常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:復帰



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/28(金) 14:44:07.29 ID:CAP_USER9.net

    センター方向へ伸びる打球。マリナーズのイチローが突然、外野フェンスを駆け上がり、捕球態勢に入った。
    履いていたのはスパイクではなく、歯がついていないランニングシューズだ。
    9月に行われた敵地エンゼルスタジアムでのエンゼルス戦。試合前の練習中の出来事だった。

    イチローは5月にメジャー登録メンバーから外れ、会長付特別補佐に就任した。
    「来年、僕(の体重)が240パウンド(約109キロ)になってたらもう終わりですよ、それは。ただその可能性は低いので、そうでなければ、終わりではないと思います」。
    背番号51のユニホームを着て臨んだ会見。
    ユーモアたっぷりの言い回しで、引退を完全否定したイチローは、4カ月が経過した現在もチームに帯同し、他の選手たちと一緒に鍛錬を続けている。

    背面捕球、背走捕球、逆手捕球…、次々と高難度のキャッチを成功させる。
    フェンスを駆け上がった同じ日には塀際で跳んで“ホームランボール”をもぎ取り、敵地ファンを沸かせる場面もあった。
    もちろん、ファン・サービスも兼ねてやってはいるが、球拾いではなく、守備練習。立場が変わってもその軸がブレることはない。

    「体の状態は、春季キャンプの時よりかなりいいですね」。

    そう話すのは、10月で45歳を迎えるベテランをずっと間近で見てきた、マリナーズのスコット・サービス監督だ。

    イチローは3月にマリナーズと1年契約を結び、6年ぶりに古巣への復帰を果たした。
    入団会見の4日後にオープン戦に出場したが、3戦目で右ふくらはぎを痛めた。
    メジャー18年目の開幕には間に合わせはしたが、指揮官は「あのけががずっと影響していた。明らかに100パーセントではなかった」と話すとおり、
    復調のきっかけをつかめないまま、球団のフロントに入ることを決めた。

    今なお、フリー打撃では柵越えを連発する。
    打撃練習の前後には、外野に出て他の選手の打球を追って縦横無尽に走り回る。
    打撃投手の1球ごとに敏感に反応するのは、『一歩目』を意識している証拠。
    サービス監督は「試合に出場しているかのような動きですね。多くの選手が75パーセントほどの力で練習している中で、イチローは常に試合を想定し、95パーセントの力で動いているように見える」と話す。

    イチローは今オフにマリナーズと再び契約を結び、来年2月の春季キャンプに参加するだろう。
    来年3月下旬に日本で迎えるシーズン開幕戦で指揮を執る将は「彼が復帰して試合に出るのは現実的な話だと思いますし、彼もそこを目指して練習しています。
    来年は問題なくプレーできることを願っています。
    心身ともにいい状態をキープしているので、今後どうなるかを見守っていきたい」と、復活を期待する。

    イチローがフェンスを駆け上がった翌日は今季最後のエンゼルス戦だった。試合前のチーム練習がないデーゲーム。
    いつものようにフィールドに出て個人練習をしたイチローは外野フェンスの近くまで行くと、再び、壁を駆け上がる動きを見せた。

    エンゼルスには大谷翔平投手がいる。イチローが2日連続で右足で蹴った中堅フェンスの向こうには「ロックパイル」と呼ばれる岩山がある。
    大谷が本拠地で打った14本の本塁打のうち9本がそこに着弾している(数字はいずれも27日現在)。

    「僕がやることに、説明できないものはないですから」。

    かつてイチローはそう話したことがある。

    来季、マリナーズは4月18日を皮切りにエンゼルスタジアムで10試合を戦う。
    背番号「51」が大谷の本塁打を阻止すべく、フェンスを駆け上がる姿が目に浮かぶ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000061-dal-spo
    9/28(金) 14:00配信


    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    (出典 portal.st-img.jp)


    https://nipponbaseball.web.fc2.com/personal/batter/ichiro.html
    成績

    早くあの姿がまた見たい
    【イチローの現役復帰が現実味を帯びている! 選手顔負けのパフォーマンスを披露】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/14(金) 17:17:12.65 ID:CAP_USER9.net

