常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:元木大介



    1 ひかり ★ :2018/10/22(月) 19:06:34.33 ID:CAP_USER9.net

     巨人が22日、来季の1軍コーチ陣を発表した。内野守備兼打撃コーチには球団OBの元木大介氏(46)がコーチ初就任。投手総合コーチに
    宮本和知氏(54)、投手コーチに水野雄仁氏(53)が加わり、次期監督就任が確実視される原辰徳氏(60)とともに覇権奪回を目指す。

     元木氏は現役時代に「くせ者」の愛称で活躍し、引退後も解説者として試合を視察。今年からは侍ジャパンU―12代表監督も務めていた。
    宮本氏と水野氏はともに原氏と長きにわたり現役生活をともにし、意思疎通も図りやすい。宮本氏はコーチ就任は初。水野氏は99年から3年間、
    巨人の投手コーチを務めたキャリアを持つ。エースの菅野一人に頼ってきた投手陣の抜本的立て直しが求められる。

     外野守備走塁コーチは走塁のスペシャリストとして知られた鈴木尚広氏(40)、打撃コーチに後藤孝志氏(40)、バッテリー部門はヤクルトと巨人で
    活躍した相川亮二氏(42)がそれぞれ就任。後藤氏は2年ぶりのコーチ復帰、昨季限りで現役引退した相川氏は初のコーチ職となる。打撃部門では
    吉村コーチのみ留任した。

     来季、ファームのコーチは2軍、3軍に分けず指導する。今季限りで現役を引退した杉内俊哉氏(37)が投手コーチ、村田修一氏(38)が
    打撃コーチに就任。スカウト陣から古城茂幸氏(42)、木佐貫洋(38)のファームコーチ就任も決まった。

     また、23日に都内で山口寿一オーナー(61)、高橋由伸監督(43)と原氏がそろって監督退任および就任会見を行うことも発表された。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000142-spnannex-base

    巨人来季のコーチングスタッフ発表
    ◆1軍
    (監督)原辰徳
    (打撃総合)吉村禎章
    (投手総合)宮本和知
    (投手)水野雄仁
    (打撃)後藤孝志
    (内野守備走塁)元木大介
    (外野守備走塁)鈴木尚広
    (バッテリー)相川亮二
    (トレーニング)ジョン・ターニー、穴吹育大

    2軍監督 高田誠
    3軍監督 井上真二
    ◆ファーム
    投手 三沢興一、木佐貫洋、杉内俊哉
    投手兼トレーニング 会田有志
    打撃 金城龍彦、村田修一、堂上剛裕
    打撃守備 古城茂幸
    内野守備走塁 片岡治大
    守備 藤村大介
    外野守備走塁 松本哲也
    バッテリー 秦真司、吉原孝介
    トレーニング 木村龍治

    https://twitter.com/hochi_giants/
    (deleted an unsolicited ad)

    元木大介は指導者として実績上げてるからな
    【元木、宮本、水野氏らが古巣のコーチに就任! 】の続きを読む



    1 shake it off ★ :2018/09/26(水) 22:44:48.31 ID:CAP_USER9.net

    25日、エンゼルスの大谷翔平投手(24)が右ひじのじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けることが発表された。米大リーグ・カ*のダルビッシュ有、中日の松坂大輔、阪神の藤川球児など、日本球界で活躍後、海を渡った多くの日本人投手が受けた手術だ。

     以前から学生時代における投げ過ぎ、日本とメジャーのボールや登板間隔、マウンドの高さや硬さ、気候の違いなど、その要因を巡るさまざまな議論があることは周知の事実だが、この問題について、都内でインタビューに応じた野球解説者の元木大介氏(46)が言及。学生時代の投げ過ぎに関して「それは原因では無い」と言い切ると、独自の視点でその理由を語り始めた。

     「もちろん、既に議論されているような中4日という登板間隔による疲労の蓄積、ボールの重さや縫い目、マウンドの高さ、気候などの違いはあっても、一番の原因は“球数制限”によるキャンプからの投げ込み不足にあると思います。投手に関しては投げ込みながら肩を作っていくタイプもいる。そこを制限されて、試合で100球を投げたら、それはもたない」

     そう切り出した元木氏は、投手野手に関係なく「選手の体型変化」に着目すると、次のように続けた。

     「投球制限も然り、ランニング量など絶対的な練習量が不足しています。その結果、日本でプレーしていた頃の体型を維持できなくなる選手が多い。体とイメージのギャップが生まれているのに、以前と同じように投げようとするから、それを補うために無意識に無理が生じる。
    投手でいえば手投げになる。球威が落ちてさらに力みが生じて、最終的にはケガに繋がっている。投手野手に限らず、向こうで長く活躍した選手は、体型の変化が少ない。そのことだけは間違いないと思います」

     大谷の“二刀流”としての復帰は2020年になる予定だが、ファンとしては、どんな形であっても、1日でも長い大谷の活躍を望んでいることだろう。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15359035/

