常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:前澤友作



    (出典 d201jp25bze1i8.cloudfront.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/31(金) 15:12:48.41 ID:CAP_USER9.net

    プロ野球の現役オーナーが、初めてZOZOの球界参入について見解を語った。オリックス宮内義彦オーナー(82)が8月31日、BSジャパンの
    「日経モーニングプラス」に出演。スタートトゥデイの前沢友作社長(42)が「プロ野球球団を持ちたい」と表明した件について
    「そういうところに関心を持つ方が出てくるのは当然かなと。プロ野球の世界もこれまでたくさん買収なんかありましたので、そういうことが今後ないとはいえないと思う」と語った。

    宮内オーナーは経済ニュースを扱う番組で、企業統治や規制改革などについてビジネスマンとして持論を展開した。
    その後、八木ひとみキャスターが、野球ファンとしての個人的な興味として、前沢社長の球界参入について尋ねた。

    宮内オーナーは、まず「やはり日本と欧米では違う。欧米ではプロスポーツが大産業となっている。
    日本はそこまでいかないで、企業の宣伝媒体としてものすごくいいものだとして捉えられている。
    おそらく日本も将来はスポーツビジネスが大きな事業になると思う」とスポーツ産業の将来性を語った。

    その後、核心について答えた。「そういうところに関心を持つ方が出てくるのは当然かなと。
    プロ野球の世界もこれまでたくさん買収なんかありましたので、そういうことが今後ないとはいえないと思う」と見通しを語った。球団名などには言及しなかった。

    宮内オーナーは1988年(昭63)10月19日に阪急からの球団買収を発表した。
    04年11月には近鉄と球団を合併。現在まで30年間、一貫してオーナー職を務めている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00316010-nksports-base
    8/31(金) 13:37配信

    価値観が違いすぎる
    【ZOZOTOWN前澤友作社長の思惑とは? オリックスオーナーが警戒】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 ばーど ★ :2018/07/30(月) 08:46:49.17 ID:CAP_USER9.net

    ZOZOTOWNを時価総額1兆円以上にまで成長させ、私生活でも何かと話題の風雲児がついに球界参入を高らかに宣言した。

    "黒船"の突然の登場を、球界側はどう受け止めているのだろうか?

    * * *

    今年のオフの"主役"は決まったも同然だ。

    「【大きな願望】プロ野球球団を持ちたいです。(中略)シーズンオフに球界へ提案するためのプランを作ります」

    大手ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長が突然、ツイッターでそう宣言したのは7月17日。以来、目立った動きはないものの、球界には少なからず動揺が走っている。

    民放キー局関係者が言う。

    「当初はロッテの買収が本命視され、今もその線が消えたわけではありませんが、ロッテの山室晋也球団社長は『球団を手放すことはありえない』とコメントしています。実際、前澤氏がすでに買収提案をしたものの、ロッテ側が固辞したとの情報もあります。

    そもそもロッテは近年、経費削減でかなり球団赤字を減らしており、しかも今季は7月下旬に球団史上最速タイの46試合目で観客動員100万人を突破。売却を迫られているような状態ではないんです」

    確かに、単に買収を狙うだけなら、わざわざこの時期に公言する必要はない。そう考えると、注目すべきは前澤氏の「提案」という言葉。つまり、なんらかの形で球団増による球界拡張を提案し、新規参入を狙うのではないか、との見方も根強いのだ。

    スポーツ紙プロ野球担当デスクが説明する。

    「現段階でのプランは、どうやら2球団増の14球団制だとの話が出ています。セ・パの2リーグ制は維持し、各7球団ずつ。ただ、それでは同一リーグだけで日程を組めないので、現在は一定期間に固めている交流戦をバラして通年化し、常に1カードは交流戦が行なわれるような日程を組むという青写真ですね」

    仮に14球団以上となれば、スタートトゥデイ以外にも新規参入企業がなければ成立しないが、前出の民法キー局関係者はこう指摘する。

    「本業に勢いがあり、さらなる知名度アップを狙う企業にとって、球団を持つことのメリットは大きい。実際、前澤氏のツイート直後にはスタートトゥデイの株価が大きく上がりました。『既存のプロ野球なんてぶっ壊せ』的な話で盛り上がるIT社長の飲み会もあると聞きますし、前澤氏が道を開けば、ほかの企業が名乗り出る可能性は十分です」

    ◆『週刊プレイボーイ』33号(7月30日発売)「青写真は『14球団で2リーグ維持』&『常時交流戦』黒船ZOZO参入で球界大改革へ!?」より

    7/30(月) 6:13
    週プレNEWS
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180730-01067310-playboyz-base


    剛力彩芽と交際して一気に有名になったな
    【球界参戦を宣言したZOZOTOWN前澤社長の秘策はこれだ!】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    1 けろよん ★ :2018/07/29(日) 16:13:07.49 ID:CAP_USER9.net

    ZOZOTOWNを運営する前澤友作氏のプロ野球参入希望の表明を機に、エクスパンション(球団数拡張)議論がNPB機構外で盛り上がっている。現行の12球団から16球団への移行を望む声が強い一方、懸念を示す専門家もいる。

    権藤博氏が指摘 ZOZOで話題「球団拡張問題」に先立つ不安

    氏は、エクスパンションによりプロ野球のレベルが低下することを懸念しているようだ。これは短期的には全くその通りなのだけれど、その背後には業界関係者特有の心理的警戒感もあるのではないか。

    権藤氏は、4球団増で支配下選手が計280人増えることにより、ファンが許容できるレベルに満たない選手が多数誕生してしまうとしている。これは事実だ。少なくとも瞬間的にはレベルは低下する。

