常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:サッカー



    1 3倍理論 ★ :2018/07/20(金) 19:59:18.60 ID:CAP_USER9.net

     今年も夏の甲子園出場を目指して熱い戦いが始っています。しかし、高校球児の数は年々減少していて、部員不足のために予選の出場が危ぶまれるチームが増えてきています。そこで生まれたのが「連合チーム」。ある公立高校の部員たちを追いました。

     府立北淀高校野球部。部員は3人。夏の大阪大会を控え、練習に励んでいます。ただ1人の3年生・石井輝くん(17)。1年生2人を引っ張るキャプテンです。守備練習のときは先生たちが加わってくれて、なんとかやりくりしています。

     「ほかの高校と比べて人数が少ないので、やりたい練習ができない、というのはあります」(石井輝くん)

     かつては夏の大阪府予選でベスト16に入ったこともある北淀高校。しかし、年々部員が減っていってしまいました。

     高校球児は全国的に減少していて、なかでも大阪府は今年、全国で最も多い474人も減っています。今では、全国の高校サッカー部員の数が野球部員を上回っています。

     北淀高校は3年前から府立茨田高校の野球部と連合チームを組んで毎週末、北淀高校で合同練習をしています。連合チームのキャプテンは茨田高校3年の前澤佑斗くん(17)。今年が最後の夏です。連合チームでようやく連携プレーができます。いよいよ大会が翌日に迫り、サードを守る石井君は苦手な守備練習に打ち込みました。

     「(連合チームは)ほかの学校より圧倒的にコミュニケーションは少ない状況なので、土日祝のあいだにどれだけコミュニケーションを取れるかは意識してます」(茨田高校 前澤佑斗くん)
     「人数少ないなかでも、これだけやったぞというアピールをしたい」(北淀高校 石井輝くん)

     実は茨田高校の部員数は4人なので、あわせてもまだ足りません。そこで試合当日は、ダンス部などから3人の助っ人に来てもらって、ようやく10人のチームになりました。

     いよいよ夏の大会、初戦。相手は同じ公立高校ですが近年、私立にも勝利している島本高校です。先頭打者はキャプテン前澤くん(茨田高校)。空振り三振。その裏、次々ヒットを打たれ一挙に4点を取られました。その後もエラーなどで毎回失点。5回表を終えて9対0と大差がついてしまいました。

     5回ウラの守備は1アウト2塁。あと1点取られるとコールド負けが決まります。すると強い打球がサードを襲います。石井くん、横っ飛び。見事なファインプレーです。次の打者の当たりはまたもやサードへ。石井くんのグラブは届かず、打球は外野へと抜けていきました。結果は…10対0。連合チームの夏が終わりました。

     「人数少なくて、試合出られるのかなと思ったんですけど、助っ人が僕たちを助けてくれて試合に出れたと思います」(北淀高校 石井輝くん)

     学校は違えど、ひとつのチームの仲間たち。最後は、笑顔でした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00023597-mbsnews-l27


    【甲子園を目指す「連合チーム」が増加中 サッカー人気が原因か】の続きを読む



    1 動物園φ ★ :2018/07/17(火) 21:01:57.31 ID:CAP_USER9.net

     元メジャーリーガーの松井秀喜さんが17日、千葉県浦安市内で開かれた住友生命の新型保険「Vitality」の発表会に登場。親子でスポーツをする重要性を説いた松井さんに「子供とスポーツはしますか?」と質問があった。松井さんは「たまにはしますけれども。残念ながら(今は)野球に興味がないみたいで、どちらかと言えば、サッカーボールを蹴っています。(サッカーに取られそうで)危ないなあ。何とかキャッチボールはしたい」とぼやくも、子供の将来について「僕の子なので、サッカーセンスはないと思います」と即答し、笑いを誘っていた。

     この日の発表会には、俳優の瑛太さん、フィギュアスケーターの浅田真央さんと姉の舞さん、元新体操日本代表でスポーツキャスターの畠山愛理さん、元サッカー日本代表の福西崇史さんも登場した。

     Vitalityは、保険と健康増進プログラムを連動させて、プログラムの成果で保険料が変化する新型保険。南アフリカの金融サービス会社ディスカバリーが開発し、日本では住友生命、ソフトバンク、ディスカバリーの3社が協力して展開する。


    (出典 Youtube)