    間に合わなかった、ということか。時間切れーー。

    昨年オフに右肩を手術した岩隈久志投手(37)の今季限りでのマリナーズ退団が11日発表された。

    今年、一進一退を繰り返した。昨年も経過だけをたどれば、同じようなものと映るかもしれない。

    しかし、痛みが出ないような投げ方を模索していた昨年とは違い、今年は岩隈本来のフォームに戻りつつあった。
    後は微妙な部分の微調整を行っており、例えば、上半身と下半身がうまく連動し、力が指先に伝わる感覚ーー本人の言葉を借りるなら、「バチッ」と来る瞬間を探していた。

    むしろそれこそ、彼が一番大切にしていたところ。一方で球団は球威を気にしていた。いや、そのはずだったが、最後はどうだったのか。

    岩隈に球威を求めるのは、ナンセンスにも聞こえる。打者との駆け引き、制球力でここまで150試合に登板し、63勝39敗、防御率3.42という数字を残した。

    もちろん本人は、「95マイル(約153キロ)とか、投げてみてぇ~」と笑いながら話したことはあるが、球速がすべてではないことを、身をもって示していたからこそ、そんな話も自虐的に出来た。

    ただ今年は、4月20日から打者を相手に投げ始めたものの、なかなか球速が上がらない。それがメジャー復帰において一つの障害になった。というのもチームは、球速の回復を一つの目安としていたのだ。

    6月頃、メル・ストットルマイヤー投手コーチも、「肩に痛みがないことが前提だが、リハビリ登板で85~86マイル(約137キロから138キロ)ぐらいまで上げて欲しい」と具体的な数値を口にした。

    そこまで上がれば、メジャーのマウンドではアドレナリンが出て、88~89マイル(約142キロから約143キロ)に上がるだろう、という判断が裏にあるわけだが、
    果たして8月の終わりに始まったリハビリ登板はどうだったかといえば、1回目の最速は77マイル(約124キロ)、2回目は84マイル(約135キロ)、9月5日の3度目は88マイル(約142キロ)だった。

    つまりはこのとき、岩隈は課題をクリアしていたのである。

    ところがその後、非情の通告を受ける。岩隈が、「いける」という手応えを掴んで、1週間も経っていなかった。

    もうマイナーのシーズンが終わり、投げる場がない。今の状態では上で投げさせられない、来年は戦力と見ていないーー。チーム側はそうした事情を説明したようだが、となると、疑問も湧く。

    ちょうど昨年の今頃、岩隈はシーズン終盤の復帰を目指して、シミュレーションゲームのマウンドに立っていた。

    そこで投げられるところを見せられれば、というところだったが、終わってからストットルマイヤー投手コーチに話を聞くと口を濁し、フィールドからクラブハウスへ繋がる通路で岩隈を捕まえると、苦笑しながら言った。

    「やばいっす。真っ直ぐが82(マイル、約132キロ)ぐらいしか出ないっす」

    岩隈が手術に踏みきったのは、それからすぐのこと。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000001-wordleafs-base
    9/14(金) 11:40配信

    個人的には引退
    【岩隈久志の楽天復帰の噂は本当か?】の続きを読む



    (出典 prt.iza.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/13(木) 07:33:32.17 ID:CAP_USER9.net

    楽天・立花陽三球団社長(47)は12日、今季限りでのマリナーズ退団を発表した岩隈久志投手(37)について、獲得に前向きな姿勢を示した。
    「日本球界復帰の話が出ているのであれば、しっかり調査させていただく。楽天の歴史を作った素晴らしい選手なので、迎える準備はあると思っている」と明言した。

    岩隈は球団創設の05年から11年まで楽天でプレー。
    05年の開幕投手を務めて球団初の勝利投手となり、08年には21勝を挙げて最多勝を獲得するなど、エースとして活躍した。

    また、井上オーナー代行は都内で行われたオーナー会議後、「個人的な見解として、来てくれたら仙台がすごく盛り上がるなと思っている。
    戻って来てもらえると、すごくいいなと思う」と復帰を願った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000029-dal-base
    9/13(木) 6:01配信

