常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:少年野球



    1 神々廻 ★ :2018/09/23(日) 13:37:09.64 ID:CAP_USER9.net

    「オロオロオロオロオロやってよお。あれ、タッチアウトやったら、3点ないやろ! ボケッ!! おまえ、いっつもやないかい! オラッ!!」

     50代で筋骨隆々のA監督は、ファーストを守っていた小5男児をドスの効いた河内弁で恫喝。ツカツカと歩み寄ると、雑巾のような分厚い手のひらでほっぺたをバチーンと平手打ち。「ハイ、ハイッ」と直立不動で監督の話を聞いていた男児は、衝撃で後ろに吹っ飛びそうに――。

     大阪府松原市の少年野球チームのA監督の“体罰動画”がユーチューブにアップされたのは、今年8月のこと。A監督は昨年7月の練習試合中、牽制球を受けた一塁手のタッチが甘いせいでセーフと判定され、その直後に打たれて勝ち越されたことにブチ切れた。

    「暴行行為をやめてください」と保護者が訴えても一向に改善されなかったため、保護者が体罰動画をアップ。それがきっかけとなり、府の少年軟式野球協会と軟式野球連盟(いずれも大阪市西区)は9月6日付で、A監督を無期限の活動停止処分にした。

    「動画以外にも、昨年の6~7月にかけ、キャプテンを含む複数の児童の頬を張ったり、頭をたたいたりしたそうです。公式試合で体罰があれば即退場させますが、(大会役員が同席しない)練習試合では暴力的な指導をしていたようです。
    本人は、『指導のつもりだったが、暴力を振るったことは申し訳なかった』と話しています。体罰はいけないと各チームの監督には再三伝えていましたが、重く受け止めています」(府軟式野球連盟の山田三樹理事長)

    ■少年野球の指導法に関する著書も

     保護者たちもテレビの取材に「体罰が常態化していた」と証言。スポーツ界のパワハラが問題視される中、少年野球にもいまだにはびこっていることが判明した。

     チームは1998年にA監督が就任以来、全国大会優勝6回の“常勝軍団”となり、プロ野球選手も輩出。A監督には少年野球の指導法に関する著書まであるというのだから、シャレにならない。

    「少年野球の監督やコーチの資格化も視野に入れて、指導者研修など教育の場を準備していくつもりです」(前出の山田理事長)

     A監督はかつてネット番組のインタビューに、「子供には礼儀(を大事にして)、明るく楽しく活動させる方針でやっています」と神妙に答えていたが、実際は時代錯誤の鉄拳制裁だった。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sportsx/238121

    暴力反対
    【大阪の少年野球 暴力事件の一部始終が公開】の続きを読む



    1 ホイミン ★ :2018/09/03(月) 01:53:16.16 ID:CAP_USER9.net

    しらべぇ既報のとおり、「少年野球の監督が選手を殴る動画」が物議を醸している。記事が公開されて以降、動画の再生回数は10万回を超え、関心の高さが伺える。

    この問題については、レイ法律事務所に所属する高橋知典弁護士も、「少年野球の監督に懲戒権は認められていない」「体罰は、暴行罪・傷害罪となりうる犯罪」と、厳しく警鐘を鳴らしている。
    ■動画以上の「体罰リスト」も

    さらにしらべぇ編集部は、この動画の撮影者が作成した『体罰リスト』を入手した。A4の紙にびっしりと「日時/場所/対戦相手/対象の選手名/体罰の内容」が記されているものだ。

