常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:ドラフト



    1 春の呪い ★ :2018/10/03(水) 13:26:18.37 ID:CAP_USER9.net

    ◆福井国体 ▽2回戦 大阪桐蔭5―3済美(3日・福井県営球場)

     今夏の甲子園準決勝の再戦は、大阪桐蔭が先発野手全員の12安打で済美(愛媛)を破った。今秋ドラフト1位候補の根尾昂遊撃手と藤原恭大中堅手は試合後、「12球団OKか?」という質問に「どこでも」と即答した。
    2人に加えて、柿木蓮投手と横川凱投手(いずれも3年)もプロ志望届を提出する。

     大阪桐蔭は、昨秋の明治神宮大会は準決勝で敗退したものの、この世代は公式戦41勝1敗の勝率9割7分6厘。今年は公式戦無敗の29連勝だった。春夏の甲子園大会、昨秋と今春の大阪府大会と近畿大会、今夏の北大阪大会と合わせて、松坂大輔(現中日)を擁した1998年横浜に次ぐ8冠に輝いた。

     国体の高校野球硬式は準決勝以降が打ち切りになるため、4強に進出した4校が1位扱いとなる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000073-sph-base

    12球団OK
    【大阪桐蔭の4選手がプロ志望届を提出! 注目の根尾と藤原は…】の続きを読む



    (出典 lifestylerev.com)



    1 pathos ★ :2018/10/02(火) 08:22:56.99 ID:CAP_USER9.net

     ◇福井国体高校野球硬式の部1回戦 大阪桐蔭2―0下関国際(2018年10月1日 福井県営)

     中日の中田宗男アマスカウトディレクターが1日、今秋のドラフト会議で大阪桐蔭の根尾昂遊撃手(18)を1位指名することを明言した。

     大阪桐蔭が出場する福井国体を視察し、「うちは1月の時点で根尾で行くと決めていた」と明かした。

     投打で活躍した下関国際との1回戦を見届け、改めて「タイプ的にいえば、西武の松井だよね。身体能力、バネ、遠くへ運べる力。投手からしたら、一番嫌なタイプ」と絶賛。その上で「ポジションはショートかなと思うけど、それは本人次第。投手、外野、どこでもできる」と二刀流挑戦も認める方針を示唆した。

     根尾は国体終了後にもプロ志望届を提出する見通し。「単独(指名)でいけるとは思っていません。複数球団がいくでしょう」と指名競合も覚悟した。既に6年連続のBクラスが確定。強竜再建へ“準地元”とも言える岐阜県出身のスター候補の獲得は譲れない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000055-spnannex-base

    10年レギュラーでしょ
    【競合必須! 大阪桐蔭根尾争奪戦に名乗りを上げた球団は?】の続きを読む



    1 ネイトのランプ ★ :2018/09/20(木) 00:28:57.04 ID:CAP_USER9.net

    https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201809190000581.html
    2018年9月19日17時53分

    創成館の川原陸

    (出典 www.nikkansports.com)


    日本高野連は19日、プロ志望届提出者の掲載をホームページで更新。
    新たに6人が追加された。計61人となった。

    創成館・川原は身長185センチの左腕。140キロを超える速球とスライダーを武器に昨秋明治神宮大会準優勝、今年は春夏連続で甲子園出場へ導いた。

    藤嶺藤沢・矢沢は最速148キロを計測した左腕。延岡学園・小幡は宮崎県NO・1遊撃手。U18壮行試合に宮崎県選抜の一員として出場した。

    プロ野球志望届の提出は10月11日に締め切られ、ドラフト会議は10月25日に行われる。

    この日までに掲載された選手は以下の通り(※は新たに掲載された選手)

