常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:中日



    1 ひかり ★ :2018/09/28(金) 21:38:49.87 ID:CAP_USER9.net

    <中日4-3阪神>◇28日◇ナゴヤドーム

    中日の岩瀬仁紀投手が前人未到の1000試合登板を達成した。4-3の1点リードの9回に佐藤に代わり、7番手でマウンドに上がる。
    先頭糸原に死球を与えたが、続く大山を中飛、福留を一ゴロ、糸井を遊ゴロに抑えた。今季3セーブ目、プロ入り通算407セーブ目を挙げ、
    自らの記録に花を添えた。

    「ここを目標にしてきたわけじゃない。気持ち的には変わらない。1年間、無事に来られたことが、記録にたどり着いたという気がする。
    今年の投球に関しては、最初に自分が描いていた形とはちょっとズレがある。そのあたりが納得出来ていない。もともと優勝したかった。
    その中で1年間、自分が勝ちのピースになれるようにやってきた。常にモチベーションはその部分で保ってきた」と、岩瀬は話した。

    今季限りでユニホームを脱ぐことが判明しているが、数々の記録を打ち立ててきた。最優秀中継ぎ投手賞3回、最多セーブ賞5回。
    昨年8月6日の巨人戦では、米田哲也(阪急)の記録を更新する球界新の950試合登板を達成、左肘痛から復活してのカムバック賞も
    シーズン終了後に受賞した。

    99年4月2日の広島戦(ナゴヤドーム)でリリーフとしてプロ初登板してから20年目で達成した。引退目前のレジェンドが節目の
    金字塔を打ち立てた。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201809280000826_m.html?mode=all
    9回表、マウンドへ向かう岩瀬(右から3人目)(撮影・前田充)

    (出典 www.nikkansports.com)

    高卒じゃないからな
    【中日岩瀬が前人未到の記録を達成! しかし本心は…】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/09/26(水) 12:15:16.58 ID:CAP_USER9.net

     セ・リーグ最下位の中日に激震だ。岩瀬仁紀投手(43)、荒木雅博内野手(41)、浅尾拓也投手(33)が今季限りで現役引退することが25日、本紙の取材で明らかになった。現役最年長で前人未到の通算1000試合登板に王手をかけている岩瀬、昨季に史上48人目となる通算2000安打を達成した荒木、2011年に史上初めて中継ぎとしてリーグMVPに輝いた浅尾…。ドラゴンズ一筋の“球界のレジェンド3人”はコーチとしてチームに残り、来季から強竜再建を目指す。

    【写真】前人未到の400セーブを達成し喜ぶ岩瀬

     数々の日本プロ野球記録を樹立してきたプロ20年目の鉄人左腕・岩瀬がついに現役引退を決断した。愛知・西尾市出身で1998年ドラフト2位で入団し、1年目から15年連続で50試合登板。2004年から抑えに転向すると、05年から9年連続30セーブをマークした。これまで最多セーブ5度を誇り、14年7月に史上初の通算400セーブを達成。最優秀中継ぎ投手賞を3度も獲得している。

     長年の勤続疲労などから、15年は一軍登板なし、16年も15試合の登板にとどまったが、昨季は復活を遂げて4年ぶりに50試合に登板。950試合登板を達成し、歴代単独1位に立った際は「よくここまで来たなと思う。そういう投手になれると思わなかった。信じられない」。この年はカムバック賞に輝いた。

     ここまで今季は45試合で2勝0敗、9ホールド、2セーブで防御率は4・81で、もっか通算1000試合登板に王手をかけ、通算406セーブともNPB記録だ。引退試合は本拠地・ナゴヤドームでの今季最終戦となる30日の阪神戦に登板予定で花道を飾る。今季から兼任コーチとしての役割を担ってきたが、来季は投手コーチに専念し、投手王国再建へ尽力することになる。

     熊本出身でプロ23年目の荒木は1995年のドラフト1位で入団。2年目から一軍に昇格し、当初は主に外野手で起用されたが、2002年に二塁で固定されると、遊撃の井端(現巨人コーチ)との「アライバコンビ」で活躍。落合監督が率いた04年から6年連続ゴールデングラブ賞に輝き、8年間でリーグ優勝4度と黄金期の主力としてチームを支えた。07年には31個で盗塁王を獲得し、同年の日本一にも貢献。ベストナインも3度受賞している。打撃タイトルとは縁がなかったが、04年に年間9度の1試合4安打の日本記録を達成するなど、集中力は天性のもので固め打ちの多さは半端ない。荒木の入団時の中日監督だった故星野仙一氏は生前に「こいつはモノになると思った。ドラゴンズを背負っていくと思っていた」と言っていた通りの野球人生となった。引退試合は来年3月のナゴヤドームでのオープン戦の予定。コーチは内野守備走塁を務めることが濃厚だ。