    立花社長も甘いな
    【岩隈久志の楽天復帰が着実に進んでいる模様】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/05(水) 11:35:10.61 ID:CAP_USER9.net

    巨人の畠世周投手(24)が、シーズン終盤で1軍の最終兵器として昇格する可能性が4日、浮上した。
    2月のキャンプ中に腰痛で離脱し、8月に3軍で実戦復帰。今月2日の3軍の試合で自己最速156キロを記録した。
    今週末のイースタン・西武戦(7~9日・G球場)で1年ぶりに公式戦登板する方向で調整中。
    今後の起用法は1軍首脳陣が慎重に検討するが、先発でも救援でも貴重な戦力になることは間違いない。

    軽快な動きが体調の良さを物語っていた。畠はこの日、今季初めて3軍から2軍に正式合流。
    台風21号による風雨の影響によりG球場室内で練習となったが、明るい表情でノックを受けた。
    約半年という長いリハビリ期間、「早く戻れるように頑張ります」と話してきた2年目右腕にとって待望の昇格。
    目標とする今季中の1軍復帰へ、階段を上がった。

    1年目の昨季はシーズン後半から先発に定着して6勝4敗、防御率2・99の好成績を残した。
    飛躍が期待された今季は2月のキャンプ1軍スタート。
    「自分は不器用なので」と連日ブルペンで投げ込み、感覚を磨いた。
    松井秀喜臨時コーチが左打席に立つ中での投球練習では内角をえぐり、松井さんから「直球に力あるなと感じました」とお墨付きをもらった。
    順調に見えたが、腰痛のため2月中旬に離脱。3軍に合流した。

    当時の球団発表は「急性腰痛」だったが、思ったよりも症状が長引いた。全力投球できないもどかしさの中でも前を向き、できるトレーニングを積み重ねてきた。
    投球フォームのバランスもじっくり見直した。

    地道な努力はパワーアップにつながった。8月11日の3軍・東農大北海道戦(釧路)で離脱後初実戦に臨みリリーフで2回無失点。
    その後、3軍戦に2度先発し4回54球、6回89球と段階を踏んだ。衝撃が走ったのは復帰後4度目の登板となった今月2日の四国IL・徳島戦(JAバンク徳島)。
    先発で、これまでの自己最速を1キロ更新する156キロを計測。150キロ以上を連発して5回1安打7奪三振無失点。2軍昇格が決まった。

    今週の2軍は5、6日が練習日で週末の7日から西武3連戦(G球場)。首脳陣はこのカードで、畠の今季公式戦初登板を検討している。
    登板日やイニング数は慎重に判断するようだが、2軍戦の内容や状態が良ければ、シーズン終盤の1軍昇格も視野に入ってくる。
    チームはマシソン、カミネロが故障で離脱。山口俊が先発から抑えに配置転換となった。由伸監督は「いろいろやっていかないといけないと思っている」と常に最善策を模索。
    畠の起用法は今後の状況次第になってくるが、先発候補であると同時に、最速156キロの球威は魅力的でリリーフの可能性もありそうだ。
    1軍は残り19試合。CS争い、その先の短期決戦へ―。畠が切り札として加わればさらに層が厚くなる。

    ◆昨年の畠 入団前の右肘手術の影響もあり7月に1軍デビュー。
    2戦目の同19日中日戦(ナゴヤD)で8回途中2失点でプロ初勝利。
    8月下旬からは3登板連続で7イニング以上投げて3連勝を飾り、斎藤投手コーチから菅野、マイコラス、田口との「4本柱」と称された。13登板で6勝4敗、防御率2・99。2ケタ奪三振を2度マークした。