    茨城 土浦日大 中村泰成※
    栃木 青藍泰斗 益子京右
    群馬 高崎健康福祉大高崎 山下航汰
    群馬 新田暁 金子知生
    群馬 尾瀬 高橋優太
    埼玉 花咲徳栄 野村佑希
    埼玉 埼玉栄 米倉貫太
    千葉 八千代松陰 清宮虎多朗
    千葉 市船橋 坂内誠治
    千葉 習志野 古谷拓郎
    東京 日大鶴ケ丘 勝又温史
    東京 関東第一 石橋康太
    東京 早実 野村大樹
    東京 郁文館 大比良知哉
    神奈川 藤嶺藤沢 矢沢宏太※
    神奈川 茅ケ崎西浜 辻翔也
    神奈川 相模田名 渡部悠介
    神奈川 武相 カレオン・ジョニル・マラリ
    山梨 山梨学院 垣越建伸
    山梨 山梨学院 星野健太
    山梨 駿台甲府 荘司宏太
    長野 松商学園 直江大輔
    新潟 中越 坂井翔太
    新潟 北越 阿部裕二朗
    新潟 日本文理 鈴木裕太
    石川 遊学館 牧野翔矢
    静岡 湖西 水野喬日
    愛知 誉 白石祐人
    愛知 栄徳 野口泰司
    岐阜 市岐阜商 中神拓都
    岐阜 岐阜第一 伊加利夏生
    岐阜 岐阜第一 平井快青
    富山 高朋 佐々木愛輝
    富山 魚津工 酒井啓佑
    三重 津田学園 上下大地
    滋賀 近江 山田竜明
    滋賀 滋賀学園 宮城滝太
    京都 福知山成美 藤田希和
    大阪 大阪偕星 宇佐美真太
    和歌山 智弁和歌山 林晃汰
    岡山 創志学園 中山瞬
    岡山 倉敷商 引地秀一郎
    島根 石見智翠館 ■仁
    島根 石見智翠館 水谷瞬
    山口 下関国際 鶴田克樹
    愛媛 松山聖陵 土居豪人
    愛媛 宇和島東 上甲凌大
    徳島 鳴門渦潮 服部虎
    徳島 阿南工 田神翔
    徳島 新野  高岡玄地
    高知 明徳義塾 市川悠太
    福岡 折尾愛真 松井義弥
    福岡 筑陽学園 大畑功士郎
    福岡 朝倉 小江光樹
    長崎 佐世保工 野元由翼
    長崎 創成館 川原陸※
    宮崎 日章学園 林田昂也※
    宮崎 聖心ウルスラ 戸郷翔征※
    宮崎 延岡学園 小幡竜平※
    沖縄 未来沖縄 宜保翔
    沖縄 宜野湾 国仲祐太

    ◇■は雨かんむりに鶴

    あんまり知らないな
    【新たにプロ志望届を提出した選手まとめ 計61人】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/16(日) 19:04:25.88 ID:CAP_USER9.net

    <ヤクルト-広島>◇16日◇神宮

    1軍初昇格したヤクルトのドラフト1位村上宗隆内野手(18)は初本塁打をマークした。

    6番三塁で出場。2回、広島先発の岡田の直球を右翼席へ弾丸ライナーで運んだ。

    この日は正午からの若手選手中心の早出練習に参加し、打撃練習で汗を流した。
    「うれしいです。いつでも1軍に上がれるように準備していました。少しでも1軍の戦力になれるように頑張ります」と意気込みを語っていた。

    九州学院(熊本)で高校通算52本塁打を放った打力を生*べく、プロ入り後に捕手から三塁手に転向。
    球団の育成方針で2軍で実戦経験を重ね、イースタン・リーグで96試合で打率2割8分9厘、17本塁打、70打点、16盗塁と能力の高さを発揮していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00332821-nksports-base
    9/16(日) 18:50配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 Youtube)

    村上 宗隆 1号 2ラン ホームラン 2018年9月16日 ヤクルトvs広島

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2018/cl2018091602.html
    試合スコア

    関連スレ

    【野球】ヤクルトのドラ1村上が1軍初昇格へ 2軍で17発 96試合 .289 17本 70打点 16盗塁(2軍)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537041769/

    継続して結果を残せ
    【ヤクルト・ドラ1村上が衝撃デビュー! 大物になる予感漂う!】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/10(月) 05:06:47.57 ID:CAP_USER9.net

    侍ジャパン高校代表としてU-18アジア選手権に出場中の吉田輝星投手(3年)=金足農=が9日、今月中にも進路を固める方針を示唆した。
    この日は中国との3位決定戦が降雨中止となり、宮崎市内の室内練習場で調整。練習後に卒業後の方向性について口を開いた。
    聖地の主役が進む道を決定する日が見えてきた。10日に順延した試合に向けて「疲れを取ることを優先しました」と、ストレッチなどで完全ノースロー。
    金足農・中泉一豊監督(45)の激励も受けて“充電完了”した右腕は、注目を集める今後について打ち明けた。

    まだ「固まっていない」としつつ、「(秋田に)帰ってから話し合います」とした。
    今夏の甲子園で準優勝した後、高校ジャパンに合流するなどせわしない日々が続く。
    「ゆっくり話し合う時間がない」。故郷に戻ってから、考えをまとめる予定だ。

    当初は八戸学院大への進学が有力視されていたが、聖地での活躍で状況は一変した。
    プロからは即戦力の評価を受け、プロ志望届を提出すれば、ドラフト1位で消えることは確実な情勢。
    今大会終了後にも家族や関係者らとじっくり話し合う予定。早ければ30日からの福井国体前にも、進むべき道を固める。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000003-dal-base
    9/10(月) 5:01配信

    間違いなくプロだな
    【金足農・吉田輝星の進路が遂に決定? 関係者が語る】の続きを読む

    このページのトップヘ