常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:借金



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/07/13(金) 17:29:48.75 ID:CAP_USER9.net

    岡本ら若手台頭も巨人が借金ターン 老川オーナーの注文
    2018.7.13 13:00 サンケイスポーツ
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20180713/gia18071313000003-n1.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000541-sanspo-base

    巨人・老川オーナー

    (出典 www.sanspo.com)


    今月6日。巨人・高橋由伸監督(43)が東京・大手町の読売新聞東京本社を訪れ、渡辺恒雄・読売新聞グループ本社代表取締役・主筆(92)、老川祥一オーナー(76)らに前半戦の報告を行った。

    老川オーナーは若手の台頭を評価。6月上旬から4番を務める岡本の話題にもなったという。

    「岡本君の調子はどうだろうかとかね。今シーズンの一つの特徴は岡本君を始め、若手が頑張ってくれていること。これからも大いに頑張ってもらわなきゃ困るわけだけども、
    岡本君は別にしても、それぞれ足りない部分とかいろいろありますから。その辺をベテラン勢がうまくカバーしながら、試合を通じて成長してもらうということ」

    岡本以外にも2年目内野手の吉川尚が台頭。打力が魅力のルーキー・大城もスタメンマスクの機会を増やしている。投手陣ではヤングマンやメルセデスが初登板で白星を手にした。

    前半戦は借金ターンとなった巨人。老川オーナーは後半戦の戦いにこう注文をつけた。

    「今までも勝ちパターンでありながら1点勝負で負けている。1点取れないで負けているケースもあるけれども、逆に1点取られているケースもある。
    そこら辺をどうやって防ぐというか、乗り越えていくかということですよね。
    勝ちパターンのまま1点勝負で勝っていれば、とっくに首位になっていてもおかしくないわけですから。そこら辺に課題があるなというところ。
    (投手陣の)話題の中心でしたね。具体的なことは、私の口から言うわけにはいかないけど、そういうことをいろいろ聞かせてもらったということです」

    逆転優勝を諦めず、首位・広島の背中を追う。


    【巨人が前半戦を借金ターン 老川オーナーが後半戦の巻き返しを期待】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/07/06(金) 07:06:44.86 ID:CAP_USER9.net

     不祥事に始まり不祥事に終わる野球人生だった――。
     ロッテの大嶺翔太(26)が6月23日に引退した。

    「入団時に前代未聞の“事件”を起こしたいわくつきの選手ですね」

     と大手紙デスクが語る。

     2009年ドラフトで3位指名された高校生の大嶺は、こともあろうにその年の12月、居酒屋で飲酒喫煙して警察に補導された。

    「少年法に則り実名報道しなかった報道機関もありましたが、ロッテが指名した未成年選手は大嶺だけだったので、意味ありませんでした。入団会見に姿を見せず、年明けに一人だけで入団発表してましたね」(同)

     4年間は2軍生活だったが、4年目に結婚し女児が誕生してからは1軍での出場機会が増えていた。近年は、不動のレギュラーとはいかないまでも、内野全ポジションを守れるユーティリティプレイヤーとして重宝されていた。今季年俸は推定1千万円だった。

     そんな大嶺がシーズン中に突如引退を発表したのだ。

    「大嶺は球団を通じて“色々な方にお金を借りて返せないという金銭トラブルが発生し、多くの方にご迷惑をおかけしてしまったことを深くお詫び申し上げます”とコメント。他球団にも同じようなケースで引退した選手はいますが、彼らは理由を伏せてオフにこっそり引退していました」(同)

    “シーズン中に借金を理由に引退”というのはやはり前代未聞である。

    「借金といっても、むろん住宅ローンとかではありません。いわゆる闇金です」

     と球団幹部が明*。

    「球団にも嫌がらせがありましてね。いたずら電話で緊急車両が球場に来るなんてこともたびたびありました。さらに大嶺は後輩たちに金を無心していました」

     大嶺の兄・祐太(30)もロッテでプレーしているが、

    「兄貴にも取り立てが来たそうですよ。ただ弟は、兄や先輩には無心しなかった。そもそも兄弟仲はあまり良くないみたいです」(同)

     大嶺は“新しい環境で一から出直す”ともコメントしている。

    「引退と引き換えに球団が借金を肩代わりしたみたいです」(先のデスク)

     ある意味、記憶に残る選手だった。お達者で――。

    週刊新潮 2018年7月5日号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07050557/?all=1

    関連スレ
    【プロ野球】 突然の引退発表。ロッテ・大嶺翔太「金銭トラブル」の裏事情
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530508400/


    【波乱万丈のプロ野球生活だった 大嶺翔太の野球人生を振り返る】の続きを読む

    このページのトップヘ