常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:タイブレーク



    1 しじみ ★ :2018/08/20(月) 17:59:22.10 ID:CAP_USER9.net

     タイブレーク制の導入により、延長戦のドラマは新時代を迎えた。100回大会では「佐久長聖-旭川大高」「星稜-済美」の2試合で実施され、特に済美戦は逆転サヨナラ満塁本塁打で決着がついたため、大きな反響を呼んだ。延長13回から無死一、二塁でスタートする新ルールは、今年のセンバツから採用。全国大会では今夏に初めて行われたが、日本高野連には「新しい魅力が生まれた」「無死一、二塁でやらせるのは、投手に酷だ」という賛否の意見が寄せられたという。是非の議論は回数を重ねるごとに薄れていくだろう。これからはタイブレークの戦術に注目が集まっていくと思われる。

     今夏の地方大会では、約3700試合のうち、35試合がタイブレークで決着がついた。1%に満たない確率だ。勝敗の内訳は先攻13勝、後攻22勝。特に先攻が1点だけで逃げ切った試合が2例しかない。データを見れば、「後攻有利説」が浮かび上がる。

     済美は13回表に2点を失った。中矢太監督(44)はその時の心境を語る。「2点で済んだか、と思った。2点以内なら、あの作戦だと思った」。裏の攻撃は9番政吉から。セーフティーバントが得意。送りバントでも最悪、同点を狙える。内野安打で無死満塁という最高の結果に。そこから満塁本塁打が飛び出した。3点差以上なら、強攻策が頭にあった。タイブレーク導入が決定した際には、「後攻は後手になる。先攻が有利じゃないか」という意見が監督間では多かったという。しかし実際には2点差なら、後攻の心理的重圧は想像よりも軽いようだ。

     「もう先攻は取りたくないですよ」。そう苦笑するのは、島田商の池田新之介監督(41)だ。静岡大会準々決勝で静岡市立と対戦。先攻だった。タイブレークの13回表に9番打者のスクイズで1点を取ったが、追いつかれ、14回に5点。裏にまたも追い上げられたが、1点差で逃げ切った。「(13回の)1点では苦しいなと思った。後攻は相手の得点を見て、作戦を取れる。打順にもよるが、先攻はとにかく突っ走って、点を取るしかない」。実は練習試合と公式戦で2度、タイブレークを経験していた。いずれも先攻で敗れた。3度目の先攻では勝ったが、「間違いなく、後攻が有利と感じた」と語る。

     「後攻有利説」について、日本高野連の竹中雅彦事務局長に聞いた。過去の資料を分析済みで「(有利不利は)ほとんど変わらない。データはそのうち、落ち着くと思う」と話した。佐久長聖は14回表の1点を守りきった。今後は5割の確率へと近づいていくのだろうか。タイブレーク開始時の無死一、二塁という設定には、「バントしない学校もある。機動力を生*チームもあるだろう。高校野球にはいろんな特色のチームがある。その特性を生*ため」(同事務局長)という考えがある。導入のきっかけは、選手の体調を考慮してのもの。日本高野連は現行方式のタイブレークを継続する方針だ。人為的に作られた状況で、今後、どんなドラマが生まれるのか。100回大会の夏が、歴史の始まりだ。


    (出典 www.nikkansports.com)


    https://www.nikkansports.com/baseball/column/kunikarakoko/news/201808200000346.html

    先行のセオリーはまず送りバント
    【タイブレーク制導入で高校球児の本音が明らかに】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/13(月) 13:51:55.20 ID:CAP_USER9.net

    第100回全国高校野球選手権記念大会(兵庫県西宮市・阪神甲子園球場)で12日、済美(愛媛)と星稜(石川)が延長13回の激闘を演じた。
    史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打で幕を閉じたこの試合。済美はエース・山口直哉(3年)がたった一人で投げぬいた。

    高校生は体力・技術が未熟。エースに頼り切るべきではない

    決して「熱投」ではない。

    第8日目の第3試合、済美のエース・山口直哉投手は延長13回を一人で投げ切った。球数は184球に達していた。

    高校野球の報道では、こうしたピッチングをたびたび「熱投」「力投」とたたえる。
    だが、プロ野球のローテーションピッチャーでも100球を目安(多くても150まで)に交代するというのに、体力や技術が未熟な高校生がこれほどの投球をしていいのだろうか。

    「延長戦に入って球速が持ち直して、球のキレも出てきていた。もちろん、他の投手を準備させていましたし、(山口本人には)何かあったらすぐに言って来いよと、
    『行けるか?大丈夫か?』と話していました。
    山口が県大会からずっと一人で投げてきたので、ここで交代させると『監督は勝負を諦めたのか』という影響も考えられましたので、その中で本人が気力で投げてくれたと思います」

    済美の中矢太監督は試合後にそう話している。

    愛媛大会から山口直哉が一人で投げてきた。だから、交代させられない。
    指揮官の言葉から事情を察することができるが、投手の起用法やマネジメント能力を問わざるを得ない。
     
    延長戦に入ってブルペンで準備を始めた三塁手兼任の池内優一によると、
    「県大会1、2回戦で僕が投げるかもしれなかったのですが、試合がコールドにならなくて、投げる機会がなかった」そうだ。

    つまり、中矢監督は地方大会からエース一人に頼り切るという起用法をとってきた。
    そのため、常識を超える球数に達しても投手を交代させるという選択肢を持たなかったのではないか。

    池内は山口を慮る。

    「山口は死球を受けていましたし、アップアップなところもあった。だから、出番があるかもしれないと、いつでもいけるように準備していた。
    ただ、山口は延長に入って疲れを見せなかったです。本当は疲れていたのかもしれませんが、副キャプテンとしての気持ちもあって、頑張ってくれていた」

    高校野球は部活動だ。池内の言葉にあるように、エースであり副キャプテンでもある山口は過剰に頑張ってしまう立場に置かれている。
    しかも、舞台は高校球児の憧れ「甲子園」なのだ。

    そういう状況に山口が置かれていて、「今まであいつで勝ってきた」とチームの命運を背負わされるのはあまりにも酷である。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00010001-baseballc-base
    8/13(月) 7:30配信

    前スレ                    2018/08/13(月) 07:34
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534113268/

    高校野球は継投の概念が足りない
    【タイブレーク制度導入でも減らない球数 どもこれが高校野球なのか】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/08/06(月) 19:18:19.78 ID:CAP_USER9.net

    <全国高校野球選手権:佐久長聖5-4旭川大高>◇6日◇1回戦

     佐久長聖が史上初タイブレークの熱戦を制し、節目となる長野県勢の夏通算60勝を挙げ、初戦を突破した。

     初回に相手失策と4番・西藤慶人内野手(3年)の適時打で2点を先制した。その後逆転を許し、1点を追う8回2死一、二塁、西藤が放った飛球を左翼手が落球する間に2者が生還し逆転に成功。土壇場9回に追いつかれ延長戦に入り、史上初のタイブレークに突入し迎えた14回無死一、二塁、先頭の1番真銅の三塁線へのバントが内野安打となり無死満塁とし、2番上田の内野ゴロの間に1点を奪った。

     旭川大高は93年に福井商との1回戦を5-1で勝利して以降、5度の出場でいずれも初戦敗退。直前の試合で北照(南北海道)も敗れ、北海道勢の夏は短いものとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00291619-nksports-base


    ピッチャーがかわいそうだよな
    【タイブレーク制度に賛否両論 「高校野球がつまらなくなった?」】の続きを読む

    このページのトップヘ