常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:ドラフト



    1 pathos ★ :2018/10/24(水) 00:22:44.61 ID:CAP_USER9.net

    10/23(火) 8:02配信 デイリー新潮

    医師の父は内心複雑? 根尾の6球団競合

     吉田とは逆に、より評価を高めたのが、大阪桐蔭、根尾昂(あきら)。ショートでクリーンナップを務めるなど攻守の要ながら、投手としても150キロを投げる驚異の「二刀流」である。

    「しかも、マジメで頭も良いという、“非の打ちどころがない”選手です」

     とは、ノンフィクションライターの柳川悠二氏。

    「彼は岐阜の出身ですが、両親は医者。それも『Dr.コトー』のような僻地診療所の医師です。中学時代、オール5だったというのは有名な話ですが、ピッチング練習の時も何事か呟きながら投げる『理論派』です。遅くまで室内練習場に残り、部屋に帰ってもストレッチに励む、練習の虫でもある」

     もともと高校No.1選手と言われていたが、評価はうなぎ上りで既に「1位指名に6球団競合」と書くスポーツ紙も出たほどだ。

     安倍氏も言う。

    「春頃、根尾くんにバッティングについて、アドバイスをしたことがありました。そしたら、“ビビッと来ました”“すごく打ちたくなってきたんで、15分だけ時間をいただけますか”と言って、練習に行ってしまったんです。“明日からやってみます”というのは普通ですが、今ここで、というのが根尾。狂気を感じました」

     兄も医学部生、姉も看護師という、まさに「医者一家」の根尾家だけに、父も彼に同じ道を望んでいたというが、ここまで野球に秀でてしまえば、それも詮方無いことか。内心複雑な思いであるかもしれないが……。

    引きずる“虎ウマ”

     この吉田、根尾と並んで「高校BIG4」と評されたのが、大阪桐蔭の藤原恭大(きょうた)と、報徳学園の小園海斗(こぞのかいと)。いずれも1位指名が予想されている。

    「藤原は甲子園通算5本塁打の強打者で足も速い。根尾と反対に、押しが強く、目標を公言するタイプで、早くから“ドラフト1位でプロに行きたい”と言っていました」(柳川氏)

     家庭環境もこれまた対照的で、藤原の父は、機械プラントの会社を経営する傍ら、焼き鳥屋も営む。母も元モデルの華やかな人だとか。

     他方の小園は、

    「俊足巧打で、プロでも打率3割、30本塁打、30盗塁の『トリプルスリー』が狙える存在」(安倍氏)

     父は整体院を営み、母は元女子サッカーリーグの選手だったという。

     実は、この2人、中学時代、同じチームに属し、家族ぐるみの付き合いだとか。

     藤原の父に、ドラフト直前の心境を尋ねると、

    「僕は緊張していますが、息子は“やることはやったんで”と落ち着いています。昔からソフトバンクの柳田選手に憧れていましたが、息子も誰かの憧れとなる選手に育ってほしいですね」

     どの球団が指名するのか注目だが、

    「実はエリート高校生に敬遠されているのが、阪神に指名されることなんです」

     とは、先のデスクである。

    「阪神はここ数年、若手がほとんど育たず、“育成できない球団”との評価が定着しています。とりわけ大阪桐蔭の関係者は“あそこには絶対に行かせたくない”と漏らしている。かつて4番だった萩原誠は鳴かず飛ばずで終わり、エースだった藤浪晋太郎もここ数年、成績が振るわず……」

     阪神に潰された。関係者はそんな“虎ウマ”を引きずっているそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00550544-shincho-base&p=2

    根尾は絶対阪神には行くな
    【阪神がドラフトに弱い理由と高校球児の本音】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/10/23(火) 20:30:55.04 ID:CAP_USER9.net

     楽天は23日、都内でスカウト会議を開いて、25日のドラフト会議で1位指名する選手を3人にまで絞った。石井一久GMは会議終了後に取材に応じ「(1位候補は)3人です。野手です。根尾君を含めて」と明言。東北のスター候補として期待される金足農・吉田輝星投手の指名は見送ることになりそうだ。

     今年のドラフトでは野手を中心に指名する方針も確認。石井GMは「うち的にはピッチャーではなく野手でいきたいというのはある。過去の(ドラフトの)例を見ても投手中心にいっている。ピッチャーはある程度、この人、と期待をかけられる人がチーム内にいる」と説明した。

     石井GMは8月下旬の就任会見で金足農・吉田について「秋田から東京に行く前に仙台があるので、仙台の駅に立ち寄って頂ければと思います。ご縁があれば。そのまま通過して東京行っちゃうかもしれないし。何とか仙台で降りていただきたいなと思います」と話していたが、投高打低のチーム状況を考慮して、方向転換することになった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000157-sph-base


    (出典 prt.iza.ne.jp)

    やっぱり大阪桐蔭根尾の方が評価が高いのか
    【金足農・吉田輝星はドラフト1位で指名されない? よくて外れ1位か?】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/10/16(火) 20:06:54.65 ID:CAP_USER9.net

