常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:岡田



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/09(火) 19:16:40.04 ID:CAP_USER9.net

    阪神は2018年10月8日、ヤクルトとの最終戦に5-6で敗れ、3試合を残して最下位が確定した。阪神の最下位は2001年以来17年ぶり。試合後、谷本修球団本部長は金本知憲監督の続投を改めて明言したが、水面下では早くも次期監督探しが始まったようだ。

    監督就任3年目で初の最下位が決まった金本監督はこの日の試合後、ファンに対して「本当にまあ申し訳ない気持ちというかね、ファンには」と謝罪の言葉を口にしたが、自身の去就については一切、言及しなかった。

    今季、甲子園での球団のワースト敗戦記録を塗り替える勢いで急降下し続け、上昇の見込みなくシーズンを終えようとしている。シーズンを通してのレギュラーが固定出来ず、打線はベテラン頼り。復活を期待した藤波晋太郎投手も5勝止まりで、来季以降の展望は暗い。

    ■親会社にまで及ぶOB最大派閥の吉田派

    その中での金本監督続投。契約をあと2年残している球団はあくまでも慎重な姿勢を見せており、解任に向けて表立っての行動はない。だが、すでに阪神OBらの間で次期監督の話題が持ち上がっているという。

    在阪のスポーツ紙デスクによると、OBの間で岡田彰布氏を次期監督に推す声が最も多いという。岡田氏はOBの中でも力を持つ吉田義男氏の派閥に属しているといわれ、その影響力は親会社にまで及ぶという。

    OBの間にも掛布雅之氏を監督へという声があるが、1軍監督の実績がないため押し切れない。一方の岡田氏は2004年から5年間、阪神の指揮を執り、就任1年目こそ4位Bクラスに終わったが、翌2005年にリーグ優勝を果たし、その後は2位、3位、2位と、Aクラスを堅守してきた。

    球団はすでに来季スタッフの構想を固めつつある。1軍のヘッド兼打撃コーチに矢野燿大2軍監督を昇格させ、打撃コーチに、西武、中日で活躍し、東北福祉大で金本監督の後輩にあたる和田一浩氏の招へいを考えているという。

    ■金本監督解任のタイミグは阪神電鉄株主総会前

    在阪スポーツ紙のデスクは「あと2年契約を残していることもあって、球団がこのタイミングで解任することはないでしょう。現時点での解任はないにせよ、来季は黙っていないでしょうね。交流戦(5月下旬予定)までに結果を残さないと、序盤戦での解任も十分ありますね。6月には本社の株主総会もありますし、金本監督にとっても正念場になるでしょう」と6月解任の可能性について言及した。

    来季、チームが浮上するためには打撃陣の補強と若手のレギュラー定着が必須となるが、現時点で聞こえてくるのは、今季、8本塁打に終わったウィリン・ロサリオ内野手の残留の可能性が出てきたことだけで、10月25日のドラフト会議でどれだけ即戦力を補強できるかにかかっている。

    前出の在阪スポーツ紙デスクが指摘するように、来季序盤戦で結果を残せなければ金本監督解任の声が上がってくるのは必至。OBが岡田氏を推す中、1軍ヘッド就任が濃厚な矢野燿大2軍監督の抜擢も考えられる。いずれにせよ、金本監督に残された時間はそう多くないだろう。


    2018/10/ 9 18:05
    https://www.j-cast.com/2018/10/09340731.html

    もう勝手にやってくれ
    【来季は金本監督続投! その次の監督まで決まっている阪神タイガース】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/08(月) 17:35:29.68 ID:CAP_USER9.net

    ◆ロッテ1―6ソフトバンク(8日・ZOZO)

    ロッテの岡田幸文外野手(34)が引退試合で60打席ぶりの安打を含む3安打を放った。
    しかし、ついに本塁打は出ず。初打席から2501打席連続ノーアーチと自らのプロ野球記録を更新し、育成からはい上がった10年間の現役生活を終えた。

    5回に三塁線を破り、7回は中前にポテン。9回2死では一、二塁間を破った。
    16年10月4日の楽天戦(QVC)で3安打を放って以来、2年ぶりの猛打賞で沸かせた。

    初回に二飛、3回には遊直で、59打席連続無安打。野手では76~77年の南海・桜井輝秀の58打席を上回るプロ野球ワースト記録を塗り替えたが、直後の打席から快音を続けた。

    この日は「1番・中堅」で5打数3安打。9回2死一塁では、プロ通算142個目の盗塁となる二盗を決めた。
    プロ通算2501打席ではノーアーチ。初打席からの連続打席本塁打なしの日本記録を更新して、本拠で別れを告げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000120-sph-base
    10/8(月) 17:13配信


    (出典 public2.potaufeu.asahi.com)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 portal.st-img.jp)


    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2018/pl2018100801.html
    試合スコア

    http://npb.jp/bis/players/81385118.html
    通算成績

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/909908/
    5回裏 バットを鋭く振り抜いた!! マリーンズ・岡田 現役最後の試合で2年ぶりのヒット!! 2018/10/8 M-H

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/910049/
    【9回裏】「エリア66」の終着点!! マリーンズ・岡田 現役最終打席を猛打賞締め!! 2018/10/8 M-H

