常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:履正社



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/14(日) 15:11:02.18 ID:CAP_USER9.net

     「高校野球・秋季大阪大会決勝、履正社5-2大阪桐蔭」(14日、大阪シティ信用金庫スタジアム)

     履正社が大阪桐蔭を破り、5年ぶり5度目の優勝を果たした。

     大阪桐蔭には今夏の大阪大会準決勝で、1点リードの九回2死走者なしから逆転負けを喫していた。当時も出場し、悔しさを味わった主将・野口海音捕手(2年)らにとってはリベンジとなった。

     打線が序盤に集中力を見せた。初回は3番・小深田大地内野手(1年)の先制適時打など4安打を集めて3点を先制。三回には小深田が右翼席へ2ランを放った。

     16年秋季大阪大会準決勝での勝利を最後に、17年センバツ決勝から続いていた対大阪桐蔭の公式戦4連敗を止めた。小深田は「夏に負けているので、先輩の分も勝たないといけないと思っていた。今までで一番の当たりでした」と、会心の一発を振り返った。

     岡田龍生監督は「うちは夏の3年生の悔しさがあり、(夏も)出ていた野口にも悔しさがあったでしょう。桐蔭さんは『次、また』という気持ちで来るでしょうから、そういう意味では切磋琢磨できている」と、ライバル対決を振り返った。

     来春センバツ出場校選考の重要な参考資料となる秋季近畿大会(20日開幕、兵庫)への出場は決定済み。同大会では、準優勝した17年以来のセンバツ出場を目指して勝ち上がりを狙う。


    2018.10.14.
    https://www.daily.co.jp/baseball/2018/10/14/0011730824.shtml

    記録はいつかは終わるからな
    【ついに大阪桐蔭が公式戦で敗れる!! 勝者は因縁のあの高校だった】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/10(金) 21:42:44.61 ID:CAP_USER9.net

    ◇パ・リーグ ロッテ1―2オリックス(2018年8月10日 京セラD)

    履正社高時代に通算65本塁打したロッテのドラフト1位ルーキー、安田尚憲内野手(19)が
    10日、京セラドーム大阪で行われたオリックス戦で待望の1軍デビュー。4打席に立ち、3打数無安打に終わった。

    安田は試合前に出場選手登録され、「7番・DH」で即先発出場。
    2回、1死一、二塁と絶好の先制機で入った初打席では1ボール2ストライクから4球目の外角高めチェンジアップを空振りして三振に終わった。

    0―1で迎えた4回の第2打席では、1死二塁のチャンスに遊撃へのフライ。
    先頭打者だった7回の第3打席は左翼への大ファールもあったが四球を選んで出塁すると、バントで二塁へ進み、代打・福浦の右前適時打で本塁生還を果たした。
    ここまではオリックス先発・西との対決だったが、守護神・増井との対決となった9回の第4打席は1死走者なしの場面で遊撃へのゴロ。チームは1―2で敗れ、3連敗を喫している。

    安田は試合後「思ったより緊張せず、いつも通りプレーできた。切り替えて明日からは勝ちに貢献できるようにやっていきたい」と語り、
    井口監督も「四球をしっかり取れたり、自分のスイングができていた。また明日期待したい」と期待を口にした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000146-spnannex-base
    8/10(金) 20:55配信


    (出典 www.sponichi.co.jp)

     2軍 87試合 .266 7本 51打点 2盗塁 


    期待しましょう
    【ロッテ期待の新人安田がデビュー 日ハム清宮幸太郎より高評価】の続きを読む



    (出典 public0.potaufeu.asahi.com)



    1 THE FURYφ ★ :2018/07/27(金) 12:59:49.85 ID:CAP_USER9.net

    7月27日(金)の試合

    大阪シティ信用金庫スタジアム

    準決勝

    大阪桐蔭 000000303-6
    履正社   00000013X-4

    【投手】
    大阪桐蔭:根尾→柿木
    履正社:浜内→清水→位田→浜内

    https://vk.sportsbull.jp/koshien/nosaka/


    【大阪桐蔭が執念の大逆転劇 手に汗握る乱打戦】の続きを読む

    このページのトップヘ