常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:感謝



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/17(月) 22:49:35.74 ID:CAP_USER9.net

    阪神ファン「ノリさんありがとう!」の大合唱

    近鉄や中日などで活躍した中村紀洋氏(45歳)に、阪神ファンから感謝の言葉が殺到している。

    中村氏は9月16日に自身のTwitterで、同日行われた対横浜DeNA戦で大活躍した阪神の大山悠輔内野手(23歳)に言及。
    1イニング2本塁打を放った時点(3回表)で「阪神タイガース大山選手、1イニングホームラン2本。手がつけれませんね。ナイスバッティング」とツイートした。

    この試合では最終的に、大山選手は6打数6安打3本塁打7打点と驚異的な結果に。
    すると、中村氏のTwitterには、阪神ファンからの「ノリさん、ありがとう!」の声が続々と寄せられることになった。

    実は大山選手、中村氏がYouTubeで配信している野球理論「N's method」を参考にしているのだとか。
    もともとは梅野隆太郎捕手(27歳)が今年5月、打撃コーチから中村氏の動画を見せられ参考にした結果、低迷していた打撃が改善され(2018年7月4日付け スポーツニッポン)、
    さらに梅野選手の打撃向上のきっかけが中村氏の動画だったと伝え聞いた大山選手も、すぐに動画に見入ったのだという(2018年9月6日付け スポーツニッポン)。

    そして、中村氏も9月11日付けで公開されたベースボール専門メディア「Full-Count」のインタビュー内で2人に言及。
    「先日ですが、阪神の梅野選手、大山選手が僕の野球理論『N's method』の動画を参考にして打撃に取り組んでいると聞きました。
    アマチュア、プロ関係なく私の野球理論を参考にして頂くのは自由ですし、野球好きの方々に少しでも役立ってほしいという思いで動画配信しています。
    参考にしてもらえるというのは動画が見やすくて解説がわかりやすいと捉えられるので、自分が指導する上で大きな励みになります」と語っている。

    こうしたことから、阪神ファンの間では「ノリさんありがとう」のムードが醸成されつつあったのだが、そのタイミングで今回の大山選手の打棒爆発となったため、
    ネットでは中村氏に対して「調子取り戻すきっかけを与えてくれてありがとうございます!」「感謝しかないです」「ノリさんのおかげです」
    「阪神来て~」「来季の打撃コーチお願いします!」「ノリさんの手で覚醒させて欲しい選手がまだまだいるんですよ……」
    「江越、陽川、中谷……ノリさんならなんとかしてくれるのでは」などの声が続々と上がっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15316522/
    2018年9月17日 4時24分 ナリナリドットコム

    h
    (出典 rr.img.naver.jp)
    &twidth=1200&theight=1200&qlt=80&res_format=jpg

    (出典 geitopi.com)


    (出典 nikkan-spa.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 Youtube)

    近鉄 中村紀洋 応援歌


    (出典 Youtube)

    中村紀洋 応援歌

    どこかで繋がっている
    【阪神ファンが感激! 中村紀洋に感謝感謝!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/11(火) 07:48:49.35 ID:CAP_USER9.net

    広島・堂林翔太内野手が5日、今季限りでの現役引退を発表した新井へ感謝の思いを口にした。「さみしいです。感謝してもしきれない。言葉では言い表せない」と話した。

    新井を師と仰ぎオフは護摩行も共にした。「いろんなことに挑戦してみろという言葉が印象に残っています」と振り返り、恩返しを誓っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000081-dal-base
    9/5(水) 16:16配信

    http://npb.jp/bis/players/61965131.html
    通算成績


    (出典 pbs.twimg.com)

    最近出てこないな
    【広島・堂林が感謝の気持ちをプレーで恩返し宣言】の続きを読む



    1 THE FURYφ ★ :2018/07/18(水) 11:13:16.55 ID:CAP_USER9.net

    第100回全国高校野球選手権記念広島大会が17日、西日本豪雨の影響で当初より10日遅れて開幕した。
    総合技術高(広島県三原市)は学校とグラウンドが浸水したが、他校から練習場提供など支援を受けた。
    赤松智樹監督(32)は「本当に感謝しかない」との思いを胸に、19日に初戦(2回戦)に臨む。

