常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:ダルビッシュ



    1 pathos ★ :2018/10/21(日) 18:48:19.98 ID:CAP_USER9.net

    10/21(日) 18:15配信 産経新聞

     25日に開催されるプロ野球のドラフト会議で、今夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した秋田・金足農高の吉田輝星投手(17)の行方が注目されている。魅力は150キロ超の直球。甲子園でも多くの空振りを奪ってきたが、吉田の直球はプロ野球の投手よりも打者の手元でホップ(浮き上がる)するように見えることが、スポーツ科学による球質の分析で証明された。

     球質を分析したのは、ボールの回転について研究している国学院大の神事努准教授。秋田県の高校野球強化プロジェクトの一環で、吉田が高校2年時の昨年11月、直球の変化量を計測した。球速、リリースポイント、投げ出しの角度が同一で無回転、空気抵抗のないとき、重力通りに球が落下した地点を原点とし、縦のプラス変化を「ホップ成分」、横のプラス変化を「シュート成分」とした。

     神事准教授の分析によると、吉田の直球の縦の変化は53センチ。高校生平均32センチに比べてボール3個分上に到達していた。プロ野球平均の44センチ、米大リーグで活躍する日本人投手と比べても高い数値であることが分かる。また、吉田の横の変化は10センチで、高校生平均18センチよりも小さい。神事准教授は「腕を縦に振って投げているので、きれいなバックスピンがかかり、回転数も多くなっている」と分析する。

     回転数が多いほど揚力が生じ、球は重力で沈みづらくなる。打者が球を目で追えるのは約3メートル手前まで。その後は、経験則に基づいて球の軌道を予測し、バットを振る。予測以上に球が落ちなければバットは球の下を通過し、空振りが取れる。打者は球がホップする感覚を覚える。

     これが「球の伸び」の正体。8月17日の3回戦で吉田と対戦した横浜高の3番・斉藤大輝主将は「低めの球の伸びが予想を超えていた」と証言。同8日の1回戦で14奪三振を喫した鹿児島実高の宮下正一監督も「高めの直球に手を出すな、と言っても振ってしまう」と振り返った。

     ヤクルトなど複数の球団が吉田を1位候補として評価している。神事准教授は「(吉田は)まだまだ成長すると思う。ゴロで打ち取れる球種を覚えれば、プロ野球でも活躍できる」とみている
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000545-san-base

    【野球】松坂を育てた元横浜高校の小倉さん「金足農・吉田輝星は松坂より上 」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539590853/

    【野球】西武だけ調査書未提出も吉田輝星一本釣り画策か あの松坂を取ったときも調査書を出さなかった
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539964658/


    (出典 www.asahicom.jp)

    期待が高まるな
    【金足農・吉田の球はあの剛腕よりも優れている?】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/10(水) 13:24:20.17 ID:CAP_USER9.net

    【イリノイ州シカゴ発=】
    移籍1年目を故障に苦しんで終えたカ*のダルビッシュ有投手(32)に対して
    地元紙シカゴ・トリビュートは9日(日本時間10日)、「2018年を代表するパーフェクト・ストーム(最悪の事態)」として来季の復活を期待した。

    同紙は守備位置ごとにシーズンを振り返る連載を9日からスタートした。
    第1回として「オフへ向けての先発投手に関する5つの問題」と題した記事を掲載。
    3番目に「ダルビッシュ有は何をするべきか?」を挙げた。

    ダルビッシュは6年総額1億2600万ドル(約142億4000万円)の大型契約で今季からカ*に加入。
    1年目は故障の影響で8試合の先発登板にとどまり、1勝3敗、防御率4・95の不本意な成績に終わった。
    同紙は右腕の18年を振り返り、「キャンプから最後の試合まで何事にも急ぎすぎていた感がある」と考察した。

    シーズン序盤の不振については「首脳陣やコーチ陣は彼に4月末まで猶予期間を与えたが、その間にダルビッシュとチームは右ヒジに負担をかけないために、
    何をどう投げるかといった話し合いをもたなかったようだ」とコミュニケーション不足を指摘。
    その上で「(来年のキャンプまでの)今後4か月で右ヒジは癒やされるだろう。
    そしてこの間に首脳陣はカ*の将来にとって、彼がいかに大切かを再認識してもらう必要がある」と提言した。
    背番号11の復活をナインもファンも待っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000017-tospoweb-base
    10/10(水) 11:52配信

