常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:岡本和真



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/24(水) 05:51:24.70 ID:CAP_USER9.net

    巨人の原辰徳新監督(60)が23日、東京・大手町の読売新聞本社で就任会見に臨んだ。3年契約で3度目の監督復帰。
    「原点回帰」と「のびのび野球」を掲げ、背番号も1次政権時と同じ「83」に決まった。
    5年ぶりのV奪回へ実力至上主義を唱え、4番打者に成長した岡本和真内野手(22)には禁煙を求めた。
    退任した高橋由伸前監督(43)も会見に同席し、球団の特別顧問に就任することが発表された。

    2次政権を15年限りで退任した後の3年間を、原監督は「第三者的にファンの立場で見ていた」と振り返る。見聞を広めた中で、至ったのが原点回帰とのびのび野球だった。

    「まずファンあってのプロ野球。昨今スポーツ界もかなり厳しいニュースがある。でも原点はのびのびやるのがスポーツです。
    はつらつと楽しむ、これが必要だと思いました」

    どこかで見失っていたかもしれない原点。それを再確認した。
    「改めてそこに戻ろう。60歳で監督という役割をいただき、まさに野球少年という気持ちでスタートしたい。自分に言い聞かせ、選手にもまずそこだ、と」。
    迷いなく、よどみもなく続けた。「そうすれば少々の失敗にくじけず、大きな目標に向かい、大きな選手になることができると思う」。
    背番号も原点となる、監督初年度に着た83番に決まった。

    計12シーズンで指揮を執りリーグ優勝7度、日本一3度の実績を誇る名将。勝者の哲学はむろん曲げない。「実力至上主義である。そこは譲れない。
    その考え方がチームの和もつくる」と表情を険しくした。「技術も、メンタルも、体の強さも全て含め選手を見ていく。
    何よりチームが勝つんだ、と強く思う人間と戦っていきたい」とかつて何度も繰り返した言葉も口にした。

    世代交代の象徴として今季最も飛躍したのが、右の和製大砲で三塁も守る岡本。
    再建へ屋台骨となる22歳には「まずタバコをやめることだろうね」と思わぬ注文をつけた。
    退任前最後のドラフトだった14年。投手が欲しいチーム事情の中、4番候補として1位指名を決断した。
    「(活躍に)感無量なところはありました。さらに日本を代表する4番になるべく、彼と向き合い戦っていきたい」。
    思い入れ、強く期待するからこその言葉だった。

    山口寿一オーナー(61)からは再建のため3年契約が明言され「チームに関しては監督に全てを任せる。
    編成も監督の意向を完全に尊重しようと思っています」と全権監督であることが強調された。
    1軍にヘッドコーチは置かず、宮本和知氏、元木大介氏らフレッシュな布陣で3度目の一歩を踏み出す。
    「一戦一戦ベストを尽くし日本一を目指す。ファンの方とともに戦い、頂上まで上り詰めるとお誓いしたい」。
    還暦を迎え、なお一層輝きを増した目で、はつらつと前を見た。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/24/kiji/20181024s00001173055000c.html
    2018年10月24日 05:30


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【原辰徳が巨人改革で最初に手を付けたのは… やはりあの男だった】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/10/22(月) 17:28:33.51 ID:CAP_USER9.net

     クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ敗退となった巨人では、近日中にも次期監督に正式就任する原辰徳氏(60)を頂点とする
    新体制づくりが進んでいる。一軍首脳陣の顔ぶれも一新され、村田真一ヘッド兼バッテリーコーチ(54)の退団も決定。3年間の由伸政権を
    参謀役として支え、ユニホームを脱ぐことになった今、何を思うのか――。

     ――ヘッド、今年も1年間、お疲れさまでした

     村田:何や、また来たのか。もう話すことは何もないぞ、ホンマに。

     ――残念な結果に終わりました。率直な思いを聞かせてください

     村田:悔しい。その思いしかないよな。監督に申し訳ないし、ファンにも申し訳ないと思っとるよ。

     ――以前、自身の進退について「シーズンが終わり、球団と話してから」とのことでしたので、改めてうかがいました

     村田:俺の進退に関してはもうすぐ発表されるから。俺が(球団に対して)何を言ったとかは言う必要ないやろ。俺は会社(球団)と
    契約しているわけやから。俺が外に向けて言う必要はない。それが筋ってもんや。会社が発表することやし、発表されても、それについて俺が
    ギャーギャー言うつもりもない。どう思っていたとかもしゃべる気もないし、発表があって、それで終わりよ。今度は家に来る? 来んでええっちゅうねん。
    引っ越すよ(笑い)。俺が事件でも起こしたんやったら別やけどな。

     ――シーズン中、特に負けた試合後はメディアに対して選手への厳しい発言も多かった

     村田:それは俺が監督に言わせたらアカンと思っていたからや。(ファンの怒りなど)そういうものは、監督に向かせるべきではないし、
    俺に向かせるべきやと思っていた。俺に向くのはしょうがないし、どう受け取られたかは受け取る人の考え方次第。そういうのも含めて
    俺の仕事やと思ってたから。

     ――指導者としては13年連続、トータル15年。ユニホームを脱ぐ寂しさもあるのでは

     村田:そうやなあ…。寂しさっていうのとは、ちょっと違う気もするけどな。まあ…、誰にでもいろんな思いはあるんちゃうか。

     ――これまでは遠征先でも試合後はほとんど外出せず、宿舎で一人で“部屋飲み”でした

     村田:(終戦当日の広島の宿舎で)監督とみんなと少し飲んだよ。内容? 世間話や、世間話。静かに飲ませてくれよ。もうたくさんしゃべったから
    ええやろ。お前らに毎日、毎日コメントせんでええと思うとホッとするよ。

