常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:事件



    (出典 ironna.jp)



    1 ストラト ★ :2018/09/04(火) 07:27:18.87 ID:CAP_USER9.net

    9月1日放送のラジオ番組「中居正広 ON & ON AIR」(ニッポン放送)で、中居正広が清原和博の著書を読んだことを明かし、事件を肯定するつもりはないとした上で、「一回の過ちであまりにもこう…ちょっと責めすぎじゃないかなと思いますけどね」と持論を述べた。

    清原和博の著書を手にしたという中居。
    「楽しみって分割にしたい癖があるんだけども、一気に読んじゃったね」と、朝の8時から昼すぎには読み終えたほど没頭したといい、「読み応えありましたね」と続けた。

    「清さんは…そうね、過ちを*てしまいました。でもそこから脱却するために、今リハビリも含めて何か色々と葛藤もありながらやってるなーって」と読んだ感想について語った。

    清原は交友関係を、自ら切る決断をしたことなどに触れ、「本読んでて…以前から思ってたけど繊細な人だから。かといってああいう事件を肯定するつもりもないけれど」と中居。

    「清さんに限らずですけど、一回の過ち、一回の失言とか、一回失敗しちゃったら…でも公に出てる人間だからそれくらいの覚悟決めてもらわないと困るよ、って言われても実際そんなに覚悟なんて決めて入ったわけじゃないからね」とし、

    「『覚悟決めて!』って公言するときはそんなこと言ってるかもしれないけど、(そ)の前に人間だから。過ちもあるし失言もあるし、失敗もあるんだけど。法に触れてるものもあれば、法に触れてないものもあると。様々なんだよね。色も形も大きさも、罪も悪も、全部いけないものはいけないっていうのはわかるんだけど、一回の過ちであまりにもこう…ちょっと責めすぎじゃないかなと思いますけどね」と持論を展開した。

    「いままで貢献したけど、一回のミスでそれを台無しにしてしまうようなこともあるんでしょうけども、過去のことも全部否定され、人間も否定され、いままでやってきた功績を誰も言ってくれない。こんな風な過ちを*てしまったけど、この人のおかげでこういう人が出てきてました(ということもある)」と過ちを*た人を慕ってきた人の存在についても触れた。

    「あの人はこういうことがあったかもしれないけれど、あの人のお陰で僕はあの組織に揉まれて、厳しい組織のなか、ハングリー精神を養うことができて、いま厳しい社会の中でもハングリー精神を持って踏ん張れています、っていう人もいるわけだから。そういう人までも否定されちゃうような気がしてね」。

    また、「その人を本当に慕ってた人もいるだろうけれど。その人までも、あの人についていって間違いだったんだって(思ってしまう)。プラス、その人も公には出てないかもしれないけれど、家族もいたり子どもも親戚もいたり、とか考えるといたたまれないよね。かといって薬物はダメですよ。大前提よ」と、持論を交えながら真剣に語っていた。

    Twitterでは「中居くんの人間性が感じられるトークだった」などのコメントが寄せられていた。

    ラジオ番組「中居正広 ON & ON AIR」は毎週土曜23時から放送。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180903-00160793-the_tv-ent

    ★1=2018/09/03(月) 14:12:31.22
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535963239/

    現役のころからやっていたなら同情はしない
    【中居正広が清原和博に救いの手を差し伸べる? ただの野球好きとの批判の声も…】の続きを読む



    1 ホイミン ★ :2018/09/03(月) 01:53:16.16 ID:CAP_USER9.net

    しらべぇ既報のとおり、「少年野球の監督が選手を殴る動画」が物議を醸している。記事が公開されて以降、動画の再生回数は10万回を超え、関心の高さが伺える。

    この問題については、レイ法律事務所に所属する高橋知典弁護士も、「少年野球の監督に懲戒権は認められていない」「体罰は、暴行罪・傷害罪となりうる犯罪」と、厳しく警鐘を鳴らしている。
    ■動画以上の「体罰リスト」も

    さらにしらべぇ編集部は、この動画の撮影者が作成した『体罰リスト』を入手した。A4の紙にびっしりと「日時/場所/対戦相手/対象の選手名/体罰の内容」が記されているものだ。

    2016年12月から2017年8月までの9ヶ月弱の間に19件、11人の子供たちが体罰の対象となっていることがわかる。

    メモの要点をまとめると、以下のようになる。

    ・2016年12月25日 X広場 交流戦 Aくん(ビンタ→倒れたところに足蹴り)
    ・2017年1月9日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ2発以上)
    ・2017年1月14日 X広場 交流戦 Bくん(ビンタ→鼻血)
    ・2017年1月21日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ)
    ・2017年1月29日 X広場 交流戦 Bくん(ビンタ2発以上)
    ・2017年2月19日 Yグランド 大交流会 Aくん・Dくん(動画あり)・Eくん・Fくん(鼻血)
    ・2017年2月25日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ)
    ・2017年3月2日 Z市民運動公園 紅白戦 Bくん・Fくん(背後から不意打ち)
    ・2017年3月4日 Vグランド 交流戦 Fくん(往復ビンタ)
    ・2017年3月5日 X広場 交流戦 Bくん(ビンタ→鼻血)
    ・2017年3月18日 X広場 練習中 Gくん(ビンタ2発以上→警察に通報され事情聴取)
    ・2017年3月19日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ)
    ・2017年4月1日 X広場 Bくん(ビンタ/熱があるのに投手やらせる)
    ・2017年4月23日 大会2回戦後 Bくん・Fくん(総監督のトレーニングシューズで頭叩く)
    ・2017年6月24日 X広場 交流戦 Gくん(ビンタ)
    ・2017年7月17日 X広場 練習中 Hくん(ビンタ→頬に横10cmの傷)
    ・2017年7月27日 Z市民運動公園 Gくん(ビンタ/動画あり)
    ・2017年7月30日 X広場 練習中 Iくん(ビンタ2発以上)
    ・2017年8月13日 Wグラウンド 練習中 Jくん・Kくん(ビンタ3発以上)