    怪我が多いよな
    【元木大介が語るメジャーリーグで日本人が活躍できる法則】の続きを読む



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/08/25(土) 14:38:32.74 ID:CAP_USER9.net

    2018年08月25日 08:00
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/25/kiji/20180825s00041000097000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    元木大介氏(左)と橋下徹氏 Photo By スポニチ
     U―12野球日本代表監督の元木大介氏(46)が23日、AbemaTV「橋下徹の即リプ!」(木曜後10・00)の生放送に出演。ネット上などで議論となっている高校野球における投手の「球数」について、番組MCの橋下徹氏(49)と激論を交わした。

     ツイッターで「金足農業の吉田選手を美談で終わらす間は、日本のスポーツ界に未来はない」などと持論をつづっていた橋下氏は「プロの意見を聞きたいです」と元木氏の意見に興味津々な様子。元木氏は「僕は(連投は)しょうがないと思います。きついのはきついですが、今から休んで投げ込みができないと高いレベルでは長い時間もたないと思う」と真っ向から異論をぶつけた。

     「野球のプロじゃないから、それを僕が反論しようものなら…」と苦笑いを浮かべた橋下氏だったが、「僕はプロじゃないです。でも、今日に向けて、しこたまスポーツ科学論の本を読んできました。だから理屈で行きますね」と前置きし、スポーツ科学の観点から海外の大会で投球数制限が設けられていることを説明した。

     これに対し、元木氏は球数制限にも「反対」と立場をはっきりさせた上で、「強いチームは良いんですけど、高校野球で何日かおきに投げないといけないとなると、金足農業みたいな地元の人ばかりで頑張るチームは2試合目、3試合目となるにつれてレベルは落ちるわけです」と持論を展開。「そうなると今までやってきた子どもたちがかわいそう。だから投げられるなら投げてもらう。でも投げられないのに投げさせたら、それは指導者のミスだと思う」と指導者としての意見を語った。

     続けて「なぜ急にこんなこと(球数制限の議論が活発)になってきたのかが不思議でしょうがないです。人それぞれの筋力があるわけだから、自分が無理だと思えば手を挙げるし、指導者が『これは厳しいな』って時は代えてあげるのがチームだと思う。決勝まで行って、(球数制限のルールで)ストップかけられる方がつらい部分はありますよ」とまとめた。

     球数制限については真っ向から意見が対立した2人だったが、橋下氏が提言する「学校単位のチームを崩して、クラブチームのような形で投手を4、5人を確保する」との意見には元木氏も同意。「(実現すれば)すごくありがたいですよね。そういうチームができれば、休ませて投げさせて休ませてってできるので1番いいパフォーマンスを出せると思う」とうなずいていた。

    ★1=2018/08/25(土) 09:18:03.97

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535164023/

    橋下もよく出てくるな
    【元木大介氏が橋下徹氏と甲子園の連投について激論 その結末は…】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/08/12(日) 21:01:31.04 ID:CAP_USER9.net

    元木ジャパンが3連覇 U12世界少年野球
    2018年8月12日17時5分 スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/baseball/etc/20180812-OHT1T50160.html

    米国で開催されている「カル・リプケン12歳以下(U12)世界少年野球大会」で元巨人・元木大介監督(46)が指揮を執る日本代表チームが、ワールドシリーズ決勝でバージニア(米国)を6―2で破り、大会3連覇を飾った。

    初回に2点を先制されたが、3回に清水風太の適時打で1点差に迫る。そして5回、佐々木純太郎の単打、田村好誠の四球、捕逸で二、三塁とし、辻隆之介のバント安打で同点。小杉倫太朗の適時打で勝ち越した。
    さらに清水風太の2点二塁打でリードを広げ、6回にも1点を追加。そのまま逃げ切った。

    ◆表彰選手◆

    【最優秀選手賞】

    元木翔大(麻生ボーイズ)

    【打撃部門(ベストナインから)】

    清水風太(泉州阪堺ボーイズ)

    元木翔大(麻生ボーイズ)

    池口奏(京葉ボーイズ)

    【守備部門(同)】

    阪怜我(四日市ボーイズ)

    佐々木純太郎(麻生ボーイズ)

    予選リーグでは、初戦のカナダ戦で20―0、続くドミニカ戦でも8―3と逆転勝ちし、最終戦の韓国には4―0。3戦全勝で決勝トーナメントに進出し、準決勝でもバハマを8―0で撃破。決
    勝で再び対戦することになった宿敵・韓国には予選リーグ最終戦に次いでの連勝となり、1点も与えない完璧な勝利を収めた。

    チームはボーイズリーグとヤングリーグに精鋭15人で結成。07年から、今年1月に急逝した星野仙一さんがチームを支援し「チーム星野」として世界に挑戦。今年からプロ経験者として初めて元木監督が就任。元木ジャパンとして大会6度目の世界一を目指していた。


