常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:横浜高校



    (出典 static.kanaloco.jp)



    1 pathos ★ :2018/10/15(月) 17:07:33.10 ID:CAP_USER9.net

     25日にプロ野球のドラフト会議を迎える。8月終わりに高校日本代表と大学日本代表の壮行試合をテレビ解説し、高校生の4人が抜けていると感じた。

     今年一番とみているのは、金足農の吉田である。甲子園の初戦から4試合連続2ケタ奪三振をマーク。横浜や日大三などの強豪校を次々と倒し、秋田勢103年ぶりの甲子園準優勝の原動力となった。

     教え子の松坂(中日)タイプだ。身長は松坂が183センチ、吉田が176センチ。投手としては高くないが、牽制、フィールディング、クイックなど投球以外のレベルは、松坂と比べても遜色ない。

     松坂は硬かったが、吉田は股関節が柔らかい。これにより、球持ちが良くなる。打者寄りでボールがリリースできるため、球が伸びるのだ。これは最速152キロという球速以上に、プロで活躍できるかを見極める重要な要素になる

     秋田大会から甲子園決勝まで11戦で10完投。1517球を投げたスタミナ面も申し分ない。

     高3時を比べると、松坂と同じかそれ以上だ。西武に入団した松坂は、さらにレベルを上げて高卒1年目に16勝5敗。吉田にこれを期待するのは酷だが、1年目の終わりには一軍に上がり、2年目から活躍できるのではないか。即戦力に近い高校生投手といえる。

     2番目は大阪桐蔭の根尾である。投手と野手の「二刀流」で体にバネがあり、投げては150キロ、打っては高校通算32本塁打。一方で気になるのは、プロが評価する遊撃手としての守備面だ。捕球時に腰が割れない。ハンドリングが硬い。この夏、だいぶ解消されたものの、プロではどうか。ただ、根尾は外野も守れる。仙台育英時代は遊撃手で、今は外野に転向している平沢(ロッテ)のように、プロでは外野で勝負するかもしれない。

     3番目は報徳学園の小園。走攻守の三拍子が揃う。足が大きな武器で、プロでは正しい守備位置を指導されるだろうが、フットワークは軽い。打撃は振り幅が小さく、打ち損じが少ない。

     最後に藤原だ。春夏連覇の大阪桐蔭の4番を張ったように、バットを振った後のフォローが大きいため、打球が飛ぶ。

    小倉清一郎元横浜高校野球部部長
    1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/239466/3

    渡辺監督とのコンビは最強だったな
    【元横浜高校の小倉氏が驚きの発言! 金足農・吉田について語った内容とは…】の続きを読む



    (出典 img.sportsbull.jp)



    1 pathos ★ :2018/10/07(日) 08:59:50.95 ID:CAP_USER9.net

    今秋ドラフト候補で横浜(神奈川)の大型スラッガー、万波中正外野手(3年)がプロ志望届を提出したことが6日、分かった。

    今夏甲子園3回戦で吉田輝星投手(3年)率いる金足農(秋田)に敗れた直後は「次のことは考えられない」と話したが、平田徹監督(35)と面談しプロ入りの夢を貫く意思を固めた。

    コンゴ出身の父を持ち、190センチ、88キロの恵まれた体格で「二刀流」としてもチームをけん引。横浜スタジアムのバックスクリーンを直撃する通算40号本塁打を放つなど、規格外のパワーで複数の球団から注目を集める。週明けにも日本高野連のHPに掲載される予定。
    https://news.biglobe.ne.jp/sports/1007/nsp_181007_2782362143.html

    走塁が武器な選手
    【神奈川No1スラッガーの進路が遂に決定!】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/09/22(土) 20:39:01.72 ID:CAP_USER9.net

     【セ・リーグ DeNA4―2中日 ( 2018年9月22日 横浜 )】 DeNAのG後藤武敏内野手(38)が22日、引退試合となる
    本拠地最終戦・中日25回戦に代打で出場。7回先頭打者として登場し、笠原と対戦。4球目のチェンジアップを強振し、空振りの三振に倒れた。

     球場には、家族、横浜高の恩師・渡辺元智前監督(73)らも観戦に訪れた。試合後の引退セレモニーでは
    「きょうまで必死にバットを振り続けた。松坂世代の一員でいられたことに感謝し、引退します」とあいさつ。横浜高で同期だった中日・松坂、
    DeNA・小池コーチから花束を受け取った。松坂は後藤の晴れ姿を見て男泣き。後藤が積み重ねてきたプロ16年間の功績を称えた。

     さらに松坂はDeNAのメンバーによる胴上げの輪にも加わり、後藤を祝福。後藤が親子でオープンカーに乗りスタンドの声援に応える際にも、
    最後までベンチから見送っていた。松坂は「(引退を)目にするのはつらい部分があった。でもこういう時期に引退の試合をやってもらって
    幸せ者だなと思う。16年間お疲れさまと伝えた」と話した。

