常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:ヤジ



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/20(木) 07:31:51.63 ID:CAP_USER9.net

    ◆ヤクルト9―4阪神(19日・神宮)

    容赦ない虎党のヤジを浴びながら、金本監督がグラウンドを引き揚げた。
    レフトスタンドの通路際のファンが「金本、やめろ!」と叫んだ。
    13年連続のV逸が決定。残り19試合での終戦を問われた指揮官は「ああ、そう」と言葉にならなかった。
    ヤクルトに直接対決7連敗を喫し、自力2位まで消滅した。

    先発の岩貞が初回に致命傷となる6失点。エースのメッセンジャーと昨季12勝の秋山を体調不良で欠く先発ローテーションで、
    岩貞は大黒柱とならなければいけない存在。「先発投手に頑張ってもらうしかない」と金本監督がうめいた。

    就任3年目は、キャンプ打ち上げ時に「過去3年の中で一番強い。優勝に向かってやっていきたい」と胸を張っての船出だった。
    就任から4位、2位と順位を上げ、05年以来のリーグ優勝を強く意識したシーズンは、誤算の連続だった。
    不動の4番を期待されたロサリオは、打率2割4分2厘、8本塁打の不振で8月27日に2度目の出場選手登録抹消となった。
    3年ぶりの2ケタ勝利を目指した藤浪も3勝止まり。上本、北條ら故障者が続出し、主将の福留も「右太もも裏」の張りを訴え、ここ7試合連続で先発から外れている。

    最下位で借金は今季ワーストの11。救いは3位の巨人との1・5ゲーム差が変わらなかったこと。
    「目標の切り替え? そうしかないですよね。明日、頑張っていくしかない」と敗軍の将。
    20日から移動日なしでの広島と敵地3連戦。CS進出を目指しての厳しい戦いは続く。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000024-sph-base
    9/20(木) 6:08配信


    (出典 www.hochi.co.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/data/standings/
    順位表


    (出典 Youtube)

    《阪神タイガース》 金本知憲ヒッティングマーチ ~ 甲子園

    若手が育っていない
    【神宮球場に響き渡る「金本、やめろ!」の声 指揮官は冷静に…】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/08/15(水) 15:10:37.09 ID:CAP_USER9.net

    [画像] 甲子園球児に「オラァ!!!」とヤジ 

    (出典 image.news.livedoor.com)


    NHKでも丸聞こえに「阪神戦じゃないんだぞ」

    2018年8月14日の甲子園(全国高校野球選手権)2回戦、横浜(南神奈川)-花咲徳栄(北埼玉)の試合で、マウンドの球児に激しいヤジが飛ぶ場面があった。

    花咲徳栄のエース・野村佑希投手が、横浜のバッターに頭部死球を与えてしまった直後。ブラスバンドの応援がパタリと止み、球場全体が静まり返る中、「オイ!」「オラァ!!!」といった怒声が客席から響いたのだ。

    「×××、オラァ!!!」
    4回表、横浜の攻撃。ノーアウト1、3塁のチャンスで、打席には1番バッターの山崎拳登(けんと)選手が入った。スコアは4-1で、花咲徳栄としてはこれ以上点差を離されずに切り抜けたい場面だった。

    だが、エース・野村投手の2球目は、ストライクゾーンを大きく外れ、山崎選手の頭部に直撃。ヘルメットに当たったボールは大きく跳ね、山崎選手は倒れ込むような形でグラウンドに膝をついた。

    まさかの頭部死球に球場は騒然。横浜側アルプスから響いていたブラスバンドの演奏も止まり、甲子園は一時シンと静まり返った。その後、山崎選手は自力で立ち上がり、ベンチへ向かったが、この時に野太い男性の声で、

    「オイ!」「×××、オラァ!!!」
    といった激しいヤジが飛んだのだ。こうした怒声は、NHKや朝日放送(ABC)のテレビ中継を通じても聞こえた。

    上述したヤジの「×××」の部分は、テレビ中継では不明瞭で正確には聞き取れなかったが、記者の耳には「アホなんか」と叫んでいるようにも聞こえた。そのほかにも、大声でブーイングをしたり、煽るような形で指笛をしたりする観客もいた。

    ただ一方で、「山崎ー!」と死球を受けた打者へエールを送る声も。山崎選手が自力で歩いてベンチへと下がった際には、球場全体から大きな激励の拍手が起きていた。

    「高校生に向かってヤジはねーだろ」
    高校球児へ飛ばされたヤジに、ネット上では違和感や不快感を示すユーザーが続出。ツイッターには、

    「高校野球だよ?ワザとやる訳ないのに高校生に罵声浴びせて何が楽しいの...」
    「頭部死球はダメだけどさ、高校生に向かってヤジはねーだろ」
    「一生懸命やっとる球児に対してヤジを飛ばすおじさんかっこ悪い...情けない...」
    「高校生相手に野次飛ばす奴本当みっともない」
    といった声が相次いで寄せられた。そのほか、「プロ野球とは違うんだから行儀よくしろって」「阪神戦じゃないんだぞ」といった意見も出ていた。

    なお、頭部死球の直後には臨時代走が出たが、山崎選手は4回ウラの守備からグラウンドに戻った。6回にはセンター前ヒットを放ち、後続のタイムリーで1塁から一挙に生還するなど、死球の影響を感じさせないプレーを続け、チームの勝利に貢献した。

    2018年8月15日 13時54分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15162027/

    ヤジは誰も気持ちよくない
    【今の時代ヤジは遅れている まずは自分たちの事を見ろ】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/06/24(日) 19:24:52.68 ID:CAP_USER9.net

     阪神は24日の広島戦(甲子園)に6―11と大敗し、今季ワーストの5連敗。借金は最多更新の6に膨れ上がり、2年ぶりの単独最下位に転落した。

     打線は1―6の6回に代打・原口の2点適時打、7回には代打・中谷の適時打などで同点に追いつく粘りを見せたが、9回、一軍復帰後初登板となった守護神
    ドリスが「情けない投球をしてしまった」と、広島・鈴木に満塁弾を浴びるなど5失点で試合をぶち壊した。

     これで首位・広島とのゲーム差は今季最大の7・5。スタンドからは「恥ずかしい試合をやるな!」など怒りの声が噴出した。

     金本監督は8回一死満塁の絶好機に福留ら主軸で得点できなかったことに「結果的には、そう(敗戦)なったのかもわからん」と力なく話した。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000006-tospoweb-base


    【スタンドから容赦ないヤジ 熱烈なファンは時に優しく時に厳しい】の続きを読む

    このページのトップヘ