常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:大谷翔平



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/20(土) 23:45:45.30 ID:CAP_USER9.net

    MLB公式YouTubeチャンネルが大谷の全アーチ動画を公開
     メジャーリーグに二刀流旋風を巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平投手。
    右肘のケガで投手としては10試合の登板に終わったが打者として22本塁打を放ちア・リーグの新人王候補に名を連ねている。
    MLBの公式YouTubeチャンネルは大谷の全22本塁打のハイライト動画を公開したが、配信から3週間で15万再生を超えと改めて大谷の注目度の高さを示している。

    MLB公式YouTubeチャンネルは「エンゼルスで素晴らしいルーキー・シーズンを送ったショウヘイ・オオタニが放った全22本塁打を振り返る」とタイトルを付け10月1日(日本時間2日)に大谷の22本塁打の動画を公開。

    4月3日(同4日)の本拠地インディアンス戦で放った記念すべき1号、8月25日(同26日)のアストロズ戦で
    サイ・ヤング賞右腕のジャスティン・バーランダーからのバックスクリーンに突き刺した14号2ランなど、どれもが見返したくなるアーチばかりだ。

    勿論、大谷が放った一発で生まれた名フレーズ「ビッグフライ! オオタニサン!」も動画の中では何度も登場している。
    公開から約3週間が経過し15万回再生を超える大反響となっている。コメント欄には米ファンから称賛の声で溢れかえっている。

    「若く、才能があり、ハンサムで、それでいて体格も良い。そしてなによりも彼は性格が良いね」

    「新人王、決まりだ」

    「来季に向けて良い監督を迎えられることを願うよ。このチームが何年も連続でプレーオフ進出から遠ざかるのは、相応しくない」

    「人々は、彼を最初投手として推していたことを忘れている」

    「いともたやすく新人王」

    「怖くなるくらいに素晴らしい」

    「ビッグ・フライ、オオタニサン!」

    「2019年は40発」

    「ほぼ毎回トラウトが一番最初にベンチで迎えているのが好き」

    大谷はシーズン終了と同時に右肘のトミー・ジョン手術を受け来季、打者として復帰するため現在はリハビリに専念。
    打者一本で迎える来シーズンは一体どれだけの成績を残すのか。
    そして何度「ビッグ・フライ! オオタニサン!」の名台詞を聞くことができるのか今から楽しみだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00232125-fullcount-base
    10/20(土) 22:05配信


    (出典 Youtube)



    (出典 number.ismcdn.jp)

    更に進化を遂げてほしい
    【大谷翔平が世界のスーパースターになった瞬間!】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/21(日) 19:18:24.36 ID:CAP_USER9.net

    プロ野球・西武で、ポスティングシステムを利用した大リーグ移籍の意向がある菊池雄星投手について、球団の居郷肇球団社長は、今シーズン最終戦となったクライマックスシリーズファイナルステージ第5戦の試合後、「彼の夢なので、球団としても快く応援したい」と話し、移籍を容認する考えを示しました。

    2018年10月21日 19時04分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181021/k10011680221000.html


    (出典 pbs.twimg.com)

    エンゼルスに行ってほしい
    【西武 菊池雄星が球団との戦いを制した!!】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/10/21(日) 18:48:19.98 ID:CAP_USER9.net

    10/21(日) 18:15配信 産経新聞

     25日に開催されるプロ野球のドラフト会議で、今夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した秋田・金足農高の吉田輝星投手(17)の行方が注目されている。魅力は150キロ超の直球。甲子園でも多くの空振りを奪ってきたが、吉田の直球はプロ野球の投手よりも打者の手元でホップ(浮き上がる)するように見えることが、スポーツ科学による球質の分析で証明された。

     球質を分析したのは、ボールの回転について研究している国学院大の神事努准教授。秋田県の高校野球強化プロジェクトの一環で、吉田が高校2年時の昨年11月、直球の変化量を計測した。球速、リリースポイント、投げ出しの角度が同一で無回転、空気抵抗のないとき、重力通りに球が落下した地点を原点とし、縦のプラス変化を「ホップ成分」、横のプラス変化を「シュート成分」とした。

     神事准教授の分析によると、吉田の直球の縦の変化は53センチ。高校生平均32センチに比べてボール3個分上に到達していた。プロ野球平均の44センチ、米大リーグで活躍する日本人投手と比べても高い数値であることが分かる。また、吉田の横の変化は10センチで、高校生平均18センチよりも小さい。神事准教授は「腕を縦に振って投げているので、きれいなバックスピンがかかり、回転数も多くなっている」と分析する。