     後藤は横浜高校時代に同期の松坂(現中日)らと甲子園春夏連覇を達成。法政大から2003年に西武入りし、12年にDeNAへ移籍したが、
    今季は1軍出場がなかった。通算618試合に出場して1226打数312安打打率・254、52本塁打、184打点。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/09/22/kiji/20180922s00001173288000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    やっぱり思い入れはすごいよな
    【松坂が男泣き…松坂世代の同級生が引退】の続きを読む



    (出典 gendai.ismedia.jp)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/08/20(月) 19:22:58.06 ID:CAP_USER9.net

    全国高校野球選手権大会が第100回を迎えたことを記念し、夏の甲子園でみなさんの心に残る試合を投票で選んだ「甲子園ベストゲームファイナル」。

    総投票数は41万2513票でした。

    昨年実施した「甲子園ベストゲーム47」で各都道府県の1位に選ばれた試合に99回大会の2試合を加えた中から
    「究極のベストゲーム」に輝いたのは、4万2559票を集めた1998年の第80回記念大会準々決勝、横浜(東神奈川)―PL学園(南大阪)。
    延長十七回の熱闘でした。

    「平成の怪物」松坂大輔投手は、今もプロ野球中日で活躍しています。松坂投手は投票結果について、
    「多くの人に強く記憶されているのは戦った選手としてはうれしいですね。自分の野球人生でも記憶に残る試合です」と喜んでいました。

    2位は4万2380票を集めた2009年の第91回大会決勝、日本文理(新潟)―中京大中京(愛知)。
    日本文理が九回2死から猛追した試合でした。

    3位は4万1733票を集めた第88回大会決勝、早稲田実(西東京)―駒大苫小牧(南北海道)。
    斎藤佑樹と田中将大が延長十五回を投げ合った試合でした。


    投票 甲子園ベストゲームファイナル結果

    1位 横浜9―7PL学園(1998年)42559票
    延長十七回の名勝負。横浜はエース松坂が序盤に失点するも、全員野球で追いつき、最後は常盤の2ランで好敵手を振り切る。

    2位 日本文理9―10中京大中京(2009年)42380票
    日本文理は九回2死走者なしから見事な猛追で5点を挙げ、1点差まで迫った。最後のアウトも強烈な三直だった。

    3位 駒大苫小牧1―1早稲田実(2006年)41733票
    互いに八回の1点ずつ。早稲田実・斎藤は完投、三回途中から救援の駒大苫小牧・田中も力投。決勝再試合は早実が勝利。
    https://www.asahi.com/articles/ASL8M51Z5L8MUEHF005.html

    感動しました
    【甲子園ベストゲームランキング! 1位は納得の…】の続きを読む



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 shake it off ★ :2018/08/20(月) 17:11:38.08 ID:CAP_USER9.net

    優勝候補本命の大阪桐蔭(北大阪)に勝るとも劣らないタレントをそろえながら、横浜(南神奈川)がベスト8にも届かなかったのはなぜか。

    16日の3回戦で大会ナンバーワン右腕の吉田輝星投手(3年)擁する金足農(秋田)に4-5の逆転負けを喫した。

     「選手たちはよくやってくれたと思います。12安打で4点ですから、負けたのは全て私の責任です。まあ…、3回戦で負けるつもりはないチームでしたから、そこまで勝たせてやれなかった3年生には申し訳なかった」

     平田徹監督(35)は試合後、そう声を絞り出した。

     あるプロ球団のスカウトは「横浜のメンバーは、中学時代で言えば、大阪桐蔭にも負けないくらいのタレント軍団。順調には伸びなかったね」と失望を隠さない。

     実際、横浜は第100回の記念大会となる今大会へ向け、主砲の万波中正外野手(3年)をはじめ、長南有航外野手(同)、この日先発した左腕の板川佳矢投手(同)ら、世代を代表する選手を集めていた。

     いまや、今秋のドラフトで名前が呼ばれそうなのは、「万波は下位で引っかかるだろうけどね…」(前出のスカウト)という程度。

     ドラフト候補6人、うち3人は1位候補といわれる大阪桐蔭には、大きく水を空けられた感が否めない。

     痛恨の敗戦に悔し涙を流した万波は「3回目の夏の甲子園で、過去2回とも突破できなかった『2回戦の壁』は先輩方からよく言われていた。3回戦という経験したことのない舞台まで来られたのは、チームのおかげです」と満足感をにじませた。3回戦で負けるつもりがなかった平田監督と選手の間には意識のズレがうかがえた。

     横浜は今回、激戦区神奈川から同校史上初の3年連続出場を果たしたが、夏の優勝は松坂らを擁して春、夏、国体の3冠を達成した1998年までさかのぼる。
    その後、大阪桐蔭は2008、12、14年と3度制覇。20年の長きにわたる雌伏の期間が、横浜から王者のメンタリティーを失わせてしまったのかもしれない。かつての輝きを取り戻す日は来るのだろうか。(片岡将)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000003-ykf-spo

    力負け
    【大阪桐蔭が横浜高校を抜いたのはいつ頃?】の続きを読む

    このページのトップヘ