常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:平野佳寿



    1 ほニーテール ★ :2018/07/20(金) 12:41:50.72 ID:CAP_USER9.net

    ➖ 前半戦で球団新記録を更新する26試合連続無失点を記録

    メジャーリーグはオールスターブレイクを経て19日(日本時間20日)から後半戦がスタートする。ナ・リーグ西地区は4チームがプレーオフ争いを演じる混戦模様となっている。米メディアは前半戦の戦いぶりを紹介し、今後の展望を伝えている。ドジャースとナ・リーグ西地区首位を争うダイヤモンドバックスの平野佳寿投手も後半戦のキーマンに挙げられている。

     ナ・リーグ西地区の前半戦はドジャースが首位ターンを決めたが4位ジャイアンツとのゲーム差は「4」と混戦模様となっている。18日(同19日)にはマニー・マチャドがドジャースにトレード移籍が決まるなど補強も大詰めを迎えている。地元ラジオ局「アリゾナ・スポーツ」は「マチャドの移籍によりドジャースが優位に」と展望を紹介している。

     平野が所属するダイヤモンドバックスは首位ドジャースとのゲーム差を0.5として前半戦を終えた。記事ではAJ・ポロック、スティーブン・ソウザJr、ロビー・レイの3選手が復帰したにも関わらず前半戦最後は6勝8敗と苦しんだことに「不安定なジェットコースターのシーズンは7月に入っても続いた」と紹介している。

     チームは得点力のない打線と不安定な先発陣をリリーフ陣がカバーし上位を死守。球団記録を更新する26試合連続無失点を記録した平野は、記録が途絶えた後の成績こそ4回1/3で8失点(自責5)だが「ブルペンのMVPであったヨシヒサ・ヒラノは、歴史的な連続無失点記録を樹立」と称賛している。

     ダイヤモンドバックスがプレーオフに進出する条件を「今月、そしてシーズンのテーマは、好不調を繰り返す打順、先発ローテーション、ブルペンである。うまく噛み合うことが、地区優勝を果たすための鍵となるであろう」と指摘している。

     平野はここまで46試合に登板し2勝1敗、防御率2.20の成績を残しチームに貢献。リーグ屈指のブルペン陣の一角として後半戦もルーキー右腕の活躍に期待がかかる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00158721-fullcount-base


    【前半戦大活躍の平野佳寿が混戦地区のキーマンに 移籍時誰が予想したことか】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/06/30(土) 13:50:55.56 ID:CAP_USER9.net

     アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が29日(日本時間30日)、本拠地でサンフランシスコ・ジャイアンツ戦にリリーフ登板。
    2/3回を1三振、無失点で25試合連続無失点の球団記録を樹立した。

     平野は1点を勝ち越された7回表1死から3番手としてリリーフ登板。1死二塁からジャクソンを見逃し三振に打ち取ると、続くヘルナンデスを
    中飛に打ち取り、ピンチをしのいだ。

     これで平野は5月5日(同6日)から25試合連続で無失点を記録。これはダイヤモンドバックスの球団新記録となった。

    ベースボールチャンネル編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180630-00010002-baseballc-base


    【平野佳寿が球団記録を更新 今チームで最も信頼される投手に】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2018/07/02(月) 00:42:01.78 ID:Pmx/dC7m0.net

    同紙は「最近来た日本人投手の怪我や不安定さを考えると、ヒラノは彼らの中で最高の投手だと思われる。
    少なくとも、ここまでは」と指摘。ロブロ監督も「賛成だ。全面的に賛成だよ」「残りの選手は注目され、
    オールスター候補や新人王候補になることを願っている。まだ残りは長い。しかし、彼は本当に良い投球をしている。
    彼は注目に値する」と話したという。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00145248-fullcount-base


    【平野佳寿がメジャーリーグで高い評価を受ける 新人王候補に名乗り】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2018/06/30(土) 21:08:12.21 ID:U5OlveU20.net

    マリナーズの球団特別補佐を務めるイチローが、同じプロ野球オリックス出身のダイヤモンドバックス・平野の快進撃を聞き目を丸くした。「え? そうなんですか」。
    29日の試合前に球団新の25試合連続無失点が懸かる後輩の活躍を知らされ「最速は何マイル? 球種は?」と興味津々で満面の笑み。
    その後、平野はジャイアンツ戦で見事快挙を達成した。

    平野とはオフに自主トレを行う「ほっともっとフィールド神戸」で何度か遭遇し、あいさつを交わしているが、イチローは「(顔が)地味すぎて分かんない」と冗談交じりに話した。(シアトル時事)


    【イチローが爆弾発言 MLBで大活躍中の平野に一言】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/21(木) 23:25:37.37 ID:CAP_USER9.net

    【MLB】なぜ平野佳寿は2球種だけで抑えられる? 米データサイトが解析した秘密
    6/21(木) 20:01配信 Full-Count
    https://full-count.jp/2018/06/21/post139466/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00139466-fullcount-base

    ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

    (出典 full-count.jp)


    ■フォームからは見分けがつかない直球とフォーク
    ダイヤモンドバックス・平野佳寿投手が、20試合連続無失点と球団の新人記録を更新した。セットアッパーとしての地位を確立した平野は、なぜMLBの強打者たちを抑えられるのか。
    米データ分析サイト「ファングラフス」が、平野の投球についての特集記事を掲載した。

    平野の持ち球は、直球とフォークの2種類だけ。投手、打者とも技術、データ解析が進んだ今の野球で、多彩な変化球が成功する投手の条件だけに、
    同サイトでも「このタイプで最近成功したのは、2016年のヘクター・ネリス(フィリーズ)ぐらい」という珍しい存在だとしている。

    2種類しか球種がないにもかかわらず、直球の球速は平均92.2マイル(約148キロ)。豪速球で圧倒するタイプでもないが、92%の走者を残塁とし、対戦した打者の25.8%から三振を取り、WPA2.15はリリーフ投手の中で9番目の高い数値を残しているという。
    さらに、最大の武器はやはりフォーク。同サイトによると、打者がスイングすると、35.5%が空振りし、バットに当てた時は、60%以上がゴロになるという、まさに決め球だ。

    そして、平野の最大の特徴は、リリースポイントが直球とフォークで2インチ(約5センチ)しか違わないことだとも指摘。
    にもかかわらず、両球種の垂直方向の動きには9.33インチ(約23.7センチ)の落差があるということで、打者としては、フォームから球種が読めない上、その軌道に大きな差があってはたまらない。

    日本人投手では、今季巨人に復帰した上原浩治がやはりフォーシームとスプリットの2球種だけでクローザーを務めたが、同サイトは、平野についても「この2つの球種を上手く使いこなせば、打者がダメージを与えることはほぼ不可能である。
    ダイヤモンドバックスがプレーオフ進出を目指すのであれば、ヒラノを信頼し続けなければならないだろう」と結論づけている。


    【下馬評が低かった日本メジャーリーガーが大活躍の理由とは】の続きを読む

    このページのトップヘ