常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:交代



    1 れいおφ ★ :2018/08/31(金) 13:24:02.42 ID:CAP_USER9.net

    全国高校野球選手権大会を群馬県勢で初制覇した桐生第一高の福田治男氏(56)=桐生市=が野球部監督を解任されたことが30日、分かった。

    福田氏は同部創設から30年以上、指揮を執ってきたが、2008年を最後に夏の甲子園から遠ざかり、今夏は群馬大会2回戦で敗退した。
    成績不振などが主な原因とみられる。

    ◎今泉コーチが昇格し秋の県大会へ

    関係者によると、同日開かれた野球部保護者会で、学校側が福田氏の解任を報告し、
    今泉壮介コーチ(38)を監督に昇格させて秋季県大会に臨むと説明した。
    福田氏は「3年間面倒を見ることができず、生徒たちに申し訳ない」と謝罪。保護者から今後の部や寮の管理体制などについて質問が出たという。

    福田氏は上毛新聞の取材に対し、「やり残した思いはあるが、生徒の動揺を抑え、大会に集中できる環境が優先。健全な部になってほしい」と話した。

    福田氏は同市出身。1979年に埼玉・上尾高で夏の甲子園に出場した。東洋大卒業後、桐生第一が野球部を創部した85年に監督に就任。
    91年春に初めて甲子園に導き、99年夏に県勢初の全国制覇を果たした。
    甲子園は春夏通算14回出場し、17勝13敗1分け。不祥事の責任を取って2008年8月に監督を辞任、翌年復帰した。

    ◎「目標だった」「暴力根絶できず」 関係者 思い複雑

     桐生第一高野球部を全国区の強豪に育て上げ、群馬県に「深紅の大旗」を初めてもたらした福田氏が監督を解任された。
    関係者は「チーム内暴力を根絶できなかった。成績だけの問題ではない」と監督責任を指摘する。
    一方、その指導手腕に「桐生第一の野球が好きで子どもを預けたのに」、「いとも簡単に辞めさせるのか」と功績を惜しむ声も上がった。

    30日の保護者会への出席者によると、学校側は解任の事実のみ伝え、理由を問う保護者もいなかった。
    2年生の男性保護者は「相手がパワハラと思えば、それはパワハラ」と話し、前部長の体罰問題などを防げなかった責任はあるとした。
    1年生の女性保護者は「これから部は良くなっていくと思う」と期待した。

    同校野球部OB会の高島幸夫会長(48)=みどり市=は「部員が伸び伸び野球できる環境を。OBも一致団結して応援する」と、名門再建へ力を込めた。

    桐生第一を追い掛けてきた他校指導者からは、手腕を惜しむ声が上がった。

    健大高崎高の青柳博文監督は「群馬県のレベルを上げた大功労者。目標とした時期があり、喪失感に近い思い」。

    前橋育英高の荒井直樹監督は突然の退任に驚き、「自分たちが力をつけるために欠かせず、ありがたい存在だった」と振り返った。

    元農大二高野球部監督で解説者の斎藤章児さんは
    「群馬を最初に全国制覇へと導き、群馬の野球を全国にとどろかせた。こういった形で辞めてしまうのは残念でならない」と話した。

    https://www.jomo-news.co.jp/sports/hsb/76126

    福田治男氏

    (出典 www.jomo-news.co.jp)

    成績悪かったか?
    【群馬桐生第一で大激震! OBも驚く監督交代?】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/06/28(木) 22:28:29.38 ID:CAP_USER9.net

     ◇セ・リーグ 中日6-9ヤクルト(2018年6月28日 神宮)

     中日は悪夢のサヨナラ負けを喫し、4連敗で借金が今季最多8まで膨らんだ。

     6―4の9回、守護神・田島がマウンドに上がったが、制球が定まらず無死満塁のピンチをつくると、西浦の2点適時打で同点。
    さらに1死から山田にサヨナラ3ランを被弾した。

