常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:ロッテ



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/25(火) 14:27:37.30 ID:CAP_USER9.net

    ロッテは25日、大隣憲司投手(33)が今シーズン限りで現役を引退すること発表した。

    大隣は2006年大学・社会人ドラフト希望入団枠でソフトバンク入り。
    12年には自己最多12勝を挙げるなど先発として活躍。
    しかし、13年に国指定の難病「黄色靱帯(じんたい)骨化症」を発症。
    手術を受け、14年は日本一に貢献したが、17年に戦力外通告を受けた。18年にロッテにテスト入団し今季は1試合の登板で1敗だった。

    大隣は球団を通じて「12年間のプロ野球生活、温かいご声援ありがとうございました。
    順風満帆なプロ野球人生ではありませんでしたが、色々な方々に支えられてここまでやってくることができました。
    心より感謝しております。本当にありがとうございました」とコメントした。

    ◆大隣憲司(おおとなり・けんじ)1984年11月19日生まれ。33歳。
    京都市南区出身。京都学園高から近大に進み、2006年大学・社会人ドラフト希望入団枠でソフトバンク入り。
    17年に戦力外通告を受け18年にロッテにテスト入団。通算成績は140試合に登板し52勝49敗、防御率3・36。年俸1000万円。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000123-sph-base
    9/25(火) 14:23配信


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    http://npb.jp/bis/players/51555114.html
    通算成績

    お疲れ様でした
    【ロッテ 大隣が現役引退 病気を乗り越えた左腕に称賛の声】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/25(火) 14:15:07.02 ID:CAP_USER9.net

    26日に引退会見

    ロッテの岡田幸文外野手が今シーズン限りで現役を引退することになった。26日にZOZOマリンスタジアムで引退記者会見を行う。

    岡田は球団を通じ「10年間という短い間ではありましたが、本当に幸せな野球人生でした。
    千葉ロッテマリーンズに育成で拾ってもらって、ここまで野球をやらせていただいたことを今後の人生においてプラスにしていきたいと思います。悔いはありません。
    このような充実した幸せな野球人生を送れたのはファンの皆様のご声援があったからだと思います。応援いただき本当にありがとうございました」とコメントを発表した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00212739-fullcount-base
    9/25(火) 14:07配信


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    http://npb.jp/bis/players/81385118.html
    通算成績


    (出典 Youtube)

    【前奏あり】岡田幸文応援歌【千葉ロッテマリーンズ】


    (出典 Youtube)

    背番号66、守備範囲は∞ ロッテ"岡田幸文"外野手好プレー集

    いい選手だったな
    【ロッテ・岡田が引退 守備職人の後継者は…】の続きを読む



    (出典 newscollect.jp)



    1 ひかり ★ :2018/09/22(土) 17:14:51.20 ID:CAP_USER9.net

     「ロッテ-西武」(22日、ZOZOマリンスタジアム)

     ロッテ・福浦和也内野手(42)がプロ野球史上52人目の通算2000安打を達成した。「6番・DH」で先発出場した福浦は八回、無死。
    左腕の小川から右翼線二塁打を放ち、大台に到達した。

     福浦は75年12月生まれで現在42歳9カ月。2000安打達成は15年に42歳11カ月で記録した和田一浩(中日)に次ぐ史上2番目の高齢記録となる。

     ロッテ生え抜きでは68年の榎本喜八、85年の有藤道世以来で、3人目となる。92年の千葉マリン移転後は初の選手となる。

     今季は2000安打へ残り「38」として迎えた。自主トレから開幕へ向け、早めの調整を心がけた。

     開幕戦から先発出場を果たし、4試合連続安打を記録するなど幸先のいいスタートを切った。

     だが、5月17日には出場選手登録を抹消された。4月26日の楽天戦以来、18打席無安打で、「体がしんどい。力が入らない」と話したように、
    5、6月はコンディション不良もあっていずれも月間1安打だった。

