常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:ヤクルト



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/15(金) 16:45:17.99 ID:CAP_USER9.net

    史上初の珍事も ヤクルト交流戦VでもMVP選ばれず、賞金も2位が上?
    6/15(金) 11:58配信 Full-Count
    https://full-count.jp/2018/06/15/post137988/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00137988-fullcount-base

    現在、交流戦首位に立つヤクルト・小川監督【写真:荒川祐史】

    (出典 full-count.jp)


    ■交流戦MVPは勝ち越しリーグの勝率1位球団から選ばれると規定されている
    日本のプロ野球は交流戦がいよいよ終盤戦に差し掛かってきた。雨天中止の代替試合が残ってはいるものの、きょう15日からのカードが各球団最後のカードに。いよいよ交流戦最高勝率球団、勝ち越しリーグを争う戦いが決着の時を迎えることになる。

    今季はここまでヤクルトが11勝3敗の貯金8で首位。2ゲーム差の2位に9勝5敗のオリックスがつけ、3ゲーム差の8勝6敗で西武、ロッテ、ソフトバンクが追いかけている。6位の日本ハムまでは14試合を消化し、各チームが残り4試合。15日の結果次第では、ヤクルトの最高勝率チームが決定する。

    セ・パのリーグ間の対戦成績は現在44勝40敗でパ・リーグが4つの勝ち越しとなっている。ここで、だ。今季の交流戦では、過去の交流戦では無かった史上初めての、とある“ねじれ現象”が起こる可能性が出てきているのだ。

    今季で14シーズン目を迎えたセ・パ交流戦。これまでの13回中12回でパ・リーグが勝ち越し、うち11回でパ・リーグ球団が最高勝率チーム(2014年までは優勝チーム)に輝いている。2014年までは優勝チームからMVPが選ばれることになっており、13回の歴史の中で、唯一パ・リーグが勝ち越しながらセ・リーグの巨人が優勝した2014年もMVPは亀井善行が選ばれていた。

    ■現状のままであれば、ヤクルトVも、MVPはオリックスから
    それが、今季はこれまでに無かった“珍事”が起きるかもしれないのだ。ここまで交流戦首位はセ・リーグのヤクルトだが、勝ち越しているのはパ・リーグだ。このまま決着となった場合、交流戦MVPはヤクルトからは選ばれない。

    2015年から「交流戦MVP」は勝ち越しリーグの勝率1位球団から選出すると定められている。現状の順位に照らし合わせると、ヤクルトからではなく、2位のオリックス、例えば吉田正尚や金子千尋、山本由伸、増井浩俊らから選ばれることになるのだ。

    さらには各球団に与えられる賞金額にも“ねじれ”が生まれる。このままいくと、ヤクルトに贈られるのは勝率1位チームへの賞金500万円。だが、2位のオリックスは勝ち越しリーグの勝率1位球団として1000万円を、3位の西武にはヤクルトと同額の500万円を得ることになる。2014年までは優勝チームに3000万円だったが、2015年から変更された。

    NPBはセ・パのリーグ間の争いを演出したいようだが、ファンや選手にとっては贔屓の球団が勝ち、同一リーグの他球団が全て負けることがペナントレースを戦う上で“最もオイシイ”展開。同一リーグの球団が勝てば勝つほど、順位に与える影響が小さくなってしまう。その思惑とは裏腹に、ファンにとってはリーグ間の争いはさほど重要ではないのが実状でもある。

    勝率1位球団になっても、MVPは選ばれずに、賞金額も2位より低額…。そうなれば、なんともスッキリしない結末となってしまうだろう。


    【交流戦の複雑なルールがややこしい 交流戦史上初のねじれ現象か】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/14(木) 19:00:31.01 ID:CAP_USER9.net

    ヤクルト青木が初回先頭打者ランニング本塁打 名手秋山が打球見失う
    2018.06.14
    https://full-count.jp/2018/06/14/post137815/