     由伸監督を思い、時にはファンのフラストレーションを一身に浴びてきた村田ヘッド。最後には、岡本ら今季大きく成長した若手たちへ
    「頑張り続けてもらいたい。それだけや」と短い言葉に期待を込めた。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000031-tospoweb-base


    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    巨人以外のコーチはやらないでくれ
    【巨人・村田ヘッドが涙の退団! あの選手との別れに涙?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/09(火) 20:45:06.65 ID:CAP_USER9.net

     「阪神-巨人」(9日、甲子園球場)

    巨人・岡本和真内野手が、最年少での100打点を達成した。

    残り3打点で臨んだ一戦。七回に値千金の32号ソロ。さらに八回、2打席連発となる33号2ランで大台に乗せた。

    岡本は高卒4年目、22歳でのシーズン。過去、最年少のシーズン100打点以上は15年のヤクルト・山田まで6人が記録した23歳だった。
    22歳シーズンでは62年の東映・張本、96年の巨人・松井の99打点が最多だった。

    これで3割30本100打点が確実となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000137-dal-base
    10/9(火) 20:35配信

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2018/cl2018100901.html
    試合スコア

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/1400101/
    成績


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    (出典 Youtube)

    岡本 和真 32号 ソロ ホームラン 2018年10月9日 阪神vs巨人


    (出典 Youtube)

    岡本 和真 33号 2ラン ホームラン 2018年10月9日 阪神vs巨人


    (出典 Youtube)

    巨人 岡本和真応援歌

    10年は安泰だな
    【巨人・岡本が覚醒! 史上初の快挙にも本人は…】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/19(水) 11:07:40.17 ID:CAP_USER9.net

    今季の巨人において、一番の“出世株”となっている岡本和真。勝負強い打撃でチームを牽引するその姿は、既に多くのプロ野球ファンに知れ渡っていることだろう。
    しかし、これまで順調にきていたその道のりに、ここにきて一抹の不安が生じ始めている。

    シーズン途中から4番としての出場が続いている岡本は、8月終了時点で「打率.310・26本塁打・84打点」という成績をマーク。
    シーズンが佳境を迎えた9月も、13日終了時点で「打率.407・5本塁打・10打点」と好調をキープしていた。

    しかし、14日に行われたDeNA戦の8回表、相手投手スペンサー・パットンが投じた内角の直球が、スイングの体勢に入っていた岡本の右手を直撃。
    苦悶の表情を浮かべた22歳は、その後一度はグラウンドに戻るも、結局は途中交代を強いられることとなった。

    不幸中の幸いで登録抹消までは行かず、翌日以降もグラウンドに立ち続けている岡本。
    ただ、15日のDeNA戦で3打数ノーヒットに終わると、さらに16、17日の中日戦でもそれぞれノーヒット。
    やはり死球の影響は大きかったのか、その打棒は鳴りを潜めてしまっている。

    現在セ・リーグ3位につけている巨人は、4位中日、5位DeNA、6位阪神と共にクライマックスシリーズ(CS)出場を争っている。
    昨年はDeNAの後塵を拝し出場を逃しているだけに、今年は同じ轍を踏みたくないところだろう。

    2年ぶりとなるCS進出のためには、打線の中心を担う岡本の存在は必要不可欠。
    しかし、仮にこのまま調子が戻らないとなると、当然ながら今後の見通しは非常に厳しくなる。

    また、現在「打率.309・31本塁打・95打点」の成績を残している岡本は、プロ野球史上最年少での「3割・30本・100打点」達成も大いに期待されている。
    ただ、不調が長引くようならば、こちらにも暗雲が立ち込めることになるだろう。

    来月4日のレギュラーシーズン最終戦(対広島)まで、残る試合はあと10試合。
    チームにとって、そして、岡本個人にとって、試練の10試合となることは間違いない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1523585/
    2018.09.19 06:15 リアルライブ

    とりあえずCS圏内で
    【巨人・岡本和真が絶不調! その原因は…】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/14(金) 21:10:44.53 ID:CAP_USER9.net

    「DeNA-巨人」(14日、横浜スタジアム)

    DeNAのスペンサー・パットン投手が、リクエストによるリプレー検証の結果に異議を唱えて退場となった。
    2点差に迫られた八回1死二塁で、打者・岡本に対してカウント0-1から投じた内角球が右手を直撃した。

    パットンはスイングをアピール。嶺井が一塁塁審へハーフスイングの有無を求めたが、スイングはしていないという判定だった。
    その後、スイングの有無はリクエスト対象外のため、ラミレス監督が“死球があったか”についてリクエストを要求した。

    リプレー検証の結果、死球の判定にパットンが激高。
    責任審判の佐々木審判員に詰めよった。
    これによりパットンは退場が宣告され、丹波球審は「リプレー検証の結果に異議を唱えたので退場とします」と説明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000137-dal-base
    9/14(金) 20:56配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    (出典 Youtube)

    「リプレイ検証に異議」横浜DeNAパットン退場!?

    でも確かにスイングだよな
    【DeNAのパットンがエキサイティング! 普段はあんなに温厚なのに】の続きを読む

    このページのトップヘ