常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:与田剛



    (出典 scontent-sea1-1.cdninstagram.com)



    1 ひかり ★ :2018/10/19(金) 06:30:40.91 ID:CAP_USER9.net

     中日のヘッドコーチに、前ロッテ監督の伊東勤氏(56)=侍ジャパン強化副本部長=が就任することが18日、決定した。近日中に発表される。

     伊東氏は西武監督1年目の2004年に日本一へ導き、ロッテ監督も歴任。豊富なキャリアを買われ、一時は中日の新監督候補に浮上した。生え抜き監督への
    待望論が高まり、与田剛氏(52)が就任したが、与田新監督とは09年WBCの侍ジャパンでともにコーチを務めた間柄。経験値の高い参謀役が新指揮官を支える。

     現在は侍ジャパンの要職に就いているが、NPB球団の監督、コーチに就任要請された場合、受諾可能という契約を交わしており、退任に支障はない。
    この日はパ・リーグCS最終Sの西武―ソフトバンク戦の解説でメットライフを訪問。西武・辻監督らと談笑した。

     中日の組閣作業は着々と進み、韓国KIA2軍バッテリーコーチの中村武志氏(51)、解説者の井上一樹氏(47)の両OBにも入閣を打診。またこの日、
    土井正博打撃(74)、森脇浩司野手チーフ(58)、長嶋清幸外野守備走塁(56)、近藤真市投手(50)、朝倉健太投手(37)の各コーチと来季
    契約を結ばないと発表した。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000029-sph-base

    中日が変わるぞ
    【中日伊東勤新ヘッドに再建が託された!! 与田新監督の一つ目の野望が叶った】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/10/18(木) 07:54:46.15 ID:CAP_USER9.net

    中日の来季ヘッド格のコーチとして超大物が浮上した。元西武、ロッテ監督の伊東勤氏(56)だ。6年連続Bクラスに終わっている中日は、
    チーム再建にOBの与田剛氏(52)を新監督に迎え、コーチングスタッフの組閣人事を進めていた。
     
     今季まで3年間、楽天で1、2軍の投手コーチを務めていた与田新監督には、投手陣の立て直し、特に今季うまくいかなかったブルペンの整備に
    期待がかかるが、一方で初めての監督就任で、作戦面に関しては不安があり、フォローする参謀役のヘッドコーチを誰にするかが、懸念材料だった。

     だが、卓越した野球理論を持ち、監督として確かな実績と経験のある伊東氏を招聘することで一気に与田新監督が抱える問題を解決しようとする
    プランが持ち上がった。

     伊東氏は、西武の監督に就任した初年度の2004年にリーグ優勝を果たし、日本シリーズでは、落合中日を下して日本一。4年間西武の指揮を
    執った後、解説者、韓国野球のコーチを経て、2013年からはロッテで5年間監督を務めた。戦力に恵まれなかったため、優勝はなかったが、
    クライマックスシリーズに3度チームを導くなど、その手腕は際立っていた。

     今季限りで監督を退任、フロント入りすることになった森繁和氏(63)と伊東氏は、西武時代に“同じ釜の飯を食った”旧知の仲。
     加えて与田新監督とも、2009年のWBCで原辰徳監督を支えるスタッフとして共に戦い世界一を勝ち取っている。

     当時、与田新監督はブルペン担当で、伊東氏も原監督をサポートする総合コーチの立場で連覇のプレッシャーのかかった厳しい戦いを勝ち抜き、
    互いの野球観がわかる気心の知れた関係にある。

     伊東氏のロッテ監督時代に取材する機会が多かったが、そのゲームを読む戦術は素晴らしく、打順などに関しても固定観念を持たずに臨機応変に
    動かして機動力も積極的に使った。元捕手だけあって、打者への指示を徹底して日ハム時代の大谷翔平(現エンゼルス)を攻略したこともあった。
     また守りではベンチから捕手にサインを出して配球ミスを防いだこともあった。

     昨年は、外国人選手の補強に失敗して最下位に沈み、責任を取って辞任したが、試合後には、連日、若手の居残り練習に付き合うなど
    指導者としての情熱もある。
     その姿勢は「最後まであきらめない」と所信表明した与田新監督の考えに重なる。
     また試合後のメディア対応も誠実でどれだけ負けが重なっても逃げるようなことは一度としてなかった。
     攻守にわたるチームの作戦面を任せるのならば、これ以上ない人材だろう。

     ただ伊東氏の手腕を評価する球団は少なくなく、現在も監督候補であり、2017年オフからは、侍ジャパン強化委員会、編成担当の強化副本部長を
    務めている。そのため、中日のヘッドコーチのオファーを受けるか、どうかという問題は残っているが、前述したように交渉のパイプは太い。

     またかつて与田新監督とバッテリーを組んだOBの中村武志氏(51)、ドラフト同期だった井上一樹氏(47)の招聘プランも進んでいる。
     中村氏は、今季韓国のKIAの2軍バッテリーコーチだったが、伊東氏のロッテ監督時代にバッテリーコーチを務めたという縁もある。
     井上氏は、与田新監督とドラフト同期。投手として入団したが、5年目に打者に転向、ピンクのリストバンドがトレードマークの勝負強い打撃が
    持ち味で、引退後、打撃コーチ、2軍監督を務めていた。ウエスタン・リーグでの優勝監督にもなっている。
     2人は与田新監督と共に、故・星野仙一監督の薫陶を受けて、そのイズムを継承している同志だ。
     