    (出典 full-count.jp)


    https://player.vimeo.com/video/275036639

    ◆初回先頭打者ランニング本塁打は史上9人目
    ■西武 – ヤクルト(14日・メットライフ)

    ヤクルトの青木宣親外野手が、初回先頭打者ランニング本塁打を放った。
    敵地メットライフドームで行われた西武戦。初回の第1打席で、アッと驚く先制のソロ本塁打となった。

    試合開始直後にまさかの一本が飛び出した。1ボール2ストライクからの4球目、西武先発の十亀が投じたストレートを弾き返した打球は中堅への平凡なフライだった。
    だが、この打球を名手・秋山が見失った。

    打球に気付いた時には時既に遅し。打球は秋山の頭上を越えていった。
    青木は二塁を蹴り、三塁も蹴り、本塁へと生還。先制の先頭打者ランニング本塁打となった。初回先頭打者ランニング本塁打は史上9人目となった。


    【名手秋山がまさかのエラー ヤクルト青木が初回先頭打者ランニングホームラン】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/11(月) 20:03:46.03 ID:CAP_USER9.net

    ヤクルト、新助っ投獲得へ!リリーフ陣強化へ35歳ウルキデス
    2018.6.11 05:02 サンケイスポーツ
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20180611/swa18061105020001-n1.html

    ヤクルトが新外国人としてメキシコリーグ、ティフアナのジェイソン・ウルキデス投手(35)=1メートル83、79キロ、右投げ右打ち=の獲得に向けて動いていることが10日、分かった。

    米国出身のウルキデスは今季20試合に登板し、0勝0敗8セーブ、防御率2・29の成績を残している。球団は新たな救援投手としてリストアップし、ここまで本格調査を進めてきた。所属チームがメキシコリーグのプレーオフに進出しており、早ければ今月中の来日を目指している。

    交流戦首位と好調のヤクルトはブキャナン、ハフ、カラシティー、バレンティンが1軍に帯同するが、アルメンゴがコンディション不良を訴えて帰国中。さらなる上位進出のため、救援陣の強化を目指している。


    【交流戦首位のヤクルト、新助っ人獲得で後半戦猛チャージの予感】の続きを読む



    1 丁稚ですがφ ★ :2018/06/09(土) 16:50:20.11 ID:CAP_USER9.net

    オリックス 1 2 0  0 0 0  0 0 0  3
    ヤクルト  6 0 0  0 0 0  0 1 x  7

    バッテリー
    ヤクルト :原、カラシティー、近藤、石山- 中村
    オリックス:ディクソン、山崎福、吉田一、近藤- 若月

    本塁打
    オリックス:
    ヤクルト :中村 1回裏 2号3ラン

    試合結果:スポーツ報知/yahoo野球
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20180609-02.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2018060902/score

    明日の予告先発
     ヤクルト - オリックス
    小川泰弘   田嶋大樹
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【プロ野球交流戦 S7-3Bs[6/9] 藤井決勝打に西村適時打中村1発初回6点!カラシティ5回0封!ヤクルト快勝 】の続きを読む



    1 丁稚ですがφ ★ :2018/06/08(金) 21:08:24.29 ID:CAP_USER9.net

    オリックス 0 0 2  0 0 0  0 0 1  3
    ヤクルト  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

    バッテリー
    ヤクルト :ハフ、風張、松岡、秋吉- 中村
    オリックス:西、山本、増井- 若月、山崎勝

    本塁打
    オリックス:西村 3回表 1号2ラン
    ヤクルト :

    試合結果:スポーツ報知/yahoo野球
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20180608-02.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2018060802/score

    明日の予告先発
    ヤクルト - オリックス
    原樹理     ディクソン
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【野球】交流戦 S0-3Bs[6/8] ヤクルトの連勝7で止まる オリックス西 7回無失点の好投】の続きを読む

    このページのトップヘ