    同校は6日夜に近くの沼田川の氾濫で、グラウンドと校舎が膝近くまで浸水。断水し、20日まで休校を余儀なくされた。
    野球部の選手たちは自主的にボランティア活動を行い、住宅の泥を出したり、荷物を取り出したりする作業をした。
    部室のボール約100個が使えなくなり、部活動再開のめどは立たなかった。赤松監督は「大会に出場できないんじゃないか」と
    懸念した。

    そんな時に手を差し伸べてくれたのが如水館高(同県三原市)時代の恩師でもある同校の迫田穆成(よしあき)監督(79)。
    「困ったときはお互い様。どんどんグラウンドを使ってくれ」。迫田監督も約1週間、自宅の断水を経験しており、
    「水が使えない苦労は分かる。この時期にグラウンドも使えないのは大変」とおもんぱかる。

    総合技術高の選手は10、11日に続き、17日も午後から如水館のグラウンドで約3時間練習。この日は如水館の選手が
    ノックの際の走者や打撃投手を務め、練習を補助した。

    他にも多数の指導者が協力を申し出てくれ、総合技術高は14日に尾道商高(同県尾道市)で、16日には福山工高(同県福山市)で
    それぞれ練習試合を行った。片山瞬輝主将(3年)は「この大会は自分たちのためだけの試合ではない。支えてもらっている分、
    勝てるようにしたい」と意気込む。勝ち進めば、支援を受けた高校と対戦する可能性もあり、「その時は自分たちの力を見せたい」と
    試合での再会を夢見ている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000000-mai-base


    【これぞ高校野球の絆 ライバルチームが練習場所を提供】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/26(火) 14:25:50.94 ID:CAP_USER9.net

    【西武】大石、森コーチ一周忌に「慎二さんとの出会いがなければクビになっていた」
    2018年6月26日6時0分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180625-OHT1T50156.html

    6月15日中日戦で今季初勝利を挙げた大石

    (出典 www.hochi.co.jp)


    17年6月30日、西武対オリックス 試合前、死去した森慎二コーチを追悼し、黙とうを捧げる西武大石達也(右)ら

    (出典 www.nikkansports.com)


    1997年10月19日、日本シリーズ・ヤクルト・西武・第2戦。好救援で7年ぶりのシリーズ新人勝利を挙げた森慎二さん

    (出典 www.hochi.co.jp)


    突然の急死からまもなく1年―。西武は28日、森慎二1軍投手コーチ(享年42)の一周忌を迎える。同日の試合には、ベンチとブルペンに背番号「89」のユニホームが掲げられることが、分かった。当時は主にブルペン担当として手腕を発揮していた。
    2軍担当だった15年にファームで指導を受けていた“まな弟子”の大石達也投手(29)が、現在の心境を明かした。

    ―1年前を思い出すことは

    「思い出すことはありますけど。それで落ち込む、しんみりするのも違うと思うので。やるしかないので。今は自分のことで必死です」

    ―亡くなられた時の気持ち

    「最初は本当に信じられなかった。福岡でちょっと体調悪いから入院するとなって。そこから沖縄に行って、2、3日後だったので。その日は何も考えられなかった。ギンジ(炭谷)さんとメシに行こうと言われていたんですけど、今日は無理です、ということで。だいぶ時間はかかりました。自分の中で。部屋ではずっとボーッとしてました。寝られましたけど、寝付きはあまり…」

    ―自分の中で受け止められたのはいつ

    「ちょっとして、追悼試合があって。けっこうたったかな。けっこうの間、マウンドに上がるたびに、泣きそうになっていました。追悼試合の時は、かなりやばかったです。泣きそうだったですけど、こらえて。投げ終わって、ベンチ裏で泣いちゃったりしました。その後もそういうのが続いて。気づいたら、何か落ち着いていました」

    ―森さんに教わったことで一番印象に残っていることや言葉

    「いろいろありますけど。一番よく言われたのは、『投球で楽するな』『フォークは思い切り叩きつけろ』と。それが今も自分の中では、調子が悪いときとか、そういう言葉を思い出して。練習方法もいろいろやっていますね」

    ―14年は肩を痛めていて、コーチとの出会いは一つの転機

    「13年はちょっと投げたか。14年に投げられず、今年クビになるかなと思っていたら、ならず。それで、慎二さんと会ったので。そこから状態もちょっとずつよくなった。その出会いがなければ同じようにズルズルいって。15年も1軍で3試合くらいしか投げていないですけど。自分の中ではちょっとずつ手応えはあった。それがなければ、15年、16年とズルズルいって、クビになっていたかなと思う」

