常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:早稲田



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/19(水) 12:04:25.59 ID:CAP_USER9.net

    プロ野球ドラフト会議が約1カ月後に控えている中、高校や大学で活躍する選手たちが人生の岐路に立ち、今まさにその判断を下そうとしている。プロの眼から見た進路における重要性は何なのだろうか。

    本人の気持ちを一番尊重すべき。周りの大人はあらゆることを想定し助言を

    プロ野球ドラフト会議を10月25日に控え、学生に義務付けられているプロ志望届の提出が始まった。

    意外な名前を見かけたりもするが、一方で、進路決定にまだ悩んでいる選手たちもいる。
    人生を左右する決断であるからじっくり考えてもらいたい。今回は進路に悩む選手たちがどういう選択をすればいいかを話したいと思う。

    高校生で悩んでいる選手の多くは、大学や社会人へ進む決意をしていたが、夏の甲子園予選や甲子園で活躍し、高卒でドラフト指名の可能性が浮上したというケースだろう。

    プロの世界に憧れ、子供のころから目指してきた選手からすれば、指名の可能性があるなら挑戦したいと思うのは当然だ。

    基本的には本人がプロに挑戦したいというのであれば、その気持ちを一番に尊重してあげるべきだと思う。
    やるのは本人なので、1度しかない人生、頑張ろうとしている選手は送り出すのがいい。

    だが、周りの大人までが選手と同じ目線で興奮気味になるというのはあってはならない。あらゆることを想定して選手たちにアドバイスする立場であることを忘れないでほしい。

    ある選手がイメージするプロ野球選手像が何十年も1軍のレギュラーとして活躍するというものならば、大人の判断としての見立てをしてあげないといけない。
    3年後、5年後、10年後、どのような困難が待ち受けているかを話す必要がある。

    プロというのは、毎年のように“10年に一人の逸材”と呼ばれる選手が入ってくる世界だ。
    その競争に勝ち残れるか。本人が二の足を踏むようなら、大学や社会人に進む道を説明すればいい。

    プロは選手の替えがきく。抜きん出たものはあるか?平均的に優れているか?

    高卒でプロに行くべきか、大学や社会人に行くべきかという判断は簡単ではない。
    だが、私はある一点で抜きん出たものがあるか、またはあらゆる要素が平均的に優れている選手かどうかで変わってくると思う。

    誰が見ても抜きん出たものがあるというのは魅力的で、スカウトも黙ってはいない。

    一方、すべての要素で平均的なレベルを備えている選手というのは欠点がないため使い勝手は良い。しかし、このタイプの選手は毎年のようにいるため、いつでも獲得できるとも言える。

    悪い言い方をすると、プロは選手を使い捨てするところがある。
    イマイチ伸びが悪いなと思うと、平均的な選手はまた取ればいいとなってしまうのだ。つまり、替えがきくということだ。

    そう考えると、抜きん出たものができあがるまでの期間として、大学や社会人に進むという選択肢もあってもいいのではないか。

    本当に優れた選手は、高校から直接プロに入っても活躍していたと言えるだけのものを大学4年間で見せつけられると考える。

    大学で伸びなかった選手に対して、高卒でプロ入りした方が良かったと指摘する人もいる。だが、そういう選手はプロでも伸びないと思う。
    大学で数字を出せない選手がプロでも芽がでるはずはないと思うからだ。プロで通用するなら、大学レベルでも普通にやりこなせるものだ。

    大学や社会人に進んだことよって得られるのは、プロに入った時点である程度の水準の選手だと認めてもらえることだ。プロ入団後、レギュラーに近い位置でスタートを切れるのは大きい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180919-00010001-baseballc-base
    9/19(水) 11:50配信

    早稲田には行かないんだから意味なくない?
    【金足農・吉田の進路について小宮山悟氏が言及!】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 THE FURYφ ★ :2018/07/26(木) 08:40:01.79 ID:CAP_USER9.net

    「高校野球広島大会・準々決勝、広島工大高12-2崇徳」(25日、三次きんさいスタジアム)