    負けないでほしい
    【ダルビッシュと球団の不仲説が浮上? 日本球界復帰も視野に?】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/10/11(木) 08:02:34.31 ID:CAP_USER9.net

    「リリースの瞬間、ピシッと音がするんですよ。一級品。そんなの、(ダルビッシュ)有以来だね」

     久々に会った埼玉栄高の若生正廣監督は、米倉貫太にべたボレだ。なにしろ、同監督のもと、東北高でメジャーの礎を築いたダルビッシュ級だというのだ。

     2014年度まで務めていた九州国際大付の監督時代、当時福岡・浮羽ボーイズに在籍し、県選抜メンバーに名を連ねていた米倉に出会った。同じ時期に、佐賀・東松ボーイズから大阪桐蔭高に進んだ柿木蓮も見たが、若生監督がより魅力を感じたのは米倉だった。

    「基本がすべてできている。なにより、立ち姿がよかったですね」

    リリースの瞬間、音がピシッと……

     ただ若生監督は15年度から、古巣の埼玉栄に復帰し、福岡とは大きな距離を隔てることになる。それでも米倉は、果樹園を営む両親を説得し、若生監督を慕って故郷を飛び出した。すると、1年夏から背番号11でベンチ入り。 飯能高との初戦で先発を務め、4回途中まで1安打5三振無失点と、上々のデビューを果たしている。

     米倉は、「出てきたばかりでなにもわからず、投げるだけで精一杯でした」と話すが、その間「投手としての基本も一から十まで教えました。いい投手はけん制、フィールディング、バント処理……となんでもうまいものですが、米倉にもその能力はありますね」(若生監督)

     並行して、股関節のストレッチを毎日徹底した。高校時代のダルビッシュがそうだったように、股関節での体重移動を重視する若生監督の方針。おかげでいま、柔軟になった米倉の下半身は、相撲取りの股割りのように楽に180度開く。さらに、ピンポン玉大の鉄の球2個を与え、時間があればそれを指先で遊ばせるように指示。変化球に必要な、指先の繊細な感覚をつかむもので、これもやはりダルビッシュ育成法のひとつだった。

    「いいピッチャーというのは、リリースがちょっと早いと察知したら本能的、瞬間的に指の力を抜いたりして、高低を調節するものです。ダルビッシュはそれができていましたが、それには指先の繊細さが必要。米倉も、鉄の球を最初から器用に操りましたよ」(若生監督)

     その効果もありいま米倉本人は、「スライダー、ツーシーム、カーブ、フォーク、チェンジアップ、シンカーなんでも投げられます」と話す。細かった体も、入学時の78キロから85キロへと、たくましさを増した。

     ただいかんせん、高校時代はさしたる実績がない。エースとなった1年秋は地区予選敗退。 2年も、本庄東高に7回7三振2失点と好投したが初戦敗退。2年秋は、4試合25回を投げて30三振、5失点でベスト8に進出したが、3年夏は4回戦で川口市立高に敗れ、つまり甲子園には一度も出場していないのだ。

    夏前に最速146キロを計時
     それでも、夏前の東海大相模高との練習試合では最速146キロをマーク。「150はいつ出てもいい。またスタミナも、入ったときを1とすればいまは10まで伸びているし、連投できる肩のスタミナもあります。あとは、体幹を鍛えて、大人の筋力にしていくこと」と、若生監督もその将来性に太鼓判を押す。ただ、「性格がよすぎるんだよね(笑)。学校でも、悪くいう先生が一人もいない。もっと闘争心を出してほしいね」と注文を忘れないのだが……。

     米倉は、こういった。

    「3年間はアッという間でしたが、納得いく投球は1回もありませんでした。ただ一時期、振りかぶって投げていたのを、夏前から従来のフォームに戻し、手応えはあるんです」

     若生監督はそして、こうつぶやいた。「ゆくゆくはメジャーですよ」。思えばダルビッシュのメジャー挑戦1年目の12年、シーズン前から「最低でも15勝はする」と予言したのが若生監督その人だ(12年のダルビッシュは16勝)。慧眼は、米倉にも通じるか。

