常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:キャプテン



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/08/04(土) 06:05:36.90 ID:CAP_USER9.net

    阪神・福留は来季も現役!球団幹部、来季主将も「福留しかいない」
    2018.8.4 05:04 サンケイスポーツ
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20180804/tig18080405040008-n1.html

    阪神が、福留孝介外野手(41)と来季の契約を更新する方針を固めたことが3日、明らかになった。
    虎野手では44歳で引退した金本知憲(現監督)、桧山進次郎に続く、42歳での現役。
    球団内ではプレー、リーダーシップだけではなく、どんな試合展開でも絶対にあきらめない姿勢を高く評価しており、常勝軍団再建へ、力を注いでもらう。

    そのポジションに穴が空くことは考えられない。42歳になろうが、まだまだ福留には前線で活躍してほしい、発展途上のチームを助けてほしい。だからこそ即決だ。

    球団幹部は、福留との契約更新について、「もちろん。誰が考えても、そうでしょう。福留選手には来季も頑張ってもらいたいと思っています」と力を込めた。

    「どういう試合であっても、最後まで絶対にあきらめない、というのを見せてくれています」

    実績、結果、主将としてのキャプテンシーだけでなく、野球選手としての姿勢も、高く評価していると続けた。

    勝負ごとは、あきらめた者が負けだ。福留の師である故・星野仙一元監督は「NEVER NEVER NEVER SURRENDER」を掲げ、2003年に18年ぶりのリーグ優勝を達成。金本政権3年目で最も苦しむ今だからこそ、この姿勢が必要になる。
    福留にとって「チームが勝って、優勝する。それしかない」と個人目標を封印して臨んでいる41歳シーズン。借金8、最下位と低迷する中、悔しさを前面に出して、チームを鼓舞し続けている。

    ここまで79試合に出場し、打率・275、8本塁打、44打点。3月30日の開幕巨人戦(東京ドーム)で菅野から先制ソロを放つなど、持ち前の鋭い勝負勘と力強い打撃は健在で、高い守備力も衰え知らず。
    どれだけビハインドの展開でも途中交代することなく、汗だくで白球を追いかける姿も目立つ。
    昨年5月に取得した2度目の海外FA権を保持する中、球団は単年契約を基本線に話をしていく見通しだ。

    球団野手では44歳で引退した金本監督(12年)、桧山(13年)に続く42歳でのプレー。福留にとってプロ入り以来の大目標達成が現実味を帯びてくる。
    日本通算2000安打まで、あと「233」。すでに日米通算2000安打は2016年6月に達成し、名球会入りを果たしているが
    「(プロに)入ったときはメジャーなんて考えてもなかった。日本だけで2000本という数字は打てたらすごくいいことなんだろうな」と話す。
    和田一浩(42歳11カ月)の最年長記録を更新する達成もありそうだ。

    また先の幹部は、あくまでも個人的な見解とした上で来季の主将も「福留選手しかいない」と力説。
    42歳での主将となれば12年のソフトバンク・小久保裕紀を抜き、球界史上最年長となる。

    福留はこの日、京セラドームで全体練習に参加。フリー打撃や守備練習などで汗を流し、4日のヤクルト戦(京セラ)に備えた。
    まずは連敗を2で止める。そして8月反攻へ-。絶対にあきらめない。不屈の精神を、福留が虎に注入する。


    やっぱり人間力かな
    【阪神の来季主将が早くも決定 球団幹部が絶大な信頼を寄せるのは】の続きを読む



    1 相沢雄 ★ :2018/07/17(火) 16:19:10.74 ID:CAP_USER9.net

    7/17(火) 16:06配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00271171-nksports-base

    巨人坂本勇人が出場選手登録を抹消

     巨人坂本勇人内野手(29)が17日、出場選手登録を抹消された。

     坂本勇は前日の16日に史上3位となる年少記録で1500試合出場を達成したばかりだった。


    【巨人に衝撃 キャプテン坂本勇人が登録抹消もチームは連勝】の続きを読む

     巨人坂本勇人内野手(29)がヤクルト戦の先発メンバーから外れた。スタメン落ちは今季初。


     グラウンドでは練習は行わず、ベンチ入りメンバーに名は連ねたが、試合開始時はベンチ内に姿はなかった。遊撃手は吉川尚が入った。今カードは初戦で10年連続となる2ケタ本塁打を放ち、前日23日の第2戦も2本の二塁打で2得点をマークするなど好調だった。



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/05(火) 05:13:25.04 ID:CAP_USER9.net

    オリックス、国内FA取得の西武浅村栄斗を調査へ
    2018年6月5日4時56分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806040000812.html

    4月22日の西武対ロッテ、1回裏西武無死一塁で左越え本塁打を放った浅村

    (出典 www.nikkansports.com)


    オリックスが、5月31日に国内FA(フリーエージェント)権を取得した西武浅村栄斗内野手(27)が今オフ権利を行使した場合に備えて調査を行っていくことが4日、分かった。

    FAとなれば複数球団との争奪戦が予想されるが、オリックスも参戦の準備を進める。

    浅村が主戦場とする二塁は、オリックスの補強ポイントの1つである。今季は3年目大城を筆頭にルーキーの福田、山足ら5選手が先発で起用されているが、固定には至っていない。来季構想を考えれば、センターラインのさらなる強化は必要不可欠だ。
    今季浅村は「3番二塁」を任され、2割7分9厘、9本塁打、35打点の成績を残している。驚異的な破壊力を誇る「山賊打線」の中心的存在として、首位快走の原動力になっている。オリックスは吉田正ら若手の台頭があり、外国人野手が打線の軸を担う。浅村が加われば、チームの総合力が増すことは確実だ。常勝軍団を形成する上で、これ以上ない人材といえる。

    浅村はオリックスの本拠地である大阪出身。大阪桐蔭では3年夏に甲子園制覇を果たした。27歳と年齢は若い。17年シーズンからは西武のキャプテンを務めるなど、野球に対する姿勢も評価が高い。一昨年、昨年と2年連続で143試合に出場。平成生まれでは初の通算1000安打を記録している。今後は動向を注視し、慎重に調査を進めていく。


    【【プロ野球】オリックス、国内FA取得の西武・浅村栄斗を調査へ】の続きを読む

    このページのトップヘ