     2―2の8回、平田、高橋の適時打で3点を奪い、勝ち越しに成功。4番手・祖父江もバレンティンに2ランを浴びつつもリードを死守。
    9回には伏兵・工藤にもタイムリーが飛び出し、連敗ストップに向け一丸となっていただけに、森監督は
    「皆があそこ(9回)まで我慢してつないで来てる。球の問題じゃない」とピシャリ。

     田島は24日のDeNA戦も同点の9回に4失点し3敗目を喫したばかり。登板2試合続けて敗戦投手となった守護神に指揮官は
    「我慢はしてるが、考える」と厳しい表情だった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000145-spnannex-base


    【中日森監督が抑えの田島を名指しで】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/06/28(木) 08:39:43.33 ID:CAP_USER9.net

    ◆広島8―6巨人(27日・マツダスタジアム)

     巨人が、前夜と同じような苦しい戦いで3連敗となり、3位に後退した。先発・田口が初回いきなり4安打を浴び4失点。3回、マギーの7号3ランで
    1点差に迫るもその裏、鈴木に11号ソロを被弾するなど、4回8安打5失点で5敗目を喫した。前日と同じく、2番手・谷岡、続く田原も失点し、
    これでマツダスタジアムでは昨年8月から8連敗。首位・広島とのゲーム差は今季最大の7・5に広がった。陽岱鋼のソロやマギーの4打点で2点差まで
    迫ったのが、せめてもの救いだった。

     同じミスを繰り返す女房役に対し、さすがに由伸監督も耐えきれなかった。4点を追う3回先頭。1打席目を迎える小林に、代打・大城を告げた。
    攻撃に転じるための策と言えば聞こえはいいが、先発投手をリードしきれていないのも事実。2戦連続して初回4失点では、野手の士気も下がってしまう。

     指揮官は交代理由について「守備? それもあるし、追い上げないといけないので」と強くは責めなかったが、バッテリーコーチも兼任する
    村田ヘッドは厳しかった。「交代? しょうがないちゃうんか。初回に4点も取られて。ピッチャーだけの責任やない」

     26日の初戦は3四死球から松山に満塁弾を浴びた。制球面を課題にするルーキー・鍬原を立ち直らせることができず、4回に代打を出された。
    この日も、4安打1四球で4失点。広島の上位打線に対し、歩かせて、打たれて…の繰り返しだ。小林は「2試合連続でこういう形になっているので、
    自分の力不足です。田口だけ(の責任)じゃない」と背負い込んだ。

     もちろん、前夜の4失点とは訳が違う。由伸監督が軸として送り出す田口だからこそ、情けなさは増す。3回にマギーの3ランで一時は1点差まで
    追い上げながら直後、鈴木に被弾。流れを戻しかけて失う悪循環で、村田ヘッドも「調整なにしてたんやって話。バッテリーコーチとして監督に申し訳ない」
    と、小林に続いて一蹴した。たとえ、小林に配球面の課題があったとしても、田口ならば首を振るなり、バッテリー間で“会話”ができるレベルにあるはずだ。

     その左腕は試合後、険しい表情で反省の弁を並べた。「情けない。そのひと言に尽きます。実力不足。恥ずかしい。こういう負け方は
    二度としたくない。今日は自分自身にも腹立たしい内容だった」。これで自身4連敗。交流戦明けのリーグ戦再開後、2カード目の2戦目に起用されている
    時点で、首脳陣の信頼は薄くなっている。この逆境を乗り越えない限り、チーム全体の兆しも見えてこない。

     昨年7勝18敗のカープに今年も2勝7敗と差をつけられている。2戦とも攻撃陣は反撃しているだけに、バッテリー次第で流れは変わる。
    28日は中5日で菅野が先発する。立て直してくれるはずだ。(水井 基博)

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000000-sph-base


    【巨人村田ヘッドが小林に苦言 厳しい判断(交代)も「ピッチャーの責任じゃない」」】の続きを読む

    このページのトップヘ