    ―当時ファームではどんな指導を

    「技術的にどうこうより、よくマンツーでトレーニング方法を教えもらった。ブルペンに行って、慎二さんがチューブを持って、僕が腰に巻いて。トレーニングのような体の使い方を体に染み込ませるトレーニングをずっとやっていました。(二人三脚で?)そうですね」

    ―どんな人柄だった

    「本当に優しかった。いい兄貴分じゃないですけど。コーチなんですけど、コーチというより先輩。コーチというと一線あるんですけど。何でも聞ける人」

    ―28日にまたユニホームを掲げる。当日を迎える気持ち

    「1年なんで。しっかり投げることがあれば、ちゃんと投げられているところを見せられたらいいと思います。(もう気持ちは乱れない?)ないと思います。その日になんないと、分からないですけど。今のところは大丈夫です」

    ―しっかり投げることが大事

    「慎二さんがいたとしても、俺のことで、メソメソすんなと絶対、言われると思うので」

    ―秋にいい報告をできたらいい

    「一番はけがしないこと。気をつけながらやりたい」


    【西武大石が今シーズン初勝利 天国の恩師に感謝】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/19(火) 00:35:00.81 ID:CAP_USER9.net

    試合中倒れた敷田審判、大勢のファンからの心配の声に感謝「ありがたいです」
    2018年6月18日 14:20 スポニチ Sponichi Annex 野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/06/18/kiji/20180618s00001173251000c.html

    敷田審判(撮影・木村 揚輔)

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    16日の西武―中日戦(メットライフドーム)の7回にグラウンドで倒れた敷田直人審判員(46)が18日、都内の日本野球機構(NPB)を訪れた。
    当初から予定されていた健康診断と報告のためで、しっかりとした足取りで元気な様子。大勢のファンらが心配していたことを聞かれると「ありがたいです」と笑顔で話した。

    敷田審判員は7回1死二塁の場面で足がふらつき、後方へと倒れ込んだ。直前にファウルボールが左膝を直撃しており、その痛みの影響があったもの。肉体的なストレスなどで一時的な低血圧となる迷走神経反射の症状も見られたという。
    救急車で病院に搬送されたが、NPBは「診断の結果、特別の異常は認められなかった」としていた。

    敷田審判員は判定の際の「卍ポーズ」で知られる。アクシデントの後にはネット上などに状態を心配するファンの声があふれていた。

    ──────────────────

    敷田審判員の無事報告にネットも安ど「ほっとしました」「また卍ポーズ見れますね」
    2018年6月18日 15:34 スポニチ Sponichi Annex 野球
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/06/18/kiji/20180618s00001173271000c.html

    16日に行われたプロ野球交流戦、西武―中日戦(メットライフドーム)の試合中に倒れた敷田直人審判員(46)が18日、東京都内の日本野球機構(NPB)を訪れて元気な姿を見せ、大勢のファンからの心配の声に「ありがたいです」と笑顔で話したことを受け、ネット上には安どの声が広がった。

    敷田審判員は7回1死一塁、西武・秋山の打席で一塁走者の松井が二盗を決めた直後に足がふらつき、そのまま後方へと倒れ込んだ。すぐさま試合は中断。敷田審判員は担架でベンチ裏へと運ばれ、救急車で病院に向かった。
    NHKでも生中継された試合での衝撃的なシーンに、ネット上では直後から心配の声が殺到。その後、敷田審判員は直前のファウルの打球が左膝を直撃し、その痛みのために倒れたことが判明していた。

    アクシデントから2日後に改めて敷田審判員の無事が分かり、ツイッター上には「ご無事でなにより」「よかったよかった」「ほっとしました」「一安心ですね」と安どの声。
    判定の際の「卍ポーズ」で人気を集める敷田審判員だけに「また卍ビシッと決めるトコ見たいね」「また、敷田さんの卍ポーズ見れますね」とのコメントも相次いだ。

    ◆関連スレッド
    【プロ野球】メットライフドームで倒れた敷田球審 理由は左膝の痛み 直前にファウル直撃 命に別状なし 西武―中日戦[18/06/16]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529146054/


    【先日の試合中倒れた審判がコメントを発表 大勢のファンからの声に感謝「ありがたいです」 独特の「卍ポーズ」健在】の続きを読む

    このページのトップヘ