    崇徳が、新監督として同校のOBで現在、OB会長を務める応武篤良氏(60)を招へいすることが25日、分かった。
    早大監督時代には斎藤佑樹投手(日本ハム)ら何人ものプロ選手を指導。名将が伝統校を復活へと導く構えだ。
    また、この日は2会場で準々決勝4試合が行われ広陵、広島新庄、広島商、広島工大高が4強入り。26日に休日を挟み、
    27日にしまなみで準決勝が行われる。

    崇徳が名門復活へ切り札を切る。同校OBの応武氏を新監督として招く。春夏合わせ5度、甲子園に出場し、
    選抜大会優勝経験がある同校は、93年の選抜を最後に聖地から遠ざかっている。もう一度、甲子園へ戻るために
    チームは名将の手に託された。

    選手の育成手腕に期待が集まる。新日鉄君津(現新日鉄住金かずさマジック)や早大監督時代には数多くの選手を育て、
    チームを常勝軍団へと導いた。早大では斎藤佑樹(日本ハム)や福井優也(広島)、越智大祐(元巨人)らをプロの世界へ
    送り出した。

    近年、広島の高校野球界は広陵と広島新庄がリードする。そのあとに広島商や今春に選抜大会に出場した瀬戸内といった
    伝統校が続く。呉や大竹などの台頭も見逃せない。2強の牙城は高いものの、崇徳には有望な選手が多く在籍しており、
    決して越えられない壁ではない。

    この日は広島工大高の前に2-12で六回コールド負け。ベスト8で大会を去ることになった。初回にいきなり4点の
    ビハインドを背負うと、六回には7本の長短打を集められ7点を失った。「投手をうまく引っ張ってあげられなかった。
    申し訳ない」と藤本誠監督(38)。早めの継投策に打って出たが、傾いた流れを最後まで止められなかった。

    応武氏は、新チームから指導を始める予定だ。大学、社会人で培った監督経験と何人もの選手を育てた指導歴なら
    必ず高みへと導いてくれるはず。崇徳が新たなスタートを切る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000032-dal-base


    名将復活か
    【高校野球界にあの名指揮官がやってくる!】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/06/28(木) 17:45:41.52 ID:CAP_USER9.net

     「2軍交流戦、日本ハム-四国アイランドリーグplus選抜」(28日、鎌ケ谷スタジアム)

     日本ハム・清宮幸太郎内野手(19)が、「3番・左翼」でスタメン出場し、2打席連続本塁打を放った。

     六回1死一塁の第3打席では左腕・山崎の131キロ変化球を捉えて右越えの2ラン。七回1死一塁の場面で迎えた第4打席では、代わったばかりの右腕・
    原口から右中間に運ぶ2ランをかっ飛ばした。

     5月下旬の2軍降格後の18試合で12本目の本塁打。話題のルーキーが、1軍昇格に向けて、絶好調ぶりを猛アピールした。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000082-dal-base


    【2軍戦に強い日本ハム清宮 特大ホームランで1軍昇格を狙う】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/26(火) 14:25:50.94 ID:CAP_USER9.net

    【西武】大石、森コーチ一周忌に「慎二さんとの出会いがなければクビになっていた」
    2018年6月26日6時0分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180625-OHT1T50156.html

    6月15日中日戦で今季初勝利を挙げた大石

    (出典 www.hochi.co.jp)


    17年6月30日、西武対オリックス 試合前、死去した森慎二コーチを追悼し、黙とうを捧げる西武大石達也(右)ら

    (出典 www.nikkansports.com)


    1997年10月19日、日本シリーズ・ヤクルト・西武・第2戦。好救援で7年ぶりのシリーズ新人勝利を挙げた森慎二さん

    (出典 www.hochi.co.jp)


    突然の急死からまもなく1年―。西武は28日、森慎二1軍投手コーチ(享年42)の一周忌を迎える。同日の試合には、ベンチとブルペンに背番号「89」のユニホームが掲げられることが、分かった。当時は主にブルペン担当として手腕を発揮していた。
    2軍担当だった15年にファームで指導を受けていた“まな弟子”の大石達也投手(29)が、現在の心境を明かした。