     中日の外部から元日本一監督という超大物ヘッドを招き、復帰する中日OBコーチを融合させるという斬新なコーチングスタッフプラン。
    与田新監督は、就任会見で「不安はたくさんあるが、優勝を目指す」とハッキリと断言したが、史上最強とも言える強力な組閣の姿が見えてきた。

    THEPAGE
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00010000-wordleafs-base

    これは面白いぞ
    【中日が大胆な人事を発令!! ヘッドにはあの大物が…】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/10/15(月) 16:32:01.12 ID:CAP_USER9.net

     中日の与田剛新監督(52)が15日、名古屋市内で就任会見を行った。

     古巣に指揮官として復帰する。「お招きいただけると想像していなかった。私自身驚いている。地域の皆さんと闘っていきたい」と決意を述べた。

     現在の中日は、楽天コーチという立場から「敵チームという感覚で見ていた」という。「うまく結果が出ていないな」と歯がゆさを感じており、
    「僕は攻めたい。常に相手にプレッシャーをかけたい」と、走攻守で攻撃的なチームを作ると抱負を述べた。

     中日時代のチームメートで阪神の新監督就任が決まった阪神・矢野燿大2軍監督(49)については「お互い、ヤジの応酬ですね。僕の弱みもいっぱい
    知っている。すごく楽しみですね」とエールを送った。

     中日入団時の監督で、楽天にもコーチとして招いてくれた故・星野仙一氏の“イズム”を継承する。ただし、未定の背番号については「77は私には
    着けられない」と、闘将のナンバーだけは辞退したという。「星野監督は常々、選手が最優先、とにかくじっくり見ろとおっしゃっていた」と、
    選手個々の能力を見極めるため、17日から始まる秋季練習(ナゴヤドーム、ナゴヤ球場)も時間が許す限り視察する。

     ◆与田 剛(よだ・つよし)1965年12月4日、福岡・北九州市生まれ。52歳。木更津中央高(現木更津総合高)から亜大、
    NTT東京(現NTT東日本)を経て89年ドラフト1位で中日入り。90年に新人王、最優秀救援投手。96年シーズン途中にロッテにトレード。
    98、99年は日本ハム、2000年は阪神でプレーし、同年限りで現役引退。16年から楽天コーチ。182センチ、94キロ。右投右打。
    妻は元TBSアナウンサーの木場弘子さん(53)。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000087-sph-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    たぶん最下位だな
    【中日 与田新監督が就任会見で選手の起用法を早速語った!】の続きを読む



    1 アルテミス@ ★ :2018/10/09(火) 17:45:24.69 ID:CAP_USER9.net

    中日の新監督人事が急展開を見せている。

     7日付のスポニチが、次期監督の最有力候補に前楽天二軍コーチで中日OBの与田剛氏(52)が浮上していると報じた。森繁和監督(63)は今季限りで退任し、編成部門のトップに就任するとみられる。

     監督人事の決定権を持つ白井文吾オーナー(90)は次期監督の名前を口にはしていないが、以前には「みんないろいろ言ってくる」と周囲からさまざまな意見が出ているとし、それ以前には親会社内に「候補者まで持ってくる人がいる」とも言っていた。

     そんな中で与田氏が急浮上した。「ボロボロになった救援陣の立て直しはもちろん、生え抜きOBであることも大きい」と、さる中日OBが続ける。

    「森監督が就任した当初からの既定路線は、小笠原二軍監督の昇格です。一方で、中日は谷繁、森と外様監督が2代続いている。親会社内では以前から生え抜きOBの監督待望論があった。
    ローカル球団である中日には、生え抜きに対する支持層が多く、『おらがチーム』の意識が強い。今季は松坂大輔の加入によって一時的に観客動員が回復したものの、来季以降は不透明な部分もある。新聞の販売効果も得たい。その結果、与田氏を推す声が出たというのです」

    ■地元人気に配慮

     与田氏は1989年ドラフト1位で中日入団。新人年の90年に守護神として31セーブをマークし、最優秀救援投手と新人王のタイトルを獲得した。入団当時の監督は今年1月に他界した星野仙一氏。
    2015年オフに楽天の投手コーチになったのは、球団副会長だった星野氏が声をかけたからで、過去にNHKでキャスターや解説者を務めた際にも、星野氏の推薦があったといわれている。09年、13年のWBCで日本代表のコーチに就任、NHKでは楽天コーチに就任する直前まで専属解説者を務めていた。

    「親会社内では、監督として実績があり、ナゴヤで絶大な人気を誇った故・星野仙一氏の古巣復帰を望む声が絶えずあった。星野氏と同じ投手出身で、星野イズムの薫陶を受けている与田氏なら、その路線を継承できる。
    与田氏の地元人気は高く、過去には楽天の監督候補にリストアップされたこともあります」(前出のOB)

     監督人事はまもなく結論が出る見通し。来季は、生え抜きOBで巻き返しを図ることになるのか……。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000012-nkgendai-base

    落合博満でお願いします
    【中日の来季監督が決まらない中、亡くなった星野仙一氏の教えを継承しているあの男に白羽の矢が…】の続きを読む

    このページのトップヘ