    しかし、選手の需給バランスが「需要>供給」となれば選手にとってチャンスが広がるので、従来以上にプロ野球を志す若者が増えることが予想される。少々楽観的に述べるなら、中長期的にはアマチュア球界も含めて裾野が広がる効果が期待できるのではないか。

    また、球団側はスカウティング網を海外も含め広げるようになるだろうし、海外の有望選手もより好条件を求めてNPBを目指すようになるだろう。そうなると、現状の外国人選手登録枠の在り方や、いわゆる「田澤ルール」の是非に関しても活発な議論が起こるのではないか。少なくともぼくは、「日本人のプレー」ではなく「一流選手のプレー」が観たいので、そうなることは大歓迎だ。

    1960年までは16球団だったMLBは、現在30球団で近い将来32球団に移行することが確実視されている。しかし、球団数増により「メジャーのレベルが下がった」と頓珍漢なことを言っているのは張本勲氏くらいだ。

    球団数増(だけではないが)は、選手の供給ソースをアメリカ国内から中南米へ、日本をはじめとするアジアへ、そしてそれ以外へと広げる必然性をもたらした。

    世界のトップアスリートが目指すMLBは、より多くのファンの支持を得てビジネスとして拡大した。その結果(それだけではないが)、選手のサラリーもグングン上昇し、より多くの才能あふれる若者がMLBを目指す、というサイクルとなった。

    その点、権藤氏の説は球団数のみが増え他の要素は変わらない(変えようとしない)前提に立っている。また、多くの良識派がエクスパンションを望むのは、それ自体が欲しいわけではなく、それがもたらす球界の閉そく感打開であり、将来的な発展だということを認識しているかどうかは疑問だ。その意味では、長期的視点が欠けていると思う。

    ぼくは権藤氏に関しては、選手・指導者としてのフィールド上の功績以外は全く知らない。したがってあくまで「一般論としては」としておきたいが、どの業界でも内部に居る者、居た者は、大きな変化を望まないものだ。ご本人が自覚なさっていたかどうかは不明だが、その変化を望まぬ部分(生物学的にそういうものだ)が深層に潜んでいたと思う。

    金村義明氏が高校野球全国大会は「甲子園でなくては意味がない」と語ったのも同様だ。まず、現状維持が念頭にあるのだ。ぼくは、真剣に球児や観客の健康管理を考えるなら、現在の甲子園的様式が象徴する美学そのものを否定することが必要だと思う。改革を論じる時は、こういう抵抗感とも戦わねばならぬものだ。

    豊浦彰太郎 | Baseball Writer
    7/28(土) 18:02
    https://news.yahoo.co.jp/byline/toyorashotaro/20180728-00091042/

    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532826306/

    何でも持ってるな

    【ZOZOTOWNが球界参戦すれば16球団化が決定的か】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/07/17(火) 14:40:58.19 ID:CAP_USER9.net

     プロ野球近鉄などで内野手としてプレーし、ノリの愛称で親しまれてきた中村紀洋氏(44)が17日、プロ野球球団運営への意欲を示した株式会社
    ZOZOの前澤友作社長(42)へ「僕が貢献で来る事があれば嬉しい」とツイッター上でメッセージを送り、協力を名乗り出た。

     前澤氏はこの日、自身のツイッターで「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。
    みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい。シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります」と宣言した。

     中村氏は前澤氏のこの投稿にリプライ(返信)。
    「僕も野球界への恩返し、日本の未来を担う子供達の夢の架け橋と、プロ野球OBを集め野球を通じて日本の未来が更に明るく元気になる事をしたいと
    思っています」とし、「皆で作るZOZO球団に僕が貢献できる事があれば嬉しいです」と記した。

     中村氏のメッセージに前澤氏も早速反応し、「心強いです。ありがとうございます」とツイッターで感謝した。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000117-sph-base


    【中村紀洋氏がZOZOTOWN前澤友作社長の球団買収に関してコメント】の続きを読む



    1 THE FURYφ ★ :2018/07/17(火) 19:36:39.01 ID:CAP_USER9.net

    ファッションサイト「ZOZO TOWN」などを運営するスタートトゥディ社社長の前澤友作氏が17日、ツイッターを更新し、
    プロ野球球団を持ちたいという“大きな願望”をつぶやいた。シーズンオフに球界へ提案するプランをつくるという。

    前澤氏はツイッターで「どうしても公言したい【大きな願望】があります」と投稿したあと、17日正午に再びツイート。
    「【大きな願望】プロ野球球団を持ちたいです」と公言した。

    「球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい」と
    所有する球団のイメージをつぶやくと「シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります」と今シーズン後に
    球団所有へ向け、動き出すと明言。「皆さまの意見も参考にさせてください。そこから一緒に作りましょう!」とファンへ
    呼び掛けた。ハッシュタグには「ZOZO球団」とタグ付けした。

    前澤氏はSNSで、交際中の女優・剛力彩芽とサッカーW杯決勝戦を観戦。すぐに帰国し、音楽フェスも堪能したが、
    これが前澤氏の球団所有願望に火を付けたようだ。

    ツイッターで「ロシアW杯からのapbankフェス。スポーツと音楽が人と人を繋げ、国境や人種や性別を超え僕たちに夢や
    希望や力を与えてくれる。素晴らしい、もっと感じていたい、もっと深く関わりたい。そんなことを強く思い、どうしても公言したい
    【大きな願望】があります」と予告していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000048-dal-base

    ★1:2018/07/17(火) 12:37:34.23

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531807234/


    【「ZOZO TOWN」運営の前澤友作氏がロッテを買収?シーズン終了後にNPBに提案へ】の続きを読む

    このページのトップヘ