     回転数が多いほど揚力が生じ、球は重力で沈みづらくなる。打者が球を目で追えるのは約3メートル手前まで。その後は、経験則に基づいて球の軌道を予測し、バットを振る。予測以上に球が落ちなければバットは球の下を通過し、空振りが取れる。打者は球がホップする感覚を覚える。

     これが「球の伸び」の正体。8月17日の3回戦で吉田と対戦した横浜高の3番・斉藤大輝主将は「低めの球の伸びが予想を超えていた」と証言。同8日の1回戦で14奪三振を喫した鹿児島実高の宮下正一監督も「高めの直球に手を出すな、と言っても振ってしまう」と振り返った。

     ヤクルトなど複数の球団が吉田を1位候補として評価している。神事准教授は「(吉田は)まだまだ成長すると思う。ゴロで打ち取れる球種を覚えれば、プロ野球でも活躍できる」とみている
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000545-san-base

    【野球】松坂を育てた元横浜高校の小倉さん「金足農・吉田輝星は松坂より上 」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539590853/

    【野球】西武だけ調査書未提出も吉田輝星一本釣り画策か あの松坂を取ったときも調査書を出さなかった
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539964658/


    (出典 www.asahicom.jp)

    期待が高まるな
    【金足農・吉田の球はあの剛腕よりも優れている?】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/10/18(木) 08:13:19.13 ID:CAP_USER9.net

     日本ハムが都内でスカウト会議を行い、ドラフト1位候補を14人に絞り込んだ。投げては最速150キロ、打っては高校通算32本塁打を誇る大阪桐蔭の根尾昂内野手を最上位に挙げているとみられ、大渕隆スカウト部長は「(投打)どちらも評価しています。“根尾昂”を評価しています」と、投打二刀流で評価していることを明かした。

     栗山監督はドラフトについて「うちはスカウティングと育成だから物凄く重要」と力説した。具体名こそ挙げなかったが、大谷(現エンゼルス)を二刀流で育てた実績があり、8月には甲子園で根尾のバックスクリーン弾を生で見届けた縁もある。球団はその年のNo・1評価の選手を指名する方針で、金足農の吉田輝星投手ら、複数の候補の中からギリギリまで見極めて最終決定する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000065-spnannex-base

    日ハムが獲得したら面白いな
    【大谷翔平に続いての二刀流を計画? 日ハムが惚れ込むあの選手の未来はいかに…】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/10/16(火) 19:43:23.93 ID:CAP_USER9.net

     大谷翔平投手の所属するエンゼルスは、今季限りで19年間の長期政権を築いたマイク・ソーシア監督が勇退。現在は後任監督の選定を進めているところだが、なんと候補者に2時間にも及ぶ異例の筆記試験を課していることが明らかになった。

    【写真】Tシャツにリュック姿の大谷翔平がユニバーサル・スタジオで記念撮影!? 米記者がツイッターで写真を公開!

     新しい声を求めるエンゼルスの次期監督の選出方法は、もはや入試だった。MLB公式サイトの名物コラムニスト、ジョン・モロシ記者は自身のツイッターで「関係者によると、エンゼルスは監督候補に2時間の筆記試験を実施している。試験問題の内容は、分析的なものから対人関係、ゲームマネジメントなどに及ぶ。6チームが新監督を探す中、この(エンゼルスの)監督職に関しては(試験の)厳正さが表れている」とレポートしている。

     エンゼルス、レンジャーズ、ツインズ、ブルージェイズ、レッズ、オリオールズが新監督を探している中、エンゼルスは筆記試験で候補者の適正と能力を見極めることにしたという。監督を採用するにあたっては、GMやオーナーが面接を繰り返しながら、候補者の人心掌握術や戦術などの理解を深めていくのが、これまで通常の手順とされてきた。だが、より厳正な審査を期すためにも、また自分の考えを文章として明確に伝える術を持つ人物を選ぶためにも、筆記試験を課すようだ。

     異例な取り組みではあるが、今後筆記試験が監督採用プロセスの必須項目になる可能性もあるかもしれない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00229101-fullcount-base

    大谷翔平の起用法が気になる
    【エンゼルスの監督になるための条件? それは筆記試験?】の続きを読む

    このページのトップヘ