    19回の記録のうち10回も執拗に暴力を受け続けている小学生も確認された。
    ■動画撮影者に暴行の実態を聞いた

    このリストには、「殴られて倒れた選手を蹴り上げる」「投手2人の頭を履いていたスパイクで殴る」といったきわめて悪質なものも含まれており、
    小学生の選手たちが日常的に酷い内容の暴力を受けていたことが判る。
    今回の動画・リストを作成したのは、この少年野球チームの元関係者だ。本人に話を聞いたところ…

    ・リストは都道府県の軟式野球協会に見せるために作成し、実際に見せた。日時や対象の選手などの記憶が曖昧なものは省いているため、実際にはもっと多くの回数があった。
    ・体罰の理由のほとんどは動画のような理不尽なものだった。動画に映っていたものはましなもので、もっと酷いものが多数あった。
    ・選手が殴られるというのはあまりにも日常的なことだったので、感覚が麻痺しており、異常なことであるとは気づいていなかった

    と、チームを離れてから「洗脳」がとけるかのように我に返ったのだという。


    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180902-84777518-sirabee

    野球が嫌いになるな
    【あなたは今、野球界で起きている一番の問題を知っているか】の続きを読む



    (出典 www.netto.jp)



    1 春の呪い ★ :2018/08/31(金) 15:51:31.62 ID:CAP_USER9.net

    DeNAは31日、未成年の山本祐大捕手(19)が飲酒していた事実が発覚したとを公表した。
    同日の阪神戦(甲子園)前、三原球団代表が明らかにした。

    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180831-OHT1T50155.html

    こいつも終わったな
    【DeNA期待の若手捕手が未成年飲酒で逮捕?】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/08/29(水) 18:28:15.50 ID:CAP_USER9.net

     今年1月に起きた中日ドラゴンズ私設応援団長と事務局長に対する強要事件。この事件で逮捕された愛知県在住のA氏が「週刊文春」のインタビュー取材に応じ、ドラゴンズの球団職員との密接交際について赤裸々に語った。A氏はかつて愛知県内にある暴力団の二次団体に所属。また年間70試合以上、球場でドラゴンズの試合を観戦する熱烈なファンだという。


    (出典 bunshun.jp)

    取材に答えるA氏 ©文藝春秋

     A氏と親密な関係を続けてきたのは、ドラゴンズ職員のS氏。暴力団排除担当のS氏は愛知県警OBだという。

     S氏との関係についてA氏が明*。

    「初めて会ったのは2015年の夏頃でした。応援団関係者から球場で紹介された。彼が県警OBだということは聞いており、球場で会えば挨拶する関係がしばらく続きました」

     同年のシーズンオフ、二人は初めて飲食を共にする。

    「この日はシーズン終了を労うという趣旨で集まりました。名古屋の錦にある居酒屋で食事をしたあと、キャバクラを2軒はしごしました。会計はすべて私が支払い、一晩で30万円ほど使いました」(同前)


    (出典 bunshun.jp)

    S氏の名刺 ©文藝春秋

     その後、二人の交流は続き、3万円の商品券を渡したこともあったという。

     こうした利益供与の見返りに、S氏はプラチナチケットを用意したという。

    「16年の開幕戦では、ライトスタンドの前列6枚を用意してもらいました。この年は、侍ジャパンのチケットもお願いしました。私が覚えているだけでも、Sからは20枚以上のプラチナチケットを手配してもらいました」(同前)


    (出典 bunshun.jp)

    チケット手配についての御礼メール ©文藝春秋

     S氏を電話で直撃すると、キャバクラ接待については認めたものの、商品券の受け取りについては「その場で返しました」と答えた。ドラゴンズの広報部に聞くと、商品券については回答せず、「A氏らと飲食を共にしたのは事実だが、情報収集のために行ったものであり、(略)癒着はなかったと認識している」と答えた。

     8月30日(木)発売の「週刊文春」では、A氏が、S氏との癒着の詳細や中日新聞記者の捜査情報漏洩についても語っている。


    「週刊文春」編集部2時間前
    http://bunshun.jp/articles/-/8770?page=1

    やっちゃったな
    【中日ドラゴンズ職員と暴力団員が接触! その結末は…】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 すらいむ ★ :2018/08/28(火) 12:57:07.73 ID:CAP_USER9.net

    ユニホーム窃盗容疑の元巨人選手を不起訴処分

     川崎区検は28日、読売ジャイアンツ球場のロッカールームから選手のユニホームを盗んだとして窃盗容疑で逮捕されたプロ野球巨人の柿沢貴裕元選手(24)を不起訴処分とした。
     理由は明らかにしていない。

     神奈川県警多摩署は7月8日、川崎市多摩区の読売ジャイアンツ球場のロッカールームで6月に2軍選手の試合用ユニホームを盗んだとして逮捕。
     その後、釈放し、任意で捜査していた。

     球団は7月7日、阿部慎之助選手らのバットやグラブなど約110点を盗んで売却していたとして契約を解除した。

     柿沢元選手は2013年に鹿児島・神村学園高から楽天に入団し、16年オフにトレードで巨人に移籍した。(共同)

    日刊スポーツ 2018年8月28日12時43分
    https://www.nikkansports.com/general/news/201808280000417.html

    ありえない
    【なぜ不起訴処分? 巨人が金銭で丸め込んだか…】の続きを読む

    このページのトップヘ