    よねくら・かんた●2000年8月4日生まれ●投手●184センチ85キロ●右投右打●うきは市立浮羽中(浮羽ボーイズ)→埼玉栄高
    https://news.yahoo.co.jp/byline/yonobuyuki/20181010-00099830/

    甲子園に出ていない選手に頑張ってほしい
    【ダルビッシュの再来か? ドラフト注目選手一覧】の続きを読む



    (出典 biorigin.xsrv.jp)



    1 かばほ~るφ ★ :2018/09/18(火) 11:20:42.30 ID:CAP_USER9.net

    ダルビッシュが古巣・日本ハムに義援金1000万円を寄託
    9/18(火) 11:01配信

    日本ハムは18日、「平成30年北海道胆振東部地震」を受け、
    シカゴ・カ*のダルビッシュ有投手から1000万円の寄付があったことを公表した。

    球団は「活躍の舞台をMLBに移して7年が経過した今も北海道の被害状況を案じ、
    いち早く被災地の再建に協力したいという気持ちをありがたくお受けし、
    ご来場の皆さまから寄せられたご厚意とともにお預かりします」とのコメントと共に、
    この義援金の一部を活用し、被害の大きかった厚真町、安平町、むかわ町で
    避難生活を送る方々を今シーズンの試合に招待する企画も検討していることを明かした。

    また、9月14日(金)から4日間、札幌ドームで実施した募金活動では456万8654円が集まったことも報告。
    募金活動はシーズン最終戦まで継続される。

    ▼ ダルビッシュ有投手コメント
    「このたびの北海道胆振東部地震によりお亡くなりになられた方々、
    ご遺族の皆様に対し謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
    被災地の一日も早い復旧と、被災された皆様が平穏な日々を取り戻せるようお祈りいたします」 

    9/18(火) 11:01配信 ベースボールキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00166119-baseballk-base

    嬉しいね
    【ダルビッシュが北海道地震に対しての神対応!】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/09/17(月) 23:24:31.05 ID:CAP_USER9.net

    「今頃シアトルにいた方が良かったのでは…」


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    右肘にストレス反応が生じ、今季絶望となったカ*のダルビッシュ有投手。先日は右肘のクリーニング手術を受け、来季の復活に向けて着々と準備を進めている。6年1億2600万ドル(約141億1000万円)の大型契約を結んだ1年目に、思うような貢献ができなかった右腕が、米メディアが選ぶ不名誉なリストに入ってしまった。

     米スポーツ専門メディア「ザ・スポーツスター」では、「現所属球団との契約を後悔しているMLB20選手」と題した特集を展開。その20位として、ダルビッシュの名前が挙がった。

     寸評では、サイ・ヤング賞候補、4度の球宴選出といった輝かしい経歴を持つダルビッシュと契約したことについて「カ*を責めることはできない」と指摘。ダルビッシュ自身も優勝を狙える球団と大型契約を結んだことに満足していただろうとしている。

     だが同時に、右上腕三頭筋の故障をきっかけに、今季は8試合に投げ、防御率4.95という成績で終わってしまったことに言及。「ユウは辛辣なシカゴ・メディアから批判を受けており、彼は最も成功を収めたア・リーグに戻りたいと考えているだろう」と推察している。

     さらに、まだわずかではあるが、ワイルドカードでのプレーオフ進出の望みを残すマリナーズが「まだ先発投手を探している」とし、「今頃シャイタウン(シカゴの愛称)よりもシアトルにいた方が良かったのではないかと考える向きもいるだろう」と締めくくっている。

     来季こそは健康状態を取り戻し、カ*と契約して正解だったと言われるような働きを見せつけたい。

    9/17(月) 21:12配信フルカウント
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00206217-fullcount-base

    這い上がれダルビッシュ
    【ダルビッシュがメジャーリーグで話題に! その内容はひどいものだった】の続きを読む

    このページのトップヘ