    【松井秀喜の子供の夢はサッカー選手?】の続きを読む



    1 神々廻 ★ :2018/07/03(火) 21:37:49.64 ID:CAP_USER9.net

    右肘内側側副靭帯損傷で故障者リスト(DL)入りしているエンゼルスの大谷翔平投手。ベーブ・ルース以来100年ぶりの二刀流に挑む23歳は、まずは打者として戦列復帰間近と伝えられる。
    その大谷が、珍しくサッカーについてインタビューを受けている動画が、このたび公開された。サッカーW杯ロシア大会16強ベルギー戦で2-3で惜しくも敗退した日本代表のMF香川真司(ドルトムント)について語っているほか、自身がサッカーをしていたならプレーを希望する意外なポジションについても明かしている。

    「ショウヘイ・オオタニがシンジ・カガワ、FIFAワールドカップ、日本代表について語る」と動画で特集したのは、世界的なトレーディングカード大手「パニーニ」社の公式YouTubeチャンネルだった。説明では「今年序盤」に収録されたものとされているが、ワールドカップ開催中のこの時期に公開された。

     サッカーのトレーディングカード業界では欧州を中心に絶大なシェアを誇る同社も、野球界の二刀流スターに注目。今春に行われた取材で、野球少年だった大谷はインタビュアーから4年に一度行われるサッカーの祭典について質問されると、
    「僕はサッカーをやったことはないんでよくわからないんですけれど、テレビでは見たりしていた。すごいなと思っていました」と笑顔を浮かべた。

     そして、質問は日本代表の背番号10として、今大会1得点2アシストの活躍を見せた香川について及んだ。

    「あなたはシンジ・カガワのことを認めていると聞いていますが、アスリートとして最も称賛すべきところはどこでしょう?」

     こう質問された大谷は、「その競技で日本ならトップクラスの選手。どの競技でも、もちろんすごいことです。海外でやるということも、すごいことだと思います」と真面目な表情で語った。

    さらに「シンジが野球をやっていたら、どのポジションだったと思いますか?」と質問されると、「やっぱり内野手じゃないですか? 何かイメージ的には」と、大谷は満面の笑みで即答。
    ドルトムントでは華麗なテクニックから「小さな魔術師」の愛称でサポーターからの人気を誇る香川だけに、軽快な動きが求められる内野手のイメージにピッタリだろう。

    「日本がW杯で優勝するには何が必要か?」という質問には、「わからないです。僕、サッカーわからないんです」と照れ笑い。そして「サッカーするならどのポジション?」という質問には「ゴールキーパー」と答えている。
    193センチの身長ながら抜群のスピードを武器とする大谷は、ベーブ・ルース以来100年ぶりとなる投打の二刀流という偉業に挑戦しているが、メジャーリーガーも感服するその身体能力なら、サッカー界屈指の守護神になれたかもしれない。

    https://full-count.jp/2018/07/03/post146391/


    【大谷翔平が日本の10番について語る サッカーにも興味がある】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2018/07/04(水) 06:29:11.34 ID:CAP_USER9.net

    7/4(水) 6:25配信
     W杯、決勝トーナメント1回戦でベルギーに逆転負けした侍ジャパン、サッカー日本代表にプロ野球界からもメッセージが寄せられた。 

     ヤンキース・田中 両太もも裏の張りで故障者リスト入りしているが、4日(日本時間5日)に傘下3Aスクラントンで登板する。順調なら9日からの敵地オリオールズ4連戦で復帰する見通し。2日はヤンキー・スタジアムで31球の投球練習を行い「感触はとてもいい」と話した。この日は自らの練習とサッカー日本代表の試合が重なった。記者に囲まれている最中に日本が勝ち越されると、ロッカーにサムライブルーのユニホームを掲げていただけに「悔しい。2―0からですから」と肩を落とした。(ニューヨーク)

     DeNA・今永「プロとして日の丸を背負って戦うというのは大変なこと。その中で選手のみなさんは、できることを冷静にやっていた。その姿を見て、自分の野球にも当てはめなければと思いました」

     中日・荒木「ベテランばかりと言われていたけど、経験がある人が多いわけだし。若いうちから相当やっていたから今がある。前評判がよくない中で、みんなよく頑張ったと思う」

