転倒し二塁に這うように帰塁、球団は左ハムストリングの痛みと発表
    ■西武 ? オリックス(28日・メットライフ)

    オリックスの中島宏之内野手が28日の敵地西武戦で左もも裏を痛めて途中交代した。

    中島は3回、2死二、三塁の好機でタイムリーを放ち、オリックスが4-5と1点差に迫る。続く西野のライト線へのヒットで中島は二塁ベースを回ったが、ここで転倒。左もも裏を抑えながら、這うようにして二塁ベースに戻った。

    中島はそのまま起き上がることができず。トレーナーや福良監督が集まって状態を確認している間も倒れたままで、自力で歩くことができずに担架で運ばれて交代した。

    オリックスはその後、中島が左ハムストリングに痛みを感じたため、交代したと発表。アイシングで様子を見ている。


    【オリックス・中島今季絶望か 左ハムストリングに激痛】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/06/23(土) 15:35:07.26 ID:CAP_USER9.net

     オリックスは23日、ほっともっとフィールド神戸でNPBの仲野パ・リーグ統括、友寄審判長と会談し、前日(22日)のソフトバンク戦(ほっと神戸)の
    延長10回2死一塁から試合を続行し直すを要望を行った。

     問題のシーンは中村晃が放った右翼ポール際への飛球がファウルと判定されたが、ソフトバンク・工藤監督のリクエストで決勝2ランに覆った。だが、
    試合後にオリックス・福良監督が猛抗議。審判団が映像を再確認したところ誤審を認める異例の事態に発展した。

     すでにNPB、審判団は試合結果や個人成績が覆らないことを明言しているものの、長村球団本部長は「完全なファウルと認めるのであれば、
    特例措置として試合の続行を認めて欲しい」と訴えていた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000114-sph-base


    【それはさすがに無理だろ 誤審問題でありえない要求】の続きを読む

     工藤監督が「誤審問題」について見解を示した。

     ソフトバンク側にはNPBから説明などはなかったが、「僕らは僕らの持っている権利の中で主張ができるので」とあらためてリクエスト要求の正当性を強調した。続けて「今回こうなったのは残念だとは思いますが、これから二度とこういうことが起こらないように検討してもらうというのは大事かな」と話した。

     一方、中村晃は「僕は何とも言いようがない」と困惑。リーグ再開初戦を白星で飾ったが、オリックス側がNPBに延長10回の中村晃の打球がファウルになった時点からの試合やり直しの要望を出すなど、ホークスにとっても後味の悪さが残る形となった。



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/22(金) 17:16:25.88 ID:CAP_USER9.net

    オリックス・吉田正が交流戦MVP、阪神戦で負傷も「大事には至らず、大丈夫です」
    6/22(金) 13:59配信 サンケイスポーツ
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20180622/buf18062213590002-n1.html

    交流戦MVPを受賞したオリックス・吉田正=ほっともっとフィールド神戸(撮影・岩川晋也)

    (出典 www.sanspo.com)



    (出典 www.sanspo.com)


    セ・パ交流戦MVPを獲得し、賞金200万円のボードを手に笑顔の吉田正

    (出典 www.hochi.co.jp)


    オリックス・吉田正尚外野手(24)が22日、「日本生命セ・パ交流戦2018」の最優秀選手賞を受賞した。
    交流戦期間中は18試合で打率・397、3本塁打、10打点、得点圏打率は両リーグトップタイの5割をマークし、チームの勝ち越しリーグ最高勝率に貢献。ほっともっと神戸で会見を行った吉田正は「いやもう、素直にうれしいです」と喜んだ。

    賞金200万円の使い道については「さっき知らされたので、正直何も。まだシーズン中ですし、シーズンオフにゆっくり考えたい」と笑った。

    前日21日の阪神戦(甲子園)では、走塁中に右足首を負傷。大阪市内の病院でエックス線検査、MRI検査を受け、「右足関節捻挫」の「グレード1」と診断されたが、この日は練習前にグラウンドで軽めのランニング。
    「大事には至らず、大丈夫です」と軽傷を強調した。


    【オリックス・吉田正尚が初の交流戦MVP 賞金200万円獲得】の続きを読む

    このページのトップヘ