常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:タイガース



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/08/14(火) 12:28:25.41 ID:CAP_USER9.net

    阪神 全日程未消化のまま順位決定も…あと4試合以上雨天中止なら
    8/14(火) 6:02配信 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/08/14/0011540563.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000013-dal-base

    阪神がペナントレースの全143試合を消化せず、今季の順位が最終決定される可能性があることが13日、分かった。
    CS開幕予定日の2日前となる10月11日終了時で順位が確定する旨がセ・リーグのアグリーメントに記載されており、今後、4試合以上の中止が出れば07年のCS導入後、初めて全日程未消化のまま開催権などが確定する見通しだ。

    球界関係者は「(阪神の中止の予備日は)現実的にあと3試合しかありません」と明かした。球団側はすでにNPBに対して観客入れ替え時の安全面などを考慮し、甲子園でのダブルヘッダー開催は不可能と通達している。

    10月の日程を見ると、リミットの11日まで予備日として確保できるのは5日間。8日以降にヤクルト戦が1試合組み込まれる予定で、10連戦明けとなる6日は選手の体調面を考慮して空白日としたい意向だ。

    仮に4試合以上の中止が出た場合は、11日でいったん区切って順位を確定。その後、個人タイトルや記録の公平性を保つために、CSや日本シリーズの日程とかぶらないところで中止分を消化することになる見通しだ。

    今季、すでに16試合を中止にしている阪神。今後、台風襲来なども予想されることから、予断を許さない状況となっている。


    今季は16試合を中止にしている阪神

    (出典 i.daily.jp)

    屋外球場の試練
    【阪神に襲い掛かる緊張 消化試合で若手育成?】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/08/09(木) 17:38:27.37 ID:CAP_USER9.net

    ベテラン頼みの状況は変わりそうにない。阪神は福留が休養のためスタメンを外れ、大山、中谷と期待の若手が先発出場した。しかし、2回一死一、三塁の場面で中谷は空振り三振。6回一死満塁の好機では大山が犠飛すら打てず二飛に倒れるなど精彩を欠いた。

     金本監督は「チャンスであと一本というところで1点でも入っていれば展開はまったく違った。犠牲フライ、ゲッツー崩れで1点というケースが2回あったから…」とガックリ。1安打したものの好機で結果を出せなかった大山は「頑張ります…」とだけ言い残して球場を後にした。

     零敗の危機に一矢報いたのは、9回一死一塁から代打で登場し中越えの適時三塁打を放った福留だった。困った状況を打破してくれるのは糸井も含めたベテラン勢で、糸原、北條ら一部を除いて若手は伸び悩んでいる。
    そんな惨状には、ライバルである他球団のスコアラーも「ロサリオが復調してきているだけにあとは若手がどれだけ打てるかだけど、現状では怖さは感じない。チャンスはたくさんもらっているのに、なかなか進境が見えないからね。キャンプではかなりやりそうに見えたけど…。我慢強く起用している金本監督も本当に大変だと思うよ」と同情するほどだ。

     昨季活躍した大山、中谷が今季は揃って低空飛行。一昨年の新人王・高山も二軍暮らしが続く。成長が見えない若手には指揮官も「真面目に練習しているのにうまくいかない…」と頭を抱えるばかりだ。

     この日、テレビのゲスト解説を務めた巨人OBの松井秀喜氏は4番候補の大山に「自分の意識を変えていかないと変わっていけない」とゲキを飛ばしていた。インターネット上では何かと金本監督への風当たりが強くなっているが、指揮官の指導力ばかりが若手の伸び悩みの原因ではなさそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000044-tospoweb-base


    若手伸び悩み
    【阪神タイガースの将来に不安 糸井、福留が出ているようでは…】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/08/04(土) 06:05:36.90 ID:CAP_USER9.net

    阪神・福留は来季も現役!球団幹部、来季主将も「福留しかいない」
    2018.8.4 05:04 サンケイスポーツ
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20180804/tig18080405040008-n1.html

    阪神が、福留孝介外野手(41)と来季の契約を更新する方針を固めたことが3日、明らかになった。
    虎野手では44歳で引退した金本知憲(現監督)、桧山進次郎に続く、42歳での現役。
    球団内ではプレー、リーダーシップだけではなく、どんな試合展開でも絶対にあきらめない姿勢を高く評価しており、常勝軍団再建へ、力を注いでもらう。

    そのポジションに穴が空くことは考えられない。42歳になろうが、まだまだ福留には前線で活躍してほしい、発展途上のチームを助けてほしい。だからこそ即決だ。

    球団幹部は、福留との契約更新について、「もちろん。誰が考えても、そうでしょう。福留選手には来季も頑張ってもらいたいと思っています」と力を込めた。

    「どういう試合であっても、最後まで絶対にあきらめない、というのを見せてくれています」

    実績、結果、主将としてのキャプテンシーだけでなく、野球選手としての姿勢も、高く評価していると続けた。

    勝負ごとは、あきらめた者が負けだ。福留の師である故・星野仙一元監督は「NEVER NEVER NEVER SURRENDER」を掲げ、2003年に18年ぶりのリーグ優勝を達成。金本政権3年目で最も苦しむ今だからこそ、この姿勢が必要になる。
    福留にとって「チームが勝って、優勝する。それしかない」と個人目標を封印して臨んでいる41歳シーズン。借金8、最下位と低迷する中、悔しさを前面に出して、チームを鼓舞し続けている。

    ここまで79試合に出場し、打率・275、8本塁打、44打点。3月30日の開幕巨人戦(東京ドーム)で菅野から先制ソロを放つなど、持ち前の鋭い勝負勘と力強い打撃は健在で、高い守備力も衰え知らず。
    どれだけビハインドの展開でも途中交代することなく、汗だくで白球を追いかける姿も目立つ。
    昨年5月に取得した2度目の海外FA権を保持する中、球団は単年契約を基本線に話をしていく見通しだ。

