常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:彼女



    1 shake it off ★ :2018/09/02(日) 17:37:01.70 ID:CAP_USER9.net

    今年も大いに盛り上がった夏の甲子園大会。惜しくも準優勝だったが、秋田県勢としては実に103年ぶりに決勝に進出した県立金足農業高校の活躍が話題を呼び、同校の不動のエース・吉田輝星投手(三年)の人気もうなぎのぼりだ。
    大会終了後、ネット上で話題となったのが、この吉田投手が「ツイッター」にアカウントを開設した、ということだ。スポーツ紙記者が振り返る。

    「学校によっては球児に“SNS禁止令”を出しているところもありますが、やはり若者。SNSで独自に心情を吐露している子もいて、記者は逐一チェックしています。吉田投手がツイッターを開始したとなれば大ニュース。最初は“成りすましか”とも言われていましたが、どうやら本当だったようです」(スポーツ紙記者)

     開設後数時間で、数万のフォロワーがついた吉田投手のツイッターアカウントだったが、その日のうちに投稿はすべて削除され、「やめます」という宣言のみ残された。金足農業の田の選手によるツイッターアカウントも存在していたが、すべて同日に投稿が削除されている。

     アカウントを開設してすぐに削除といった慌ただしい動きの裏には、どういった事情があったのか? 吉田投手が個人的に「世間にお礼を言いたかった」ため、との見方もあるが、さる高校野球関係者は、そこに高校球児を狙った「プロ彼女」ともいうべき人々の存在が関係しているのではないかと指摘する。

    「高校球児はとにかくモテます。甲子園期間中、選手の宿舎の周りにはたくさんのおっかけ女性ファンが待っていて、選手の出入り時にプレゼントを渡したり手紙を渡したりする。
    最近ではSNSで懇意の選手を見つけ、メッセージを送ったりする女性もいるほど。マスコミの取材や慣れない声援を受けて選手が舞い上がらないよう気を付けている教員側からするといい迷惑なんですが……」(高校野球関係者)

     高校野球関係者から見た「プロ彼女」とは、たいてい選手たちより少し年上の女性たちだ。何年も続けて高校球児たちを追いかけているので、高校生男子の好奇心につけこんで選手と直接、コンタクトをとり、関係をもつほど親密になる術をよく心得ている。同世代の中では大人っぽくみえる甲子園球児だが、経験を積んだ彼女たちの手にかかれば、たいていは思い通りに操られてしまう。人生を左右するかもしれない大切な決断をくだす時期に、誰かに簡単にコントロールされる状況におかれるのは、望ましいことではない。だから、彼女たちが接触しづらいように関係者は常に配慮している。

     そういった配慮のひとつとして、高校球児に「変な虫」が付かぬよう、選手たちにはSNS禁止令を出している学校もある。吉田投手に関しても、関係者が吉田投手にSNSの自制を促したのでは? という見方である。もちろん、SNSを利用していたがために他の無用なトラブルに晒される危険性だってある。

     たとえば、同級生の交際相手と撮った写真を過去にアップしていれば、その名前、住所といった情報があっという間に特定される。もし、過去に掲載した写真にたばこや酒が写っていようものなら、それがたとえ本人のものではなくとも、学校などへ「通報」され、大きな騒動になってしまう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00000020-pseven-spo&p=2

    こういう女居るよな
    【高校球児達が今、ある者達に狙われている! その正体とは…】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2018/06/30(土) 22:00:49.55 ID:4m7omuD20.net

    日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が29日、イースタン・DeNA戦(横須賀)に先発し、5回1失点の好投を見せた。

     3回まではそれぞれ打者3人であっさり片付けると、球数も35球と省エネ投球。4回には一死満塁の場面から併殺打の間に1点を失ったものの、直後の5回はきっちり3人で打ち取り、終わってみれば5回61球と終始テンポのいい投球を見せた。
    課題とする四死球も1に抑えるなど、この日は上々の内容だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000071-tospoweb-base


    【斎藤佑樹が引退を掛け奮闘中 イースタン・DeNA戦でまずまずの好投】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/06/17(日) 12:50:57.59 ID:CAP_USER9.net

    毎度同じパターンの繰り返しだ。北海道日本ハムファイターズ、斎藤佑樹投手のことである。

     6月12日の阪神タイガース戦で今季2度目の先発マウンドに立ったものの、4回8安打5四死球7失点と大炎上。3イニングで先頭打者を四球で出塁させ、2本塁打を被弾するなど終始めちゃくちゃな内容で試合をぶち壊した。

     どうひいき目に見ても褒めるところがない。栗山英樹監督は二軍降格を言い渡したが、それでも「苦しめば苦しむほど生まれるものもある」などと、あえて突き放すようなことはせず逆にエールを送るかのような温かい言葉を口にした。

     6月6日に30歳を迎えた。今年で、もうプロ8年目だ。ルーキーイヤーに6勝を飾ったのが自己最多で以降、泣かず飛ばずの成績が続きここまで通算15勝止まり。今季は「ラストチャンス」と力強く言い切っているシーズンとはいえ、案の定結果は出ていない。