     シーズン中は体中の古傷と年齢との闘いだったが、それでも夏場以降に成績を上げて踏ん張った。

     9月に突入してからは複数安打や3年ぶりの本塁打などでラストスパートしていた。

     ファンから祝福の大歓声を浴びた福浦は一塁上で手を振った。「最初のヒットがマリンだったし、地元の千葉で出れば最高」と話していたが、
    その願いはかなった。

     初安打は97年7月5日・千葉マリンスタジアムでのオリックス戦だった。「7番・一塁」での一軍初スタメン。四回にフレーザーから放った。

     習志野高の左腕のエース・兼4番として、93年のドラフトで7位の入団だった。ドラフトの最終指名選手となり、支配下選手枠70人の最後で、
    このことから背番号は「70」となり、98年に現在の背番号「9」となる。

     入団直後から左肩、ヒジを痛めて立ち投げもままならず、1年目94年、球宴前に打者転向を打診された。1カ月悩み続けて転向を決断。
    「言葉では表せない」という“恩人”の山本功児二軍打撃コーチらに指導を受けて頭角を現した。97年から一軍に定着した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000094-dal-base

    おめでとうございます
    【ロッテ・福浦が生え抜きでは3人目の快挙!】の続きを読む



    (出典 prt.iza.ne.jp)



    1 ひかり ★ :2018/09/22(土) 19:30:02.10 ID:CAP_USER9.net

     ロッテの福浦和也内野手が22日、本拠地で行われた西武戦で史上52人目の通算2000本安打を達成した。ロッテでは榎本喜八、有藤道世に次ぐ3人目。
    プロ25年目、42歳で偉業を達成したベテランは試合後の記者会見で「正直2000本、厳しいと思っていた。ここまでやれると思ってなかった。
    野球を続けさせてくれた球団に感謝したい」と安堵の表情を見せた。

     歓喜の瞬間は8回。先頭で迎えた第4打席で右翼線へ二塁打を放ち通算2000本安打を達成。最終打席で打った節目の1本に「何とかあの打席で決めたい気持ち、
    1打席目で決めたい気持ちもあったが何とか決められてよかった」と笑顔を見せた。

     同期入団で同い年の西武・松井稼頭央からも祝福の花束を受け「同期入団でやってきて最年長野手でやってきたので、同級生の前で決めたいという思いが
    あった。喜びも倍増でした」と語った。

     プロ初安打は1997年7月5日のオリックス戦。初安打を放った思い出深い本拠地で節目の2000本安打を放ち「ファンの2000本という期待のために気持ち、
    気力ということでやってきた」と感謝を口にした。

     2000本の中で印象に残る1本を問われると「やっぱり今日ですかね。今日は僕の中でホッとした。(プロ初安打の)2打席目でヒット打った時もそうでしたが、
    今日これだけ皆が喜んでくれた」と語った。

     また、会見終盤には「来年もやるつもりでいます」とプロ26年目に向け現役続行宣言も飛び出した。

    細野能功 / Yoshinori Hosono

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00210570-fullcount-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    あと何本打てるか
    【ロッテ福浦が気になる去就を発表!】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 ひかり ★ :2018/09/06(木) 23:52:56.01 ID:CAP_USER9.net

    ロッテの井口資仁監督(43)が就任2年目の来季も指揮を執ることが6日、分かった。ソフトバンクに敗れて自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の
    可能性が消滅したが、山室晋也球団社長は「就任時に3年、5年と長いスパンで常勝軍団にしてくださいとお願いしている」と既定路線であると明らかにした。
    複数年契約の期間は公表していない。

     今季は中村と井上が主力に定着し、3年目の平沢も台頭。7月までは勝率5割を上回る戦いぶりに、山室社長は「想定より不本意な成績ではあるが、1年目から
    いい方向に進んでいる。徐々に底上げされて順調だと思う」と評価した。

    共同通信
    https://this.kiji.is/410443651707159649/

    正直結果は出ていない
    【ロッテ井口監督の続投に賛否両論? 甘すぎるロッテ幹部】の続きを読む

    このページのトップヘ