常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:乱闘



    1 ばーど ★ :2018/10/10(水) 17:59:17.61 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


     何をやってもうまくいかない。既に最下位が確定している阪神が9日の巨人戦に4―9で敗れ、本拠地・甲子園球場での球団ワースト記録を更新するシーズン39敗目を喫した。相手の4番・岡本に2本塁打を献上するなど宿敵のクライマックスシリーズ進出をアシストする惨敗劇に、金本知憲監督(50)は「打力は差がはっきりとある。長打力が課題ですね…。明日は何としても勝ちたい。選手もファンの前でいい試合してほしい」と苦悶の表情を浮かべた。

     ふがいない戦いぶりには虎党の怒りも最高潮に達した。坂井信也オーナー(70)が球場から帰る際には「いつオーナーを辞めるんですか!?」と怒声が飛び、外野席では乱闘騒ぎまで勃発。酔った男性ファンが別グループの女性ファンの首をつかんだことからイザコザになり、それを巨人ファンの男性があおったことで、虎党VSG党にまで発展した。結局、警官約20人が出動して収束したが、周囲は物々しい空気に包まれた。

     一方でチーム内からは“切り替え”を望む声が噴出した。最下位が決まったにもかかわらず、この日はベテラン・福留孝介外野手(41)や来季残留が不透明な助っ人のナバーロがスタメン出場。さらに10日のDeNA戦の先発はベテラン左腕・岩田稔(34)とあって「一つでも多く勝つというのは分かるけど、福留の場合はケガを抱えているので無理をして来季に響くのが心配だ。ナバーロも来季の去就は微妙なのに…。それならば今後に向けて思い切って二軍にいる若手を宮崎から呼んででも使うべき」と訴えるチーム関係者もいた。

     前回最下位の2001年以来となる17年ぶりのシーズン80敗にも王手となった。残り2試合で来季の巻き返しへの兆しは見せられるか。

    10/10(水) 16:44
    東スポWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000031-tospoweb-base

    熱狂的なファンの証
    【チーム内外で不満爆発寸前 今シーズンの阪神の戦いぶりに乱闘騒ぎ?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/10(金) 01:40:40.83 ID:CAP_USER9.net

    「巨人-阪神」(9日、東京ドーム)

    阪神・北條への死球を契機に、両軍に不穏な空気が漂った。

    1点リードの九回。2死二、三塁の場面で打席に立った背番号2。巨人の3番手・宮国からの初球、143キロの直球を背中付近に当てられた。

    四球で歩かせ、満塁策をとってもおかしくない状況だけに、阪神の山田バッテリーコーチが、巨人ベンチに何かを叫ぶ場面も見られた。乱闘には発展しなかったが、一触即発の空気が漂った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000156-dal-base
    8/9(木) 21:20配信


    (出典 portal.st-img.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)

    見どころ
    【あわや乱闘事件 伝統の一戦で何が】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2018/06/02(土) 14:05:01.68 ID:CAP_USER9.net

    6/2(土) 14:03配信
    エンゼルス大谷、メジャーで乱闘初体験!?試合終了も両軍がベンチ飛び出す

    ◆エンゼルス―レンジャーズ(1日・アナハイム)

     エンゼルス・大谷翔平投手(23)がメジャーで乱闘騒ぎを“初体験”した。

     9回1死満塁で、レンジャーズ・グズマンが二ゴロ併殺打に倒れ試合終了。しかし、一塁走者のオドルが二塁に入った遊撃手シモンズにめがけてスライディングに行き、交錯したため、球場は一時騒然となった。当事者を中心に二塁ベース付近に両軍選手が集まり一触即発の状態になった。

     大谷は勝利が決まった瞬間、ベンチから飛び出しグラウンドに出ており、レンジャーズの選手に詰め寄られた。

     しかし、それは日本ハム時代のチームメート・マーティンで、2人は笑顔で談笑。他の選手も乱闘になることなく、両軍ともベンチに引き上げた。

     大谷は第1打席でメジャー最年長45歳右腕のコローンから右中間二塁打。14打席ぶり、打者出場4試合ぶりのヒットとなったが、第2打席は四球。第3打席は見逃し三振、第4打席は二ゴロで、3打数1安打だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000101-sph-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】エンゼルス大谷、メジャーで乱闘初体験!?試合終了も両軍がベンチ飛び出す】の続きを読む

    このページのトップヘ