     ヤクルト・山田哲

    「大変なことだと思う。競技は違いますけど、僕も1試合1試合、絶対勝つという気持ちで戦わないといけない。見てモチベーションが上がりました」

     西武・秋山「リードして守る方もプレッシャーだったろうし、2点を追いかけるベルギーも相当なプレッシャーだったと思う。どんなメンタルでやっているのか気になった」

     西武・辻監督「2点取ったけど、最後がね…。途中からあんな選手(途中出場で得点を決めた*イニ)が出てくるんだもんね。代打ですごいバッターがきた感じだよね」

     日本ハム・栗山監督「命がけの戦いで学べたことがすごくあった。その意味ですごく感謝しています」

     ロッテ・井口監督「日本のチーム力が見えました。野球もですけど、団結力があった」

     ロッテ・福浦「2―0で勝っているところまで見てた。勝ったと思って寝ちゃって朝起きたら負けてて、ええ!ってなって。勝てればよかったけど、すごかった。十分でしょう」

     オリックス・西野「批判されても結果を残されたのは、監督の決断とか覚悟があったんじゃないでしょうか。僕も小学3年生までサッカーをやっていました。西野ジャパン、いい響きですよね(笑い)」

     ソフトバンク・内川「最後だけでも見ようと思って起きた。(WBCに)国の代表として出場させてもらってるので大変さも分かる。勝ってブラジルと試合をやるのを見たかった」

     ソフトバンク・柳田「(日本が)2点目を取るところまでは見ていた。勝っただろうと思って寝たら逆転されていた。負けたのは残念ですが、楽しませてもらった」

     ソフトバンク・工藤監督「今日、試合があるので見られなかったけど、途中まで2―0で勝っていたと聞いて残念。サッカーもすごく盛り上がっている。野球も負けないように盛り上げられるように頑張りたい」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000024-sph-socc


    【プロ野球界から称賛の声 サッカー界に向けた労いのメッセージ】の続きを読む



    1 3倍理論 ★ :2018/07/03(火) 11:48:15.57 ID:CAP_USER9.net

    子どもが小学校を卒業した時点で、将来就きたいと考えている職業は? クラレの調査によると、男子では「スポーツ選手」(22.0%)、女子では「医師」(8.0%)がそれぞれトップだった。男子が好きな競技はサッカーが野球を大きく上回り、「日本代表やJリーガーを夢見る男の子が年々増えている」とみる。女子では「医師だけでなく、看護師など医療関係職の人気が総じて高い」という。

    【子どもが将来就きたい仕事 トップ10】

     男子の2位は「エンジニア」(5.8%)。前回調査(2017年)の6位から順位を上げた。「AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)が身近になり、20年には小学校でのプログラミング教育必修化が控えている。人型・ペット型ロボットに触れる機会も増えている」とクラレは人気の要因を分析する。

     男子の3位以下は「教員」(5.0%)、「ゲームクリエイター」(4.7%)、「研究者」(4.6%)、「医師」「会社員」(ともに4.3%)、「公務員」(3.8%)、「警察官」「建築家」(ともに3.4%)――と続いた。

     女子の2位は「看護師」(7.3%)。3位は「教員」「保育士」「パティシエ・パン屋」(ともに6.1%)が入った。クラレは「かつてトップだった『教員』『保育士』は変わらず人気だが、医療職に1位、2位をゆずった。少子高齢化を敏感に感じ取っているのだろうか」とみている。

     女子の6位以下は「デザイナー」(4.0%)、「獣医師」(3.6%)、「漫画家・イラストレーター」「医療関係」(ともに3.2%)、「スポーツ選手」「動物園・遊園地」(ともに3.1%)――と続いた。

    ●親が「子どもに就いてほしい職業」は?

     では、親が「子どもに就いてほしい」と望む職業は? 調査によると、男子の親では2年連続で「公務員」(18.6%)が1位。2位は子どもと同じく「エンジニア」(9.7%)、3位は「会社員」(8.8%)だった。

     女子の親では「看護師」(15.1%)がトップ。2位は「公務員」(10.1%)、3位は「医師」(7.8%)だった、4位に「医療関係」(7.2%)、5位に「薬剤師」(5.7%)が入っており、上位を医療職が占めていた。

     クラレは「女の子の親は、専門知識や特殊なスキルを持った職業に就いてほしいとの思いがあるようだ」と結論付けている。

     調査は18年3月に小学校を卒業した子どもとその親を対象に実施。使用済みランドセルをアフガニスタンに寄付する活動に協力した親子にアンケートを行った。男子とその親から678件ずつ、女子とその親から754件ずつ有効回答を得た。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000087-zdn_mkt-bus_all


    【サッカーが野球を上回る 将来の夢を小学生に聞いてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