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/910058/
    【9回裏】風よりも早く駆け抜けた!! マリーンズ・岡田が現役最後の盗塁成功!! 2018/10/8 M-H


    (出典 Youtube)

    前奏あり】岡田幸文応援歌【千葉ロッテマリーンズ】

    いぶし銀よ永遠に
    【ロッテ 岡田が2つの大記録を残して引退!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/25(火) 14:15:07.02 ID:CAP_USER9.net

    26日に引退会見

    ロッテの岡田幸文外野手が今シーズン限りで現役を引退することになった。26日にZOZOマリンスタジアムで引退記者会見を行う。

    岡田は球団を通じ「10年間という短い間ではありましたが、本当に幸せな野球人生でした。
    千葉ロッテマリーンズに育成で拾ってもらって、ここまで野球をやらせていただいたことを今後の人生においてプラスにしていきたいと思います。悔いはありません。
    このような充実した幸せな野球人生を送れたのはファンの皆様のご声援があったからだと思います。応援いただき本当にありがとうございました」とコメントを発表した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00212739-fullcount-base
    9/25(火) 14:07配信


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    http://npb.jp/bis/players/81385118.html
    通算成績


    (出典 Youtube)

    【前奏あり】岡田幸文応援歌【千葉ロッテマリーンズ】


    (出典 Youtube)

    背番号66、守備範囲は∞ ロッテ"岡田幸文"外野手好プレー集

    いい選手だったな
    【ロッテ・岡田が引退 守備職人の後継者は…】の続きを読む



    1 ほニーテール ★ :2018/07/11(水) 19:02:48.81 ID:CAP_USER9.net

    千葉ロッテ・マリーンズの外野手・岡田幸文外野手が54打席連続無安打となり、野手(投手を除く)としてのプロ野球記録を更新した。2年近く1軍で安打を記録していないのに、何故試合に出続けられるのか。

    ■決め台詞「残念、そこは岡田だ」

     2018年7月10日メットライフドーム(埼玉県所沢市)で行われた埼玉西武ライオンズ対千葉ロッテ・マリーンズの試合。8回途中に代走で出場したロッテ岡田選手は9回に打席が回り、セカンドゴロに倒れた。
    NPBによると、これで16年10月4日の対楽天戦で3塁打を記録して以来54打席無安打となり、1993年に当時のオリックス・ブルーウェーブに所属したケルビン・トーベ内野手が記録した53打席無安打の野手記録を更新した。

    今季と17年に1軍で全くヒットが出ていない。ふつうなら、チームに残留するのは難しいはず。ところが、
    今季は既に48試合に出場している。その大きな理由は代走や守備固めでの起用だ。

    11年にチームトップとなる41盗塁を記録しているなどその走塁技術は高い。

    不名誉な記録を達成してしまった10日の対西武戦でも、8回2塁にいた岡田選手は捕手が変化球を右前方にはじいたのを見逃さず3塁へ進んだ。
    井口監督は17年最下位だったチームの巻き返しに「走塁改革」を掲げており、岡田選手の存在はチームにとって大きなものといえる。

    ➖ 守備は岡田選手の最大の魅力。

    その守備範囲の広さは背番号にちなみ、インターネットで「エリア66」とまで言われ、ファインプレーが出た際は「残念、そこは岡田だ」という決め台詞が流行ったほどだ。動画サイトでは岡田選手のファインプレーを集めた動画が数多く投稿されている。

    中でも伝説的な試合が11年6月15日、東京ドームで行われた対巨人戦。2回に阿部慎之助選手の右中間へのあたりをフェンスに激突しながらもしっかりと捕球した。5回にも左中間に飛んだ坂本勇人選手の飛球をグラブの先端ギリギリのところで捕球する。更に8回、小笠原道大選手が放った右中間の飛球をダイビングキャッチ。1試合で、3度のファインプレーを見せ、敵であるはずの巨人ファンからも歓声が上がった。

    11年はシーズンを通じて無失策などと大活躍、ゴールデングラブ賞を獲得した。
    17年と今季においても、少ない出場機会ながら守備において堅調な活躍をしており、チームを救っている。

    ➖ 日本1を決めた逆転三塁打を打ったことも 

    連続無安打記録を更新したといっても、打撃が不得意ではない。11年には年間で154安打を記録している。16年までは規定打席未到達の年があるものの、打率は2割5分以上を記録しており、安定した打撃成績が残せていた。

    また、打撃における代表的な試合として10年日本シリーズ第7戦が挙げられる。ナゴヤドームで行われたこの試合は、中日が9回裏の土壇場でロッテに追いつき同点のまま、延長12回を迎えた。岡田選手は12回2*場面で打席に立ち、浅尾投手から逆転適時3塁打を放ち、チームは日本一をつかんだ。

    走塁、守備での活躍が顕著な岡田選手だが、打撃でも記念碑的なシーンを残しているのだ。

     3月29日のブログで、
      「凡打でも全力で1塁に走れば、ヒットをもぎ取る事も出来る」と、意気込んでいたが、果たして17年から続く長いトンネルを抜け出すことができるのか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000005-jct-ent&p=2


    【ロッテ岡田が不名誉なプロ野球新記録を樹立】の続きを読む

    このページのトップヘ