(出典 i.daily.jp)



1 ひかり ★ :2018/09/21(金) 12:35:19.47 ID:CAP_USER9.net

 「広島4-5阪神」(20日、マツダスタジアム)

 広島のクリス・ジョンソン投手が、この日の試合に疑問を投げかけた。

 試合前から降り続いた雨の影響で試合開始は1時間9分遅れの午後7時9分に。その後も断続的に雨が降り続き、広島の二回の攻撃が終わった直後には
1時間2分の中断。さらに五回終了後にはグラウンド整備に12分を要した。試合終了は、日付が変わった21日の午前0時3分だった。

 対戦相手の阪神が過密スケジュールで、予備日がほぼないことが考慮され、試合は決行された。助っ人左腕は2回3安打1失点で交代した。

 試合後は語気を強め「プレーボールをかけるべき試合ではなかった。誰の決断かはわからないけど、レーダーを見て試合が始まっても雨が降り続くようなら。
選手はケガをする可能性が大きくなる。もう少しスマートに決断をしてもらいたかったのが正直な気持ち。ダブルヘッダーが日本でできるのであれば、
こういう試合はプレーボールをかけなくてもいい」と話した。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000148-dal-base

怪我へのリスクが上がる
【広島ジョンソンがNPBに怒り爆発? 日程が詰まっているからって…】の続きを読む