    ◆今季の畠

     ▽2月4日 宮崎1軍キャンプ初日から4日連続ブルペン入り。

     ▽同12日 紅白戦に先発して2回4安打3失点。

     ▽同15日 腰痛のため3軍キャンプ合流。リハビリ開始。

     ▽4月24日 G球場でブルペン投球再開。軽めに40球。

     ▽8月8日 G球場で離脱後初のシート打撃登板。打者5人に27球。最速148キロ。

     ▽同11日 3軍・東農大北海道戦(釧路)で実戦復帰。2回36球1安打3奪三振無失点。

     ▽同19日 日本ウェルネススポーツ大学戦(G球場)で先発。4回54球2安打7奪三振1失点。

     ▽同26日 BC・石川戦(金沢市民)で先発。6回89球2安打5奪三振1失点。

     ▽9月2日 四国IL・徳島戦(徳島)で5回55球1安打7奪三振無失点。6つが空振り三振。

    ◆畠 世周(はたけ・せいしゅう)1994年5月31日、広島・呉市生まれ。24歳。川尻中では軟式野球部でプレー。
    近大福山高ではエースとして3年夏の広島大会で16強。近大では3年秋に3試合連続完封を記録。16年ドラフト2位で巨人入り。
    「世周」の由来は「世の中が自分の良い方に回るように」という意味が込められている。186センチ、78キロ。右投左打。年俸2400万円。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000023-sph-base
    9/5(水) 6:19配信

    阿部慎之助が太鼓判を押す右腕
    【巨人期待の2年目 畠世周、腰痛で出遅れるもCSに間に合いそうだ!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/29(水) 18:33:24.05 ID:CAP_USER9.net

    「ドラフト1位で消えるだろう。俺が監督なら行くな」

    秋田出身の落合博満氏は8月21日、その日の甲子園の決勝で敗れた金足農の吉田輝星投手についてニコニコしながらこう語った。

    「俺が監督なら」の部分が何とも意味深に感じられる。最近露出が多い落合氏は、あちこちで「監督がしたいんじゃないですか」と言われているからだ。

    落合氏はテレビ番組で中日監督時代のことに触れ、「契約のとき『勝てばいいんですね』と念押しした」と語っていたという。それを見たベテラン記者は、こう思ったそうだ。

    「やれと言われたら俺はファンサービスだって情報発信だってやれるよ、というアピールでしょう。
    64歳という年齢的に、そろそろラストチャンス。あのおっかあ(信子夫人)なら、『あんたこのまま終わっていいの』と、尻ぐらいたたきそうですし(笑)。
    ファンサービスや情報発信に熱心なパ・リーグの球団を意識してるのかもしれません」

    その一方で中日新聞関係者はこう明*。

    「落合さんが監督になれる条件をそろえているのはドラゴンズでしょう。
    後ろ盾だった白井(文吾)オーナーが今も健在で、彼の一存で監督が決まる構図は変わっていません。12球団で一番勝ちに飢えています*」

    中日では森監督が続投するか、小笠原2軍監督が昇格するか、どちらかだと見られていた。
    そこに“大穴”で、落合氏の復帰がささやかれているのだ。

    「今の順位じゃ森続投は厳しい。だけど小笠原かというと『うーん』となる。
    2軍で大型連敗していましたし、ファンから何で生え抜きOBじゃないのかと言われます。その隙間を縫って落合復帰もなくはない」(前出の中日新聞関係者)

    不思議なのはなぜ生え抜きのOBが監督に就任しないのか。
    立浪、山本昌、山崎武司といった名前が浮かぶが、落合、谷繁、森と“外様”が続いている。

    「決めているのは白井オーナーで、OBが嫌なんじゃなく、亡くなった星野仙一さんが嫌なんです。
    だから星野監督時代の選手も嫌だとなる。
    星野さんの後ろ盾は加藤巳一郎元オーナーで、白井さんは加藤派ではなかったし、星野さんも白井さんになびかなかったらしい。
    だから『星野に一泡吹かせられるやつは?』という流れで、2004年に落合さんを監督にした。白井さんからすれば、自分に懐いて結果を出した落合さんが可愛くて仕方ない」(同)

    生き方が“オレ流”と言われる落合氏だが、復帰できるかどうか、人事はやはり上司次第のようだ。(本誌・渡辺勘郎)

    ※週刊朝日  2018年9月7日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180828-00000036-sasahi-base
    8/29(水) 16:00配信


    (出典 dragons.jp)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 img.atwikiimg.com)



    (出典 Youtube)

    中日 落合

    個人的にはやってほしい
    【落合博満の監督復帰が噂される中日 松坂の起用法は?】の続きを読む

    このページのトップヘ