常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:リベンジ



    1 ばーど ★ :2018/09/25(火) 10:52:16.36 ID:CAP_USER9.net


    (出典 www.hochi.co.jp)


     今夏の甲子園で準優勝した金足農(秋田)の今秋ドラフト1位候補右腕・吉田輝星(こうせい・3年)が24日、福井国体(30日開幕)での大阪桐蔭へのリベンジと秋田勢初Vを宣言した。この日は、秋田市内の同校グラウンドで1、2年生を相手にした紅白戦に先発。7日のU18アジア選手権(宮崎)・台湾戦以来17日ぶりの登板にもかかわらず、6回を無安打11奪三振に封じる圧巻の投球を披露し、「歴史に名を刻みたい」と自信をのぞかせた。

     ブランクをまったく感じさせなかった。17日ぶりのマウンドに上がった輝星は、気持ちよさそうに右腕を振り抜いた。直球は150キロに迫ろうかという勢いでうなりを上げ、後輩たちを手玉に取った。6回を投げ、許した安打はゼロ。4者連続を含む11Kの快投に「久しぶりの実戦で少し球が浮いたんですけど、キレとかスピードはよかったと思います」とうなずいた。

     スケールアップした姿を披露した。U18アジア選手権では、甲子園でも痛めた左股関節に再び疲労がたまり、投球フォームが乱れていた。帰郷後は毎日練習に参加し、コンディションの回復に努めた。また、高校ジャパンで受けた栄養指導をさっそく実践し、体重は甲子園から4キロ増の84キロに。ピッチングは22日に約40球を軽く投げただけだというが「筋肉が付いて、腕の振りもすごくよくなりました」と胸を張った。

     リベンジする自信もある。国体では、10月1日の2回戦で常葉大菊川と対戦。順当に勝ち上がれば、3日の決勝で大阪桐蔭と再戦する。根尾昂、藤原恭大(ともに3年)のドラフト1位候補コンビら高校ジャパンに5人も名を連ねたスター軍団に対し「チームメートになって弱点も分かった。今度はそんなに疲れもないと思うので、普通に抑えられると思います」と言い切った。

     甲子園では秋田勢に103年ぶりの準優勝をもたらしたが、国体での県勢の最高成績は80年、エース・高山郁夫(現オリックス投手コーチ)を擁した秋田商の準優勝。頂点に立ったことはない。金足農は過去3度国体に出場したが、いずれも初戦で敗退している。「甲子園でも歴史を作ってきたので、しっかり3試合を勝って歴史に名を刻みたいと思います」。甲子園で逃した日本一を、今度こそつかみ取る。(片岡 泰彦)

    2018年9月25日5時55分 スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20180924-OHT1T50224.html

    まずは初戦だぞ
    【金足農・吉田輝星が大阪桐蔭に堂々宣戦布告! 国体での秘策は?】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/07/08(日) 17:46:10.20 ID:CAP_USER9.net

    メンディー&樽美酒超えは?稲村亜美 始球式大暴投も「130キロくらいかな」
    2018年7月8日 14:10 スポニチ Sponichi Annex 野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/08/kiji/20180708s00001173276000c.html

    <ロ・日>ファーストピッチセレモニーに登板した稲村亜美(撮影・森沢裕)

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    <ロ・日>始球式を行う稲村亜美 (撮影・西川祐介)

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ◇パ・リーグ ロッテ―日本ハム(2018年7月8日 ZOZOマリン)

    タレントの稲村亜美がZOZOマリンの「J:COMスペシャルデー」ロッテ―日本ハム戦の始球式に登場。赤いユニホームでマウンドに立ち、ロッテの井上に対して投球したが高めに大きく外れてしまった。「今年は初めての(プロ野球での)始球式だったので力みました」と残念そう。

    タレントの始球式では、6月5日の巨人―楽天戦(東京ドーム)の始球式で「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の関口メンディーが133キロを記録。6月27日の西武―オリックス戦(メットライフドーム)の始球式では「ゴールデンボンバー」の樽美酒研二が、プロ顔負けの135キロをマークし、話題となっていた。

    投球が逸れて球場に球速は表示されなかったが、稲村は「感じとしては130キロくらいは行っていたかな」と笑い、「男性に負けないようにミニキャンプを行いたいですね」と汗を拭っていた。


    【稲村亜美がリベンジ始球式 その結末は?】の続きを読む

    このページのトップヘ