    ―1年前を思い出すことは

    「思い出すことはありますけど。それで落ち込む、しんみりするのも違うと思うので。やるしかないので。今は自分のことで必死です」

    ―亡くなられた時の気持ち

    「最初は本当に信じられなかった。福岡でちょっと体調悪いから入院するとなって。そこから沖縄に行って、2、3日後だったので。その日は何も考えられなかった。ギンジ(炭谷)さんとメシに行こうと言われていたんですけど、今日は無理です、ということで。だいぶ時間はかかりました。自分の中で。部屋ではずっとボーッとしてました。寝られましたけど、寝付きはあまり…」

    ―自分の中で受け止められたのはいつ

    「ちょっとして、追悼試合があって。けっこうたったかな。けっこうの間、マウンドに上がるたびに、泣きそうになっていました。追悼試合の時は、かなりやばかったです。泣きそうだったですけど、こらえて。投げ終わって、ベンチ裏で泣いちゃったりしました。その後もそういうのが続いて。気づいたら、何か落ち着いていました」

    ―森さんに教わったことで一番印象に残っていることや言葉

    「いろいろありますけど。一番よく言われたのは、『投球で楽するな』『フォークは思い切り叩きつけろ』と。それが今も自分の中では、調子が悪いときとか、そういう言葉を思い出して。練習方法もいろいろやっていますね」

    ―14年は肩を痛めていて、コーチとの出会いは一つの転機

    「13年はちょっと投げたか。14年に投げられず、今年クビになるかなと思っていたら、ならず。それで、慎二さんと会ったので。そこから状態もちょっとずつよくなった。その出会いがなければ同じようにズルズルいって。15年も1軍で3試合くらいしか投げていないですけど。自分の中ではちょっとずつ手応えはあった。それがなければ、15年、16年とズルズルいって、クビになっていたかなと思う」

    ―当時ファームではどんな指導を

    「技術的にどうこうより、よくマンツーでトレーニング方法を教えもらった。ブルペンに行って、慎二さんがチューブを持って、僕が腰に巻いて。トレーニングのような体の使い方を体に染み込ませるトレーニングをずっとやっていました。(二人三脚で?)そうですね」

    ―どんな人柄だった

    「本当に優しかった。いい兄貴分じゃないですけど。コーチなんですけど、コーチというより先輩。コーチというと一線あるんですけど。何でも聞ける人」

    ―28日にまたユニホームを掲げる。当日を迎える気持ち

    「1年なんで。しっかり投げることがあれば、ちゃんと投げられているところを見せられたらいいと思います。(もう気持ちは乱れない?)ないと思います。その日になんないと、分からないですけど。今のところは大丈夫です」

    ―しっかり投げることが大事

    「慎二さんがいたとしても、俺のことで、メソメソすんなと絶対、言われると思うので」

    ―秋にいい報告をできたらいい

    「一番はけがしないこと。気をつけながらやりたい」


    【西武大石が今シーズン初勝利 天国の恩師に感謝】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/06/12(火) 21:36:30.65 ID:CAP_USER9.net

     10年ドラフトを沸かせた日本ハム・斎藤佑樹投手、広島・福井優也投手、西武・大石達也投手の“早大トリオ”が、そろい踏みを果たした。

     日本ハム・斎藤佑は阪神戦で今季2度目の登板。4回8安打7失点の大炎上で、今季初勝利を逃した。前回4月7日の初登板でも炎上しており、
    厳しい現実を突きつけられた。

     今季初登板初先発のチャンスが巡ってきた広島・福井も、結果を残せなかった。6回を投げ、5安打4失点。2被弾を浴びてチームも敗れ、
    右腕は初黒星となった。

     西武・大石は中継ぎとして2度目の登板を果たした。前回4月17日の日本ハム戦では、打者4人に3四球、1暴投で1失点と大荒れの内容だった。
    この日は2点ビハインドの八回に登板し、3者凡退でピシャリ。3人でただひとり、結果を残した。

     斎藤佑、福井は昨季ともに1勝。大石も昨季はわずか1試合の登板に終わった。かつては脚光を浴びた3投手も今年で30歳。全員が正念場の
    シーズンとなっている。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000123-dal-base


    【早稲田大学黄金期を支えた3投手が揃って先発 大石のみ好投】の続きを読む

    このページのトップヘ