    2016年12月から2017年8月までの9ヶ月弱の間に19件、11人の子供たちが体罰の対象となっていることがわかる。

    メモの要点をまとめると、以下のようになる。

    ・2016年12月25日 X広場 交流戦 Aくん(ビンタ→倒れたところに足蹴り)
    ・2017年1月9日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ2発以上)
    ・2017年1月14日 X広場 交流戦 Bくん(ビンタ→鼻血)
    ・2017年1月21日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ)
    ・2017年1月29日 X広場 交流戦 Bくん(ビンタ2発以上)
    ・2017年2月19日 Yグランド 大交流会 Aくん・Dくん(動画あり)・Eくん・Fくん(鼻血)
    ・2017年2月25日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ)
    ・2017年3月2日 Z市民運動公園 紅白戦 Bくん・Fくん(背後から不意打ち)
    ・2017年3月4日 Vグランド 交流戦 Fくん(往復ビンタ)
    ・2017年3月5日 X広場 交流戦 Bくん(ビンタ→鼻血)
    ・2017年3月18日 X広場 練習中 Gくん(ビンタ2発以上→警察に通報され事情聴取)
    ・2017年3月19日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ)
    ・2017年4月1日 X広場 Bくん(ビンタ/熱があるのに投手やらせる)
    ・2017年4月23日 大会2回戦後 Bくん・Fくん(総監督のトレーニングシューズで頭叩く)
    ・2017年6月24日 X広場 交流戦 Gくん(ビンタ)
    ・2017年7月17日 X広場 練習中 Hくん(ビンタ→頬に横10cmの傷)
    ・2017年7月27日 Z市民運動公園 Gくん(ビンタ/動画あり)
    ・2017年7月30日 X広場 練習中 Iくん(ビンタ2発以上)
    ・2017年8月13日 Wグラウンド 練習中 Jくん・Kくん(ビンタ3発以上)

    19回の記録のうち10回も執拗に暴力を受け続けている小学生も確認された。
    ■動画撮影者に暴行の実態を聞いた

    このリストには、「殴られて倒れた選手を蹴り上げる」「投手2人の頭を履いていたスパイクで殴る」といったきわめて悪質なものも含まれており、
    小学生の選手たちが日常的に酷い内容の暴力を受けていたことが判る。
    今回の動画・リストを作成したのは、この少年野球チームの元関係者だ。本人に話を聞いたところ…

    ・リストは都道府県の軟式野球協会に見せるために作成し、実際に見せた。日時や対象の選手などの記憶が曖昧なものは省いているため、実際にはもっと多くの回数があった。
    ・体罰の理由のほとんどは動画のような理不尽なものだった。動画に映っていたものはましなもので、もっと酷いものが多数あった。
    ・選手が殴られるというのはあまりにも日常的なことだったので、感覚が麻痺しており、異常なことであるとは気づいていなかった

    と、チームを離れてから「洗脳」がとけるかのように我に返ったのだという。


    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180902-84777518-sirabee

    野球が嫌いになるな
    【あなたは今、野球界で起きている一番の問題を知っているか】の続きを読む



    1 プーアル ★ :2018/08/23(木) 18:18:09.90 ID:CAP_USER9.net

    100回の記念大会だった夏の甲子園は、秋田県代表校の金足農業が103年ぶりに決勝に進出。秋田県や東北地方を中心に大いに盛り上がったのは記憶に新しい。

    しかしその一方で議論を呼んだのは、金足農業のエース、吉田輝星投手の連投。高野連会長による「1人でマウンドを守る」といった発言は、「昭和の価値観だ」など大きな批判を浴びた。

    野球の世界には、投手の酷使以外にも、「昭和的な価値観」がいまだ亡霊のようにへばりついている。「練習中の水飲み禁止」やうさぎ跳びなど、あまりに非科学的な風習は廃れているが、たとえばチーム全員が丸刈り姿なことには、違和感を覚える人もいるだろう。

    また、かつてはケツバット(罰として選手の尻をバットで殴る)などの体罰も、日常的に行われていた。今の時代ではありえないと思うかもしれないが、少年野球チームにおける体罰動画がYouTubeに公開され、注目を集めている。

    まずは動画をご覧いただきたいが、公開された内容は…

    ・小学生の選手たちに対して監督と思しき中年男性が怒鳴っている。

    ・途中、怒鳴っていたと思われる子供のほうに向かって歩いていく。

    ・握りこぶしで選手を殴りつける模様が撮影されている。

    ・殴られた選手は1メートル以上後ろに吹っ飛ばされている。

    というもの。これは、昭和の映像ではない。


    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180823-02328953-sirabee

    暴力は指導者の自己満
    【小学生に対する体罰動画が議論に もう時代は違うと心から伝えたい動画】の続きを読む

    このページのトップヘ