     チーム全体の顔ぶれと過去10年の指名状況から見ても、最優先したいのは長くレギュラーを務められるスケールの大きい野手。そうなると今年の候補で最も当てはまるのは藤原になるだろう。上位指名の北條、大山悠輔がいる内野手と比べて外野手は糸井嘉男、福留孝介の移籍組の大ベテランがまだまだ中心選手である。藤原は歴代の高校生外野手の中でも総合力ではナンバーワンと言える実力者。同じチームに根尾昂がいるため過小評価されがちだが、現時点の野手としての総合力は藤原のほうが間違いなく上である。抜群のスピードと低くて伸びるスローイングは既にプロの一軍レベル。バッティングも年々着実にレベルアップしており、長打力も申し分ない。2年目からレギュラーを狙える可能性は高い。
    https://dot.asahi.com/dot/2018101400009.html?page=2

    外野を見てみろ
    【頼むから阪神は大阪桐蔭の根尾ではなく藤原を獲得するべき!!】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/18(木) 19:07:28.03 ID:CAP_USER9.net

    ホントは「12球団OK」ではなかった。今秋ドラフト会議の1位指名候補、大阪桐蔭の根尾昂選手が10月4日、プロ志望届を提出した。投手と内野手の二刀流、学業も優秀という逸材である。夏の甲子園での優勝はもちろんだが、その後のU―18大会では「身体能力の高さが違う。やっぱり、根尾!」と、さらに評価を高めた。阪神もホレ直したクチだが、現実はそう巧くはいかないようだ。

     「阪神に指名されたら、入団拒否するかもしれません。元々、プロ志望の強い選手なので12球団OKと言っていますが、家族や周囲はそうは思っていません」(アマチュア球界要人)

     今さらだが、根尾の両親はともに開業医だ。岐阜県生まれの彼が大阪桐蔭に野球留学を決めた際、こんな逸話が語られていた。

     「全国の強豪校が根尾君を勧誘しました。両親が高校側に相談したのは大学進学のことです。大学進学を希望する野球留学生も増えていますが、根尾君の両親は『医学部に進学できる高校を』と言ってきたのです。学業の成績も抜群なので無理はありませんが」(同)

     大阪桐蔭は特進クラスへの編入も約束したという。

     根尾の1位指名が予想される球団は、阪神、日本ハム、ソフトバンク、巨人、中日など。阪神は「即戦力投手か野手」でまだ揺れているが、今回はフロント主導で1位指名が決定される。

     「投手のコマ不足は深刻です。でも、フロントが野手の1位指名を口にし始めたのは13年も優勝から遠ざかった反省によるもので、『鳥谷以降、生え抜きの野手が育っていない』と嘆いています。金本監督は即戦力投手を求めていますが、フロントはチームの屋台骨を背負ってくれる、将来性のある高校球児がほしいようです」(関係者)

     だが、根尾の家族や周囲の関係者の眼に、今の阪神はどう映っているのか…。医学部進学を希望した家族が、お家騒動の絶えないトラをどう思うかは明確だ。もっと言えば、大阪桐蔭の先輩・藤浪晋太郎は金本政権になった途端、不振に陥った。頭角を現した藤浪が2年続けて活躍できない野球環境は、決して魅力的には映らないだろう。

     「根尾君も今は指名前なので『二刀流も』と言っていますが、プロで投手は厳しいと思う。低めでは、2球続けてストライクが取れないからだ。遊撃手で大きく育てるべきです」(在京職員)

     阪神は若手内野手の頭数だけは多い。強肩俊足の逸材を三塁か一塁で守らせるなんて、「もったいない」のひと言に尽きる。

    「もし阪神が指名したら、根尾家、大阪桐蔭側は交渉のテーブルには付くものの、決裂となるかも。進学して6年後という選択では、“金の卵”を潰しかねない」(ベテラン記者)

     希望学部は両親の期待通り、医学部だろう。

     一昨年、金本知憲監督はドラフト当日に1位・大山悠輔のもとを訪ねている。誠意は伝わったが、根尾の場合は違う。戦力としてだけでなく、「ライフプラン」までしっかりと説明しなければならない。

     できなければ、その場で指名辞退となるのは必至だ。
    https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12151-106828/

    ★1が立った日時:2018/10/17(水) 23:34:06.44

    前スレ
    【野球】大阪桐蔭・根尾 阪神ドラフト1位指名なら「医学部進学」へ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539786846/

    才能が潰されてしまう
    【大阪桐蔭・根尾がプロ入りしない? 指名されたら断る球団がある?】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/10/10(水) 22:16:00.51 ID:CAP_USER9.net

     DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)の来季続投が正式に決定した。

     10日の阪神戦(甲子園)後に、南場智子オーナーから正式に続投要請。南場オーナーから「自分のポリシーをもって戦い抜いて、今年の結果を学びにして、また来年もお願いします」と要請され、ラミレス監督は「サポートありがとうございました。来年も頑張ります」と受諾した。

     昨年は3位から日本シリーズに進出。今季はリーグ優勝を期待されていたが、先発陣の柱と見込んでいた今永、浜口、ウィーランドが故障で開幕から出遅れ、夏場には昨季の打点王のロペスも負傷離脱するなど故障者が続出した。

     9日に3年ぶりのBクラスが確定。ただ、一時は最下位にまで低迷したチームをCS争いに導いた手腕に球団は一定の評価を与えており、シーズン全日程終了後に続投要請するとみられていた。

     球団は来季投手コーチにOBの三浦大輔氏(44)、打撃コーチに同じくOBの田代富雄氏(64)を招へいする方針を固めており、来季で就任4年目となる指揮官をサポートする態勢を整えていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000185-spnannex-ent

    ドラフトの指名の仕方が毎回納得できない
    【来季のDeNAに期待! ラミレス監督勝負の3年目】の続きを読む

    このページのトップヘ