     斎藤には大変申し訳ないが、これは誰もが予想できた流れだ。今後は打者をかわしながら“ごまかしの投球”が奇跡的にうまくハマれば、年間に1、2試合ぐらいなら勝ち星を拾えるかもしれない。しかし先発ローテーションを守り抜くことは、まずできないだろう。

    今の斎藤は下半身をうまく使えず、上体だけで投げている。いわゆる「手投げ」だ。2013年に右肩を壊してから、この弱々しい投球フォームが定番となってしまっている。棒球のような直球は球威がなく、変化球もキレがない。その上、制球力もないからカウントを悪くした末に置きにいった球をいとも簡単に痛打される。弱点が多くありすぎて対戦打者としてはオイシイ相手だろう。これでは勝てるわけがない。

     二軍では、そこそこ通用することはあっても一軍のマウンドとなれば同じようにはいかない。だからファームでそこそこの結果を残せても、いざ一軍に上げてみたら大炎上という毎度同じパターンの繰り返しとなってしまう。

     ■無神経というか、KYというか

     散々な状況となっている当の斎藤本人は本当に危機感を覚えているのだろうか。おそらく、そこまで窮地に立たされているとは思っていないだろう。仮にそう自覚しているのであれば、もう彼はとっくに自分から身を引いている。

     悪く言えば「厚顔無恥」。逆にいい意味で表現するとしたら、斎藤は自分を着飾るだけの「プロデュース力」がズバ抜けている。そして世間からの猛バッシングをモノともしないタフな精神力、いわば「鈍感力」も彼の持ち味と言えるかもしれない。斎藤に近い日本ハムの関係者は次のように打ち明ける。

    「一軍で投げては打たれるたびに多くの有識者から『引退するべきだ』などと酷評され続け、ネットユーザーからはもっと辛らつなトーンの批判が毎度のごとく書き込まれている。にもかかわらず、斎藤は『これは僕に対する叱咤激励です』とポジティブにとらえている。時に笑い飛ばすこともあるほどだ。

     高校球児のときに『ハンカチ王子』として注目され、どうしても気になる存在だからこそ批判される。もし批判もされなくなれば、もう自分に関心がなくなるわけだから、そのタイミングこそ終わりのときなのだ。つまり批判されているうちが華なのである。斎藤は、そうやってポジティブに考えている。だから、いくらブッ叩かれてもまったく気にならない。無神経というか、KYというか……」 

     マウンドでいくら滅多打ちを食らって大炎上しても、試合後の斎藤は「能力がない」「自分が情けない」といった類の言葉はほとんど発したことがない。自暴自棄になったり、自分を責めたりすることはせず基本的には“逃げ道”や“言い訳”を用意して再起しやすいシチュエーションをつくっておくことが彼の常套手段だ。

     KOされれば当然のように試合後の取材でメディアから詰問を受けることになり、精神的にも追い込まれているから、とても受け答えの仕方を考える余裕などないはずだが、それを斎藤は普通にこなせてしまうのである。そういう意味でもやはり図太い神経の持ち主と言えるのかもしれない。

    ※以下見出しのみ 全文はソース先をお読み下さい

    ■先輩や後輩が離れていく

    ■いつまでユニフォームを着続けるのか

    2018.6.17 11:34
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/sports/news/180617/spo1806170019-n1.html


    【斎藤佑樹のポジティブ発言はどこからくるのか 毎回同じ形でKOされ、お情けで残っているとしか思えない】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/13(水) 00:36:26.78 ID:CAP_USER9.net

    板東英二、日本ハム・斎藤をバッサリ「投げても打たれますよ。レベルが違います」
    2018年6月12日22時12分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180612-OHT1T50168.html

    板東英二

    (出典 www.hochi.co.jp)


    タレントで野球評論家の板東英二(78)が12日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)に出演し、日本ハム・斎藤佑樹(30)を辛口評価した。

    番組では、一部週刊誌で報道された“日ハム・斎藤佑樹 誕生日会で20代新恋人お披露目”の話題に触れた。この日、斎藤は阪神との交流戦に先発し4回7失点。
    これに板東は「ピッチャーとして獲ったのか、(斎藤の球威は)疑問のボールです。レベル的には」と打ち明け、
    「日本ハムなぜお客さんがいっぱいになったか、大半が女性ファンなんです。試合には出ないけど、夜の宴会には必ず顔を出すんです。女性ファンが10人集まったら…役目はそういうことです。
    今日投げても、打たれますよ。そういう球じゃないですもん。レベルが違います」と、その実力を疑問視した。

    さらに「北海道行った時にビックリしました。女性ファンが多いなって思ったら、彼がちゃんと席まで来るの。(人気の理由は)1人ですから。これで恋人でも見つかったって言うんだったら今年いっぱいでしょうね」と、持論を展開した。


    【板東英二が斎藤佑樹を辛口評価「レベルが違いすぎる、今年いっぱいかな」】の続きを読む

    このページのトップヘ