常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:来季



    1 ひかり ★ :2018/10/14(日) 18:33:59.70 ID:CAP_USER9.net

    中日のダヤン・ビシエド内野手(29)が生涯ドラゴンズを宣言した。今季成績は、135試合出場、178安打、99打点、26本塁打、打率3割4分8厘と
    キャリアハイを連発。首位打者と最多安打で来日3年目で初のタイトルを獲得した。「大満足の1年だった。1年を通して出場できて良かった。
    打点も首位打者も誇れる。(首位打者は)簡単には取れないタイトルだ」と、白い歯をのぞかせた。

    この日、中部国際空港から離日する際に中日への熱い思いを口にした。「もちろん来年もドラゴンズにいる。複数年契約? もちろんだ」と力強く
    うなずいた。すでに球団とビシエドは複数年の大型契約に大筋で合意。「最後の詰めだけ」と西山球団代表も話す。しかし、ビシエドが狙っているのはさらに
    先。国内FA権だ。「(阪神メッセンジャーのように)日本人枠に入れることが目標だ」と語り、生涯ドラゴンズか? の問いかけにも「もちろんだ」と
    続けた。

    メッセンジャーを含め過去9人が国内FAで外国人枠から外れたが、中日では初のケース。その第1号を目指している。さらに13日の最終戦では、
    生涯中日の岩瀬、荒木の引退セレモニーにも参加。「とても感動した。ファンの雰囲気も良かった。自分も最後はあんな風に祝ってもらいたい」。
    野球人生を竜で閉じることまで真剣に考えている。昨年のゲレーロのように、金銭問題でもめることもない。不動の主砲が、右手を上げながら、
    セントレアの国際線ゲートをくぐった。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201810140000545_m.html?mode=all
    家族と自宅のある米国に戻るビシエド(撮影・前岡正明)

    (出典 www.nikkansports.com)

    来季が勝負の年だな
    【中日ビシエドの究極の目標に脱帽! そんなに日本が好きなんだ】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ニーニーφ ★ :2018/10/14(日) 23:00:00.43 ID:CAP_USER9.net

     ◇セ・リーグ クライマックスシリーズ ファーストステージ第2戦 ヤクルト0-4巨人(2018年10月14日 神宮)


     ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(34)が来季の残留を希望した。
    14日のCSファーストS・巨人戦(神宮)に敗れ、今季全日程終了後に取材に答えた。

     バレンティンは昨年11月29日に、年俸300万ドル(約3億3600万円)で1年契約を結んだことが発表された。
    「確かに契約は切れるが、自分としては残りたい、このチームでやりたいという気持ちはある」と残留希望を口にした。

     来日8年目となる今季は142試合に出場。打率・268、リーグ4位の38本塁打。
    131打点は2位の巨人・岡本の100打点に大差を付けて、自身初の打点王のタイトルを獲得した。

     「自分一人では決められない。オフの動向、状況を見守りたい」と続けたバレンティン。
    近日中に帰国し、交渉の行方は代理人に託すことになる。

     また来季へ向けては「個人的には数字どうこうではなく、今年よりいい成績を残したい。
    チームとしてはプレーオフに出て、勝つことが目標」と早くも意欲的だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000163-spnannex-base

    巨人が欲しいだろうな
    【ヤクルト・バレンティンが来季もヤクルト? 】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 ひかり ★ :2018/09/14(金) 10:40:02.52 ID:CAP_USER9.net

    【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスで右肘に新たな損傷が判明し、医師から投手復帰に1年以上かかるとされる靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を勧告されている大谷翔平選手(24)
    について、マイク・ソーシア監督(59)は13日、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムでのマリナーズ戦前に「来年は投げない」と語った。

     手術の有無にかかわらず、来季は投げないということかとの問いには「医療スタッフと話した内容まで踏み込まないが、翔平は医者と話し合いながら将来にベストな選択をする」と話すにとどめた。

     大谷選手は手術を受けるかどうか結論を明らかにしていない。

    https://this.kiji.is/413143591205340257/

    当然の策
    【エンゼルスソーシア監督が来季の大谷翔平の起用法について断言!】の続きを読む

    このページのトップヘ