常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:大ピンチ



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/07/24(火) 18:11:54.90 ID:CAP_USER9.net

    ■札幌市は短縮要望

     2020年東京五輪で7月22~29日にサッカーの試合が行われる札幌ドーム(札幌市豊平区)について、大会組織委員会が所有者の札幌市に準備や撤去期間を含む大会前後の約3カ月を使用期間として示した。市側は短縮などの対応を求めており、今後、組織委と協議を本格化させる。期間が想定の3倍を超え、全面的に使用が制限されると、プロ野球北海道日本ハムの試合などに影響するためだ。

     東京五輪は都外も含む42会場で競技が行われ、札幌ドームでは計5日間、サッカー1次リーグ男女の試合が行われる。組織委は昨年末、札幌を含むサッカー単独会場の使用期間の目安を一律「6月1日~9月11日」と提示。放送機材設置や安全対策などの改修を行うとした。組織委と市は改修の詳細が固まる9月以降、使用期間や使用料など具体的な協議を本格化させる。

     五輪開催中、プロ野球公式戦は中断するが、ドームの使用期間が長くなると日本ハムは代替球場を確保しなくてはならない。今年のドームの日程に組織委が示す103日間を当てはめると、29試合(五輪開催期間の前後は22試合)が組まれており、球団は組織委と市の協議を注視している。

     サッカーJリーグは大会中の公式戦実施は未定。札幌厚別公園競技場(札幌市厚別区)も併用する北海道コンサドーレ札幌は、ドームだと観客数が約1万人多く、興行面の影響が大きいという。運営会社の野々村芳和社長は「五輪はスポーツ界にはポジティブなことと理解しているが、ドームが使えない期間をどう乗り切るか考えたい」と話す。


    7/24(火) 6:03配信 北海道新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00010000-doshin-hok


    【日ハム大ピンチ 東京オリンピック開催時は死のロードへ】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/28(木) 21:10:41.92 ID:CAP_USER9.net

    【MLB】ダルビッシュ、厳しい現実に直面 苦悩吐露「やばいでしょ。察してください」
    6/28(木) 10:10配信 Full-Count
    https://full-count.jp/2018/06/28/post142224/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00142224-fullcount-base

    カ*・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

    (出典 image.full-count.jp)


    ■ダルビッシュが厳しい現実に直面、復帰へ未だ暗雲「神のみぞ知る」

    右上腕三頭筋腱炎で今季2回目の故障者リスト(DL)に入っているカ*のダルビッシュ有投手が27日(日本時間28日)、苦悩を吐露した。
    この日はキャッチボールなどで調整したが、練習後に「やばいでしょ。察してください」と語り、復帰時期について「神のみぞ知るというところ」と話した。

    今季は開幕7試合目まで白星なしに終わり、5月上旬には体調不良でDL入り。すぐに復帰したものの、同20日(同21日)のレッズ戦で今季初勝利を挙げた直後の同27日(同28日)に右上腕三頭筋の炎症で再びDL入りすることが発表された。
    その後、1Aで負傷後初の実戦となるリハビリ登板に臨み、5回3安打1失点5奪三振無四球と好投。ジョー・マドン監督は28日(同29日)のブルペン入りでメジャー復帰を判断する方針を示していたが、本人はその前日のキャッチボールで厳しい現状に直面することになった。

    練習後、キャッチボールについて聞かれたダルビッシュは「やばいでしょ。察してください」と語り、翌日に控えたブルペン入りについて「無理でしょ、あれを見ていたら」と話した。
    「いつも言ってるけど急によくなったり、急に張ったりというのがある。できる限り治療とか全部やってちゃんとブルペン投げられたらと思ってます」と最後まであきらめない姿勢を見せつつも、「先のこと? まったくわからない」と、今後の復帰時期についても言葉を濁した。

    ■状態上向かず、「なかなか自分の体がいい返事をくれない」

    周囲も懸命にサポートしているが、思うように状態が回復していない様子で、「残念? 残念というか、もちろん投げるつもりでいますよ。だけど、ここまでいろんなことをトレーナーの人もしてくれてるし、みんなが助けてくれようとしてくれている中でなかなか自分の体がいい返事をくれないというか。そういう状況が続いている。うれしくはない。仕方がない」と苦悩を吐露。
    「単純にキャッチボールができてない。左のほうが明らかに球が速いんで」と話し、「同じ場所が痛いっていうのはトミー・ジョン(手術)の直前もあったけど、あの時は痛くても投げられてた。投げるとけっこう大丈夫だった。ちょっとタイプが違うのかな」とも明かした。

    それでも前を向いて取り組んでいるという右腕。「はやる気持ちを抑えるのは難しい? 難しいですよ、自分は投げたいし、明らかに昔の自分だったら早々にノーっていってるようなところをぎりぎりまで粘ろうとしている自分を見てもまだ私情が入ってるんだろうなと感じている部分もある」と語る一方、
    「最短での復帰? まったくわからない。明日かもしれないし、5年後かもしれないし、わからない。神のみぞ知るというところで」と話した。

    カ*は26日(同27日)時点でナ・リーグ中地区でブルワーズに次いで2位。ワイルドカードではプレーオフ圏内につけている。ダルビッシュは早い段階で復帰し、チームを後押しすることができるか。完全復活が待たれるところだ。


    【ダルビッシュが大ピンチ キャッチボールが出来ない?】の続きを読む

    このページのトップヘ