    U12を3連覇に導いた元木監督

    (出典 www.hochi.co.jp)

    くせ者
    【U12世界少年野球で快挙達成! 元木ジャパンの強さの秘密とは?】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/07/24(火) 23:14:30.94 ID:CAP_USER9.net

    “クセ者”が元木ジャパン監督になったワケ
    2018年7月24日16時0分 スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/baseball/column/20180724-OHT1T50082.html

    元木大介氏

    (出典 www.hochi.co.jp)


    元木ジャパンが始動する。巨人でプレーし、その後、野球評論家やタレント、実業家などマルチな活動をしていた元木大介さん(46)が、8月3日から開催される「カル・リプケン12歳以下(U12)世界少年野球大会」の日本代表監督にプロ経験者として初めて就任。
    29日に都内ホテルで結団式に臨み、翌30日に精鋭15人のメンバーを引き連れて、決戦の地となる米ミズーリー州ブランソンに向けて出発する。

    もともとは「チーム星野」として2007年からボーイズリーグとヤングリーグで結成されたU12日本代表。今年1月に急逝した星野さんは生前から元木さんに監督就任を打診していた、という。

    元木さんは言う。野球とは、「流れ」というものが非常に重要なスポーツであって、流れのやり取りのなかで、それをつかんで離さなかった方が勝利を手にすることができるのだと。
    「だからね、俺は流れを変えられるようなプレーヤーを目指してきたの。本当に相手が嫌がることとか、何か隙を見つけてとか、っていうのは、試合の流れをちゃんと見てないとできないからね」。
    現役時代に自ら先頭に立ってヤジ将軍を務めたのにも、理由があった。

    「ベンチでさ、ボールを見ていないと、プレー見てないと、ヤジれないの。声出せないの。
    だから、若い選手には、今の少年たちにもそう言うんだけど、まずとにかく、一番前に座って声を出しなさいと。何でもいいから、声を出しておけ、と。
    そのプレーに対して声を出しておけば、そのプレーをずっと見ていることになるから。勉強になるから。
    流れを読めるようになれば、試合のなかでの自分の役目も分かってくるようになって、準備もしっかりできるようになる」

    そんな考えの源流は、これまでに出会ったさまざまな指導者から学び得たものでもあるが、特に、巨人の2軍監督やヘッドコーチなどを歴任した須藤豊さんの教えが強くある。

    「すーやん(須藤さんの愛称)が、相手投手が牽制したらベンチから走者に向かって大きな声で『バック!』って言えって、よくね。
    なーんで言わなきゃいけないんだ、ちゃんと(ベースに)帰るよ、プロなんだからって最初は思ったりもしたんだけど、やっぱりそれもプレーを見ておけってことだったの。
    自分がランナーで出た時も、牽制で、何かしらピッチャーのクセでも見れるんじゃないかな、ってことだったのよ。
    だから、少年野球で教える時でも、ベンチでは牽制したら、みんなでまず『バック!』って言いなさい、って。俺が教わったことでいいことだな、と思うことは子供たちにもね」

    確かに、現役時代の元木さんは、試合だけでなく、試合前のグラウンドなどでも実に鋭い観察眼で周囲を常に見ていた。ふだんは見慣れない関係者が球場を訪れると、必ず「あの人、だれ?」と確認。しっかり取材している報道陣と、そうではない記者をちゃんと見分けてもいた。

    そんな話を聞きながら、ふと、今の巨人を思ってみた。ベンチから声は出ているか。元気はあるか。プレーに集中しているか。元木さんも古巣のことがやっぱり心配でならないようだ。

    「伝統ある強い巨人軍、ってずっと言われているけれど、何かなくなっているものがあるんじゃないかな、とは思う。
    巨人は強くなきゃいけないって、だれもが知っているけれど、若い子たちが使ってもらっているけれど、そういう気持ちでやっているのかなって。
    岡本が4番を打つようになって、ようやく花咲いてきているじゃない。まだつぼみみたいなものだけど。あの岡本が頑張っているから、他の2軍の選手が、俺らできんじゃないのって、もっと強く思って出てきて欲しいね」

    元木さんは常勝巨人に憧れ、野球浪人してまでユニホームを通したジャイアンツで引退して、もう14年が経った。
    「来年でオレ、現役と引退が同じ年になっちゃう。15年で。だから、30年経つって、あっという間。やっている時、長いんだけど、辞めたら1年がめちゃくちゃ早い」。
    苦笑いの表情は、久しぶりの真剣勝負を前に、キリリと引き締まっている。
    「たかが2週間の少年野球だと思ったら大間違いだと思う。自分としてもプレッシャーを感じている。日の丸を背負っていくんだから」。
    U12日本代表が目指すのは3大会連続6度目の優勝、世界一だ。チームを率いる元木監督の暑い夏は、これからさらに熱くなるだろう。


    【元木ジャパンが本格始動へ  くせ者輩出へ】の続きを読む

    このページのトップヘ