     愛知・知多市出身で12年目の浅尾はかつて150キロ超の速球を武器に最強セットアッパーとして球界に君臨した。フィールディングやけん制なども華麗で身体能力はズバぬけている。特に2011年に79試合に登板し、驚異の防御率0・41をマークし、リーグ優勝に貢献。中継ぎ投手として初のMVPに輝いた。最優秀中継ぎのタイトルも2度獲得した実績を誇るが、近年は右肩の故障に苦しみ、16年は一軍登板なし。昨季は4試合の登板のみで10月1日のヤクルト戦(神宮)で史上3人目の通算200ホールドを達成したが「すごく気を使わせてしまっていることが悔しい」と負けん気の強さをのぞかせた。

     浅尾は球団から引退試合の打診を受けながら、これを固辞したとされるが、来季からはコーチに就任し、若手投手の兄貴分として一緒に汗を流すことになる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000003-tospoweb-base

    落合監督時代は凄かったな
    【中日の黄金世代を支えた3選手が揃って引退! 悲しむ声が続々】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/09/21(金) 06:38:28.45 ID:1UAaP44t0.net

    中日・松坂大輔投手(38)が今年度のカムバック賞受賞が決定的になったことが20日、分かった。
    日本球界復帰後、昨季までソフトバンク時代の3年間は右肩痛などの影響で1勝もできなかったが、今季はここまで6勝を挙げたことを日本野球機構(NPB)も高評価。
    11月上旬のプロ野球実行委員会で審議され、正式決定する見通しだ。

    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180920-OHT1T50247.html

    勝負は来年
    【松坂大輔のカムバック賞が確実に! 12年ぶりのタイトルに感極まる】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/09/22(土) 20:39:01.72 ID:CAP_USER9.net

     【セ・リーグ DeNA4―2中日 ( 2018年9月22日 横浜 )】 DeNAのG後藤武敏内野手(38)が22日、引退試合となる
    本拠地最終戦・中日25回戦に代打で出場。7回先頭打者として登場し、笠原と対戦。4球目のチェンジアップを強振し、空振りの三振に倒れた。

     球場には、家族、横浜高の恩師・渡辺元智前監督(73)らも観戦に訪れた。試合後の引退セレモニーでは
    「きょうまで必死にバットを振り続けた。松坂世代の一員でいられたことに感謝し、引退します」とあいさつ。横浜高で同期だった中日・松坂、
    DeNA・小池コーチから花束を受け取った。松坂は後藤の晴れ姿を見て男泣き。後藤が積み重ねてきたプロ16年間の功績を称えた。

     さらに松坂はDeNAのメンバーによる胴上げの輪にも加わり、後藤を祝福。後藤が親子でオープンカーに乗りスタンドの声援に応える際にも、
    最後までベンチから見送っていた。松坂は「(引退を)目にするのはつらい部分があった。でもこういう時期に引退の試合をやってもらって
    幸せ者だなと思う。16年間お疲れさまと伝えた」と話した。

     後藤は横浜高校時代に同期の松坂(現中日)らと甲子園春夏連覇を達成。法政大から2003年に西武入りし、12年にDeNAへ移籍したが、
    今季は1軍出場がなかった。通算618試合に出場して1226打数312安打打率・254、52本塁打、184打点。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/09/22/kiji/20180922s00001173288000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    やっぱり思い入れはすごいよな
    【松坂が男泣き…松坂世代の同級生が引退】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/19(水) 07:44:49.69 ID:CAP_USER9.net

    中日の白井文吾オーナー(90)が18日、来季監督人事について「今回は落合は関係ない」と、落合博満元監督(64)が介入していないことを明かし、
    次期監督として同氏を招へいする可能性もないことを激白した。

    愛知県内で取材に応じた総帥は、既に来季の監督人事に着手していることを改めて吐露したが、
    その表現は「今回は落合は関係ない。彼は第三者であって当事者ではない。彼がアドバイスしてくれているわけでもない」というもの。
    谷繁前監督、森監督の就任時とは違い、“脱落合”で人選を進めていることを強調した。

    白井オーナーは13年秋、当時の高木監督の後任について、在野の評論家だった落合氏に相談。
    腹案だった谷繁氏の監督兼任プランを落合氏が歓迎したことを受け、プレーイングマネジャーに据えた。
    同時に落合氏の提案を受けて同氏をGMに起用。
    16年8月の谷繁監督解任と同年9月の森監督就任も、落合GMと同オーナーで進めた人事だった。

    新監督人事について総帥は、落合氏が8年ぶりに復帰する可能性も明確に否定した。
    「考えたことがない。やると複雑な反応が起きるだろうから。だってみんな落合を排撃したんだもん」と、親会社の中日新聞社内に反対意見が根強いことを示唆。
    一方で「好き嫌いがあるから。(本来は監督人事に)好き嫌いなんて関係ないんだけど。みんな感情的にいろんなことを考える」
    と、8年間でリーグ制覇4度と日本一1度に導いた落合氏の手腕に、いまだ未練があることもうかがわせた

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000241-sph-base
    9/19(水) 6:08配信

    落合博満で行くべき
    【中日の白井オーナーが次期監督について断言! 噂される落合博満氏は…】の続きを読む

    このページのトップヘ