    球団野手では44歳で引退した金本監督(12年)、桧山(13年)に続く42歳でのプレー。福留にとってプロ入り以来の大目標達成が現実味を帯びてくる。
    日本通算2000安打まで、あと「233」。すでに日米通算2000安打は2016年6月に達成し、名球会入りを果たしているが
    「(プロに)入ったときはメジャーなんて考えてもなかった。日本だけで2000本という数字は打てたらすごくいいことなんだろうな」と話す。
    和田一浩(42歳11カ月)の最年長記録を更新する達成もありそうだ。

    また先の幹部は、あくまでも個人的な見解とした上で来季の主将も「福留選手しかいない」と力説。
    42歳での主将となれば12年のソフトバンク・小久保裕紀を抜き、球界史上最年長となる。

    福留はこの日、京セラドームで全体練習に参加。フリー打撃や守備練習などで汗を流し、4日のヤクルト戦(京セラ)に備えた。
    まずは連敗を2で止める。そして8月反攻へ-。絶対にあきらめない。不屈の精神を、福留が虎に注入する。


    やっぱり人間力かな
    【阪神の来季主将が早くも決定 球団幹部が絶大な信頼を寄せるのは】の続きを読む



    1 しじみ ★ :2018/08/03(金) 16:46:21.91 ID:CAP_USER9.net

    最下位にあえぐ阪神・金本知憲監督(50)に、チーム内から今季初の「鉄人熱血指導」を望む声が強まっている。

     試合のなかった2日、指揮官はこれまでチームを引っ張ってきた投手陣が不調に陥っていることを踏まえて「先発も誰か上がってくれればな。調子のいいヤツを優先したい。(ドラフト1位で二軍調整中の)馬場とかが候補になる」と話した。新人を頼みの綱にしなければならない危機的状況でもあるが、それ以上に対策が急務なのはリーグワーストの338得点でチーム打率2割4分5厘と深刻な状態から抜け出せない攻撃陣だ。

     金本監督は「負の流れがあるとか、そこは我々(首脳陣)が何とかしないといけない」と日々責任を感じている。そんな中、あるフロント幹部は「今年は金本監督がグラウンドで直接指導をする姿を見たことがない。過去2年は大山、中谷ら若手に身ぶり手ぶり時間をかけながらやっていた。勝ててないから言うワケじゃないけど、監督が直に教えればまた変わるかもしれない」と鉄人指導の“解禁”を期待している。

     確かに就任3年目の今季、金本監督は内野手へのノッカー役こそ引き受けたりしているが、直接の打撃指導は行っていない。「今年はコーチに任せようと思っている。俺から、というのはない」が理由だ。だが、現役時代の実績は2539安打に476本塁打とハンパない。片岡ヘッド兼打撃コーチが何かと批判を浴びまくっている現状も思えば、ここで助け船を出すのは当然。むしろ遅すぎたかもしれない。

     しかも推定年俸3億4000万円で獲得したロサリオも打率2割4分、7本塁打(2日現在)の体たらく。このままなら今季限りで…という最悪事態もあり得るだけになおさらだ。球団も「ロサリオを監督の手で早く復活させてほしい」となっている。チームの切実なお願いは鉄人に届くか。時間はあまり残っていない…。


    (出典 public0.potaufeu.asahi.com)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000033-tospoweb-base


    厳しさも必要だ
    【ついに金本監督が動く 阪神に鉄拳制裁を断行】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



    1 ひかり ★ :2018/08/01(水) 21:45:19.38 ID:CAP_USER9.net

     「中日8-5阪神」(31日、ナゴヤドーム)

     阪神が中日相手に連敗を喫し、6月25日以来の最下位に転落。8月以降の単独最下位は16年9月18日以来、2年ぶりの屈辱となった。

     試合は二回、北條が押し出し四球を選んで先制した。だが、直後に先発の才木が2四球を与えた後、高橋に3ランを浴びて逆転を許した。

     それでも三回には無死一、二塁から、陽川の左越え二塁打で1点を返し、なおも無死二、三塁を作った。だが、この絶好機でロサリオが二飛に倒れると、
    梅野の四球後、才木、糸原が連続で見逃し三振に。同点、逆転のチャンスをつぶした。

     四回、才木が高橋に2打席連続の本塁打を浴びた。才木は5回3安打4失点で4敗目。初先発した5月20日にも松坂と投げ合い、この時は
    5回5失点で初黒星。リベンジを誓ったマウンドで、無情にも返り討ちに遭った。

     六回には2番手の望月が無死満塁を招くと、代わった岩崎が藤井に中犠飛、高橋に左中間を破る適時二塁打を浴びるなど、この回4失点。
    右足腓骨骨折が完治しておらず、糸井が2戦連続でスタメンを外れた。八回に代打・伊藤隼の3ランで3点差に迫ったが、主砲を欠くチームの反撃は
    ここまでだった。

     中日は五回の先頭で、続く六回のマウンドには上がらず、降板した松坂を打席に立たせる“余裕”を見せた中での勝利。一方の阪神はバッテリー間の暴投や
    パスボールに加え、四回1死、一塁走者のナバーロが、福留の左飛で三塁まで全力疾走。アウトカウントを間違えたような走塁ミスや、七回には二塁・
    糸原がボテボテのゴロを捕球し損ねるなど、集中力を欠いたかのようなミスが目立った。

     屈辱の展開でチームは連敗し、借金は今季ワーストの8。厳しい状況となった。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000152-dal-base


    結果がすべて
    【ついに金本監督解任話が水面下で進行中】の続きを読む

    このページのトップヘ